気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しい生活・・2

<<   作成日時 : 2008/04/09 23:26   >>

トラックバック 0 / コメント 18

29日に宿舎の下見をして帰った翌日は、買い物三昧・・・・
ガスコンロから始まり、電化製品から台所用品まで・・

でも、困ったのは電化製品は、なんと配達区域外と・・
それで、自分で持っていけない冷蔵庫だけ、ネットで購入して配達してもらうことにして、後は自宅にある物を持っていくことにして、自宅用を購入して
こんなことで、お金に羽が生えて飛んでいきます。

そして、31日の午前中まで、こちらで仕事をしていた主人は、翌日1日から赴任先の仕事に向けて、大方の荷物を自分のサーフに詰め込んで出かけていきました。

行く前に、「31日は休めないから、仕事が終わってから手伝いに行こうか?」という私に、
「遠くて大変だからいいよ・・」と主人
「じゃ、頑張ってね」と私

とは言ったものの、テレビをはじめあの荷物を一人で降ろし設定するのかと思うと、大変なことも想像できて、「やっぱり、行こうか」と、3時で仕事を終えて、娘と一緒に出発

それも、「あ〜ぁ、ひとりかぁ〜寂しいなぁ〜」と嘘かホントか言いながら出かけていった主人を驚かせようと、行くことは内緒です。

片道、主人でも3時間程かかったので、方向音痴の娘には任せられず、それでも私の運転では4時間はかかりそうで、明るいうちに辿り着きたいと気持ちは逸ります。

でも、それにしては、近くの「関インター」から高速に乗ればいいものを、その先の「美濃インター」まで走っていくなんことをしているのですが・・

以前は、神岡に行くには、東海北陸道を「清見」で降りてから高山古川神岡・・・と行く必要があったそうですが、最近「清見」で高速を降りると「卯の花街道」というバイパスが出来て、「高山」を経由しなくても、「古川」に直接入ることが出来るようになったそうです。
判りやすく言えば、三角形の二辺を走っていたのが、一辺(卯の花街道)を走れば、古川に着くのです。


が、ここで、一度目の間違い・
30日に行った時に、一人で来る時の為にしっかりと道順は覚えたつもりでした。
そして、当日、ネットで地図をプリントアウトして、持ったつもりでした・・
が、忘れたと娘は言います

そのせいで・・とは言いませんが、卯の花街道に入ったつもりが道を一本早く入ってしまい・・途中で変だと気づいて尋ね、引き返し、凡そ30分のロス

そして、高速を走っている時からチラチラと降り始めてましたが、この間違えた辺りから卯の花街道も・・・吹雪・・は計算外・・

画像

(これは、帰りの卯の花街道、当日はとても写真を撮る所ではありませんでした)


翌日から4月だと言うのに・・どんどん雪が降ってきて、自分の車がスタッドレスをまだ履いているのかどうか、多分まだ履いているはずだが、知らぬうちに替えていたら大変!と娘が主人に電話・・
「お母さんの車って、まだスタッドレスを履いてるの?」
何で、そんなことを聞くのか?ひょっとしたら、翌日にでも来るつもりなのか?と主人は思ったそうですが、流石にもう向かっているとは思わなかったそうな。

タイヤを見れば判ると答えられ、見てみると、スタッドレスみたい・・・と、それからは少し安心して走りました・・と言いたいのですが、そんなお天気なので、どんどん辺りは暗くなっていきます。

やっと古川に着きましたが、29日に通った近道である峠越えはこの雪では無理と判断。
正規に国道41号を走って行くと、数河高原も雪景色・・
やっと、流葉スキー場が見えて、もうすぐ!!と思った所で、「神岡市街」という矢印が・・
で、思わず入ったのはいいが、直進したのが第二の間違い・

考えてみれば、神岡に来たのはこの時が29日に続いて二度目・・
この国道は通ったことがなく、土地勘も無いのですから、無謀なこと
そのうちには、薄暗い中にも、煙を吐いている工場が見え始め、なんだかこの前には見なかった景色で、シマッタ行き過ぎたと引き返して走っていると、先日買い物をしたスーパーを見つけた時のホッとしたこと。
で、ついでに、これからでは夕食は作れないと惣菜の買い物

それからも、迷いつつ、もうどちらが高山か富山かさっぱり分からないまま、やっと主人の宿舎に着いたのが7時過ぎでした。
辺りは、どっぷり暗くなり、こんな時間ではもう荷物は降ろしてしまっているね・・と言いつつ、それでも、まだ驚かそうと、チャイムを鳴らすと・・・返事がない・・

合鍵で入ってみると、電気はついているものの、もぬけの殻

やっぱり、来ることを言っておくべきだったと、主人に電話をすると、雪の中を、同じ宿舎に引越しをしていた若い人に手伝ってもらい、荷物を運び込んだから、一緒に食事をしようと、街に出かけてきたと言う。

「あ、そう」とがっかりしつつも仕方ないと諦め、片付け物をしていると車の音が・・
と、ドアが開いて、「ん誰か居るぞ」と主人の声

話によると、一緒に食事をしようと探したけれど、居酒屋はあっても、食事をする所が無い・・居酒屋で飲まないで帰るほど馬鹿げたことは無いと、先に私たちが買い物をしたスーパーでお酒と惣菜を買い込んできたと言う

で、それからは宴会・・
今年採用されたという28歳の若者と私たちで、賑やかな夕食となって主人はご機嫌でした。

聞くと、この若者の生家は我が家からそう遠くない所と言うので、又話が盛り上がります。
物怖じしない中にも折り目正しき青年に、後で主人曰く、「あんな青年が娘の婿だったら・・」な〜んて言うも、「相手も選ぶ権利があるよ・・」と私

翌日は起きてみると、外は雪景色・・
まさか、積もるとは思ってなかったのに、積雪5センチほど・・

画像


そんな中、主人は朝食後、出勤していきました。
全戸入居しているという宿舎の住人の中で、年のせいか一番早く、その後に次々と廻りの住人が出勤して行く音がしています。
これから、主人は毎日こんな環境の中、生活をしていくのだなぁと思うと、何か新鮮な感じがして、きっと主人も頑張ってくれるような気がしてきます。

それからは、灯油や食材の買い物をして食事の準備をして、ついでに書置きも・・

・揚げ物、油物を食べ過ぎないこと。
・佃煮や辛いものも食べ過ぎないこと。
・野菜や果物を食べること。
・お酒・ビールを飲みすぎないこと
・血圧や血糖値が上がったら手遅れ・・苦しみは後からやってくる


そして、前日に懲りてお昼の12時に宿舎を発ってきました。


この日、帰る頃には朝の雪は融けて、まあまあのお天気・・
時間はあるので、娘が運転。
前日だけで、ガソリンは半分以上無くなっていたので、給油をしなくちゃ帰れないと思ってましたが、スタンドの傍を通ると、なんと一リットル126円という看板が

前日満タンにした時は一リットル146円で入れてきたので、即飛び込み満タンに・・・
得した気分〜・・・と思って走っていくと、119円なんて数字があり、がっかり


帰りは、高速は疲れるし急ぐ必要も無いので、国道156号を走ってきました。

画像


途中、ひるがの高原の分水嶺では、ひょっとして水芭蕉が咲いてないかな?と期待したのですが、流石にまだ水の中。

その後も通りすがりの、いくつもの道の駅に寄りながら、雪景色から、梅の花、そして満開の桜と変わる景色を楽しみながら・・・

画像


これから、何年続くか・・単身赴任・・
思えば、義父が亡くなり、その四十九日に合わせて転勤が決まったようなものでした。

以前から、義父が願っていた今回の異動だっただけに、こうして義父は何もかも済ませて、後顧の憂いを無くして去っていってくれたのかもしれないと、その時の流れを思ったりしています。

さしずめ、我が家の今年は「八方塞がりの年」は終わり、「人生の節目の年」なのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
雪の神岡まで走られたのなら、もう度胸もしっかりつきましたね。これからは、いつでもご主人の元へまっしぐらに向かえます。(^^ゞ
太平洋側から日本の尾根へ。夏は天国ですが、吹雪の冬などは辛いものがあります。
でも、そこにも人間が住んでいます。しかも飛びっきりに優しくて、人なつっこくて思いやりのある人達がいます。単身が終わる頃は、ご主人には忘れられない地になっている事でしょう。
幸いな事は山が近いこと。穂高も白山も立山も・・・呼んでいますよ〜。(^_^)
山いろいろ
2008/04/10 12:51
お疲れ様でした。
よくぞ行かれましたね。
これからも足しげく通われることになりそうですね。
どうぞお気をつけて運転してくださいね。

お嬢さんと会ったわけで、もしかしてこれをきっかけに〜なんて?!
お食事するところがなさそうだとすると、どうしても自炊になりますね。
ご主人様には頑張って欲しいですね。偉いな〜。

それにしても自然のなんと素晴らしい地でしょうか。
これはまたたまりませんね。
これからの季節はまた緑の芽吹きが始まりますね。
さぞかし見事なことでしょうし、夏はまたいいでしょうね。
そして秋、あ〜、つれづれさんもトレッキングなどご一緒にされるんでしょうね。うらやましいです。
でもご主人様がいない毎日、やはり寂しいですね。
らんじゅ
2008/04/10 20:45
転勤の時期もおっしゃるとおり、お義父さんのあとで、本当によかったですね。
大変な毎日だったようですが・・・。これからは、その大変さを楽しみに置き換えて、健康に注意してお暮らしください。
私の主人は帰る時間が遅いので、食事はほとんど買って来ていましたが、健康のため、豆腐・納豆・サラダを必ず買っていました。お昼もなるべく定食に決めて。
高山はあこがれますが、いざ暮らすとなると大変でしょうね。

お義母さんのほうも、そんな事があるのですねと思いました。
もしかしたら、つれづれさんは、運がお強いのかもしれません。
山形ママン
2008/04/10 21:33
山いろいろさん、こんばんは。
転勤の記事を書く際に、神岡のことを書いていいかと主人に尋ねた所、「いいよ、とってもいい所だから、ちゃんとそれを宣伝しておいて」と言われました。(^.^)
出張や仕事関係で、今までもあちらの人とお付き合いもあるようで、やっぱり人が優しく暖かいと言います。
主人も太平洋側と言うより、福井に近い日本海側の豪雪地帯で生まれ育った人なので、全然戸惑いはなく、嬉しいばかりのようです。
そうなんです・・山登り、今年は私は置いてきぼりになりそうな予感がしてます。(>_<)
つれづれ
2008/04/10 22:03
らんじゅさん、こんばんは。
後から考えれば、この季節にも雪がふる地帯なのだということを知らずに出かけて行ったのは無謀とも言えますね。(^_^;)
娘が一緒だったから、途中で引き返すことなく行けたと思います。
青年は、もう、少し近ければ、我が家に招待して・・な〜んてことも出来るのですけどね。主人は娘にとってもいい所だから、長期で泊まりに来ないかと、誘ってました。(笑い)
名だたる山には近いので、これからは私にはお誘い無く、山登りをするかもしれないですね。でも、それには土日に帰って来れないことになるので、それも困るしなぁ・・と言ってました。
今まで経験の無い生活ですから、さて、どうなりますか?(^_-)
つれづれ
2008/04/10 22:15
山形ママンさん、こんばんは。
主人は高校時代から下宿生活をしていたので、自炊は気にならない、先月まで義母と暮らしていた時も、主人が朝はお味噌汁など作って出かけてきたような人ですから、自炊自体には抵抗ないようです。
それでも、先の日曜に出かけて行く時には、煮物や肉類などを調理したものを冷凍して、レンジにかければ食べられるように、小分けしたものを持って行ってもらいました。
それも、昨日の電話では無くなったそうで、今週はもう少し多めにせっせと冷凍をすることにしました。
高血圧の薬を飲んでますし、元々が食べことが好きな人ですから、書置きでは無く、壁に張り紙をしたいほどなんですよ。(笑い)
そうなんです。
なんというか・・関わりのある全ての人にとって良い生活形態になりそうで、そんな偶然にみんな驚いてます。その中でも、一番助かるのは、きっと私と義母なのでしょう。(^^ゞ
この異動が決まった時に、義父が元気だったらと報告をしていて涙がでて仕方ありませんでしたが、この偶然も、なんだか義母のことを心配して、義父がしてくれたことのように思えるのは、年のせいでしょうか。
つれづれ
2008/04/10 22:39
いやいや、読みながらついつい笑ってしまいましたよ。
単身赴任って大変なんですよね。ヒゲおやじも最後の2年半ばかり単身で生活しましたけど、結構楽しかったですよ。今までやつたことのなかった炊事だの洗濯だの掃除だの、しんどいときもありましたけどね。お陰でノウハウばっちりです(笑)。でも無駄も多かったですねえ。買い込んだ冷蔵庫なんかの電気製品は、仕事を辞めて持ち帰っても使い道がないのですよ。結局単身赴任をしている娘婿やもらい手を探して上げてしまいましたけどね。
これから一人暮らしですか。なかなか大変ですよ。カミさんも音を上げましたからからね。寂しいというのもありますけど、二人でやって来たことをひとりでやらないといけないんですよ。新しい経験をして、お互いにまた強くなるのですね。強くなるというよりは、より楽しい人生を送れるようになるということでしょうね。楽しみですね(笑)。
ヒゲおやじ
2008/04/10 22:53
ヒケおやじさん、こんばんは。
PCが無い生活でも全然構わないとのこと・・その切り替えができること尊敬します。(^_-)
長い結婚生活だから、こんな年月もいいかと思ったのですが、長くて後6年あるわけですから・・それはちょっと困る〜という感じです。(笑い)
ヒゲおやじさんも、あの畑の様子ではきれい好きの方と想像できますから、部屋などはきれいにされていたのでしょうね。
主人そうしたことは、私より上手のような気がします。だから一人暮らしに付いては心配ないのですが、健康だけには気をつけてもらわないと・・
電化製品で洗濯機とテレビは我が家にある物を持って行きましたから、後の人が使ってもらえるなら、置いてきてもいいと思ってます。(^^ゞ
ガス台なども・・使う場所がないですもんね・・
リサイクルショップにでも売りましょうか。(笑い)
今は、こんな生活が目新しいくて興味深々ですが、そのうちには困ることも出来てくるのでしょうね。
何より怖いのは、自分がひとりの生活に慣れてしまうことだったりして・・(^_^;)
そんなことの無いように、お互いに気遣いながらしていきたいですね。
つれづれ
2008/04/10 23:11
私がこちらに赴任してきたことを思い出しました。
神岡は、電車で通過したことしかありませんが、いい感じのところでした。
行ったのは初秋で、山も深さが違うなという感じです。
岐阜もそう考えると広いですね。同じ山でも、なにか感じが違う、懐が深いというか。
何といっても、アルブスの西側に位置するこの地は山登りには最高です。
とはいっても、ご主人はたいへんですね。
 “住めば都”このことわざ、案外あたってます。
ベルギーでも神岡でも“住めば都”、最低、今、私はそう感じています。
本読みと山歩き
2008/04/11 04:33
雪道をまっしぐらにご主人の元に!
感動的です〜☆
お嬢さんもお母さま想いですね〜。
無事に往復なされて読んでる私もホッとしました〜!

車で三時間もかかるところへご主人様おひとりで・・。
お互いに心細いでしょうけど頑張って下さいね。
初めは苦労が多いでしょうけど、 夏は景色も美しいでしょうし・・・
来年の冬にはスキーも出来そうで、 きっと楽しいお話が聞けそう〜♪

http://monblo.blog26.fc2.com
モナカ
2008/04/11 07:18
我が家は数年前八方塞だったような気がしたけれど
大きな災いは起こらずに過ぎました。
でも、私もその場所を聞いてビックリ「もう富山県だぞ!」と主人。
そうノブ君にはたまらないお宝の土地でしょうね。
ただ米作りが大変だろうなあと心配しています。

単身赴任、「寂しい〜」って言う人と「楽だ〜」と言う人に分かれます。
普段ご主人を頼りにされている方は前者です。
ちなみに私は後者かな?
田舎の人にしか分からない苦労も余計に背負わなくてはいけないけれど
多少増えるであろう自分だけの時間を大切にしてください♪
前向きに考えよう〜
ノラちゃんのボス
2008/04/11 11:40
こんにちは〜
ワァ〜イ、つれづれさんちも単身赴任♪〜仲間だぁ〜(●^o^●)
と気軽に喜んでる場合じゃありませんね。それにしてもよく行かれましたねぇ〜愛のなせる業!妻の鑑!なのに吹雪なんてぇ〜ブルブル(-_-;)
実はつれづれさんの前記事のご主人の部屋の写真を夫に見せながら、ほらこの方のご主人も単身赴任なんだって〜寒いらしいよぉ〜などと話していました(#^.^#)夫がその写真を見ながら「大変だよなぁ〜」って、誰に向かってつぶやいてるのかしらね〜(笑)
山もスキーもなさるつれづれさんなんですから、これからは週末ごとに通ってあげたらぁ〜(と人のことなら言える 笑)
私もそろそろ沼津に行くべきでしょうが、会社人間のもとへ行ってもやることないのよネェ〜(-_-;)でも食事や洗濯だけでも負担が軽くなるだろうし。。とも思ってみる。。。何より定年後の暮らしを考えると今のうちに歩み寄った方がいいかなぁ〜とも(笑)
これから心細いことも出て来ると思いますが、お互い頑張りましょう(^_^)/~
patyoko
2008/04/11 14:07
本読みと山歩きさん、こんばんは。
もう、ベルギー生活は本読みさんも、ご家族の方も慣れられましたか。
きっと、飛騨の比ではなく不安を抱えて赴任されたことでしょうね。
それに比べれば、心細いなどとは言ってられませんね。(笑い)
そうなんです。山登りには最適ですよね。
以前から、槍ヶ岳に登りたいと言ってましたが、私が自信がないので登れずじまいでしたが、これで一人でも行けるぞ!と思っていることでしょう。
そんな時は、又アップして報告します。(笑い)
住めば都・・そうですね。
今でも、いい所だ!と言ってますから、きっと忘れられない土地になるのでしょう。
本読みさんも、是非いろんな経験をされて、レポートで教えてくださいませ。
楽しみにしてます。
つれづれ
2008/04/11 20:50
モナカさん、こんばんは〜
感動的も何も、必死でした(笑い)
きっと、一人だったら主人に助けを求めていたでしょう。
水曜辺りで、冷凍するように持って行った惣菜などが無くなったそうで、私より、娘の方が食事時に、「お父さん可哀想・・」などと言ってます。
私は、まだ、実感が沸かないというのがほんとでしょうか。
まだまだ、始まったばかり・・さて、どうなるでしょう・・私も楽しみです。
つれづれ
2008/04/11 23:02
ノラボスさん、こんばんは〜
義母が今年はもう米作りは止めるように言ったのですが、主人曰く、「作る!」と。今年も作るつもりのようです。
息子も「田植えさえしてくれれば、草刈くらいはするから・・」と言ってますが、それが大変なんですよね・・
でも、あの主人のことだから、仕事も農業も、遊びも精一杯!出来ることは全てするのでしょう。
そんな主人なので、私は健康だけが心配です。
今夜は帰ってきましたが、交通事故などもね・・心配し始めると切がないので、考えないでおきます。(笑い)
夏は涼しいところのようですから、又一緒に遊びに行けたらいいですね。
つれづれ
2008/04/11 23:12
patyokoさん、こんばんは〜
そうなんですよ・・以前、yumamaさんのコメント欄で、そんな生活もしてみたいと書いたことがありましたが、ホントにそうなりました。(^^ゞ
我が家の場合は、まだ今日も帰ってきてますから、まだ離れて暮らしているという実感が沸いてこないですが、来週辺りから歓迎会とか送別会とか・・あと何かと休日の予定が入っているとかで、帰ってこれないでしょうし、帰っても田んぼが待ってますしね。大変です。・・って、私がではなく、主人がですが・・(笑い)
単身になって思うのは、健康は心配ですよね・・
いつも見ていれば、顔色も判るのでしょうが、それが判らないですから。
今のところ、毎朝、「元気?」メールでも出そうかしら?な〜んて思ってますが、さて、続くでしょうか?(笑い)
先輩のpatyokoさん、これからは今まで以上に、単身記事を楽しみに、そして、参考にさせていただきます!よろしくお願いしま〜す(^_-)

つれづれ
2008/04/11 23:29
 ご主人さま単身赴任されるのですか…
 それは大変と云うかなんていうか、判りませんが。とりあえず今後のご活躍をお祈り致します。我が家も市役所へ行くよりも、県庁へ行くほうが早い…と云う位置関係ですがよく似てますね。
 環境に慣れられたら又、バリバリやられることでしょう。
 健康に注意されてがんばって下さい。
たそがれ
2008/04/15 23:55
たそがれさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
まだ、始まったばかりで、あまり実感がありません。
きっと、これから戸惑うことがたくさん出てくることでしょうが、体調だけが心配です。ガンガンとあれもこれもと無茶をする人ですから。(^_^;)
今日も、どうして一緒に行かないの?と近所の人に言われたのですが、ネットが通じてないので、ブログができなくなってしまうんですよね・・(笑い)
って、冗談が半分本気が少しですが。(笑い)
そのうちには、行こう♪〜なんて言い出すかもしれません。
つれづれ
2008/04/16 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
新しい生活・・2 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる