気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 生きながらえる難しさ・・

<<   作成日時 : 2007/02/04 02:00   >>

トラックバック 1 / コメント 2

今日は母と一緒に父の姉である叔母のお見舞いに名古屋まで行ってきました。

この叔母の家はタバコ屋さんであり、子供の好きな駄菓子、それにお好み焼きや焼きそばなど目の前の鉄板で焼いてくれる・・というお店をしてました。
子供の頃の私はその叔母さんの家は憧れの家・・・私の住んでいた田舎と違い、珍しいものや欲しい物がいっぱい!あり、それにお泊まりに行くと、お風呂は銭湯に行ける!・・と子供心をとってもくすぐる存在の親戚でした。

叔母さんはそのお店をひとりで仕切っている働き者・・
子供の頃にひとりで遊びに行くと、その忙しい中、お菓子の仕入れにも連れていってもらったり、時にはデパートや地下街にも連れていってもらったり・・。
小学生の頃、名古屋の丸栄で買ってもらった木彫りのオルゴールは、今でも大切にして持ってます。
それに、その家には6歳年上の従兄が居て、自転車に乗せてもらって大須のスケート場やボーリング場、それに名古屋駅前の映画館などにも連れて行ってもらった・・・都会の空気を感じられて、とっても行くのが楽しみな親戚だったのです。

その叔母がもう90歳・・随分前から寝たきりになっていました。
5年程前にお見舞いに行った時には何とか私のことを思い出してくれたのですが、今回は残念だけど、全然反応がありません。
先月寝たきりの為に腸が働かなくなり、腸の大半を取り出す手術をしたほどで、器械につながれ息をしているだけの状態でした。

もうその手術をした時に、覚悟はしていたのですが、いざその姿を眼にすると、気の毒で、生きながらえる難しさ・・寿命を終える難しさを思いました。

叔母の姿を見て、果たして今叔母は何を思っているのか・・
90歳になって、大きな手術をして・・苦しみだけが残っているような・・そんな状態を本人は果たして望んでいるのかどうか・・

枕元に顔を寄せて、「おばちゃん・・」と話しかけた時、少しだけ眉間が動いたような気がします。目も片方だけですが、かすかに開いたような気がします。
頬をなでて、頭をなでているうちに、悲しくて涙が滲んできて、早々に病院を後にしてきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
久しぶりの名古屋行き・・
自宅の最寄の駅から25分ですが、名古屋に出かけたのは久しぶり・・半年くらいぶりでしょうか・・・{%train%} 確か、夏にノラボスさんに誘われて、名古屋ドームに野球を知らない私が野球を観戦しに行った依頼・・{%baseball%} 父の姉である叔母が入院をしていて、その病気見舞いにです。{%hospital%} ...続きを見る
気ままに・・忘れないように・・
2007/02/05 12:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
☆^ ^☆ 今までずっと思ってました。長生きというより死ぬまで元気に!。でもそれはお気楽な望みだったということを、想像もしなかった病気になって気付かされました。今はただ何事も運命と思うようになりました。出来るかぎりの備えをして後は流れのままですね*^ ^*
アーシア
2007/02/04 18:16
アーシアさん、こんばんは。
いつもコメントをありがとうごさいます。
アーシアさんのように大病をされた方は、その体験から悟りのような物を感じられるのかもしれませんね。叔母本人の気持ちは今となっては判りませんが、四人部屋の一室で器械に息をされてもらっている、何も意識の無いままに生かされていることは果たして・・・でも、それも「その時」になると、自分で選択できることではないのでしょう。アーシアさんの言われるように、流れのままにいくより仕方ないのかもしれないですね。
つれづれ
2007/02/04 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
生きながらえる難しさ・・ 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる