気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊吹山 「笹又コース」と北尾根を少し 2007年6月23日

<<   作成日時 : 2007/06/30 10:29   >>

トラックバック 2 / コメント 15

23日、土曜日に伊吹山に登ってきました。
と、言っても正しくは、北尾根の途中まで歩いてきた・・程度ですが・・

画像


実は前週の日曜、予報では晴れ!だったので、前日から準備をしたのですが、起きてみると当日は曇り・・それでもあくまで予報は晴れと、言うので、それじゃ!と登山口まで行ったのですが、山は雲の中・・これでは登っても展望は何も望めないと諦めた経緯がありました。

画像

                   (前週、駐車場から)

それで、いつか・・と気にはなっていたのですが、この日は起きたのは遅いし、準備は何も出来て居ないし・・
でも、玄関に出て伊吹山を見るときれいに稜線が見えていて、居てもたってもいられず、今日こそは登ろう と、それから準備をして、午後からの予報は曇りというので、急いで家をでたのは9時少し前でした。

今まで、伊吹山はドライブウェーを使って、車では何度か登っていますし、滋賀県側からは足で2度ほど登ったことがあります。
でも、ネットで見ていると、私の生まれ育った町から比較的近い、旧春日村のさざれ石公園から登る「笹又コース」は花の道で有名だとか・・
その昔はあまり近くの山に関心が無かったせいなのでしょう・・そのことを知りませんでした

ですから、今回はこの揖斐川町春日地区にある「さざれ石公園」から・・
以前ネットで調べていた時に、この公園にある駐車場から更に農道を上がっていくと畑の脇に空き地があり、車をとめる場所がある・・それだけで、30分は時間が短縮できると書かれていたので、そこまで・・この日はそこには車が2台止まってました。
この時点で9時半・・


画像

                 (上の写真と同じ場所から)
以前、ドライブウェーから下を見た時に、こんなに山の中にまるで絵に描いたような曲がりくねった農道と畑があるけれど、一体どこの人が作っているのだろうと、思ったことを覚えていますが、民家は無いけど畑だけがある・・丁度その見えていた辺りが、その登山口のようです。



画像

                  (農道を上がった畑の辺りに小さく駐車場が)
登り始めたのは、9時45分・・
コースタイムは国見峠への分岐まで1時間半ですから、それほど長くなく、辛いことは無いはずですが、やっぱり登る時は息が上がります。

でも、やっぱりお天気がいいのは最高!

画像


汗も吹き出ますが、樹林帯の中に入れば涼しく、緑もきれいで・・花もいろいろ咲いています。
不思議なことに、普段下界では見ても目に留まらないのに、山の中で見ると、どんな小さな花もきれいに見えて写真に撮りたくなります。
今回はお天気もいいので、空もきれい・・最初からパチパチと撮りながら・・


画像


画像


画像




前週に来た時、登ろうかどうしようか迷って、その雲の動きなどで何か教えていただけるかも・・と、畑で作業をされていたお年寄りに、その日のお天気の具合を尋ねました。
その時に花はこれから・・7月が一番きれいだろうと言われましたが、なるほど、見ていると、何かのつぼみかも・・と思える花が結構あり、ちょっと早かったかな?又来なくちゃ と思いながら・・


画像




途中で主人に言われて見てみれば、羊蹄目らしき足跡があちらこちらにあり、カモシカかも?・・・そう言えば、登山口に6月に熊の親子が目撃されたと注意書きがしてありました


高度を上げるにしたがって、濃尾平野が見えるようになり・・・驚いたことに途中ではひぐらし蝉がもう鳴いているのを見つけて、びっくり 


画像





そのうちに、樹林帯を抜け、乗越に着いたのが11時でした




画像




もう少し歩いた辺りに、分岐があり、左に行くとドライブウェーの道路に・・
行くと、道路は歩行者通行禁止と書かれてあるので、戻り右に進むと、丁度ドライブウェーと平行して登山道があり・・夏になると花畑になりそうな気持ちのいい道を進みます



画像

           (上にドライブウェー、下が登山道、断然下の方がお薦め!)

画像


青空と白い雲、そして、爽やかな風・・これだから、山登りは止められません。
遠くには白山、それに一昨年登った貝月山もあるはずですが、どの辺りか・・山また山です


画像



15分くらい快適な歩きをすると、国見峠方面と伊吹山のドライブウェー方向への分岐である、静馬ヶ原に出ます。
そこからは、遠くに琵琶湖も見えています・・さて、どちらに進もうか・・


画像

                

ここから、伊吹山の頂上ま40分ほど・・やはりドライブウェーの道路を歩かないといけないのですが、自転車歩行者通行禁止・・と書かれているので、迷って、結局は頂上ではなく、国見峠の方に行ってみることに・・

そこで、笹原を登っていると、ドライブウェー方面から、 「ヤッホー〜」と声が聞こえてきました。

誰か他の人にでも?と思って振り返ってみると、ドライブウェーから子供さんが二人、こちらに向けて、もう一度「ヤッホー〜」

、ひょっとしたら、私たちに言ってくれているのかも

で、手を振ってみると、「がんばってね〜」 と。

「ありがとう〜と応えながら、なんとも言えず、ほんわかした気持ちになったりして・・。


画像


    (この向かいに見えるドライブウェーの駐車場に車を止めて、国見峠方面に歩く人も多いとか)

画像


そして、この先に進み、途中でお弁当を広げてお昼に・・
その時に、国見峠から登ってきた人があり、途中の様子を聞くと、1時間ほどかかるだろうけど、ニッコウキスゲが満開の所がありました・・と。

それじゃ、と歩き始めたのですが・・・それが結構な下りで・・また登り返す必要があることを考えると、主人が靴擦れを起こしていたこともあり、途中で断念・・
もと来た道を戻り、降りてきました。

画像



駐車場に着いたのが2時・・丁度分岐から1時間ほどで降りてきました

今回の山行きは、結局伊吹山の頂上も行けなかったし、国見峠にも行けないという中途半端な山歩きになりました。
でも、その景色と乗越に上がってからの歩きは快適、その上、花が多いのですから、人気があるのも納得です。
こんなに我が家から近い所に・・いい所を見つけたと、満足して帰ってきました。


画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
伊吹北尾根縦走
その道は様々な春の花咲き乱れる「花の回廊」でした。 ...続きを見る
みっちゃんの山日記
2007/07/02 20:05
伊吹北尾根【2007年7月22日(日)】
前々から行きたいと思っていたお花で有名な伊吹・・の北尾根へ行ってきました{%cloud_a%} ガスで展望はいまいち、花も予想より少なめでしたが{%gakkari%} 童心でいろんな虫{%butterfly_a%}を捕まえたりといろいろ楽しい一日でした^^ ...続きを見る
やっぱり山が好き☆
2007/08/24 00:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
頂上を極めるだけが山でもなし、爽やかな風ときれいな空気、カワイイ花たちにも会えて遠くの展望も楽しめれば、充分満足のいく山行だったと思います。良かったですね。
ご自宅から1時間以内ぐらいでしょうか?
近くにトレーニングの山を作ることも大事だと思います。折々に登れたら幸せですね。
山いろいろ
2007/06/30 18:41
山いろいろさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
はい!頂上に登れなくても、あの山の風に吹かれて花に会えれば大満足です(^.^)
自宅から、この登山口まで40分ほどでしょうか。
近くに季節やコースを変えて登りたい山が見つかってよかったと思っています。
山いろいろさんは、確か明日から山行とブログのコメントに書かれていたような記憶がありますが、どちらにお出かけなのでしょうか。
お天気がいいといいですね。
帰られてからのアップを楽しみにしています(^_-)
つれづれ
2007/06/30 22:49
伊吹山の笹又コースは知りませんでした。
北尾根というと、国見峠コースかと思いきやこんなルートもあるのですね。
さすがに日本有数の植生の豊かな山、伊吹山!、自然豊かで、バリエーションに富んで歩いていてもたのしそうです。
これからの7月がいいんですか?いいコースのご紹介ありがとうございます。
本読みと山歩き
2007/07/01 10:10
 歩いて上がられましたか…凄い!
 ご自宅から近いところに登山道が!それは都合がいいですね。
 私はドライブウェイもまだです。
 来週は一泊の旅…ヒント…日本一から日本一の麓まで…です。
 いずれ又…

2007/07/01 14:19
 スミマセン…サイン不十分でした。
たそがれ
2007/07/01 14:20
本読みと山歩きさん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。
私が滋賀県側から登った時は、秋でしたから、花は終わっていましたし、曇り空で遠望も利かなかったこともあるのでしょうが、今回のコースの方が好きです。これは岐阜県という身びいきもあるかもしれませんが。(笑い)
でも、今回の笹又から国見峠という歩き方は普通はしないと思います。
だって、笹又から登って行ったのに、頂上に行かず国見に下り、又登ってくるというふたつのコースを中途半端に横取りしたようなものですから。(笑い)今度は、国見から頂上か、笹又から頂上にしたいと思います。
花のことは、地元の方が7月がいいと言われましたので、確かだと思います。尾張方面からですと、米原の方が便利なのでしょうが、いろいろなコースを試すのも楽しそうですよね。
一度王道を試され、他のコースもお試しください。
つれづれ
2007/07/01 14:40
たそがれさん、こんにちは。
いつも、コメントをありがとうございます。
はい、足で上がりました。(笑い)
山歩きを始める前は、ドライブウェーで登っても、駐車場から頂上までの20分の歩きがイヤだった私がですから、変われば変わるものです。(笑い)
でも、たそがれさんがまだ伊吹山に登られてないのは、意外ですね。
駐車場から確か15-20分ほど登る必要があったと思いますが、これからの季節は涼しいし、天気が良ければ琵琶湖も見えます。
是非お出かけください。
日本一から日本一の麓・・う〜ん・・富士山に登られるとは思えないですし・・何が日本一なのか???降参です(笑い)
又ブログのアップを楽しみにしています(^.^)
つれづれ
2007/07/01 14:53
今このブログを覗いて主人に報告したら「なんだかんだ言って、しっかりあちこちへ行っているんだね」だって。どこかのグータラ亭主の言葉でした。私はこの日はメチャクチャ患者さんが多くて疲れた日でした。でもやはり忙しい中やりくりして出かけるお二人は凄いです。素敵な息抜き、そんな日がないと滅入ってしまうわね。ごくろうさま〜
ノラちゃんのボス
2007/07/01 16:41
のらボスさん、こんばんは〜
主人にこのコメントの話をしたら、あれもこれも精一杯出来ることをしているぞ!って言ってましたので、お伝えください。(笑い)
義母がその後元気になってくれ、義父母との生活にもあるリズムが出来てきました。今の所は家族皆が少しずつ我慢をして、その中でも皆がある程度の満足が出来る生活に落ち着いていると思っています。
ただ、こうした生活もいつまで続けられるか・・いつまで続くのかも判らないので、大変なことも楽しいことも今できることは今しておかないとね。(笑い)
ん!旅行の為のバイトだと思ってましたが、帰国後もしているのですか!
でも、遣り甲斐のある仕事のようで良かったですね。
慣れない生活で体を壊さないように、ほどほどに頑張ってくださいね。
つれづれ
2007/07/01 21:47
こんばんは。
とても懐かしいです。でも私の時は曇天でしたので展望は全く無し・・。あぁ、こんな景色だったんだなぁ としみじみと拝見しました。
もう山もすっかり夏の色ですね。咲いている花も私のときとは全然違います。
良いところにお住まいなようで、また季節を変え多種多様な花々を楽しまれるといいですね(ウラヤマシイ・・)
私もまた行ってみたくなりました(あの稜線で昼寝がしてみたい・・)。
TBよろしくお願いいたします☆
みっちゃん
2007/07/02 20:53
みっちゃんさん、こんばんは(^.^)
早速のTBをありがとうございました。
一番国見峠からが標高が高いのですか・・知りませんでした。(^^ゞ
ブログの中にも書いてますが、国見から登ってこられた方の話では、途中にたくさんのニッコウキスゲがの満開の場所があったそうですし、頂上から降りてこられた方の話では、今はフウロが咲いているそうです。
いつでも行けると思うと、中々行けないものですが、あの稜線の風を感じに、是非、花の山と言われる7月にも登ってみたいものですね。(近いのに見逃す手は無いと思えてきました(^^ゞ)
でも、あっちもこっちも行きたい所ばかりで困ってしまいます。(笑い)
これからも、いろいろな記事、楽しみに読ませていただきます。
コメントをありがとうございました。



つれづれ
2007/07/02 23:37
はじめまして

表側から山頂へは登ったことがありますが今回
7/22に国見峠から北尾根を計画しています。
静馬ヶ原から山頂へは歩けないんですか?

やはりすでに花がたくさん咲いているんですね。
楽しく読ませていただきました。
ふくし
2007/07/09 22:10
ふくしさん、はじめまして。
ようこそ、ご訪問をありがとうございます。
実は私は以前にふくしさんのブログは読ませていただいてました。(^.^)
山のブログからですが、造幣局の通り抜けの記事を書かれていたの読み、私も同じタイトルで書いてましたのでTBをお願いしたいなと思いつつ、勇気が出ずじまいでした(^_^;)
伊吹山のこと、私もはっきりは判りませんが、笹又コースから上がった静馬ヶ原より手前の分岐から道路に出ようとした所では「歩行者・自転車通行禁止」と書かれていました。
ただ、静馬ヶ原から道路には出てませんので、判りません。
でも、国見峠から上ってらして話をした方はもちろん頂上を目指してみえましたし、降りて来たときに話をした若いカップルの人たちからは、頂上ではフロウの花が咲いていたと聞きました。
どこの山もこれからが花のピークですね。
私は今夜も山の本を見て、連休の候補地選びをしてましたが、ワクワクしてきますね。お互いにお天気が良いといいですね。
行かれた後の記事アップを楽しみにしています。
ありがとうございました。
つれづれ
2007/07/09 23:41
こんばんわ。
私のようなレポを読んでいただけていたとは、ありがとうございます。
TBは私はやり方がいまいちわからないのでやったことは無いのですが
していただけるならお願いします。
勇気だなんて・・^^

花が多すぎたら山頂まで行けないかもしれませんね^^
楽しみです^^
ふくし
2007/07/12 02:57
ふくしさん、こんばんは。
わざわざのコメントをありがとうございます。
遠慮なくTBさせていただきました。(^.^)
TBは、相手の記事の「コメント」の上にある「TB用URL」をコピーして、ふくしさんのTBしたい記事の「編集」画面の「トラックバック送信先URL一覧」に貼り付けて「公開」をすると、自動的に相手のブログにTBが出来てます(^^♪
私の試行錯誤をしてできるようになりました(^^ゞ
伊吹山お天気がいいといいですね〜
私は連休に鹿島槍に行きたかったのですが、台風で諦めました(-_-;)
つれづれ
2007/07/12 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊吹山 「笹又コース」と北尾根を少し 2007年6月23日 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる