気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 志賀高原に・・1月6.7.8日

<<   作成日時 : 2007/01/14 23:37   >>

トラックバック 2 / コメント 6

私の年末年始の忙しさを知っている主人が、「ごくろうさん」という気持ちから連れていってくれるようになったのがスキー
・・と主人は言っておりますが、せっせとオークションでスキー関連の物を落としているのを見ると、単に自分が行きたいからではないの?な〜んてことは思っても言いません。
3年ほど前から、1月の連休に二人で志賀高原に出かけるようになりました。

どうして志賀高原かというと、広さと、雪質でしょうか・・
一番最初志賀高原に行って驚いたのが、その広さとチップ、さらさらな雪でした。

山全体がスキー場・・というか、スキー場がいくつも集まっていて、それが何かしらの方法で繋がっているし、どこでもひとつのチップで滑るとができる・・ネットウェーブと言いますが、スキー場ウェーブをする感じで滑ることができることなど初めてでびっくりでした。

それにチップ・・私はホルダーに回数券を入れて腕に止め、リフトに乗る時に確認かチケットを切ってもらう・・という方法しか知らなかったのですが、今は3センチ角ほどのチップを胸のポケットとか手袋の中に入れておいて、乗り場でそれをかざすと、ポンという音がして自動でゲートが開くのでびっくり!したものでした。
それに雪質もが良い!
サラサラですから、滑っていると上手になったような気になります。

今年の連休の予約は10月に早々と去年と同じホテル・・西発哺温泉ホテルを。
何より眺めのいい掛け流しの温泉のお風呂と、北アルプスの見える部屋、それにスキーを履いたままスキー場に出て、ホテルに帰って来れる・・というのが気に入り、頼んでありました。

画像

      これはホテルの窓から写したジャイアンツコース方面の写真

出発は6日の午前3時半・・はい!ETCの深夜割引を狙ってです。
今年は、のらボスさん夫妻を誘って・・・4人で・・
彼女たちは北海道暮らしが長かったのですが、20年ぶりのスキーとか・・

途中、梓川SAで朝食をとり、志賀高原に着いたのは9時を過ぎてました。
驚いたのは途中の道路の雪・・
去年は道路脇は雪の壁状態だったのに、今年は何もない・・
ま、道路にも無くて安全でいいのですが・・・スキーとなると・・・
それでも、流石志賀高原まで行くとあり、ホッ。

それから部屋に入り着替えてスキー場に・・
一日目の6日・・この日は雪は降っていたのですが、雪質が悪くて・・
こんな志賀高原の雪は初めて。
雪はどんどん降っているのですが、着ている服に融けて流れて濡れる・・春スキーをしているようでした

それにのらボスさんは久しぶりのスキーというので、緊張して疲れてしまったようで体調を崩して、早めに切り上げ・・
帰ってからはゆっくり温泉に入ってから、久しぶりのマージャンの真似事・・・と思いきや下手なのは私だけでした。

翌日は朝から雪・・
晴れていれば、山の上から見える景色は抜群!!
北アルプスや妙高などの景色が素晴らしいのですが、予報からしてもそれは望めず残念。

画像

          これは去年の写真です

それでも、のらボスさんもこの日はすっかりスキーにも慣れて、皆で楽し〜くスキー・・
北海道生活の長かった彼女たちはゆったり〜と楽しむスキー・・
それに引き換え、私たち夫婦はなるべくたくさん滑りたい!とガツガツと滑るスキー・・
そして、お昼の休憩をしていたのですが、その間にどんどんとお天気が悪くなって・・

外に出ると雪が激しくなってました。
私たちはクワッドリフト(長くてスピードが速い)に乗ろうと並んでいたのですが、数人前でストップ。強風のためとか・・乗った人はしばらくの間、降りることが出来なかったようです。

見る見る間にお天気が変わっていくのが判りました。
取りあえず、宿に戻るにはスキー場からスキー場に移動する必要があるのですが、殆どのリフトが動いてない状況で、吹雪の中、スキー場をスキーやスノボーを抱えて歩く人の姿は、ちょっと異様な光景にも見えました。

私たちはといえば、なんとかスキーを履いての横移動ができたのですが、その滑っている間にも少し前を行く主人の姿が見えなくなったりして・・そうすると、今居る所がどの辺りなのか判らなくなり・・・こうした時に遭難って起きるのだということを実感しました。

幸い宿に電話をしたら早めだったこともあり、迎えに来てもらえましたが、他のお客さんの話しではバスを2時間待ったとか・・道路では帰る車で混雑をして事故も起きていたようでした。

事故といえば、ニュースで報道されていた志賀高原のスノボーの6人の人たちの遭難・・私が素人だからかも知れませんが、あの吹雪の中、あれだけたくさんの人があれだけ広いスキー場に出ていて、よく1組の遭難で済んだものだ・・と後で思ったりしました。

そして宿に帰ってからはDVDを見たり、温泉に入ったり・・
でも、その後、私の体調がおかしくなり・・食事も何を食べたやら・・覚えてないほど・・

翌日はなんとか回復はしたのですが、大事をとって私はホテルで留守番・・
午後に帰ってきた三人の話ではこの日は景色こそあまり見えなかったけれど、適度に冷えていて、スキー環境は抜群!だったとか・・
のらボスさんも、すっかり感を取り戻したとのことで、良かった・良かった
帰り際にもう一度全員温泉に入って・・午後2時にホテルを出て、家に帰りついたのが7時すぎでした。

今回のスキーはお正月と連休の間隔がなく、疲れがとれないまま出かけてしまったので、体調を崩して、残念ながら私にとっては不完全燃焼のスキー・・

それに荒れ模様の予報が出ていたにも関わらず、最初に3日券を買ったのも失敗でした。
3日券のうち、私が使ったのは一日分ほど・・
予報によっては、リスクをどこで取るか・・というのももう少し慎重に考えた方がいいということが判りました。
それに、もうひとつ・・やっぱり今年私は八方塞がり?(>_<)

それでも、2人も良いけど、4人で出かけるのも楽しいもの・・
今度はCDかけながら、イントロクイズでもしながら出かけましょうか・・ノラボスさん。(^_-)







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
志賀高原のサイト集情報
志賀高原のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 ...続きを見る
志賀高原とりまとめ
2007/08/09 09:08
志賀高原メンバー
志賀高原のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 ...続きを見る
志賀高原調査隊
2007/08/17 01:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今年のように気温が高いと、雪質は悪いでしょうね。
自分も今年はスキー再会と思って考えていたのに、リフォーム中で思うように出かけられません。落ち着いたら・・・雪があればですけど。(笑い)
山いろいろ
2007/01/15 10:34
初日に私があまりに心配をかけたからと、反省しております。でもいきなりのアイスバーンにこぶは私にはハードでした。去年の写真を見たら、こんなに綺麗だったんだ〜と今さらながら残念です。そうそうリフト券がICチップなのも20数年ぶりの浦島太郎たちにはビックリでした。やはり二昔は遠いです。おかげで二人してスキーの板を買おうという気になっています。又嫌じゃなかったら付き合ってやってください。
ノラちゃんのボス
2007/01/15 18:17
山いろいろさん、こんばんは。
今年は雪不足とは聞いてましたが、行く途中は全然志賀高原らしくなくて心配でした。でも7日は遭難者が出るほどの吹雪・・これが自然なのですね。ちょっと怖さも知った気がします。
リフォームは今だけですから、存分にお楽しみください(^_-)
ただし、山に登るのに運動不足は大敵。
その為には是非スキーにもお出かけください。私も夏の山登りのためにせっせと楽しみたいと思います・・遊ぶために遊ぶって楽しいですね〜(笑い)
つれづれ
2007/01/15 21:03
ノラボスさん、こんばんは。
記事のアップ早かったですね〜自分のブログにアップしてからコメントをと思ってましたが、新鮮味もなくなってしまいました。(笑い)もう次の記事がアップされてびっくり!です。
反省などしないでくださいませ。何度も行ってれば、こんな時もあることで、却って心配かけてごめんなさいです。(笑い)
4人の思い出が出来たし、スキーの楽しさも蘇ったようですし、又行きましょう〜
つれづれ
2007/01/15 21:17
ご夫婦でスキ−とは素晴らしいですね
スキ−もよし、ホテルでゆっくりするのもまた楽しいことでしょう。
やはり、日ごろの疲れを癒すことができることが一番でしょうね
青葉 繁
2007/01/17 08:47
青葉繁さん、こんにちは。
ストレス発散と出かけたのですが、今年は発散できませんでした。(^_^;)
又来月の連休に出かけると相方は言ってますが、この暖かさでは果たして雪があるかどうか?
教えていただいた荒川静香さんのスケートのサイトを主人に見せたら、魅せるスケートというのはこういうのなんだなぁ〜と惹きつけられておりました。(^_-)
つれづれ
2007/01/17 13:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
志賀高原に・・1月6.7.8日 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる