気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 去年のリベンジ、白山へ・・2007年8月18日

<<   作成日時 : 2007/08/26 17:56   >>

トラックバック 0 / コメント 20

慌しいお盆が過ぎ、さて、今度の土日は私のお盆休みをするぞ!と思っていたら、今季最後の夏山に行こうか・・・と主人。

そう言われると、休みたいような行きたいような・・
じゃ、その行き先は・・と探しても、一泊でいける山・・それに出来れば月曜の仕事に疲れを持ち越したくないという我が侭な日程を考えると、中々決められず・・

その中でも、一番の候補は「白山
去年の秋、山荘の予約まで取ったのに、台風でキャンセルになった山です。

でも、主人はテント泊をしたいと言うのですが、テント場は折角登ったところから1時間も降りた所にあるとか・・
そんな勿体無い・・折角登ったのに降りるなんて・・
私は山荘に泊まりたいと言うものの、山荘は予約が必要とか・・
今更できないし・・物別れかと思った深夜、だったら登れる所まで登って、日帰りにしようかということで、夜中の1時に準備開始。

朝、5時に家を出て、本当なら、これ位の時間から登り始めたかったね・・と話をしながら、東海北陸道の「関インター」から入り、「荘川インター」まで、通勤割引で1050円

画像

 (東海北陸道・ひるがのSAから見えた白山) 


そこから国道156号を走り、荘川桜を見つつ御母衣ダムを通り越し、その先の平瀬温泉の入り口を大白川方面へ・・

雨が降ると通行止めになるという、時にはガクンと舌を噛むのでは?と思うほどの道を20分ほど走ると白水湖のある、大白川に「平瀬道登山口」があり、ここに7時過ぎに到着。

私は石川県側の登山口、別当出合からの方がCTが短いので、そちらにした方がいいのでは?と言うのですが、主人は 「岐阜県人だから!」なんていう拘りから、ここから登ります

ここの標高は1240メートルほど、白山の最高峰御前峰は2702メートル・・その標高差1500メートルほどを登ると考えると、私にはちょっと無理かも・・と思えてきます
地図のコースタイムは登り4時間50分、下り3時間20分

駐車場は満車状態・・こんなに登っている人が居るのだと思いながら探すと、幸い一台だけ空いていて駐車。

画像


急いで準備をして、7時40分に登りはじめ

画像


前回の唐松岳は霧の中を歩きましたが、今回は晴天!
それでも、樹林帯の中を歩くので、汗は出ますが歩き易い暑さです。

画像


そのうちには、立派なぶな林の中を歩くとに・・その気持のいいこと!

画像


その登っていく道すがら、登山口の白水湖が見えたり隠れたり・・

画像


途中には、登山道が崩れて注意書きのある所が複数個所ありましたが、その横には笹を刈り払って、道が付け替えてあったり、ロープがあったり・・注意深く歩けば、心配なく通れます。

画像


画像


いつも思うことですが、こうして登山道を整備してくださる方があるから、私のような軟弱者でも登山を楽しむことが出来る・・そんなことに感謝しながら・・

画像


ぶな林が続いて2時間半ほど登ると、行程の半分ほど・・
笹原も見え、樹林帯が終わりかな?と思った頃、白山がきれいに見えてきました

画像


この後、樹林帯はまだまだ続きましたが、この辺りから花が見え始めてきます。

画像


画像


画像


画像



そのうちに、又大きなブナ林を歩いていくと、大倉山頂上、そして、その先に「大倉山避難小屋」が・・

画像


ちょっと中を見てみたい気がしましたが、団体の人が休憩中でスルー
この大倉山を過ぎた頃から、木が低くなり、花が益々多くなります。

画像


画像


画像


あまりの花の多さに、私の足も遅くなり始めます

画像


画像


他にもそうした方が多いのか、追い抜いたり追い越されたりしながら・・

画像


そのうちには、所により雪渓が見えたり、又道が崩落している所もあったり・・でも、そうした場所にもきれいに花が咲いていたりして・・

画像


画像


画像


画像


画像


画像


そして、カンクラ雪渓という場所に着いたのが11時50分・・

画像


そこで、蝶を見つけてパチリ

画像


ここからも花が多かったせいか、頂上まで遠かったという感じはしませんでした。
花と景色を楽しみながら・・

画像


画像


画像


画像


最初は随分上に見えていた山々が、下に見えるようになってきて、もうすぐ道が平らになりますから頑張って!・・と降りてこられた方から声をかけられたりした辺りには、イワギキョウの群生地がありました。

画像


画像


画像


そして、1時近くにやっと室堂に到着・・

画像


先についていた主人は早くもビールを調達・・ギンギンに冷えて美味しいかった〜そうです
ちなみに、ここで買った水も美味しい〜と言ってました

ここで、昼食・・と思いきや、昼食のつもりでパンを持ってきたのですが、あまり食べる気になれず・・結局は無理やり押し込んだ感じですが、持っていったグレープフルーツと巨峰のようなものが暑い時には良いと実感。

ベンチで食べている時に話相手になってくださった方も、食べられないと言いつつハヤシライスを無理やり押し込んでみえました。
この方としばし山談義・・もう白山は10回ほども登ってみえるとか・・
まったりとした楽しい時間を1時間以上過ごしてきました。

画像


ここから頂上までは30分ほど・・
でも、二人とも何故か頂上に拘りが無くて、今日はここまででいいか、頂上は又来た時で・・という気持ちになってました。
話をしていた方も行くつもりが無いということで、2時過ぎに一緒に下山開始・・
しばらくは歩調を合わせてくださってましたが、下りの目標が1時間半というその方の姿はすぐに見えなくなりました。

画像


それにしても、登りに比べて下りの楽なこと・・

画像


画像


帰りも花と廻りの景色に飽きることなく、楽しみながら・・登山口の大白川に着いたのは5時を過ぎていました。

その頃には流石に足も痛くて・・駐車場のすぐ近くの「大白川温泉」に・・

画像


ここは野趣溢れる露天風呂しか無いのですが、去年の秋、お風呂に入りながら見た夕日に輝く紅葉は、それは素晴らしいものでした。
入浴料300円・・但し石鹸類は使用不可・・

画像


ここにゆっくり入って帰ってきました。

去年の秋、天生峠から籾糠山に登った帰りに、ここの露天風呂に寄った時、日帰りで白山の紅葉を楽しんできたという神戸の男性と話をして、「朝から歩きとおして日帰りなんて、すごい!」と思ったものでしたが、それを自分が出来たということが嬉しい・・ちょっとした進歩かな・・と思えた山行でした。

今度は私たちも秋、紅葉の季節に登ってみたいものです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
 素敵なレポーとでした。あと30分…と、云う所で回れ右…又この次
 勿体ない…と思ったのですが、よーく考えて見ると、「この次」があるから又も一度来れる…意欲がのかも判りませんね。
 頂上征服して満足してしまえば、私なら多分それでおしまい…になったのかも判りませんね。大変教えられました…
 
たそがれ
2007/08/26 20:44
たそがれさん、早速のコメントをありがとうございます。
不信心の私たちは霊山と言われている白山なのに、こんなことして、神様に失礼になるのかもしれないですね。(^_^;)
信心深いたそがれさんから見たら、笑われてしまいそうです。
山は逃げていかないので、今度は石川県側から登ってみたいと思っています。
そして、泊まってご来光を見たい・・あ、でもその前に紅葉の季節には全山が紅葉しそうな木ばかりでしたから、平瀬道からその季節に行ってみたいと思っています。
つれづれ
2007/08/26 21:49
好天に恵まれての白山登山ができて、なによりでした。しかも日帰りとは凄い!
花の写真もなかなか良く撮れていますね。きれいに後ボケが決まっています。
自分は、帰省の折などに何時でも登れるからと思いつつ、未だ登っておりません。やはり、登るなら平瀬温泉からと思っておりますが・・何時になることやら。
山いろいろ
2007/08/26 23:27
登山紀行・・・大変気持ちよくスラスラと読ませていただきました。
こんなこといっては失礼なのですが・・・人様によっては、色々と教えてくださる方があるのです。
記事が重くて途中で閉じてしまうことが少なくありません。
快適に一緒に登山をさせていただきました。
Tatehiko
2007/08/27 11:34
こんにちは。

やさしい写真で綴られていますね。
女性の方のブログは、写真の撮り方、物の見方が、私の見方とは違いすごく勉強になります。
立ち枯れから山頂?を望む写真なんか素晴らしいです。
雪渓の白もポイントになっていて、ぐっと惹きつけますよね。
子どもの頃に白山には何度か足を運んだことがあります。
山容の大きさに圧倒された記憶があります。
紅く染まる白山も綺麗でしょうね。
ginfamily
2007/08/27 17:44
山いろいろさん、こんばんは。
山の大先輩、いえ、先生のような山いろいろさんに褒めていただき、とっても嬉しいです(^^ゞ
多分、夏になってからの山歩きで体が山に慣れてきたから歩けたのかなと思っています。でも、その後4−5日ほど足が痛くて、イタタと言いつつ歩いていました。
山いろいろさんが白山に登ってみえないとはびっくり!です。
是非、登ってみてください。いい山ですよ〜・・な〜んて、釈迦に説法をしてしまいました。(^_-)
つれづれ
2007/08/27 21:14
今晩は。
確かに、無理すれば、山頂まで日帰りできるコースですね。
私もまだ登っていない山なので、たいへん参考になります。
秋に日帰りで行こうかな。
岐阜人は、岐阜からのコース、そんなこだわり私も大好きです。
山頂に行かないそれもまた良しです。
人はピークハンターばかりではありませんから、何を目的に行くか、“まったりとした1時間半以上”いいですね。
本読みと山歩き
2007/08/27 21:15
Tatehikoさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
私の備忘録として書いてはいるのですが、私も山に登る時は他の方のブログを参考にしたりしますので、それを考えて書いているとどうしても硬くなってしまいます。
ですから、果たして他の人に見ていただけるような物になっているかと、いつも心配しながら書いていまので、そう言っていただいて、ホッとしました。ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
つれづれ
2007/08/27 21:25
ginfamilyさん、こんばんは。
ginfamilyさんや、他の方のブログを見せていただいていると、写真がとてもきれいに撮られていて、そんな写真が撮れたらと思い、ついつい足が遅くなってしまいます。でも、その技術を勉強もしないでしているので、偶然気に入ったものが撮れる程度です。(笑い)
最近photoshopeを入れ、やっと部分的に切り取ることを覚えてアップしてみましたが、中途半端で使いこなせてないので、お恥ずかしいです。
子供の頃に何度もですか!だから今のginfamilyお父さん像があるのかもと思いましたが、いかがでしょうか(^_-)
はい、登ってみると廻りは紅葉する木ばかりでしたから、きっときれいだろうと思います。登りたい所、登りたい季節がありすぎて困ってしまいます。(笑い)
コメントをありがとうございました。
つれづれ
2007/08/27 21:52
本読みと山歩きさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
はい、足の遅い私でもいけたのですから、常念岳をピストンされる本読みと山歩きさんなら、きっと大丈夫ですね(^_-)
私も又いつか秋に行きたいと思っています
ただ、秋は日が短くなりますので、気をつけた方がいいかなとは思っています。
二人ともが頂上に拘らないタイプで良かったと思いますが、テン泊のことなど、折り合いをつけるのが大変なこともあります(笑い)
丁度ピクニックをしているような気分でした。この真夏のいいお天気に外に居るなんて、絶対に下界では無理、山でないとできないことです。
つれづれ
2007/08/27 22:10
こんにちは

ご主人の提案「岐阜県人だから平瀬道‥」に共感しました 私のところも県境の山々へ登るのに隣接県へいったん行ってから登る場合が多いんですよ 「県内の山なのになぜわざわざ‥」ってちょっと思ったりします 些細な事なんですが

白山にはいつか登りたいと思っています 今年は都合により日程が取れませんでした こうして拝見するとやっぱり素敵なところですねー 花の時期を考えていたのですが、予定変更して紅葉の季節に行こうかな‥

お天気もよくていい休日になりましたね お疲れ様でした
あき
2007/08/28 17:02
こんばんわ

岐阜側からの山頂の姿、とてもかっこいいですね。
こちらからだと岐阜側に回ると少し遠いですがいつか!

白山、私は今年夏が初めてでしたがほんとうにお花の多い山ですよね。
せっかくなので日帰りはもったいないなぁと思って1泊にしましたが
私が登ったときも日帰りの方がたくさんおられました。
宿泊された方は室堂で300人とのことでした。

車だと思ったより近い(3時間半くらい)のでまた訪れたいと思ってます^^;
次回は大汝峰からの最高峰を見てみたいです。
ふくし
2007/08/28 20:09
あきさん、こちらにもコメントをありがとうございます。
主人に言ったら、喜んでおります。(^.^)
歩く速度は私に合わせてくれますが、変に頑固な所があり、気を遣う小屋泊まりはイヤだから、荷物は全部自分が背負うからテント泊にする!・・と譲ってくれません。(笑い)
ですから、今度行く時は、別当出合から登ってテント泊をして頂上・・ということになるかもしれません。ご来光がきれいだそうですね。
あきさんも、是非、紅葉の季節、花の季節、両方お出かけください。
レポート楽しみにしています。
つれづれ
2007/08/28 21:20
ふくしさん、こんばんは〜
先日、伊吹と白山の記事、勝手にTBさせていただきましたm(__)m
室堂の小屋は1週間前に予約が必要・・なんてネットで見ましたので、無理だと諦めました。でも、登っている時に話をしたご夫婦は前日の夜予約をされたということだったので、当日でも泊まれたのではないかな・・と思ったりしてます。でも、それが幸いして、腕試しいえ、足試しになり、ちょっと自分の体力に自信が持てました(^^ゞ
>次回は大汝峰からの最高峰を見てみたいです。
素敵なご来光の写真がありましたが、あれはどこから?
正式?の記事のアップ、楽しみにしてます(^.^)
つれづれ
2007/08/28 21:33
白山日帰りお疲れ様でした〜♪
白山は私にとって思い入れの深い山であり、つれづれさんもとても楽しまれたようで嬉しくなってしまいました。私は別当出合からしか登ったことがないので、こちら側からの白山、新鮮です〜!
私の最初の白山は、9月の連休、山荘1泊して日の出を見に行ったんです。日の出の時刻1時間前に太鼓が鳴り響き、その後みんなが列をなして山頂へと向かいます。そして山頂では神主さんのお話を聞き、みんなで太陽に向かって万歳三唱・・まさに「霊山白山」の名にふさわしい「お日の出」でした・・(白山ではご来光のコトを「お日の出」っていうみたいですね)
つれづれさんのレポ見てたらまた行きたくなっちゃいましたよ♪
みっちゃん
2007/08/30 22:01
おー、懐かしの白山。やりましたねえ。
ヒゲおやじは別当出合から登りました。平らなところはなくてずーっと登りです。その意味では一息つけなくてきつかったですね。
頂上手前の白山神社、懐かしいです。
この脇から頂上を目指します。上には万年雪や池もあって、ぐるりと一回りできるようになっています。
それはそれは素晴らしいところです。
是非次回チャレンジを。
素晴らしい花々や、懐かしい映像、ありがとうございました。
ヒゲおやじ
2007/08/30 23:18
みっちゃんさん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。
私に白山の日帰りなんてとても無理だと思ってました。
でも、みっちゃんさんのブログで山登り初心者のSちゃんと日帰りをされたことを読んで、ひょっとしたら?私にもできる?と思ってしまいました(^^)
ダメだったら途中で戻るつもりでしたが、なんとか行ってこれたのも、みっちゃんさんのブログの後押しとお天気が良かったせいでしょう。
ありがとうございました。(^^♪
そう、どこかのブログで万歳をと書かれてあったのですが、皆さん一斉に登るのですか(+_+)
流石霊山、すごい光景でしょうね〜
我が家は多分泊まるとしたらはテン泊になるでしょう(^_^;)
つれづれ
2007/08/31 12:24
ヒゲおやじさん、こんにちは
いつもコメントをありがとうございます。
頂上は行かなかったのですが、帰ってから調べてみると、そのようですね〜ぐるりと周回できるのは知っていたのですが、アルプスもガスで見えなさそうでしたので引き返してしまいました。
遠くは見えなくても、それなりの素晴らしさがあったでしょうに、いつも、こんな風に行ってきてから知ることが多くて・・(笑い)
今度はちゃんと頂上まで登ってくることにします!
つれづれ
2007/08/31 12:55
こんにちは!初めてコメントさせていただきます。
レポを読んでいて、山頂に拘りがないところや
剱のヨコバイ・タテバイに躊躇しているところなどに
“私とおなじ!”とずうずうしくも親しみを感じて
コメントをしたくなりました。
白山はまだ登った事がないのですが
いつかは登りたいと思っています。
これからも時々お邪魔させていただきますね。
mikko
2007/09/05 22:23
mikkoさん、初めまして!
コメントをありがとうございます。
実は私も数日前にmikkoさんのブログにお邪魔したのですが、あまりにたくさんの山行をされていて、私との差がありすぎて、怖気づいてコメントが書けませんでした。(*^.^*)
それなのに、"私と同じ!"だなんて、ありがとうございます。
私はスポーツをしても勝ち負けに拘るより楽しみたいと思ってしまう方で、山に対してもきれいな景色と花を見て満足してしまうような所があるようです。(笑い)
9月は残念ながら山行は休んでいますが、10月には秋山に登ることを楽しみにしています。さて、何処にしましょうか・・(笑い)
又、その時はアップしますので、読んでください。
私も、mikkoさんの記事、これからも楽しみに読ませていただきます。
つれづれ
2007/09/05 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
去年のリベンジ、白山へ・・2007年8月18日 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる