気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 住民検診が変わった?

<<   作成日時 : 2008/04/15 22:36   >>

トラックバック 0 / コメント 6

今朝、洗面所で仕事に出る支度をしていると、外から賑やかな子供たちの声が聞こえてきました。
登校の時間にしては遅いし・・と思い、あぁ!と気づきました。
この季節に聞こえてくるのは、我が家から近い小学校の子供たちが行列になって、遠足に出かけて行く、弾んだ声でした。

その昔、我が家の子供たちも遠足の時は通った道で、その日声が聞こえてくると、友達と仲良くしてるかな?と気になり、そっと窓から行列を見ると、我が家の方を見ながら何か友達と話しをしながら歩くうちの子供が居たものでした・・

この日も、そっと外を覗いてみると、昨日の午後から降り始めた雨が、朝には止み、雨上がりのみずみずしい朝!
絶好の遠足日和で、子供たちも元気!植物たちも元気!でした。

もう後数年経つと、今度は孫のryoが同じ道を遠足に行く姿を見ることができるのかな

                  


そんな朝を過ごして、夕方会社から帰ると、市から住民検診の封筒が届いていました。

毎年、一応、胃がんや大腸ガン・乳がんや子宮がん・・受けられるものは全部申し込んであるのですが、忘れたり、いやだなぁと思っているうちに終わっていたりして、スルーする検診も多いのですが、基本検診だけは毎回受けてきました。

それで、今年もそれだけは受けなきゃ・・と思ったら、その欄が無いのです

よく読んでみると、20年4月から制度が変わりました と書いてあります。
40歳から74歳までは国保の人は市の検診その他の社会保険の人やその扶養家族はその加入している保険が行う検診を受けるようになったとか。

今まで私は、会社の健康診断は、会社の人に内容が判るので、市の検診を受けてきたのですが、社会保険の検診に変わることになるようで・・

がっかりです・・
折角、今まで続けてきたのに・・
去年や一昨年と比較して書かれてある経年記録が途切れてしまうのは残念です

あとは、結核検診は無料のままですが、対象が65歳以上の人になったとか・・
あの子供の頃から受けてきたレントゲン車の風景が無くなるのかなぁ・・

他の検診は、去年辺りからか、少しずつその料金が高くなっているものもあるような気がします。
なんだか、制度が変わっただけではないような気がするのは、私だけでしょうか。

かと言って、財源がないことには、そうした政策は後退するより仕方ないことなのかもと思ったりしますが・・


そうそう、固定資産税も、市によって、全納の奨励金がつく所と、全納してもしなくても変わらないという市とあるようです。

我が家など、少しの税金なので少しの奨励金しかないですが、銀行に預けておいても利息はつかないので、奨励金をもらった方が利息よりましなので、全納したいと思うのですが・・
どうせなら、奨励金のつく市に住みたいものですね

難しいことは判りませんが、ただ単に、一主婦が感覚的に、行政サービスや福祉が後退しているなぁ・・と感じています。


追記・・
会社で、この検診のことを調べてみました

会社が規定でしている「健康診断」とは別に、確かに、その資料が社会保険事業団という所から会社に送られてきて、それぞれの氏名が打ち出されていますが、扶養家族の分はありません。
その分は6月以降になるようで・・・「生活習慣病予防検診」という検診に名称に変わってました。
そういえば、去年辺りから、生活習慣病予防が度々ニュースになってましたが、この伏線だったのですね・・

その申し込みには、事前に受診する機関名とコード番号を書いて、その病院の予約をとってから、申込書に記入して提出せよ・・となってます。
これを取りまとめる会社は、さぞ大変な労力が要ることでしょう
となると、全ての会社がこの制度を利用するとは思えない、布いては受診する人が減るのではと思うのですが・・私の偏見でしょうか。

以前は、市から送られてきた書類を持って、近くの診療所に行けば、いつでも受診できたのに・・今度は決まった機関でしか受けられなくなってます

ただ、この基本検診の項目に胸部レントゲンと胃のレントゲンが入ってました・・
うんうん、だったら、検診に行く手間が二度手間にならずいいのかも・・と思ったら・・

料金が・・個人負担は検診費用総額の38パーセント、6843円が上限と書かれていて、通常6843円のようです。(ひょっとしたら、岐阜県の料金かもしれませんが)

今までであったら、胸のレントゲンと胃のレントゲンはありませんでしたが、確か2000円もしなかったような記憶があります。
住民検診くらいの気持ちで受けたら、びっくりなんてこともあるかもしれません。


ということは・・なんだか、今までと比べると検診が受け辛くなって、胸部レントゲンも有料になった・・と思えてきます。

今日から始まった「後期高齢者医療制度」といい、制度改革や「生活習慣病を無くそう!」というキャンペーンという煙幕で、制度を理解しづらくして、少しずつ負担を増やされているような・・そんな気がしてきます。

何もかも、負担を軽くしてくれ、なんて無茶を言うつもりはないのですが、なんとなく、こんな風に判りづらくして、負担を増やされると、将来安穏としては暮らしていけないような気がしてきました

こんな点が良くなりました・・とか、こんな点はこうした理由で負担してください・・と、はっきりと今までの違いと理由が判れば、納得できるのでしょうが・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はい、仰るとおりです。国の制度はお役人が勝手に決めますので、国民の知らないところで決まってしまいます。だから矛盾だらけというのが実態ですね。
取れるところからどうして効率よく取るかという考えしかないような気がしてなりません。反面支払いは誤魔化してでも支払わないようにしようと考えているようです。無駄な道路を造るのをやめたら、医療費問題なんか直ぐ解決するのですけどね。
ヒゲおやじ
2008/04/16 22:26
ヒゲおやじさん、こんばんは。
いつも、コメントをありがとうございます。
私だけかもしれませんが、今回の後期高齢者保険のことも、いつ決まったの?という感じでびっくりしました。
なるほど・・取り易い所から取るってあるかもしれませんね。
なんだか、年金問題といい、国を信頼していたのに、信頼できないんだという気持ちがどんどん大きくなっていくような気がします。
こんなことでは、子供たちに希望を持ちなさいなんて言えない国になってしまいますね。
つれづれ
2008/04/16 23:41
先月実家に帰ったら母のところに後期高齢者保険の書類が届いていました。
あれだったんですね。
役人天国ですね。全く彼らの好きなように国が動かされてる?!
私達の時代(もう既にそこまで来てるんだけど)にはどうなるんでしょうかね。

夫が転職したのでやはり会社によって負担金が異なるようで、一昨日これも種類が届いていました。
人間ドックの場合、一部負担金が大体三分の一くらいでしたよ。
上限がまたありですが。
個人負担ではなく会社負担分です。ショックですが仕方ないようですね。
最近諦めがいいです、私。。。(泣
らんじゅ
2008/04/17 14:01
らんじゅさん、こんばんは。
人間ドッグを自費で受ければいいんですけど、やはり金額が違うので住民検診を受けてますが、こうした医療の金額も判りづらいですよね。
これも、又、理解しづらくして、徴収しやすくしているのかもしれませんね。それに値切ったり、安くていいや・・と言えるものでも無いですし。
ほんとに、私たちの老後ってどうなるのでしょうね。
若い人たちは、もっと大変だと想像つくだけに、若い人に負担かけたくないし・・って、こんな日本に誰がした?
つれづれ
2008/04/18 00:05
あら、今までずっと市の検診を受けてきましたが、今年からかわるんですか?
これは、大変ですね〜
本当に最近はしっかりこちらも勉強しなくては、生きていけませ。
高齢者はなおさら。お勉強ったって、一人では理解できませんもの。
年金しかり!腹の立つことばかりです。
年金窓口も混んで混んで今月は誕生日月なので行かなくてはいけないのですが、新聞に一日中かかるって書いてありましたよ。
どうしたものか悩んでいます。

山形ママン
2008/04/18 08:08
山形ママンさん、こんにちは。
いつも、コメントありがとうございます。
これって、私の市だけなのでしょうか?
今、後期高齢者保険のことばかり、話題になってますが、これも結構変わったことだと思うのですが・・住民検診を受けている人が少ないということでしょうか?
山形ママンさんのお宅は、ご主人が退職されたと書かれてましたから、国保に切り替えられたのなら、今までと同じ市の検診かもしれないですね。
そうした、説明の書類も判りづらい単語も多くて、故意に判りづらくしているの?と勘ぐってしまいます。
年金のことは、半分諦めです・・何を言っても無駄なような気がして。
自分の老後を自分で守るには・・どうしたらいいのでしょうね・・
つれづれ
2008/04/18 12:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
住民検診が変わった? 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる