気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりに・・

<<   作成日時 : 2008/02/28 09:21   >>

トラックバック 0 / コメント 16

先日久しぶりに自転車で出社しました

画像


去年の5月に義父が施設に入所し、それ以来山登りの為に始めたトレーニングに行けなくなり、何か体を動かす方法は・・と考えていたが、それ以外にも心配事などもあり行動に移せずにいました。

そして、心配事も消えた12月、汗をかかない季節は歩いて出社していた例年のように歩きたいなと思っていたのに、変形性股関節炎の為、ドクターストップがかかってしまい・・
それでもめげずに、ウォーキングはダメだが、自転車だったらいいと言われたからと、ハンドカバーやおばさんを狙ったひったくり除けに、かごカバーなども買い揃えたのですが、12月に1日だけ通った後、義父が入院して、それ所ではない日々を過ごしていました。

画像


それが義父が亡くなって2週間が過ぎ、それなりに生活が落ち着いてきました。

義父が施設に居た頃は寂しくて一人で暮らせないといつも言っていた義母が、義父のお骨と一緒に主人の生家で暮らすと言い、主人は、義父が亡くなった寂しい生活に慣れるまでとあちらの家から倍以上の時間をかけて出勤するようになりました。

となると、私は次女との二人暮らし・・と思いきや、毎日主人は出勤前には我が家に顔を見せ、新聞を読んでから「いってきま〜す。」
帰りは必ず我が家に「ただいま〜」と帰り、お茶を飲んでおしゃべりをしてから、あちらの家に出かけていきます。
あちらの家へ帰ってから、食事の後片付けやお風呂の準備もしているとか・・
「俺っていつでも単身赴任できるよなぁ・・」と自分で言うほど・・。

そんな夫を見ながら、ほんとにマメで親孝行な人だと思い、私はそのお陰で随分助かっているなぁと思います。

でも、やっぱり主人が居ないということは自分の時間も増えているはず・・なのですが、何だか体調不良と言いつつだらだらと過ぎてしまっているので、これではいけない!と思い、自転車通勤を再開したのでした。


久しぶりの自転車通勤は、空気は冷たかったが、気持よかった〜
一番最初に目につくのは、西に見える真っ白な伊吹山
通勤路はウォーキングコースになっている堤防を走ります。
その川には寒そうに鴨が何羽も丸まって浮かんでいます
景色はまだまだ冬だけど、日差しは確実に春に向かって強くなってきてますね〜。

画像



時間ができたと言えば、日曜は久しぶりに映画を観てきました

四十九日の法要までは、毎週金曜の夜に主人の生家でお坊さんや親戚縁者にも来てもらい、法要をすることになっています。
(禅宗では、これは亡くなった人が、まだあちらの世界に行く前の修行を助ける為だとか・・)
不信心な私は、義父が亡くなり、初めてそのお経を読みましたが・・・正直あまり判りません。
でも、近い人が亡くなったのは初めての経験で、こうしたお経で亡くなった人を思うという気持ちは判る気がします
義父がこれで少しでも楽になれるならと思いつつ周りに合わせています。
主人などは私以上で、大きな声でお経を唱えている姿を見ると、やはり義父のことを思いつつ唱えているのかなぁ・・と思ったり・・

その三七日(みなのか)の法要を済ませ、日曜は降り方が激しい雪に閉じ込められないようにと朝慌てて山の家を出てきました。
その帰ってくる途中、実家に寄ると、母が「映画を観に行こうか」と言うのです。
私はまだ49日も過ぎないのに・・とちょっと躊躇いましたが、私の両親も我慢していたのは判っていました。
忙しくなる前は、休日になると「今日はあそこでこんなとをやっているよ〜」と電話がかかってくると、父の運転では危うくなってきているので、連れてって欲しいなぁ〜と言うことで、父も一緒に出かけたり、お茶をしたり、はたまたドライブのつもりが一泊旅行をしたりしてましたが、それが出来なくなってましたから。

なので、それじゃ、今日は母にお付き合い!とばかりに母が観たかったという「母べぇ」を。

筋書きは戦争中のよくあるような筋書きでしたが、吉永小百合が主演だから栄える映画・・小学生の母親の役をするのはちょっと無理があるかもという思いはしましたが、山田洋次監督の作品だから・・・ローマの休日はオードリーヘップバーンでないといけないと同じで、日本のヘップバーンは吉永小百合なのでしょうね。
ちょっと驚いたのはお客の少なさ・・
満席かもしれないと、心配しながら15分前に入場してみると、先客はひとりでした。

もうひとつ、久しぶりと言えば、久しぶりに音楽も聞きました
義父が亡くなる前から、ipodを取り出してはみても聞く気にはなれなくて、持ち歩くのを止めていたのですが、この日は自転車通勤だから・・と・・・
冷たい空気と青空・・凛とした真っ白な伊吹山を見ながら、コブクロの静かな音楽を聞くのも新鮮でした。

少しずつ、生活が元に戻っていくのを感じています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですか、それはよかったですね。
こういうことがあると、元のペースに戻るのには時間がかかりますね。
それでいて、全く元の通りになることはないのですから、急がずにゆっくりやりましょう。
自転車通勤も気持ちの良いものでしょう。雨の日は嫌ですけどね。
シェイブアップにもなりますよ。歩ける距離というと2〜3キロですか。
それだと少し少ないですね。カロリー消費量だけから言うと、自転車は歩行の1/5だそうです。自転車には他にも色々効用があるので、だから5倍の距離が必要かというと、そうでもないのですけどね。自転車にらOKということなら、なるべく自転車を使うようにするといいですよ。
ヒゲおやじ
2008/02/28 12:35
ヒゲおやじさん、いつもコメントをありがとうございますm(__)m
気持ち的にはまだまだ・・義父のことを思うと涙がでます。
でも、食料を病院に運んだり、義母を送るということが無くなったという体力的に楽になるのは順応も早いようですね。(笑い)
会社までは、書くのも恥ずかしい2キロもあるでしょうか・・自転車で行っても車で行ってもあまり変わり無い距離なので、歩いても少し物足りないです。
だから、歩いていた頃も自転車の時も行きはともかく、帰りは遠回りをしてきてました。
だったら毎日歩けばいいのですが、ネックになるのは、これからの季節は日焼けが・・(笑い)
それに、汗をかいてお化けのようになって仕事にならないのも困るので、冬限定で歩いて出勤してました。
でも、不思議なのはトレーニングをしていた頃と今と体重が変わらないことです。筋肉が脂肪になったのかなぁ・・(+_+)
はい、折角ある自転車なので、季節を感じながら利用したいと思います。
ガソリンも高くなりましたしね・・(笑い)
つれづれ
2008/02/28 13:02
義父の亡くなられたあとの対応もご苦労様ですね。
なるほどという思いで読ませていただきました。
息子たち夫婦の生活を思い計っています。
「母べぇ」観客が少なかったのですね。
京都では大勢でした。
治安維持法と言うものの非道な様を風化させてはいけないと実感してきましたよ。
Tatehiko
2008/02/28 18:11
tatehikoさん、こんばんは。
ガンだったので覚悟はしましたが、亡くなったのが予想外に早く、その時も必死でした。でも、その後も大変ですね・・それほど人一人が亡くなるということは大変なことなのだろうと思ってしています。
葬儀を終えてしばらくして娘が「やっぱり、親の近くに居なくてはいけないね・・」と言いました。私たちが義父母のことで動き回っている後姿を見て、そう思ったようです。
息子家族も毎週金曜に行ってますが、年代の違う親戚縁者の中で孫も息子たちも育つ・・という感じはします。
宗教だからということでなく、その年代でお坊さんの説法を聞けるのもいい機会だと思います。
行事は簡単には過ぎませんが、それなりの成果はあるものですね。
「母べぇ」は日曜の最初の上映だったのですが、雪降りの後でシネコン自体の客が少なかったような気もします。
なんとなく、あの時代だとあんな風に・・と流して見てたような気がしますが、そうですね・・今の若い人たちは、そうしたことを知らないから、今もう一度あのテーマで訴えているのですね・・
教えていただき、ありがとうございました。
つれづれ
2008/02/28 23:10
今晩は。久しぶりにコメントさせていただきます。
伊吹山の雄姿、いいですね。
雪を被るこの姿は日本百名山に恥じない姿です。
いろいろたいへんな事があったあと、こういうお山が近くあって、自転車でツーリングをしていると気分転換には最高ですね。
昨年までの私の住処も同じ方角(東)から見れましたが、ちょっと遠すぎました。このぐらいの距離感がちょうどいいかもしれません。
 自転車はすべての乗り物の中で一番エネルギー効率が良いらしいです。
少ないエネルギーで距離を稼げるということですね。
こちらでは、自転車はすごく発達していて、自転車道専用道も結構走っています。
すこしなれてきたら、自転車にでも挑戦しようと思っています。
本読みと山歩き
2008/02/29 06:03
本読みと山歩きさん、こんにちは。
ベルギーは日本と比べると、春はまだまだでしょうか。
こちらは昨日は雪が降ったりしましたが、今日は一転春のような暖かさで、仕事をしていても眠くなるような日になりました。(^_-)
我が家の玄関を出ると西に見えるのが伊吹山で、こちらから見る伊吹山はどっしりとして、かっこ良くて、雄姿という言葉がぴったり・・何故か毎日ご機嫌を伺う山でもあります。
以前のお住まいから御嶽山などは見えたでしょうか?冬の晴れ渡った日にはこちらからも見えますが、やはりちょっと小さいかなと思いますが、これまた見えると何故か嬉しいんですよね。(笑い)
先日テレビでヨーロッパのどこだったか、やはりそれが普通のようで大学教授も生徒も、石畳の上を自転車で走っているのを見ましたが、何故か絵になりますよね・・(笑い)
これからの季節はぴったりですし、本読みさんも、どうぞお出かけください。
ベルギーと言わず、あちらこちらの自然や文化の違いなどの記事、これから楽しみにしてます。
つれづれ
2008/02/29 13:04
我が家は義父母と同居です。私の両親も実家で健在。
従って、まだ身内のそういった事は経験していません。
さぞ、大変なんだろうとちょっと不安にも思っています。
でも、少し落ち着かれた様子、よかったですね。
ご主人の気配りに感心してしまいます。
お母様を心配する気持ち、解かりますものね。
それでいて、しっかり朝晩、お家に寄って、会話されている様子。
いいご主人ですね。顔をみると安心しますものね。^^
また、雪の少なさに驚いています。緯度の違いでしょうか。
自転車で通勤できる距離、いいですね。
朝の爽快感が伝わってきそうです。
マーメイド
2008/02/29 18:26
美しい景色の中を冷たい風に負けずに自転車通勤なさる溌剌としたつれづれさんを想像してま〜す!
ご主人様、 真の善人さんですね!
それは矢張り奥様のつれづれさんが良妻だからだ! と確信してますよ ♪

映画、「母べい」 の事は耳にしました。
吉永小百合さん、 まだ現役で頑張ってらっしゃるんですね〜。
ご本人から年賀状を受け取った人もいると聞いてますけ。
それだけ宣伝していて入りはよくなかったのは残念ですねぇ。
親孝行をなさって良かったですね!
お近くに住んでいて一緒に映画に行けるなんて羨ましいです!!!

http://monblo.blog26.fc2.com
モナカ
2008/03/01 01:55
こんばんは。
ご主人様立派ですね。どちらをも思ってらして偉いです。
お疲れが出ませんように。

禅宗なんですね。
うちは法華宗ですが、やはり似たような感じです。
49日かけて彼岸に行かれるんですよね。
二七日、三七日・・・とあります。でも余り守る家も少ないようですが。

三月の声を聞いて暖かくなってきましたね。
これから自転車は爽快でしょうね。
いいな〜、自転車通勤できて。
こちらは坂が多くて無理です。(苦笑
車に気をつけて続けてくださいね。
らんじゅ
2008/03/01 23:04
マーメイドさん、お返事が遅くなり申し訳ありません。m(__)m
以前にお義父さまの記事読ませていただきましたが、マーメイドさんのお義父さんはお幸せですね。
認知症がすすまれても、家族と一緒に暮らしてらっしゃるのですから。
私たちの場合、施設に入所が決まり、義父を施設に送っていく時は、楢山節考の世界のように思えて泣けてきたものでした。
毎週金曜に迎えに行きましたが、車に乗って帰る時に「すまんなぁ、こんなとこまで迎えにきてもらって」と、いつも言う義父でした。
そんな言葉が出る義父だったので、私は出来るだけのことをしようと思えたのだと思います。
果たして自分の親が認知症になっても、こうした気持ちでいられるかは判りません。
自分が後悔しない為にその時できることをするより仕方ないのでしょうね。
主人以上に義妹が親に対して優しい人で、私はとても助かっています。
どんな風に育てたらこんなに親思いの子供が育つのか・・いつも羨ましく思うことです。
この辺りは濃尾平野の真ん中ですが、今季雪は積もらず、2月にすぐに消える雪が数度降る程度でした。交通手段は車ですから降ると大変です。(笑い)
つれづれ
2008/03/01 23:47
モナカさん、こんばんは。
いえいえ、全然私は良妻などではないです。キッパリ(^_^;)
ただ、主人や義妹を育てた義父母が上手に親を思う子に育てられたのだと思います。義妹は義父が亡くなった後、義母が寂しいだろうと、義母を抱いて寝た・・と聞き、とても適わないと思いました。今でも週に何度かは義母を心配して泊まりに来ています。
私は子育ても、とても自慢できたものではないので、やはり私が大した親では無かった・・と思っています。
吉永小百合さん・・それなり努力はされているのでしょうが、品もあって、今もきれいですね〜
私の母はもうすぐ76歳になりますが、こんな風に前向きに生きていきたいという私の見本でもあります。
義父が亡くなり、益々こうしたことが出来ることが幸せだと思えるようになりました。
つれづれ
2008/03/01 23:59
らんじゅさん、こんばんは。
彼岸・・そうでしたか!そういう意味だと、この年齢にして初めて知りました(^_^;)
そうなんです、来週が35日で小試練・・だったか、昨日の法話では49日が大試練で、35日は小試練で大切な日なのだそうです。
お坊さまの法話って聞いていると面白いものです(不謹慎ですいません)
毎週来れない嫁いだ長女は、ネットでいろいろ調べたようで、来週はおじいちゃんの大切な日だから、きっと行くから!とメールしてきましたが、そうした法話の機会など、私もですが今まで子供も経験が無いので、いい機会だと思っています。田舎ですから、きちんきちんとそうした行事?はするようです。
信号待ちなどをすると、自転車でも車でも通勤にかかる時間は同じ位ですから、自転車にするのがいいのですが、これからは化粧崩れと日焼けが・・(笑い)
はい、こんなことでも年って感じるもので、この時も、写真を撮り自転車ごと倒れそうになりました。(^_^;) 気をつけます。
つれづれ
2008/03/02 00:10
前回の日記でテプコとは東京電力のことです。
すみません、地方ネタを書いてしまいました。。。
らんじゅ
2008/03/04 20:55
らんじゅさん、こんばんは〜
そうなんですか・・こちらで言えば、中部電力のコミファですね。(^_-)
あまりにたくさんの選択肢があって、もう調べるのが面倒になりますね。
昨日も主人とも話しをしていたのですが、やっぱりADSLと変わらないねって。我が家では動画をダウンロードしたりすることも無いですから、宝の持ち腐れ状態だったかもしれません。(笑い)
わざわざ、ありがとうございました。m(__)m
つれづれ
2008/03/04 21:44
 しばらくご無沙汰してしまいました。
 記事を拝見していて…あれれ…と吃驚!!一瞬絶句!と云う訳です。
 介護などのに尽くされていたお義父様が逝去されたとのこと…
 お悔やみ申し上げますと共に、心よりご冥福をお祈り致します。
 落ち着かれましたら又楽しいお話を聞かせ下さい。
 先日、京都の北野天満宮の観梅と、嵯峨野を散歩して来ました。
 嵯峨野ぶらぶらの途中であっと思うお店を発見しました。
 時間がなくて入りませんでしたが…今度行ったら…と思ったり…
 少し報告です。
たそがれ
2008/03/10 19:04
たそがれさん、こんにちは。
ご無沙汰をしてます。m(__)m
あまりにあっけない義父の最後でしたが、早いもので、もう一ヶ月が過ぎました。
介護と言えるほどのことはしてなかったですが、それでも時間に余裕が出来たはずなのに、今はまだ何もできず時間だけが過ぎています。
嵯峨野ですか・・いいですね・・私も行きたいです(^_-)
それにしても、たそがれさん、いつもお元気でいいですね〜
もう少し、落ち着いたら自分の楽しみも増やしていきたいと思います。
コメント、ありがとうございました。
つれづれ
2008/03/11 13:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりに・・ 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる