気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 多治見の陶器市 2007年10月8日

<<   作成日時 : 2007/10/15 12:51   >>

トラックバック 1 / コメント 10

3連休の中日、7日の夜に、私と交代して山の家に行っていた主人から電話・・
多治見の陶器市がやっているそうだから、明日行こう」
休日を家で過ごした義父をいつもは午後に施設に送っていくのですが、午前中に送っていくから、午後から行こうと言うのです。
体調はいまいち、それに雨の予報だけど・・と思いつつ、「いいけど〜」と返事

それで、翌日、やはり予報どおり雨・・
この雨では中止になるんじゃないかしら?と思うほど降ったりしてました。
そんな中、主人はなんとか、お昼に帰宅。
でも、この時間ではもう間に合わないのでは?と思い、ネットで調べてみると5時半までやっているとのこと・・
それじゃ!ということで、急いで支度をして出かけていきました。

国道の方が距離は10キロほど近いというのに、時間がかかり遅くなるというので、高速で遠回り・・
同じ岐阜県に行くのに、各務ヶ原インターから多治見インターまで、一度愛知県を経由して・・
1時間ほどで会場の「美濃焼卸団地」に到着した頃には雨も上がってました。
きっと、お天気が良ければ、満員電車並みの混雑だったのでしょうが、普通に見て歩けるほどの混みようで、お店の人はがっかりでしょうが、行った人にとってはラッキー

画像


美濃焼卸団地というだけあって、陶器の会社ばかり集まった場所の路上に、たくさんのテントが張られて陶器市が開催され、その会社の中には倉庫を開放して参加している会社もたくさんあり、見て歩くにも結構な広さがあります

画像

ここは「織部」というショッピングモールに良くテナントで入っている陶器会社の前。
倉庫内は30%引き、外では訳あり品50%引き・・
でも、陶器市でこの程度ではね・・・と、何も買わず・・

陶器市に来ながらも、我が家の食器棚を思い出すと、もうこれ以上は入らないし・・余程気に入らないと買えないなぁ・・という思いも(最初の頃はしてました)・・。

画像


画像

(倉庫内にはこんなアレンジもされてました)

画像



画像


それでも、折角来たのだから、少しくらいはいいかな・・なんて思ったり・・
途中、倉庫の中も、何かお徳な物は無いか・・と覗いて廻るのが楽しいのですが、中には我が家と同じ魚の皿・・主人がバーゲンで2000円台で買ったものが5枚組3600円で売っていたりして、注意が必要です

画像


最初は主人と離れないようにしていたのですが、そうすると、お互いの選んだ物が買えない
主人は青磁のようなあっさりしたものが好き、私は織部焼のような味のあるものが好きで、折り合いが付かないのです。

それでも、主人が他のテントを見ているうちに選んだのがこれ
画像

左下の鉢は2枚で500円・右上の小皿は5枚で1050円 あと中皿は3枚で1050円
こんな時は値切らなきゃ!と、それでも度胸の無い私は小さい声で「安くならないかなぁ」と
言うと、若いお兄さんは「じゃ、全部で2500円に」と100円おまけしてくれました。
でも、陶器市に来て、この値段では・・あまり得した気になれない・・

画像

     
 

私がその皿を買う前に、主人がいつの間にか買ったのが上の丼鉢・・2個で2500円だそうです
とっても薄くて軽くて丈夫と言われたと。
肌さわりもいいそうで・・早くラーメンが食べてみたいそうです。

この後、4時くらいからは主人と離れて一人で歩き回り、最後の店で見つけたのがこれ

画像


画像


香蘭社の器を見つけて、あまりの安さに驚いて、「これは傷物ですか?」と聞くと、「いいえちゃんとした物です」と。
小皿は最初から欲しかったし、この色合いも気に入って即!決まり!
中皿も縁起物ですが、欲しくて決まり!
もう一組・・香蘭社の代表のような、良く見る紺色の花の大皿と小皿5枚組・・これも、1500円だと言うので、迷ったけれどそんなに買ってもと諦めて・・
(でも、後から考えてみると、これが一番お値打ちだったような気がします)
もう、この頃は終了間際、5時を過ぎていて、「安くしてもらえるかなぁ」って、今度はちょっと大きい声で言ってみると、「いいよ!」とこのふたつで2300円にしてもらえました。
そして、何故かタオルケット・・丁度そろそろ替え時と思っていたので、これも見切り売りで2枚組800円で購入

これだけ買うと、駐車場まで持って行くのが大変ですが、何か得した気分で我慢我慢・・

そして、もう最初の自制心はどこえやら、・・来てすぐに覗いた「織部」の店に戻って、外で買ったのがこれ

画像


手書きの小鉢・・お揃いの大きい鉢1個はおまけ・・全部で1500円
その時に、主人とばったり出会って、「あれ、どう?」と言われて見ると、一番最初に私も安い!買ってもいいかも・・と思っていた「織部」のランプでした。
大小2種類あって、小さいほうが1050円、大きい方は2100円
夫婦2人の好みが合えば話は早い・・大きい方を購入。
それが、これ 

画像


シェードを変えるともっと良くなるかも・・と思いつつも気に入ってますが、翌日NHKの朝ドラ「ちりとてちん」を見ていたらびっくり
同じランプが、おばあちゃん役の江波杏子さん部屋に置いてありました。
ちょっとうれしい気分

久しぶりの陶器市、私は有名作家が作ったような高い物がお目当てでは無く、安くて自分の好きな物が欲しいタイプなので、全体的には満足できる買い物ができたました
でも、最初の思い・・買いすぎに注意しましょう・・という気持ちはいつの間にか飛んでしまっていて反省・・
そして、困ったのは食器棚・・・整理をしないと・・買ったものが入らなくて、未だに箱に入ったまま・・使えず・・です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
多治見の陶器市 春編・・10.4.11
この所、仕事が忙しかった夫、スキーの季節も中途半端に終わってしまい、ストレスが溜まっている様子。 ...続きを見る
気ままに・・忘れないように・・
2010/04/17 23:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
!!!(*^_^*)  いいですね。
陶器大好きです。
こんなに沢山ある所へ行ったら、楽しいでしょうね。
私も買い込みそうです・・・・・(^^ゞ
買いすぎに注意!は本当ですね。けどきっとすぐ忘れそうですよ。
ご夫婦共に趣味がいいですね。どれも素敵です。
気に入った物がこんなに手に入って嬉しいけど、さあどうやって片づけますかぁ。(*^_^*)

アーシア
2007/10/15 21:47
アハハ、やっちゃいましたね。まあね、好きなものはどうしても買いたくなりますよね。最初は迷ったりしていても、あれって、段々麻痺してくるのかなあ。このくらいならいいかって、つい買ってしまいますよね。
良い買い物ができてよかったですね。はい、処分する方も思い切って(笑)。
ヒゲおやじ
2007/10/15 23:52
いろいろと見て歩くのが楽しみな市ですが、ついつい買い過ぎてしまうのも市でして・・(笑い)
きっと「買いすぎた〜!」という結論だろうなぁ、と予想して読み進めばやはり盛りだくさんのお買物になったようですね。(笑い)
このスタンド、なかなかの掘り出し物ですね。うんうん、いいなぁ。
ところで中京地区の陶器といえば瀬戸が有名かと思いますが、多治見もなかなかですね。
山いろいろ
2007/10/16 21:19
アーシアさん、こんばんは〜
コメントをありがとうございます。(^.^)
買いすぎないつもりで行くんですけど、ダメですね〜。
もっと後に残って価値の上がるものなんて買い方もあるのでしょうが、私の趣味にかけられるのは、これ位がせいぜいです。
でも、それで十分満足、得した気分になれて楽しいんだから、いいですよね。(笑い)
はい、食器棚の中にも使わない器がたくさんあるのに・・どうしましょ。(笑い)今のところ、使っているのは、ランプだけです。(^_^;)
つれづれ
2007/10/16 21:40
ヒゲおやじさん、こんばんは〜
いつも、コメントをありがとうございます。
買っているうちに、偶にだからいいや!なんて気持ちになってしまうから困ったものです(^^ゞ
それに、食器ばかりが増えて、それに合う料理も作らないとと思うのですが、それにはあまり自信がありません。(^_^;)
とりあえず、縁起物の皿は、来月孫が1歳になるので、そのお祝いが使い始めにしたいと思ってます。
つれづれ
2007/10/16 22:01
山いろいろさん、こんばんは〜
いつも、コメントをありがとうございます(^.^)
いえ、行く前は小皿だけしか買わないぞ!という決意で行ったんですよ。
でも、市ってそういう雰囲気がありますよね。(笑い)
でなくては、売る人も商売にならないですもんね。
スタンド・・お褒め頂いてありがとうございます。(^.^)
どうしてこんなに安いかというと、シェードが少しへこんでいる所があるそうです。でも、言われないと判らないほどで・・早速使っています。肌触りもいいんですよ。
東濃では多治見も有名ですが、土岐も陶器の町で、陶器市があります。
両方に出かけて行って買ったりするので困ったものです。それでは、食器棚もいっぱいになります。
以後、気をつけます。(^^ゞ
つれづれ
2007/10/16 22:18
はじめてブログします。主婦、会社員、作家といろいろな顔を見せてくれるつれづれさん。羨ましい限りです。どこにそのパワーがあるのかなぁ。爪のあかでも…。これからも時々コメントを入れます。よろしく。
タケちゃん
2007/10/17 20:50
たけさん、こんばんは。
初めてのブログ書き込み、ありがとうございます(^.^)
作家などとはほど遠いですが、その他に嫁・主婦・姑におばあちゃんそれに、娘と一人で呆れるほど、何役もしています。
それも、この年代の特徴なのでしょうが、最近はそれにも少し疲れ気味になってきました。これが年をとるということかなぁと感じること度々です。
これからも、書き込みお待ちしてます。
どうぞよろしくお願いします。
つれづれ
2007/10/17 21:58
つれづれさんへ 今晩は。
東海地方の窯場は古墳時代からあり、瀬戸や美濃(土岐や多治見など)はその中心ですね。いい土が取れる証拠です。
多治見は隣町などでこの市は行ったことがあります。
このあたりはちょっと山にはいると陶磁器の土を取る採土場があり、まだまだ陶器造りが盛んなことがわかります。
それと、陶器が盛んな街は、窯は年中みている必要があるので、短時間で栄養が取れる“鰻”料理が発達し、うな丼が旨い店が多いらしいのです。
ほんとかと思って、瀬戸や多治見をぶらつくと旨い鰻屋にであったりします。
うわさの真偽は兎も角、面白い関係です。
「織部」のランプ」いいですね。
本読みと山歩き
2007/10/17 22:17
本読みさん、こんばんは。
本読みさんは、どんなことにも博識でらっしゃいますね〜
うなぎと陶器の街の繋がりなんて、誰が想像できるでしょう。
全然知りませんでした。
そうしたことを調べるのも面白いものでしょうね。
本読みさんは、多治見のお隣にお住まいでしたか。
ご存知だと思いますが、この陶器市って春と秋にありますよね。私たちはその両方に出かけていったりするので、困るのです。(笑い)
ランプお褒めいただけてうれしいです。
それだけで行った甲斐がありました(^.^)
コメントをありがとうございました。
つれづれ
2007/10/18 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
多治見の陶器市 2007年10月8日 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる