気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 初冬の北八ヶ岳・麦草峠から中山・白駒池へ・・2007年10月28日

<<   作成日時 : 2007/11/04 16:19   >>

トラックバック 0 / コメント 12

27日の夜、「明日は麦草峠」へ行こう・・と夫
麦草峠 
いろいろな方の山のブログで調べてみると、なるほど・・北八ヶ岳にあるみたい・・

それから急いで準備をして、ETCの深夜割引で行くぞ!と、思っていたのに、いつもは黙っていても目が覚める夫が、私が起こすまで寝ていて・・スワッ!3時半!
これでは、4時までの深夜割引に間に合わず・・残念

それでも、4時に自宅を出発。
今回はちょっと趣向を変えて、名神の一宮インターから入り、中央高速に・・

関東地方は台風一過のこの日・・
木曽駒が見える辺りまで行くと、きれいにお月様が見えてました。

画像
(多くの写真はクリックで大きくなり、場所の名前を表示します)

そして、徐々に明るくなってくると、東には南アルプスが雲の上にきれいに見えはじめ、高速道路の脇の木々がきれいに紅葉し始めているのが見えたり・・そんな中を走り、諏訪インターを下りて、メルヘン街道に・・
その道中もきれいに紅葉が始まり、金色に輝くカラマツ林もみえ、写真が撮りたいなぁと思ったりするのですが、今日はそれが目的ではないので先に進みます。

すると、途中に「麦草峠、凍結注意」の文字が・・

まさか〜こんなに晴れているし・・と思って走っていると、そのまさかで、途中から辺りに雪が・・と思っていると、道路にも・・・と思っていると、凍結している場所があったり、とうとう10センチほどの積雪になりました。
山の10月は冬装備・・とは知ってましたが、車を冬装備にするのを忘れて、今季初めて普通タイヤでの雪道走行・・

画像


麦草峠の駐車場に着いたのは8時少し前でした。
駐車場には15台ほどの車があり、そこにも雪が・・
早速準備をしていると、どこからとも無く、柔かい音の音楽が・・聞こえてきて、どかに公園でもあるのだろうか・・それにしても、柔かい音です

心地いい音楽を聴きながら、この日は泥除けのためのスパッツもつけて出発したのが8時・・
しばらく行くと、麦草ヒュッテの前で、長いホルンを三人の人が練習をされていて、その音楽が聞こえていたのだと、納得。

画像


その音楽を聴きつつ、いよいよ登り始めたのですが、あたり一面の雪にびっくり・・

最初は、思いがけない雪に、登山道さえも見間違えそうになりながらの登り・・
やがて、林の中を緩やかな登りにつきます

画像


遠望は利きませんが、以前に歩いた大台ケ原の林に似た感じの景色に癒されながら・・

そのうちに、登山道は前日の台風の雨のせいもあったのでしょうが、雪が積もり、ぐちゃぐちゃ
所によっては、水溜りを避けたり、その中を歩くことになったり・・
水が流れている所さえあります

画像


気がつくと、空は青空なのに、木の枝に積もった雪が融けて雨のように降ってきて、帽子も服もぬれてきます。

画像



そこで、合羽を出して着て再び歩き始めましたが、この日は私の体調がいまいち・・
この所のトレーニング不足なのか、しんどくて足が進みません。

画像


休み休み・・それでも写真は撮りつつ(だから遅くなるのだという声も聞こえてきますが)

画像




雪も深くなった頃に、空が明るくなったと思ったら、やっと丸山(2329.6m)の頂上に到着
この日に登るつもりだった天狗岳も見えています

画像


そこから少し下り歩くとと、高見石小屋が・・
なんと、人でいっぱい!
50人ほどの団体さんが、眺望が良くて有名な高見石に登るため、行列になってました。
そして、その行列が動きません・・石の上に雪があるため、登る自信の無い人も登ろうとして渋滞をしてました。

画像 title=


私たちは、そこに分け入って「すいません」と言いながら上がると、思いもかけない素晴らしい景色が待っていました。

画像


遠くは白くなった南アルプスから北アルプス、少し手前には茶臼山や縞枯岳、そしてもっと右には上の方だけ雪を頂いた浅間山やがきれいに見えてました。

画像


そして、近くにはカラマツ林の黄葉

画像


下には鏡のような湖面の白駒池がきれいに見えてました。

画像


後から登ってきた人たちからも、次々歓声が上がます。

画像


しばらく、この岩の上で眺望を楽しみ、下りて小屋でバッチを購入・・
登れないかもしれないのに、天狗岳のバッチも買ってしまいました

画像


そして、今度は中山(2496m)に登り始めると、益々雪が深くなり道も悪くなります。

画像


道ですれ違う人の中には、丈の短い軽登山靴を履いている人などは大変な思いをして歩いています。
こんな雪ではとてもも頂上に行けないから・・と戻る人もあったり・・

画像


山登りを始める時、靴と合羽だけは良い物を用意すること・・と聞き、今では出来るだけの物を使っていますが、ほんとにこうした時、水たまりの中に入っても水が滲みてこない、安心して歩けることは大切だと実感しました。

画像


頑張って登っていくと、やがて空が明るくなり、立ち枯れの木・・そして、背の低いしゃくなげの
木があるようになり・・中山展望台に・・

画像


画像


ここでは、高見石にも増して、驚くような景色に出会えました。

画像


天狗岳はもちろん、乗鞍岳から御嶽山、北アルプスもくっくり・・

画像



ここでもしばらく足止め・・廻りの景色が良すぎて、知らない人とも山座同定・・

画像


それでも、この日の私の体調が悪すぎたのか、それとも雪道だからか、最初の天狗岳への登りはこの時点で諦め、ここから来た道を引き返すより、白駒池方面に廻り降りることに・・
行き交わした人から、ニュウからは富士山も見えましたよ・・ということを聞いて、期待が含みます
画像


こちら側を歩き出すと雪が減り、歩きも早くなります。
そして、ニュウという岩山の手前では、聞いたとおり富士山が大きくきれいに・・

画像


そのニュウからの、角度を変えての遠望は、又素晴らしいものでした

画像


その後はひたすらの下り・・
画像


午後になり林の中を歩いていると、この季節はもう日が暮れるのではないか・・と心配になり時間を気にしての下り・・だから、写真があまりありません

本によると、麦草峠から天狗岳に登り、下りはニュウを通り白駒池に至るコースは一泊コースと紹介されていたので、その薄暗さと時間との競争のような気がしてきて・・

白駒池が遠かった〜

画像


ここまで来れば、もう大丈夫・・日が沈むまでに車に戻れると一安心
白駒池の畔の青苔荘で、バッチとカウベルを購入して一休み

でも、実はこの後も結構長かったのですが・・

画像


駐車場に付いたのは4時半・・
その頃には、朝あんなに雪のあった麦草ヒュッテの廻りの雪は消えていました。

この日の山歩きは天狗岳には行けなかったけれど、最高〜

朝の雲上の山から始まり、紅葉、それに初雪、そして、スノーシュートレッキングのような歩きと眺望抜群の山々、大きな富士山のおまけまでついて、その後の夕日もきれいで・・・
今日はたくさんの楽しみ方ができた〜と、とっても満足できた山歩きでした

画像


                      


余談

この日、寝過ごして、ETCの深夜割引3割引は諦めたのですが、この際だから、100キロ以内なら半額になるという通勤割引でも、しないよりマシじゃない?・・と私は思い、そんな変わらないだろうと言う夫を説得して、目的の諏訪インターより77キロほど手前の飯田インターで一度高速から降りてもらいました。
そして、すぐに又高速に乗り、諏訪まで・・・行きの高速料金は合計4650円ほど・・

今度帰りに、果たして通勤割引を使った場合と、使わなかった場合、どれだけの差があるのかと、同じ諏訪インターから高速に入り、名神の一宮インターで降りました。
その料金たるや、4750円・・・

結果、遠距離の場合、通勤割引で途中で降りても、あまり意味はないと判りました
う〜ん、これだけしか違わないなら、これからは降りないぞと夫は言っております 

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
そんなに雪があったんですね!?しかも普通タイヤなんて怖すぎます・・・
でもそのコース良さげですね。いつか歩いてみます〜天気が良い日に!(笑)
ところで、細かい話ですが、
一宮→飯田 3250円 飯田→諏訪 2200円が半額で1100円で計4350円では?
それでも400円のお得程度ですが・・・。(ネットで調べてみました。別の高速利用した時に通勤割引で千円程度安く出来たことがあったので、あれ?と思ったのと、こういう計算好きなので(笑)
恵那山トンネル前後で高速料金がかなり違うんですよね〜。
で、しかも中津川→諏訪だと100キロ超えるし、一宮→飯田だとこれまた100キロ超えるんですよね〜。
小牧から入れば小牧→飯田が99.7キロで3050円が半額1550円、飯田からの2200円で3750円になりますが、飯田を6時過ぎに一度下りないといけないので目的地到着時間がちょっと遅くなる・・・ってところでしょうか。
長々とごめんなさい〜!!
まると
2007/11/04 20:01
28日は本当に快晴でした。
私も木曽駒高原にいて、時間もないのに木曽駒に行こうかと思ったぐらいです。でも、北八ッはすっかり冬景色ですね!
天狗まで行けずに残念でしたが、ニュウからの富士山は最高です。
私もここまで行けばよかった。またの機会にとっておきます。
本読みと山歩き
2007/11/04 21:16
まるとさん、こんばんは〜
コメントをありがとうございます。
我が家の車は4wDですし、夫は雪道に慣れている人なのでなんとか大丈夫でしたが、私だったら引き返していたことでしょう。
八ヶ岳に詳しいまるとさんは、てっきりもう登ってらっしゃると思ってました。健脚のまるとさんだったら、頂上アタックしてから、ニュウから白駒池に降りても日帰りコースではないでしょうか。
以前確かスノーシューで、八ヶ岳を歩いてらっしゃったような気がしますが違いましたか?それを読んだ時は、雪山は怖いのでは?と思ったりしましたが、青空の下の雪道・なんとなく、その魅力がわかるような気がしました。
高速料金の件、今私も調べたら、3250円と1100円で、合計4350円ですね。???確か3350円か3550だった気がするので、「ほど」と書いたのですが、記憶違いかもしれないですね。(^^ゞ
行く前にちゃんと調べればいいものを、走り出してから調べるので77キロなんて半端な距離になるんですよね。
でも、こうして調べてみると面白いですね〜
思わずあれこれ試してしまいました。(^^ゞ
つれづれ
2007/11/04 22:37
また楽しい山紀行でしたね。
雪道は歩きにくいですねえ。随分前になりますけど、ヒゲおやじが4月に石鎚山に登ったときには、アイゼンがいるほどではないのですが、登山道が凍っていて、登りは難なくのぼれたのですけど、下りになつて気温が上がったせいか、空洞になった氷を踏み抜いて怖い思いをしました。
滑るので慎重に足を置いたら、ずぼっと抜けてしまうのですよ。スネの下半分ほども入ったでしょうかねえ。よく怪我をせずに降りられたもんだと思いました。
今回も綺麗な景色をありがとうございました。また、心が疼いてはいますけど、何しろ体力が持ちません。こちらで山に連れて行ってくれますので、それを楽しみにしています。
ヒゲおやじ
2007/11/04 22:46
本読みと山歩きさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
山歩きさんの時と比べて、きれいには違いないのですが、景色が全然違いますよね〜ちょっとの季節の差ですが、これだから、山は止められません。(笑い)
それに、歩く早さも全然違うようで、私のCTなど全然参考にもなりませんが、この日、結構私はバテていたのですが、それより夕暮れが怖くて足が速まったようです。(笑い)
今度天狗岳に上る時は、この反対コースでもいいかもね、なんて言いながら降りてきました。
つれづれ
2007/11/04 22:49
ヒゲおやじさん、こんばんは。
いつも、コメントをありがとうございます。
私などはいつも中途半端な山行きでお恥ずかしい限りです。
それに付き合う夫は可哀想ですが、こればかりは・・(笑い)
そんな私でもこんな素敵な景色に会えるのですから、止められません。(^^ゞ
雪は踏みしめる程度でしょうが、氷を踏み抜くのですか!怖いこと!
雪の山なんてとんでもない!と思ってましたが、こうしてお天気の良い時に無理をしない程度なら、有りかも・・なんて思ってしまいました。
拙いブログですが、そんな風に言っていただけると力がわいてきます。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
つれづれ
2007/11/04 23:01
 いつもながらドキドキしながら拝見しました。
 のっけから積雪の道路…冬装備なし…ビビリましたよ
 でも、アルプス連峰に富士山まで…いや、凄いです。良かったですね。
 私は下界からでも一年に一回、見たりななかったり…
 浜松に妹が居るのですが富士山には少し遠いし、余程でないと…です。
 最近は夜間視力に自信が…で、夜の高速走行は自粛…なにか意味がなくなりそうな気が…いや、安全第一じゃ…と心の葛藤中です。
 数日前に四日市から夜に東名阪帰って来て思ったんですが…
 「高速自粛」と思っても来年春に「新名神」をわが町に開通…
 便利になればなるで…内心の思いはほんとに複雑怪奇ですね。
たそがれ
2007/11/05 00:14
たそがれさん、こんばんは。
いつも、コメントをありがとうございます。
富士山は、今まで山に登った中で、一番大きく見えたような気がします。
山で見ても、平地で見ても、やはり、日本人にとっては、特別な山ですよね。
以前、免許の更新の記事を読ませていただいて、コメントをし損なってしまいましたが、私の父のことでこの所困っています。
84歳になりましたが、9月に骨折で入院し、先日退院をして、又車に乗るようになりました。物忘れがひどくなり、お見舞いに来てくれた孫を来てないというようになった為、乗らないように言うのですが、便利さには勝てず、序々に遠くまで乗るようになっていくようです。
頑固者で、家族が言っても聞かないので、免許更新の時にもっと厳しくしてもらえればとも思うのですが、反対に義父は車を取り上げてから痴呆が進んだので、果たして、どうしたらいいのか、廻りも困っている問題です。
たそがれさんのように、自分で自覚して自粛できるようなら、助かるのですが・・
一度車の便利さを経験している人が、いつ運転を止めるか・・ほんとに難しい問題だと思います。
つれづれ
2007/11/05 19:08
こんばんは〜。

何て素晴らしい強行軍でしょう!!!(私達夫婦からしたら超強行軍です!!!)(笑
そして素敵な写真の数々。歩きながらよくぞここまで綺麗に撮れましたね。
お見事です。アウトドアー派ではない夫とは決して出来ないだろう山歩きを
私もひとしきり味わわせていただきました。
鏡のような湖面、紅葉から雪景色まで何とまぁたくさんのシーンだったことでしょう。一年分を愉しまれたのでしょうか。素晴らしい道行でしたね。ありがとうございます。

そして↑。
何と、私の82の父と似たようなお父上をお持ちなんですね。
実家の父の車の運転では私達も頭を痛めています。
らんじゅ
2007/11/06 20:40
らんじゅさん、こんばんは。
先日に続けてのコメントをありがとうございます。
我が家は夫が「鮫」と同じで、動いてないと死んでしまうというほど、少しの暇があるとどこかへ行こう!と言う人なので、それに付き合う私も元気だなぁと思います。(笑い) でも、私は体力も精神も軟弱ですので、それに我慢強く付き合う夫も大変ですから、お互い様ですね。(笑い)
写真は、景色に助けられて撮れた写真ばかりです。
ほんとに、この日は盛り沢山のシーンが見られて、「来てよかった〜」と幸せな気持ちになれました。これだから、山歩きは止められません(笑い)
お父様のこと・・同じ悩みを持たれてるんですね。
父の場合、心配はしていても、廻りも例えば病院などに行くのに毎回送るとなると大変なので、多分大丈夫だろう・・と暗黙の了解のようになってしまっている部分もあります。タクシーでと言っても、やはり車の便利さを知っている身では、その気になれないようですし・・。
義父は車を取り上げた後に痴呆が進みましたし、その兼ね合いが難しいですね。
つれづれ
2007/11/06 23:30
すっかり雪景色の麦草峠にびっくりです。
雪を抱いた山々が綺麗ですね。(^_−)☆ 
我が家も白駒池や麦草峠を拠点にニュウや中山と
逆方面の茶臼山と縞枯山など歩きました。
このあたりはいろいろなコースが楽しめるので良い所ですよね。
実は私もニュウと中山に登った時も、唐沢鉱泉から登った時も
天狗の山頂を踏めていないのですよ。
その時の体調や天候によって臨機応変にコースを変更するのも
アリですよね〜
天狗岳の山頂が目的なら唐沢鉱泉からのコースもお薦めですよ。
mikko
2007/11/08 01:12
mikkoさん、こんばんは(^.^)
数年前、北八ヶ岳がどことは知らず、ピラタスから北横岳、三ツ岳から雨池峠を歩いたことがありました。あの近くだったのですね。
八ヶ岳は本などから、とても賑わう所という印象だったのですが、行ってみると、いろんな景色が楽しめる山で、なるほどとその人気が納得できました。
我が家は、今の所、手軽に楽しめる北八しか行ってませんが、そのうちには南八に行きたいなぁと思ってます。
でも考えてみると、最近の私は頂上を踏んでないのでムリかも・・でも、それでも素敵な景色を見ることができるのですから、こうした山歩きにも満足してますが(笑い)
唐沢鉱泉を地図で探してみました。渋の湯からでしょうが、いろんなコースがあるんですね〜知りませんでした。
又、いろいろな情報を教えてください。
ブログも楽しみに読ませていただきます。
コメントをありがとうございました
つれづれ
2007/11/08 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
初冬の北八ヶ岳・麦草峠から中山・白駒池へ・・2007年10月28日 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる