気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS いつになったら出てくるかな? 3月17日 椎茸の菌打ち 追記2あり

<<   作成日時 : 2007/03/19 13:02   >>

トラックバック 2 / コメント 14

17日の土曜日、椎茸の菌打ち をしました。

画像


もう結婚をして30年近くになりますが、その間ずっと椎茸は我が家に豊富にありました。
主人の生家で義父母が作っていて、それをもらっていたからです。

義母は昔から、その椎茸の生であったり干したものであったりしたものを、お使い物、例えば私の実家への手土産にもたせてくれたり、親戚へ届けたり、知人に配ったり、何かをいただくとお返しにしたり・・何か事があると、こんなにいいのに・・と思うほどの量を配ったりしてました。

菌打ち自体は、私たちも結婚をしてから、数度・・子供がまだ小学生になる前の頃や、中学生になってからだったか・・家族全員、子供も一緒に山の中で手伝ったことがありました

今でも義父母はそのことをよく覚えていて、長男が重いほだ木を懸命に運んでくれた・・と、嬉しそうに思い出話をしますし、子供たちも、その場所に行くとここで子供の頃に・・なんて話に出たりします。

それが、この所何年前かに義父母が菌を打った木に徐々に椎茸が出なくなってきてました
だから当然我が家にも届きません

さて、私も贅沢に使っていた物が無くなると不便なことで・・
椎茸くらい買って・・と思うのですが、今までの豊富さに慣れてしまっていた物を買うとなると高くて・・中々手が出ません。
それに、山で採れた物を娘の嫁ぎ先やお嫁さんの実家に・・と思っても、山に住んでない私たちでは、それも出来ない・・

それで、主人に提案・・椎茸の菌うちをしようか・・
しようて言ったって・・ほだ木はどうする?と主人
山の家で農協新聞を見ていたら、農協で菌もほだ木も注文をとってたよ・・と私

あまり乗る気でない主人に擦りこみを続けていたら・・菌とほだ木が手に入りました

ほだ木100本、森林組合で一本300円を我が家は知り合いから譲ってもらいましたが、未だにその値段判らず・・
そして、椎茸の菌・・100本分と云ったら4袋・・10700円

画像


手に入ってから気づいても遅いのですが、高い・・
椎茸をこれだけ買うとしたら、どんなにたくさん買えるやら・・と思っても後の祭り・・やるきゃない

で、土曜に山の家の車庫の中で菌打ちをしたわけです。
と言っても、私が手伝ったのは、10本ほど・・

私が家の中の片付けをしているうちに、主人がほとんどしてました
昔、初めて手伝った頃は、穴のあく金槌で穴を開けて、菌のついたおがくずを入れて、蓋をしてましたから、手間も力も要りましたが、今はドリルで穴を開けて、菌がついた駒を金槌で打ち込むだけ・・だから、手伝うと言っても、金槌で叩くだけでした。

画像


途中には、俄かお百姓さんの主人に隣近所のおじさん・・きっと見かけは、今ではおじいさんなのでしょうが、私たちにとっては、昔から知っている、お隣のおじさんなのです・・が集まってきて、いろいろ指導・・

細かく打ちすぎてないか?細かすぎると、菌同士が喧嘩をしてあんまり出ないぞ・・とか、菌の種類は?これなら間違いない!とひとりが言えば、
こんな高い菌を買ってきたのか、違う店で俺は一袋1200円で買ってきたぞ・・と、もうひとりのおじさん。 

結局、ほだ木が扱い易い太さだったので、菌が一袋余ってしまいました
ま、誰でも最初はあって、経験して判っていくものなので・・・これも勉強・勉強 

土曜は、打っただけで、まだ日陰に運ぶ必要があるのですが、さて、出るか?出ないか?・・それに出るとしたら、いつになったら出るのか?
全然判らないのですが、これで仕込みはできました・・出るのが楽しみです 


追記・・
お隣のおじさんのお宅では、なめこも菌を打ったと聞いて、息子の好物でもあり、我が家も菌を買ってきてしようか・・と思いついて私が言うと・・
なめこはほだ木の木の種類が違うのだそうです。
カンバ・・白樺や柿の木に打たないと出ないとか・・残念

追記その2
と、書いたのですが、気になってネットで調べてみました。
そしたら、適した木として、ブナ・トチノキ・イタヤカエデ・ハンノキ・さくら・クルミ・しで、ヤナギ・ナラなど・・と紹介されてあるサイトがありました。
と、言うことは、おじさんの・・思い込みだったのでしょうか・・
どちらにしても、ナラの木に椎茸の菌を打っていたので、少しなめこに出来れば良かったなぁ〜・・

ちなみに、今日ホームセンターに別の用事で行くと売ってました
なめこの菌・・1350円の2割引! 安い!
思わず買いそうになるのをグッと堪えて帰ってきました





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今更ですが、師走の日々のダイジェスト
去年12月に書いてアップできなかった記事を、今更ですが・・・ ...続きを見る
気ままに・・忘れないように・・
2009/01/18 22:59
今年作っているのは・・
義母が自宅に住まわなくなり、空き家になっている夫の生家・・ ...続きを見る
気ままに・・忘れないように・・
2012/05/31 22:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
正直私も田舎のシイタケの味が忘れられなくて
栽培をしたいと思っています。
でもこればかりは主人がその気にならないと女の私だけでは…
いつか教わりに行くかも、その時は宜しくお願いします。
なめこもいいなあ〜取らぬ狸の何とかでした。
ノラちゃんのボス
2007/03/19 23:01
こんばんはm(__)m
干し椎茸って結構高いですよね〜私も頂きたいわ〜〜(スリスリ(#^.^#)
でもほだ木とか椎茸菌とかも結構なお値段なんですね〜知らなかった〜
うちの義父母も数年前に椎茸菌のすでに打ってあるほだ木を親戚から貰ってきたといって庭の隅に置いていましたが。。。。椎茸がとれたのかどうか。。。我家にはお目見えしませんでした(-_-;)その後も庭の片隅にほだ木は残されたままで〜〜〜す(#^.^#)
頂き物って贅沢に使っちゃいますよね〜私も一時期海苔をよく頂きまして、バリバリ使っていましたが、自分で買うとなったら意外な高さにヒェ〜〜〜安いのは美味しくないし、高いのは以前のようにホイホイ使えないし、かといって海苔養殖は出来ないし(笑)
でも羨ましいなぁ〜山の家があるなんて。次回はなめこも買っちゃったら(#^.^#)出来たらアップして下さいね。楽しみ〜〜〜(^_^)/~
patyoko
2007/03/19 23:15
ノラボスさん、こんばんは。
なんだかねぇ・・立派な山の嫁じゃなく、おばちゃん?いえ、おばあちゃんかも・・に段々となっていくような気がするこの頃です。(^_^;)
義母のしていたことを、知らず知らずに真似ていて・・上手に後姿を見せて教育されたのかも・・な〜んて。(笑い)
でも、ほんとにあの厚みのある椎茸のしょうが焼きや炒め物・・すき焼きにも美味しいし・・無いと淋しくて、とうとう手をつけました。
聞くところによると、椎茸が出るには、2年くらいかかるみたいです。
道具は我が家に揃ってますから、いつでもできますよ〜是非、どうぞ。
つれづれ
2007/03/19 23:39
patyokoさん、こんばんは〜
それがね・・今日ホームセンターに行ったら、隣のおじさんの話のように1000円台で菌が売っていたのでがっくり・・でも、きっと椎茸の種類が違うんだ!と気を紛らわせております。(^_^;)
我が家も随分前になりますが、ほだ木をこちらの家に持ってきたことがあります。でも、椎茸どころか、白蟻が付いてしまって散々でした。それに、聞いた話では、雑菌が多い場所では椎茸の菌が雑菌が負けてしまって出ないそうです。
ネットで「なめこ」を調べていたら、面白そうで、是非作ってみたくなりました。作ったものは大きくてぽってりしていて、美味しいんです
でも、ほだ木が・・・また擦り込みを始めましょうか・・(笑い)
海苔の頂き物ですか!いいですね〜
我が家も子供が子供の頃は大量に消費してましたが、羨ましい〜
山の家・・別名別荘とも言えますが、もれなく隣近所のお付き合いも付いてきます(^_^;) 田舎だから、暖かくて優しい人が多いのですが、行事や冠婚葬祭などのお付き合い、これが結構大変なんですよ〜
つれづれ
2007/03/20 00:23
☆^ ^☆椎茸はぜったい干し椎茸がすきです。みずで戻して甘辛く煮付けたものなら毎日でもほしい。散らし寿司にのせたり、野菜の煮物に合わせると最高です。子どもの頃のお花見のお弁当にも沢山いれてもらってました(^・^)それから素麺の付け合わせにもなくてはなりません。偏食だった私が何とか元気に成長できたのは、豆類と椎茸のおかげかもなんて(笑)そんな椎茸の栽培頑張って下さいね。出てきたらかならずアップして下さいね*^ ^*
アーシア
2007/03/20 14:40
アーシアさん、こんばんは。
干し椎茸の使い道も家庭によって、いろいろあるものですね。
我が家では、散らし寿司もですが混ぜご飯、それに茶碗蒸しはその戻し汁を使って作ります・・と言っても、子供が巣立った今では滅多に作らなくなりましたが。(^^ゞ
私はどちらかと言うと、生椎茸の方が好きなのですが、先日スーパーで買った椎茸が冷蔵庫の中で傷みそうだったので、もったいなくて、思わず干ししいたけにしました。そうしたら、小さくて薄くて・・(^_^;)
椎茸は菌を打てば後は時間が経つのを待つだけなので、もし、その頃にまだブログを書いていたら・・アップすることを誓います(^_-)
つれづれ
2007/03/20 23:25
コメントをありがとうございました。
少し遡って拝見させて頂きました。内容のしっかりしたいい記事ばかりですね。素晴らしいです。
椎茸作りに挑戦ですか。そういう場所があるって、羨ましいような環境ですね。家内の実家でも随分以前に椎茸を栽培していたそうですが、時々木槌のようなものでほだ木を叩いてやると、良く出るんだとか言っていたそうです。
本当かどうかはわかりませんよ。
ジャガイモも植えられたそうですね。これから少しずつ色々な野菜を作ってみられるといいですね。なかなか面白いものですよ。
また、寄せて頂きます。これからもよろしくお願い致します。
ヒゲおやじ
2007/03/21 17:40
ヒゲおやじさん、コメントをありがとうございます。
義父が元気であれば栽培方法など聞けるのですが、今は何を聞いても判らんと言うようになってしまいましたので、今もその方法などネットで調べていたのですが、面白い!と思わず口にでたほどで、収穫できるのが楽しみになってきました。最近は、こうして自分たちの作った物が食べられることが贅沢・・と感じるようになってきました。
そうですか・・それではこれからは時々叩いてあげましょう(笑い)
ジャガイモは種芋を父が余ったというので、植えてみたのですが、今日ではまだ芽も出てませんでした。芽が出たら土をかけてやるように・・と何かで読んだので、待ちわびているのですが・・(笑い)
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします
つれづれ
2007/03/21 22:16
椎茸は美味いし大好きですが、菌を打ち込んで作ってみようかなどという発想は絶対に起きてきません。
やはり、義父母さんが作られていたという環境がそうさせるんでしょうね。
自分で作ったものを、美味しく料理して食べる事は最高の贅沢だと思います。
つれづれさんご夫妻の行動力に、拍手です。パチパチパチ
山いろいろ
2007/03/21 22:27
山いろいろさん、こんばんは。
我が家は体力派の夫婦ですから、こうしたことは苦にならないんです・・と言いつつ私は大したことはしてないのですが。(笑い)
義父母の作っていた時も収穫の手伝いなどもしましたが、とても楽しいものでした。今回は私たち素人で上手くいくかどうか判りませんが、若い頃には感じなかった、収穫の喜びや新鮮な物が食べられることを贅沢と感じられる年代になってきたようです。
つれづれ
2007/03/21 22:43
手作りだと思いのほか高くつくことってありますよね。
それでもやはり手作りの良さ、本当の美味しさがありますから、
やっぱり手作りが最高なんですよね。
しいたけが出来たらまた見せてくださいね。
お疲れ様でした。
来年はなめこにもトライしてみてください〜。
色々お勉強になりました。ありがとうございます。(^^)/~~~
らんじゅ
2007/03/24 20:14
 若い頃に森林組合に勤務していた頃を思い出しましたよ。
 私は作業員の人が切った原木を検収する係りで、両者が立会いで数を勘定するのですが全然合わないのです。
 不思議なことに何故か買う方の私は少なめに、売る方は多めになるのですが、合うまで再勘定で結局は時間切れで適当に妥協したり…
 ナラやクヌギの木を燃やした灰は陶器の、うわぐすりの原料にもなるのですよ…頑張っていい椎茸を収穫して下さい。
 
たそがれ
2007/03/24 20:53
らんじゅさん、こんばんは
そうですね〜あります、あります。自分で作るより買った方が安かった〜って言うこと。でも、自分で作った物は安心して食べられますから、それだけでもいいのかもしれません。椎茸が出るまでは1年半ほどかかるようですから、来年の秋辺りに収穫ができるかな・・と思ってます。
それまで、ブログを続けていられたら、アップしますね。(^^)v
なめこはまだ未練あり・・ですので、もし打てたらまたアップします。
その時はまた見てください。(^^ゞ
つれづれ
2007/03/25 00:16
たそがれさん、こんばんは。
そうでしたか・・原木の売買のお仕事をされていたのですか。
今回我が家は100本ほどしたのですが、一番上の写真で全部ですから、思ったより少ないなぁと思いました。その売買はそんな単位ではないのでしょうね。
灰がうわぐすりになるのですか・・これも木を選ぶのですね。知りませんでした。はい、たくさん収穫できるように頑張ります!
つれづれ
2007/03/25 00:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつになったら出てくるかな? 3月17日 椎茸の菌打ち 追記2あり 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる