気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 18.10/21  天生峠から籾糠山(1744.3m)

<<   作成日時 : 2006/10/25 20:17   >>

トラックバック 1 / コメント 4

21日に岐阜県飛騨地方の白川村と旧河合村を結ぶ国道360号の峠・・紅葉の名所の天生峠から天生湿原、籾糠山、木平湿原を歩いてきました。
画像


休日にしなくていけないことはいっぱい!あるのですが、山歩きに最適なこの季節、お天気がいいとなると、夫婦共にどうしても山が気になります。
それで、土曜に気になることは済ませて、日曜にやるべきことをしよう!と今回は天生峠に出かけることにしました(^^ゞ

朝5時に我が家を出発。
今回も白山を目指した時と同じ、東海北陸道の「関インター」から入り「荘川インター」で降りたのが6時ちょっと過ぎ・・これでETCの通勤割引がOK!で1050円也。
後は荘川桜の横を通り過ぎ、御母衣ダムも乗り越えて?一路国道156号線を白川村に・・

紅葉のこの季節の休日、さぞかし白川村は混雑するのでしょうが、まだ時間が早い為、スムーズに観光地白川村に着きましたが、観光地を右手に見て、そこから国道360号線に・・

あの白川村を見下ろす写真で有名な城山展望台に行く道ですが、ここには寄らず、その先の天生峠が今日の目的地です。

去年も10月19日に出かけてきたのですが、この時は小雨模様の日で・・雨に煙る紅葉や湿原・ぶな林もきれいでしたが、やはり紅葉には晴天が似合う!と、今回こそはとリベンジ!です。
でも、夜明け頃から曇り空・・そして360号に入ってからは窓の外は霧で・・全山紅葉できれいなはずですが・・幻想的な世界が・・(^_^;)
画像


でも、天気予報の今日は晴れ!を信じて・・・

この国道360号線は旧河合村に抜けることができる国道なのですが、今年は天生峠の先は通行止め、そして、この天生峠までの道も時間規制があり、午前7時から夕方5時まで。

ゲートに着いた頃は丁度7時ちょっと過ぎ・・難なく通過・・走っていくと、濃霧状態だったのがいきなり視界がよくなってびっくり。きれいな紅葉が見え始めました
それで駐車場に7時20分頃到着。

画像

一番乗り!と思ったら、十台ほどの車がありました。
去年も思いましたが、この辺りの紅葉もとってもきれいです。
でも、去年はテントが張られて、きのこ汁などお店が出ていたのですが、今年はそのテントはなし・・バザーはされてないようです。

ここで手早く準備をして、7時半頃天生湿原に向かって出発。
その前に・・この登山道では森林環境推進協力金・・という名目の入山料を払います。
ひとり500円也・・パンフレットをもらって・・出発!
画像


お天気は濃霧ではないですが、曇り空・・それでも晴れてくるはず!と。
紅葉は随分進んでました。黄色あり、赤色あり・・登山道は紅葉のトンネル状態です。
画像


でも、途中でタオルを忘れたことに気づいて、取りに帰らないわけにはいかず・・・、天生湿原に着いたのは8時を過ぎてました。(^_^;)

画像





昼間は混雑するのでしょうが、この時間では静かな湿原で、とても趣があります。
紅葉は・・・う〜ん・・・紅葉してるけど・・もう終わりかけているのか何かが違うかな・・という感じ・・

画像




その湿原の中を通り過ぎ、カラ谷に・・
ここはブナの大樹の原生林で、どちらかと言うと、私は湿原よりこちらの方が好きです。
それでついつい写真を撮りすぎて・・それでも、まだ青空は望めず・・


画像

この原生林に入った途端、気づいたのが匂い・・
ブナ林の匂いなのか・・それまでとははっきりと違う、なんとも甘〜い香りがしてました

画像




画像







それからは去年途中まで登って雨の為諦めた籾糠山の登山道に・・


カラ谷から籾糠山に登るのに3つに登山道が分かれています。
今回はネットで調べた時に、沢沿いの登山道がよかった!・・と書かれてあったのを読んで、真ん中の道を選んでいきました。
画像
でも、ちょっと静か過ぎて・・・
湿原の木道を過ぎた辺りに・・何か獣の糞の固まりを見つけました。

画像

結構大きいものだったので・・これは熊の?とちょっと臆病になり歩いていると、今度は看板にこれははっきり熊がつけたと判る傷が・・
後から地元の人から聞いた話では・・春に看板を立てたばかりの時の傷で、熊は石油系の臭いが、好きなのか嫌いなのか・・倒されたのだそうです(+_+)

最近のあちらこちらの熊騒動のことも思い出され恐くて、どうして恐いのにこんなことしているのだろう・・と思いつつ、思い切り二つのステンレスコップを鳴らしながら歩きます

画像












画像




画像


















画像
  (やっと見えた籾糠山)



三本の登山道のうちで急登なのか、この沢沿いの登山道は人の少ない道で・・合流点辺りからは随分人が増えました。

この日はこの天生あたりだけの予定で時間がたっぷりあることは判ってましたから、ゆっくり写真をいっぱい!撮りながら・・・
たくさんの人に追い抜かれ、随分時間がかかって頂上あたりに・・
その頃には青空も少しずつ広がってきてました。

あと少しで頂上という辺りで、降りてきた人から頂上は座る場所もない、立っているより仕方ないですよ・・と言われ、丁度いいベンチがあったので、ここで昼食に・・それが10時
ここで登山道を整備されている二人の地元の方と少しおしゃべり・・頂上は狭いし人が一杯だから、ここで昼食をするのが正解!
そのうちに晴れて北アルプスが見えるかもしれないよ・・と。

座布団まで貸していただいて、ラーメンとおにぎりの昼食を・・この季節になると、冷たいおにぎりだけでなく、暖かいスープがあるのが有難い〜
この頃から青空が見えてきて・・このベンチに荷物を置いて頂上に・・
画像



ほんと!頂上には人がいっぱい!狭い頂上に2..30人の人で、立っているのがやっと・・
でも、周りの景色はきれいでした。
画像

(クリックで大きくして見ることができます)


北アルプスなどは雲に隠れて見えませんでしたが、近くの紅葉した山々はきれいに見えてます。それでも、長居は出来ず、頂上の証拠写真を撮って・・下山・・

今度は籾糠山の向かいの山にある、木平湿原に・・
こちらも下山に少し遠回りにいなるためか・・人が少なかったですし、湿原は・・天生湿原よりは随分小さい湿原でしたが、名前通り、山の上なのに広い平な場所があり、そこにブナやシラビソの大樹がたくさんあるという・・広々としているのに、荘厳な・・気持ちのいい景色を見ることが出来ました。

画像

  (クリックで大きくして見ることができます)


そして、道なりに下山・・さっき登ってくる時には気づかなかった、カラ谷の小さなせせらぎに岩魚の稚魚が居るのも見つけたり・・ふわふわの落ち葉の上を、カサカサと音をさせながら歩く気持ちいいこと・・

帰りは天生湿原の中にある飛騨匠堂へ・・画像
ここでも、地元のパトロールの腕章をしたおじいさんと凡そ30分以上おしゃべり・・

とても、この山のことに詳しい方で、この匠堂にまつわる昔話や、この辺りに昔、金山があってとても栄えていた話、それに、その昔・・確か戦前の話でしたが、この辺りにも木を切り出す為の林道を作る計画があったのだそうです。
でも、当時の河合村の村長さんが、林道が出来たら山が荒れる!と県に掛け合い、反対派を押し切って中止をしたから、切り出されず今のブナやシラビソの大樹が残っている・・という話など・・もう80歳を超えた・・私の父と同年齢程のお年寄りでしたが、その年月などの数字にしっかりと明るい方で、私たち二人だけなのに、一生懸命いろいろな話をしていただけて・・地元の人の生きた話を聞かせていただいたという感じで、楽しい時間でした。

後で、主人と、品のある方だったし、あの人はきっと昔、村の何某の人に違いないね・・それに地元の人の話を聞くのは楽しいし・・・などと話をしながら降りてきました。

駐車場に着いたのは2時・・なんと、それほど高い山でもないのに、6時間半もかけてゆっくりと歩いていたことになりました画像

そして、帰路につきました・・つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
紅葉の籾糠山(もみぬかやま)(岐阜)
2006年10月22日(日)霧後晴 前夜、大阪を出発し、白川郷道の駅で仮眠。現地集合のいるかさん達と合流し、天生峠(あもうとうげ)へのゲートが開く時間(7:00)に合わせて出発しました。まだ、回りは霧の中です。でも、登るに& ...続きを見る
六甲&色々山歩き
2006/10/30 23:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
美しい紅葉・・どれもこれも絵葉書のようにうっとりするほどきれいですね。次記事と併せて、しっかり堪能させていただきました。
あまり、専門的にはコメントできなくて申し訳ないのですが、夫唱婦随なのか婦唱夫随なのかは知りませんが、ご夫妻ご一緒で仲睦まじいと思いました。「リベンジ、リベンジ」と、前年からまた翌年へと、課題を繋げていく前向きなご夫妻ともお見受けされます。
おっかない表情をして、クマ除けのために、ステンレスコップをカンカンと叩いて歩く様子が、目に浮かぶようでした。
山に登られる方は総じて几帳面と思われ、どなたも事後、山行記録もきちんと整理されて敬服です。
レイコサウルス
2006/10/26 15:02
レイコサウルスさん、こんばんは。
縮小を教えていただいたお陰で、こんなにたくさんの写真をアップできました〜(^^♪
我が家の場合は、後者でしょう(^^ゞそうでないと、今回も書いたように、私の体力など考えずに、どこにでも連れて行かれそうな勢いですから。(笑い)
山行記録は今までつけてなかったので、このブログがその替わり・・と思って始めました。私は足も遅くて時間など書くのも恥ずかしいのですが、それも私!と開き直って書いていきたいと思ってます・・がいつまで続くやらという気持ちもあったりして・・(笑い)
まだ続いているかなぁ?と、また、お訪ねください。
ありがとうございました。
つれづれ
2006/10/26 22:34
昨日は覗きに来て頂いてありがとうございました。
早速トラックバックさせて頂きました。私の方のはTB出来ない見たいで(余りよく解ってないのですが(^^;))リンクはらせて貰いました〜
翌日の日曜に籾糠山に登りましたが、やっぱり早朝は霧で幻想的でしたよ。
お気に入りに登録して、又ちょくちょく覗かせて貰いますね。
pikku
2006/10/31 23:41
pikkuさん
お立ち寄りいただき、ありがとうございます!
pikkuさんのブログを改めて見せていただいてびっくり!
9月に剱岳に登られたのですか!すごい!それにクライミングの練習をされているとか!
私は、劔岳や槍ヶ岳のような山はとても行けないと自負?しています。(笑い)
私もpikkuさんのブログ、楽しみに覗かせていただきますので、これからもよろしくお願いいたします。
つれづれ
2006/11/01 00:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
18.10/21  天生峠から籾糠山(1744.3m) 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる