気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 18.10/8.9蓼科山へ・・

<<   作成日時 : 2006/10/13 22:44   >>

トラックバック 0 / コメント 8

連休の真ん中・・8日に飛騨まで出かけていったけど、白山登山を諦め、さてどうしようか・・と
国道156号を戻りながら相談・・・。

家に帰って、来週出直すことも考えたのですが、来月の連休過ぎまでは多分出かけてられないし・・・ということで、急遽「蓼科山」に行ってみようか!と。

白山に決める前、候補にしていたのが白山・立山・八ヶ岳でした。
地図や本もいろいろ揃えていますが、最近はネットでブログやHPを参考にして行き先を決めることが多くなりました。
今回の白山もつい最近登られたNJさんの写真を見せていただき、ここ!と決めたのでした。

その白山が中止になり思いついた蓼科山は、やはり山いろいろさんがブログで紹介されていた記事から比較的短い時間で登れる山のようで私にピッタリ!として、いつか機会があれば行ってみたい山になっていましたから、その山に・・。
(ただし、帰ってからきちんと見てみれば、山いろいろさんとは登山口が違ってました。しかも、そちらの方が近かった!あわてんぼうの私のしそうなことです(^_^;))


この時の白川村のお天気は雨でしたが、蓼科山は??東の方だから大丈夫かも・・
それに、まだ7時過ぎたばかりだし、登るのには確か2時間半くらいだったからまだ間に合いそう・・
お天気は行ってみてダメだったら諦める・・と開き直って向かうことに・・

それからは一路諏訪に向かって・・画像
前の週と同じ道・・清見から高山へ・・そして平湯温泉を過ぎ、安房峠を超えて上高地の入り口のトンネルへ・・。










この頃から青空が見え始め・・いかにも秋の行楽日和という感じになってきました
さすが上高地、天気予報が快復の見込みだったからでしょうか、松本方面からの対向車のすごいこと・・
私たちは反対方向の松本に向かっていたのですが、上高地に向かう車はどこまで続くのか・・と思っていたら、その渋滞はとうとう松本まで続いてました。(*_*)

ここですれ違いなどで少し時間を取られ、松本から長野道に・・
そして、諏訪で降りてビーナスラインへ・・ここでも少しばかり時間を取られ・・
蓼科山の女神茶屋登山口に着いたのは、12時を過ぎていました。
駐車場はほぼ満車状態・・
画像


ここから頂上まで、地図に書かれているコースタイムは登り2時間半、下り1時間40分。
足の遅い私では明るいうちに帰りつくことは無理そう・・でも、ここまで来たのだから途中で引き返してもいいからと、1時近くに登り始めました。

お天気は快晴!とは言えませんが、曇り程度・・雨は降りそうにありません。
最初は笹薮の中の快適ななだらかな道・・こんな道ばかりで着けば万々歳なんだけど・・と
思いつつ・・そのうちに急登になり始めた頃からは青空も・・
画像












画像













でも、前週の焼岳と違い、今回の蓼科山はしんどかった〜。
やはり、時間が無い・・という気分的に追い詰められて登っているせいもあるのでしょう。
それに焼岳ほど平地が無く登りが続きます。

それでも、しばらく登り振り返れば、序々に八ヶ岳の全景がきれいに見え始めました。
やはりこちらもお天気が荒れたようで、頂上付近が雪で白くなっている山も見えてます
(なんという名前の山か判らないのですが・・(^^ゞ)
画像













歩いていると、紅葉した葉は下にいっぱい落ちてはいるのですが、紅葉している木は少ないような・・もしかしたら、前日の大風で落ちてしまったからあんなに赤い葉が落ちていたのかもしれないなぁ・・と思ったり・・
だから、今回はきれい!と感激できるほどの紅葉はあまり見られなかった山だったような気がします。

画像





時々風が吹くと、ざわざわ・・とカラマツの葉が落ちる音がするのですが、そんなに黄色でもないような・・
でも、この日は私が先を急いでましたから、周りの景色を楽しむという心の余裕が無く気がつかなかっただけなのかもしれません。



最初の頃は結構たくさんの人と出会い、声をかけたり、かけられたり・・
それも時間が経つにつれ徐々に寂しくなり・・
画像




2時間ほど登った辺りからは、枯れた立ち木も多く見られるようになりました。
画像




このままでは夫も頂上を踏めなくなるということで、先に行って貰い、後はひたすら一人で登ります・・






そのうちに序々に石が多くなり、そのうちには木は無くなり大きな石の上を歩く・・ガスも出てきて、頂上も近いかも・・と思った頃に頂上から夫が引き返してきました。


画像

頂上まではあと10分位登れば着くけどどうする?と。
行きたいのは山々だけど、暗くなって歩くようなことになっても・・と降りることにしました。

でも、そこに頂上で夫と一緒だったという若者が降りてきて、私が降りると言うと、「えーー!どうしてですか〜、あと10分ですよ〜もったいないじゃないですか!ここまで登ってきて!是非登ってきて下さい!」と言葉をかけてくれました。
う〜ん・・どうしよう〜・・そうね!迷っているうちに行けるかも!と気持ちを切り替え登ることに・・。

気持ちを切り替えるということは強いようで・・力も沸いてすぐに頂上に着いたような気がします。
頂上に着いたのは3時半頃。
その時には残念ながら、廻りは真っ白な世界で、すぐ先にある神社の祠さえ見えませんでしたが、とっても満足でした。♪〜
画像


そして、すぐに下り始め・・駐車場に着いたのは6時前・・
道は暗くなってはいましたが、なんとか電灯はともさず帰って来ることができました。



あの若者の一言がなかったら・・きっと私はずっと後々まで後悔をしたでしょう・・
ピークハンターでは無いはずだけど、あの一言で背中をおされ頂上を踏むことが出来た・・それが嬉しくて、お礼の気持ちを何とか伝えられたらいいのに・・と思いつつ降りてきました。

そうしたら、そのグループの中のひとりの女性が慣れないせいでしょう足が遅かったようで、追いつくことが出来、その若者に「お陰さまで頂上に立つことが出来ました。ありがとう!」って伝えることが出来ました。
その人たちは静岡から来ていて、今日帰るとのこと・・
駐車場で「ありがとう、気をつけて・・」と別れてきました。
一期一会・・こうして全然知らなかった人、世代の違う人との少しの出会いも山の楽しみのひとつです

画像














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
さすがつれづれさん、途中でなかなか諦めるような人じゃないとは思っていましたが…ご褒美にいっぱい素敵な写真が撮れましたね。来月の連休は忙しそうですからそれが終わったら又紅葉の山々を制覇でしょうか。それまでお百姓さんの嫁、お互い頑張りましょう!猫の手も借りたい時は言ってください。ノラちゃんじゃなくてノラボスがお手伝いにあがります。
ノラちゃんのボス
2006/10/14 11:27
コメントが遅くなってすいません。m(__)m
素敵な景色の中に居るのに、素敵な写真は中々撮れないものですね〜
ノラボスさんのようにきれいな写真が撮れるように勉強しなくちゃ!と思うのですが、中々です。
まだ早いですが、山の家の紅葉もとてもきれいな所でその写真も撮れればいいのですが、その「時」は短くてこれも中々です。(笑い)
ネコの手も借りたいその時はお願いしますから、よろしくね。
つれづれ
2006/10/15 09:16
長い道から登ったんですね。
ともかく無事で良かったですが、急いで登ると何倍も疲れることは経験としてよく分かります。
ゆっくり登れば何でも無い所でも、凄く遠く感じたりしますね。
道を間違えるという事は、山では命取りになることも。
コース取りは慎重に見極めましょう。
山いろいろ
2006/10/18 09:54
山いろいろさん、いつもコメントをありがとうございます。
山いろいろさんの蓼科山を参考にさせていただいたのですが、蓼科山という山の名前だけ覚えていて、地図を見て時間も2時間半と比較的短いと思ったものですから、ここ!と勝手に決めて向かいました。違う場所だったのですね。地図をよく見れば他の登山道もあり、山いろいろさんのブログを参考にした・・などと失礼しました。
それに、今山いろいろさんのブログを見せていただいてTBを無断でしてしまったことに気づきました。申し訳ありませんでした。
名前だけお借りしただけで十分ですので、削除してください。
コース取りの経験もブログの経験もいい経験にしてこれからは気をつけてやって行きたいと思います。ありがとうございました。(^^ゞ


つれづれ
2006/10/18 22:21
白山は残念でしたね。でも山は逃げないし また 楽しみを残したと思えばですね。 お花の季節も良いみたいだし。来年の楽しみですね。
蓼科は 私も去年登って山頂だけ ガスがかかって真っ白だったけど。
途中で 八ヶ岳 きれいでした。最近は、もともと 複数の山の計画をたてておいて 天候で よりよいほうを選ぶ というほうが良いかも。
この山って集中すると 無理してしまうこともありますからね。
NJ
2006/10/18 22:38
NJさん、コメントをありがとうございます!
でも、先ほど山いろいろさんにも書いたのですが、ブログ初心者の為、うっかりとNJさんのブログにTBをしてしまったようです。
今ブログを見せていただいたら、NJさんの白山のページに私のTBが二つも載っていて・・申し訳ありません。m(__)m
お陰さまでアクセスが格段に多くなりましたが、お恥ずかしいことです。削除していただいて結構ですので、ありがとうございました。
ガスで何も見えず・・は同じですね。でも、同じように途中は良く見えてましたから、それで満足してます。
ピラタスロープウェーに初めて乗った数年前はあそこが八ヶ岳だとは知りませんでした。今回は北八ヶ岳ということは知ってましたが、どこが何岳だかさっぱり判らず・・やはり山の名前は知っている方が山登りは楽しいですね。登った山を見るのは尚楽しいですが・・(笑い)
なるほど・・複数を先に候補で調べておくですね( ..)φメモメモ
初心者ですので、又山の事、ブログの事などアドバイスいただければ嬉しいです。ありがとうございました。
つれづれ
2006/10/18 23:18
蓼科山のレポ、拝見させていただきました♪
同じ女神茶屋から登られたんですね。山頂がガスっていたのは残念でしたが、その青年の一言で(?)諦めずに登ってよかったですね。
そして下山途中にまた会ってお礼が言えた、というのもなんだか嬉しいですね。
私も山では心優しい登山者とお会いすることが多く、日常では話す機会のないような方たちとも気軽に話すことができたりして楽しいですよね。
それもまた一つの山の楽しみだったりします(^^)
ps.TBありがとうございました。
rommy
2006/12/11 14:08
rommyさん、こちらにもコメントをありがとうございます。
rommyさんはその若者と同じくらいの年齢の方なのかもしれないですね。若い頃に山登りを始められたことが羨ましいです。
街で出会っても多分話しは出来ないような年代の差を感じますが、山では気楽にどんな方もいい方のように思えて話しかけられるのが不思議です。特に抜きつ抜かれつしていると、みんな仲間・・皆良い人に思えてしまいます(笑い)
また、スキーのことや山のことも書くつもりですので、よろしかったらお立ち寄りください。
こちらこそ、TBさせていただき、ありがとうございました。
つれづれ
2006/12/11 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
18.10/8.9蓼科山へ・・ 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる