気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS とつぜん!の旅行 奥飛騨路 08.5.2-3

<<   作成日時 : 2008/05/07 22:31   >>

トラックバック 1 / コメント 8

5月2日金曜日、朝9時、会社に出ようと、ふと携帯を見ると、着信が・・
誰からかと思ったら、12歳年下の弟からの着歴とメールが届いてました。

この前日の1日、弟はGWの休みがあるからと、両親を誘って初めての一泊旅行に行き、飛騨の温泉に泊まっていることは知ってました。
そして、1日は富山県の砺波のチューリップ祭りに来てる・・と楽しそうなメールが届いたりしてましたが、朝から何かあったのかな?と電話をすると、
平湯温泉に泊まっているんだけど、こっちに来れない?」と。
いつ?」と聞くと、「今日」と

詳しく聞くと、この日で帰るつもりだったが、両親がお天気もいいし、もう一泊したいと・・
ついては、泊まった翌日は土曜だから、近くに赴任している娘の夫である主人に、一緒に連れて帰ってもらえるかもしれないから、私に連絡をしてくれと、母が頼んだという。
そして、私も仕事を休んで、一緒に4人で温泉に泊まろうよ・・と言うことらしい。

えーーー!そんなこと言ったって、もう仕事に出るところだし〜
行くったって、そう簡単に行ける場所でもないし・・・
第一、泊まる所、決まってないし〜
と言うと、「それは、大丈夫これから取るから・・」と弟が言う。
彼は用事があって、この日は両親を上高地に案内して帰るつもりだったので、私に連絡をしてきたが連絡が取れなかったので、主人に電話をしたら、どうぞ宿舎に泊まりにきてと言われたようだ。

この日は当然主人も仕事、翌日の3日も高山で午前中仕事をしてから帰る、と私は主人から前に連絡を受けていた。
う〜ん・・主人は宿舎に泊まるって勘違いをしているみたいだから厄介だし、翌日主人の仕事が終わるまでの時間、両親ふたりだけでの高山見物は不安だし、主人も落ち着いて仕事にならなくなるし・・と考えると、
じゃ、行くわ!」と答えていた。
それから、すぐにネットで列車を調べると、午前中は仕事をしても、高山まで行くに間に合うことが判った
そしてすぐに出社。

しかし、この日困ったことが・・私の体調が悪かった。
尾篭な話で恐縮ですが、前日に仕事中も体がしんどく、食が進まず、前夜は珍しく早寝をしていたが、朝からいきなり今まで経験したことの無いほどの下痢で戸惑っていたところへの電話だった。
でも、幸い痛みは無かった。

職場についてすぐにこの日は午後からお休みをもらうことを申請。
快諾をもらって、出来るだけと仕事を進めたが、この間にもお腹が・・痛みは無いがグルグルと鳴って・・

その間にも、弟からメールが届き、新平湯温泉で旅館を予約したから、上高地に行ってからそこまで両親を送っていくので、よろしくと連絡が入ったので、主人にもそのことを連絡をとる
この時点で、高山まで列車で行き、そこで主人と落ち合って、新平湯温泉まで行くことに決めていた。
でも、仕事をしていても○痢で、これでは旅先で何かあってもと、11時半に病院に行くために早退。
注射をして、薬をもらって、すぐに帰宅して荷造り・・車を駐車場に預けて予定通り、12時47分の電車に乗った。

高山線では岐阜から特急に乗ろうかとも思ったが、高山で主人と待ち合わせるには早く着きすぎる為、1時01分の普通列車に・・
それから、凡そ3時間半・・高山に到着したのは、午後4時半だった。
特急だと、2時間半ほどらしく何が違うのか・・と思っていたら、駅で長い時には15分ほど停車することが判り納得。
それでも、穏やかな花曇りの中、飛騨川沿いに走る山里の春風景を楽しみながら・・と言いたいが、乗る前に果たして普通列車にトイレはあるか心配でしたが、あってホッとしつつ

その間に両親は、弟に上高地に連れていってもらったり、鍾乳洞の見物をしたり・・
その後弟から旅館の名前など連絡が入り、旅館に到着したと連絡が入る
そして、母が父と二人だけになるのが不安だから、主人と待ち合わせをせず、私だけでも早く来てくれと言う。

実は、84歳の父は4月の初め、私が主人の赴任先から帰った日から10日間ほど肺炎を起こして入院をしていた。
去年の夏も骨折で入院をしていて、その時は弱気になるのだが、治ると自分はまだまだ!と思えて、出来そうにないことでも出来る!する!と言って母を困らせること度々で、75歳の母は脅したり宥めたりしながら普段は二人で暮らしているが、最近母も年のせいかそんな父に気長に付き合えず、手を焼いていることがよくあるようになってきた。

だから、今回も弟が一緒のうちはいいが、この日携帯をわざわざ置いてきたと言う訳判らないことをする父と、知らない土地で二人だけというのは不安に感じたらしい。
だったら、もう一泊なんて考えなければいいのに、思いついてしまうのが、なんでも経験したい行動派の母らしいところで・・それに振り回される姉弟という図。

9歳の年の差がある父と母の体力の差も随分ついてきて、母はまだまだ体力も気力も充実していて、どこでも行きたい・なるべく歩きたいと言う人・・
父は、骨折してから足が痛くなり、なるべく歩きたくないし、年のせいで、時々痴呆?と思えることも言ったりすることもあるようになってきた・・

だから、私が子供の頃は、絶対君主で怖いばかり、亭主関白そのものだった父だが、今では体力に自信も無くなり、母に世話もかけることは判っているだけに、精一杯母に強がってみるが、どこか遠慮がちに見えるようになってきている・・
昔とは立場が逆転している夫婦の図を見て、一生亭主関白だった義父母夫婦とは違い、夫婦の形が変遷していく場合もあるものだと思い、果たして自分たちはどうだろう?と思ったりする。

でも、いろいろなことに対する興味は二人ともまだまだ衰えていないので、海外は流石に行かなくなったが、子供と近くでもいいから出かけるのを楽しみにしている夫婦になってきている。


はいはい、それじゃ、バスで行きます」と列車の到着時間をメールすると、
すぐに弟は、高山から新平湯温泉まで44キロ・高山発4時40分発・1770円・1時間半ほどかかると調べてメールで教えてくれた。

そして、「申し訳ないけど、後はお願いします。くれぐれも降りる場所を間違えないように・・」とメールが届いて弟は帰って行ったのが3時少し前。
私はまだ列車の中だった。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
58▽今日の砺波(^_-)-☆富山
今日の砺波の天気は下記のとおりです。 天気:くもり(午前6時現在)天気予報: くもり(気象台午前5時発表)最高気温21℃  今日、明日と曇り空の予報になっています  昨日は午後から風が吹いてきて、空気も乾燥していました今日もそのような状態が続くので、注意したいものです &nbsp; ...続きを見る
ブログ de 付録
2008/05/08 06:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いや〜、いつもドラマティックなブログの書き出しですぐに引き込まれるように読んでしまいます。
今回も続編があるんですね、これまたドラマティックにも。。。(笑

それにつけても日本は広いですよね。
って言うか本州の太平洋側から日本海側に横断するような旅をされるのですもの、今度詳細な日本地図を買わなくてはとつくづく思いました。
体調は直ったんでしょうか?
それから大丈夫でしたか?
五月の飛騨路はいかがだったのでしょうか。話を早く聞きたいです!!!
らんじゅ
2008/05/08 15:26
らんじゅさん、こんばんは〜
ありがとうございます。m(__)m
そんな風に言っていただけると、アップする時はいつも躊躇ってますので、ホッとします。(^^ゞ
そう言われると、そうですね・・両親は横断してます(笑い)
この季節の飛騨路は、春爛漫・・あの花もこの花も、その上鯉のぼりもあちこちに泳いで、きれいでした。
あまり、風景写真が無いので残念ですが、続きがアップできましたら、読んでください。
いつも、コメントをありがとうございます。
つれづれ
2008/05/08 23:47
今晩は。
今回はサスペンスドラマを見ているようです。(笑)
弟さんとご主人との連携のよさは素晴らしい。
 昔鈍行で高山本線を使い、日本海まで行ったことがあります。
秋でしたが飛騨川や神通川沿いで秋の山の風景がすてきでした、きっと春もいいのだろと思った覚えがあります。
 夏に新平湯も宿泊したことがあり、神社で太鼓の祭りをやっていたり、スマートボール屋さんがあったりしてなかなか風情のあるところでした。
本読みと山歩き
2008/05/09 03:58
本読みと山歩きさん、こんにちは。
山歩きにはいい季節になってきましたね〜。(^_-)
飛騨に行くと、山が呼んでいるような気がします(笑い)
いつもは車ばかりですが、列車からの景色を楽しみながらもいいものです。
特に飛騨川沿いの景色は好きですね。
それに、今は街では見られなくなった鯉のぼりがたくさん上がっている風景は日本の春!という感じでした。
私たちも山登りをして、降りてきて一泊という時に、数度利用しています。
神社での踊りも見ましたが、ひょっとして、ご一緒していたかも(笑い)
つれづれ
2008/05/09 12:52
なかなか活発なご家族ですね。(笑い)
急に1泊旅行に出かけたり、突然誘いがあったり・・・でも、みんな仲良し家族だからできる事ですよね。
突然、どなたから誘いがあっても出られるように、常に心の準備をしておかないといけませんね。ま、それも楽しいか。
山いろいろ
2008/05/09 13:28
山いろいろさん、こんにちは。
はい、とっても元気な家族です。(笑い)
特に母は私より元気で、友達は多いし何にでも興味があるし、行動的でもあります。
これからは父親も一緒に、4人の子供に、順番にどこかに連れていってもらおうかな・・なんてとんでもないことを言ってます。
でも、気前も良いので子供も喜んでお付き合いできます(笑い)
主人がいつも嫌がらずに相手をしてくれることが有難いです
つれづれ
2008/05/09 18:23
まあなんと、小説を読んでいるようですねえ。もうそろそろかなと思うとまた先がある。面白いですねえ。あ、いやいや面白がってはいけないですね。
でも、即断で出かけるなんて凄い行動力。とても真似はできませんねえ。
ヒゲおやじなら、何だかんだと理屈をつけて「もう一日お前が面倒を見ろ」なんて言いかねないところですよ。
続きが楽しみです。
ヒゲおやじ
2008/05/10 00:04
ヒゲおやじさん、こんにちは。
仕方ないから出かけていったように読めますが、案外こんな旅を楽しみにしている私も居ます。(笑い)
2年前に私たち夫婦が同じチューリップ祭りに連れて行った時も、急に泊まっていこうか・・なんて母が言い始めて、氷見まで行って泊まってきました。(笑い)この時は母が旅先で体調を壊しましたが、それなりに楽しんできました。
体調が万全だったら、どちらも言うこと無かったのですけどね・・これも思い出のひとつになりました。(笑い)
つれづれ
2008/05/10 12:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
とつぜん!の旅行 奥飛騨路 08.5.2-3 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる