気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しい生活・・1

<<   作成日時 : 2008/04/09 00:56   >>

トラックバック 0 / コメント 6

去年、我が家は夫婦共に「八方塞がりの年」と言う暦通り・・いろいろな災難といえることが続きました。

そして、今年、そんなことは信じてないしと思いつつも、節分も終わり年が変わったから、もういいぞ!と思ってましたが、まだまだ元気と思っていた義父が亡くなり、今年もか・・と思いたくなるほどのショックを受けつつ、四十九日に向けて準備をしていた3月のある日・・主人の異動が決まりました。

転勤先は、飛騨・・高山からまだ車で1時間ほど北へ・・岐阜県の県庁所在地より、富山県の方が近く、住民は買い物には富山に行くことが多いと聞く飛騨市神岡です。

画像


我が家からの距離は180キロほどですが、時間的には大阪より東京より遠い・・途中まで高速を使っても、車で3時間ほどかかります。

ここは、以前から主人にとっては興味のある場所でした。
出張で行った時にいい所だという印象もありましたし、
アルプスが近いので、暇ができたらいつでも登れる  し
スキー場はいっぱいあるので、スキーもできる  し
自然がいっぱいで、渓流釣りも出来る から です。

この異動が決まった時、多くの方から電話や葉書をいただき、
もう子供さんも手が離れたのだから、奥さんも一緒ですよね」とか、
とってもいい所だから、是非奥さんと一緒に行ってください」とか・・言われたようですが、
単身です

一応、私も全然知らない土地で暮らすのもいいかもしれない・・これが最後のチャンスかも・・と、一緒に行こうかなと思ったりもしたのですが、
仕事は簡単に辞められないし
どちらかと言うと、一生のうちに夫婦離れて暮らす経験も良いのでは
と後者の方が勝ち、単身に決まりました・・
と言うより、主人は最初から単身のつもりでしたし・

さぁ、それからが大変。
我が家は子供たちも、自宅通学ばかりでしたから、新しい生活を始める準備をしたことがなく、義父の四十九日が終わった途端、あたふたしながら、その準備に追われてました。

宿舎は前任者の後を準備していただきましたが・・
結露で押入れや壁がカビの跡だらけ・・とか
お風呂は湯が中々沸かないし、寒くて温まらないので温泉に通っていた・・とか
洗濯はしても、冬など乾くどころか家の中が湿気るので、毎週自宅に持って帰った・・とか
トイレは○主だった主人には辛いウォシュレットがついてない・とか
畳はささくれてバサバサ・・とか
それに、なんと、ネットが通じてない!!
これは多分町には通じていても、この集合住宅が対応してないということだと思うのですが、単身でも、スカイプを入れて顔を見ながら話しができれば安心だし・・と思っていたのに当て外れ・・
こんな風に、気後れするような話ばかりが聞こえてきました。

それで、3月29日・・とりあえずの荷物を持って、下見がてら、掃除をするなら手があるほどいいと娘も一緒に親子三人で出かけてきました。
入ってみると、なるほど・・
広さだけは、3LDKトイレバスつき・・なのですが、畳も壁も押し入れも噂どおり・・

画像

でも、精一杯前任者の方はきれいにしていただけたようで、その苦労が偲ばれました。
で、主人もそこで暮らします。

荷物を降ろして、まずしたのが「こたつを作ること」と「ストーブのスイッチを入れること」。
底冷えがするというか・・寒くて・・
朝、自宅付近は桜が咲いていたというのに、この辺りはまだ雪の塊があちらこちらにあり、5月の連休位までは、コタツが必要と聞いていたので、持って行ってました。

この日は、掃除や買い物が出来るところの下見などして日帰り・・
スーパーはこちらと同じお店があり、自炊をすると言っている主人ですが、困った時には惣菜なども売っていることが判り、ちょっと安心
凡そ、この日の滞在時間5時間ほど・・


その間にはガス屋さんから、冬季はマイナス15度ほどになることもあり、お風呂はもちろん、湯沸し器の水を夜は抜いておかないと、凍って大変なことになりますという話も聞いたりして・・

帰りは、もう暗くなってましたが、これから利用が多くなるであろう、流葉温泉で温まって帰ってきました。

つづく・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ええ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っつ?!
そんな大変なことが起こっていたんですか〜〜〜?
あの親思いのご主人様が単身赴任でお宅にいないということは
お母さまはつれづれさんだけが頼りでしょうか。

私もつれづれさんと同じだわ。
夫も似たような。。。
後でブログに書きますね。
続きが早く早く読みたいです。
それからどうでした???
どうか住居などの問題が改善されますように。
ご主人様偉いな〜、うちは夫が神経質なのできっと住まいを決めるのは一苦労だと思います。
らんじゅ
2008/04/09 21:56
らんじゅさん、こんばんは〜
そうなんですよ・・これ以後もいろいろなことが重なって、ほんとに今年も息が抜けない年になりそうです。
義母は主人の異動で却って力が沸いたようで、山の家で畑作りに頑張っています。それに、偶然には出来すぎと言えるような異動が義妹にあり、もうすぐ義母と一緒に暮らすことになりそうです。
知らず知らず、皆が一番幸せな状態になりつつあると気づきました
住居問題は・・後日に行って、随分暮らし易そうになりました。
が、冬は厳しい所ですし、自炊も大変なので、惣菜を冷凍しておこうと思ってます。
らんじゅさんのお宅も・・ご主人、我が家より距離があるだけに大変ですね。
無理をされませんように・・また楽しみに読ませていただきます。
つれづれ
2008/04/10 00:36
ま〜他人事と思えないお話です。
我が家は夫の勤めていた間は、結婚後の半分は単身赴任でしたから。
寒さが厳しいのは大変ですね。
でも、なんと、大変化な今日この頃ですね〜〜つづくへ
山形ママン
2008/04/10 21:11
山形ママンさん、こちらにも書き込みをありがとうございます。
半分の単身生活ですか!
と言うことは、早くにお義母さまを亡くされたと書かれていましたから、山形ママンさんは子育てをひとりでされてきたのですか!大変でしたね。
寒さは主人の生家も雪の多い所ですが、その冷え方が違うようです。
夏に向かう今はいいんですけどね・・さて、何回冬を越すことになるやらです。(^.^)
つれづれ
2008/04/10 22:52
イヤイヤ単身赴任される・・・別居生活をされるご家庭の苦労が偲ばれます。
病気ばっかりしていて・・・一箇所の勤務先から出たことがないものからすると、すごいことだなぁ〜と思う。
Tatehiko
2008/04/13 18:29
tatehikoさん、こんばんは。
今日もあちらに帰って?行きましたが、まだ実感がないんです。
だから、大変だねぇ・・とか、寂しいねぇ・・とか友達にも言われるのですが、1週間が早いなぁ・・という感じで、帰ってきている間の方が忙しくて、大変なような(^^ゞ
これって、私は薄情ということなのでしょうか?(^_^;)
つれづれ
2008/04/13 20:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
新しい生活・・1 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる