気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりの針仕事・・

<<   作成日時 : 2006/12/17 23:28   >>

トラックバック 0 / コメント 6

金曜の夜、久しぶりに針仕事をしました。

出産前から実家に帰っているお嫁さんからメールで、私はいつ帰ったらいいですか?とメールが。
息子は久しぶりの独身もあと少し!と、遊ぶのが忙しいのからか、まだいいよ・・って云うそうで心配してメールをしてきたのでした・・(^_^;)
私は、家事と育児が出来る自信がついてからにすればいいよ・・と返事をしたのですが、この時に女の子は生後32日目にすると云われるお宮参りをお嫁さんも気にしていたようで、今度の土曜か日曜・・お天気と赤ちゃんの体調次第で、岐阜市にある伊奈波神社に行こうか・・ということにしました。

お嫁さん曰く、ベビードレスはありますから・・と。
そこで、産着はどうしようかな・・と考えてました。
産着は、私の廻りではお嫁さんの実家が準備するもの・・ということになってますが、それもそれぞれの家の考え方次第・・・

実は長女に長男が誕生した時に、私も親にしてもらったように、準備をしようと思ってました。
それが、あちらのご両親が息子・・つまり赤ちゃんのお父さんの着物がありますから、それを使えばいいので、作ってもらう必要はないですから・・と言ってみえる・・と娘から聞きました。
それで、その言葉に甘えて作らなかったという経緯がありました。

でも、いざ長男のところに赤ちゃんが生まれて、お嫁さんの考え方もありますが、折角お宮参りに行くのだから、産着も着せてあげたい・・と思えてきます。

そうだ!と思いついて・・長女の時に両親が作ってくれた産着を出してきました。
画像

久しぶりに見ると・・赤ちゃんしては淡い色合いですが私好み・・可愛い着物です。


それと同時に私の・・50年以上前に私の母方の祖父母が作ってくれたという産着も出てきて・・そう言えば、結婚した時に私のだから・・と母が持たせてくれたのでした。
久しぶりに見ても、可愛い〜これもいいかも・・と思えてきます。

画像


でも、流石に紐に経年感があって、娘の着物を選んで・・
でも、見ると抱いた時に後ろで結ぶための紐が無い!・・
よく考えてみれば、子供たち三人の七五三をした時、次女がこの着物を着て、紐を取り外したのでした。

それからが大変。
まず紐を探して・・・なんとかとってあって、ありました!
それから着物に紐を縫いつけて・・・もう一枚、着なかった着物を見てみると、その紐をつけた後に飾りのように赤い糸で模様が縫い付けてあります。

これが、見本になった着物・・母によると着物が二枚あるのは重ねて着せる為だそうです・・
画像


そこで母に電話・・この年齢になってもこうした時に頼りになるのはやはり母なんですね・・
聞くとやはりこれは縫い付ける為の物ではなく、糸で模様になるようにつけるのだそうで、写真に写るから、ちゃんとつけてあげないといけない・・と云われてしまいました。

そこで、赤い絹糸があったはず・・と探すと・・・ありました!
これも29年前、結婚した時に母が裁縫箱の中に一通り準備してくれていたもののひとつで、こんな時間が経ってから役立つなんて・・・・

それから、その着物の糸模様を見ながら縫い始めました。
やってみると、一筆書きのようで簡単なのですが・・初めてで勝手が判らず、途中で間違えると最初からやり直しをする必要があって・・四隅の間隔がちぐはぐになったり、糸を引きすぎたり・・その都度やり直し・・
そして、この写真のように赤い絹糸のくずが増えて・・なんとなく、こつも判りはじめて・・
やっと出来上がったのは12時を過ぎてました。

画像


その縫い物をしながらつれづれ思ったことは・・・・昔の人のセンスというか心遣いというか・・こうした飾り縫いに感じられ、他にもいろいろな模様があるのかもしれない・・判らないなりに想像は膨らみ、針仕事の嫌いでない私はもっと習ってみたいような気持ちになったり・・

そう言えば、昔母が針仕事をしていた時、糸を針に通して絹糸はこうするんだよ・・と口で濡らし、糸を張って親指でピンピンとはじいて糸についた癖を伸ばしていたなぁ・・と思い出し同じことを知らず知らずしていたり・・

そして、この着物を親が作ってくれていたから、孫のお宮参りに使うことができる・・
きっと、今の私の気持ちと同じ思いで親がしてくれたのだと思えてきて、感謝の気持ちがふつふつと沸いてきます。
その間中、親の思いに触れていたかもしれません。
それだけに、初孫である娘の子供に作ってやらなかったことを後悔したり・・
こうした思いというのは、こんなことで次の代に繋がっていくのかもしれないとも思えたりして・・


今時、こんなことは無駄・・お宮参り自体がナンセンス・・という考え方も出来るのかもしれません。
私もこうした時だけお参りをする、不信心な人間なのですが・・(^^ゞ
でも、元気な赤ちゃんが産まれてくることを願う気持ちは誰にもあることですし、その願いが通じて元気な赤ちゃんに恵まれ感謝の気持ちが沸いてくるのは、ごく普通のこと。

そのお礼の気持ちを持つことや、これからの成長を願うのも、当然のこと・・
その当然なことの愛情の気持ちが形になって生まれたひとつが産着のような気がします。

親は子供からの見返りを期待して、こうしたことをするわけではありません。
でも、子供はいつかそれによって私のように親の有難さに気が付くかもしれない、そして、それを次の代である自分の子供に同じことをしてあげたいと思い・・そんなことが今まで形は違っても昔から続いてきたことなのかもしれない・・などと思ったり・・

作ってもらっていて有難かった・・そして、こうして又使うことができて、良かった・・
親への思い・・子供への思い・・孫への思い・・それぞれを感じられた針仕事でした。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そうか、お宮参りの行事がありましたね。
自分達の子供の時は何にもしなかったので、この辺りの知識がイマイチです。
お嫁さんのご実家のお考えも有るだろうし、若い夫婦の考えも有るだろうし、今からいろいろと考えておかなければ。
つれづれさんの記事なども参考にさせて頂きます。(^。^)
山いろいろ
2006/12/18 22:33
“針仕事”に惹かれて来ました(#^.^#)
つれづれさんの着物、カワイイ!お嬢さんのも素敵!
私も母に小さい時の着物を持たされていましたが、すでにパッチワークと化していますので、今は裏の紅絹がいくらか残っているだけになっています。つれづれさんはとてもきれいに保管されているのですね。私はいい加減にしていたので、結構しみが出来ていました。母に申し訳ないと思いましたが、切り刻むには未練なく出来てよかったかも(笑)
長男は1月生まれの弱い子でお宮参りをしたのは夏でしたので簡単に〜
娘も夏生まれでこれまた簡単に済ませてしまいました。実家から贈られた着物はありますが、七五三以来これまた箪笥に入れっぱなしで・・・どうなっているかしら・・・親不孝を絵にかいたような私です(-_-;)
色々な行事が簡略化され無くなってしまう中、伝えていくことは大切ですね。私の母もよく絹糸をパチンパチンとはじいていたのを懐かしく思い出しました。
patyoko
2006/12/18 23:46
バツチャンのお仕事、ご苦労さま。可愛い写真を見せてもらうのを今から楽しみにしています。それにしてもお母さんから色んな事を教えてもらえるって羨ましいです。私は母は物忘れがひどいので訊くのは実質的には義母だけになってしまいました。”りょう”ちゃんは誰に似てますか?お嫁さんが帰って来られたら、さぞかし賑やかな毎日でしょうね。針仕事肩懲りなかったかしら?
ノラちゃんのボス
2006/12/19 17:50
山いろいろさん、こんばんは。
我が家も長男の時、山の家の神社が氏神さんだと教えられ、そちらに参拝した写真が残っているだけで、娘の時は・・???覚えてません。(-_-;)
それなのに孫のことになると・・記念に残してあげたいと思うのは何故でしょう?年のせいなのでしょうか?
お宮参りも無事済ませましたので、そのこともアップしたいと思っているのですが、時間が無くてまだ書けません。
アップできましたら、読んでいただければうれしいです。
コメント、ありがとうございした。
つれづれ
2006/12/19 21:49
patyokoさん、こんばんは。
私も古いけれど鮮やかな赤なのでパッチワークにいいかも・・って思うだけは思いました。(笑い)
新品でなくて可哀想なような気もしましたが、写真屋さんで古いものを受け継いで使えるということはいいことですねって言われて、ほんとにそうだと思いました。折角ある物、使えれば幸せだと思います。
同じ、同じ!私もこの着物があること忘れてて、青い方の着物を覚えていて箪笥の中を探していたら、出てきてこれもあったんだ!ってラッキーでした。(笑い)
年のせいか、「子を持って知る親の恩」をそのまま素直に感じることが多くなったこの頃です。いえ、「孫を持って・・」かな。それって遅い〜(笑い)
つれづれ
2006/12/19 22:08
ノラボスさん、こんばんは。
りょうちゃんは、私たちはあちらのお母さんに似ていると思うのですが、この前、そのご本人にお会いしたら、息子に似てきた・・と言われました。さてさて・・どうなりますか・・(笑い)
そうですね・・母はまだ今の所は元気で居てくれますから、有難いです。今に至っても、母は母、何でも知っていると思えるから不思議です。でも、どこも年老いてきて・・寂しいですね・・
肩は・・今日も凝ってます。でも、針仕事ではなくて、日曜にスキーに行ってきたので・・はい、足慣らしにです(笑い)そのこともアップしたいんだけど・・時間がないのが残念です〜
つれづれ
2006/12/19 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりの針仕事・・ 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる