気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS いつになったら・・

<<   作成日時 : 2008/06/16 08:49   >>

トラックバック 0 / コメント 10

主人が単身赴任をして2ヶ月が過ぎた。
次女と二人の生活になったら、さぞ自由な時間が増えるだろうと思っていたが、未だに、時間に追われて生活しているような気がする。

その中でも、朝起きるのは少し遅くなったが、お弁当作りは変わらない。
たった二つだけど。

私は、結婚した当時から、ちょっとお弁当には拘りを持っていた。
見栄えを良くするとか高級な素材・・という拘りではなく、多分どんなお母さんもしているだろう、「毎日作る」ということに。
実は私は高校生になった時、母から
「もう高校生なんだから、お弁当くらい自分で作りなさい」と言われ作ってもらえず、親の手作り弁当を持ってきている友達とお弁当を食べる時、淋しいと感じて3年間過ごしていた。

たかが弁当だが、毎日同じおかずのお弁当を持ってくる友達のお弁当さえ、その子の為に作ってもらえるということに羨ましさを感じていた。
その潜在的な気持ちには、もっと小さい小学生の頃から、運動会にひとりでお弁当を食べたとか、他の子のような所謂美味しそうなお弁当ではなく、いつも間に合わせのお弁当だったという思いもあったのだと思う。

今から考えてみると、まだ下に小学生までの三人の子供を持ちながら、父の会社の片腕になり、、その上田んぼまであったのだから、自分のことは自分でして!と思う母の気持ちも充分理解できるが、その頃は淋しかった。

だから、自分が結婚したら、家族の為のお弁当だけは作るぞという思いから、結婚当時の主人のお弁当から始まり、子供たちは大学生になっても持って行くと言うので、一時は4個を作るなんて時もあった。

でも、ここが母の血を受け継いでいるというか、長男の時は思わなかったのに、長女が働き始めた頃に
もう働き始めたら私と同じ、自分のお弁当は自分で作りなさい」と、自分がそうだったからか、言わなきゃいけないような気持ちになり言い渡した。
長女は、少しぐらいは抵抗するかと思いきやその通り、自分で手早く作って持っていくようになり、そうなると、なんだかそんな長女が不憫に思えたりしたが、そうしたことも出来るようにならないと・・という気持ちもあって、グッと我慢をして見ていた。

が、その長女が嫁ぎ、今度は次女が働き始めたので、「おねえちゃんもしていたけど・・」と同じことを言ったのだが彼女は作らない。
と言うか、かろうじて
「私はおにぎりが好きだから、おにぎりでいいもん!」と
おにぎりを2個作り、作り置きのおかずがあれば、それを詰めて持っていく様な有様。
夜遅い仕事だったこともあり、そんな時間があったら、少しでも眠っていた方がいいと言う。

あわよくば、私のお弁当もお相伴に与れるかな・・と思っていた私は、それでは栄養が・・とか、疲れているだろうし・・と見るに見かねて、作るようになり、転職をして帰りが早くなった今でも作っている有様。

そんな自分に納得できず、「私が貴方の年齢の時は、もう三人の子供が居て、洗濯や育児に追われ、一度で良いから朝までぐっすりと眠りたいと思っていたものよ!」と、「私が若い頃は・・」な〜んて、絶対に言わない大人になろうと思っていたのに、知らず知らずそんな皮肉めいたことを言う大人になっている。

今朝も洗濯物を干しながら、
もうすぐ27歳になる娘のお弁当を作って、それに洗濯もしているんだわ・・・
私があの年頃の時は・・
私も働いているんだから、条件は同じなのに・・
あれでいいんだろうか、甘やかしではないだろうか・・
と、これまた、ふと思い始めると、なんだか腑に落ちない気分でいる自分が居たりして・・・。

そんなことを思う割には、夕食を作るのは私なので後片つけを彼女がしてくれていると、何だか母親としての罪悪感を感じて、片付けが終わるまで落ち着かない気持ちで居たりする。
そして、そんな自分に納得できず、「そんなこと思う必要ないわ!」と強気で思ったりして・・・。

が、たまに「洗濯物入れておいたわ」とか、
「アイロンかけておいたから」とか
「片付けは私がするから」とか、
そして、先日のように「お弁当美味しかった〜ごちそうさま〜
な〜んてメールが入ると、喜んでしまう私が居て・・甘い・甘い・・


友達にこんな話をすると、「今しかそんな時は無いのだから、結婚してしなくてはいけなくなったら、ちゃんとするようになるわよ」とか、「甘えているのよ」とか言われ、私って親としての愛情が薄いの?優しくないのかも、薄情 と思ったり。

それにしても、同じお腹から産まれてきたのに、長女と次女ではこの違い・・
この辺りが、次女とは親離れも子離れも出来ない所以かもしれない

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
たかが弁当、されど弁当。学校時代に作ってもらった母の弁当は、甘酸っぱい思い出とともに多くの人が懐かしいんじゃないでしょうか?
その後社会人となってからは、弁当とは縁の無い生活でしたが、今は山で食べる妻の弁当が楽しみですね。
同じ兄弟でも性格は違うもの、それぞれで良いんじゃないでしょうか?
山いろいろ
2008/06/16 15:30
こんばんは〜。

私の母もいつも忙しく働いていたので、小さい頃から家事をする長女でした。
もちろん私も高校の三年間お弁当は自分で作りましたよ。
そうなんですよね、そうするとどこかでそれがコンプレックスになったりするもので。。。でも今になるとそれはどこかしら力になって実についていますよ。
ただその最中はそれどころではなくてね。それもよく分ります。
だから子供にはそれよりも(家事は一切しなくてもいいから)自分の生活と言うか自分のことをもっと大事に一生懸命やりなさいと背中を押したのですが、そんな気持ち分るどころか自分のことも不十分だったりするから母は怒ります。。。
その時が来ればするようになる、私もそう信じたいものです。(爆

つれづれさんの日記はいつもとても楽しみです。
落ち込まず(そんな必要はないので。。。)続けてくださいね。
らんじゅ
2008/06/16 20:44
山いろいろさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
山で食べる愛妻弁当・・私もご馳走様です(笑い)
我が家の主人も高校時代から下宿生活をしてましたから、結婚してお弁当を作り始めると、喜んでくれました。
私は作ってもらえなかったから作るようになったし、主人は作ってもらえなかったから、喜んでくれた・・・気がつけば、結果いいことばかりです(笑い)
この姉妹、二人を足して2で割るといいんだけど、なんて思うことがありますが、とっても仲良しです。それが何より親としては嬉しいですね。
つれづれ
2008/06/16 21:01
らんじゅさん、こんばんは〜
いつも暖かいコメントをありがとうございます。
そうなんですか!らんじゅさんも自分で作ってらしたのですか。
私の周りの友達ではそうした人が居なかったせいで、結構それがコンプレックスになっているのでしょうね。
実家の両親は新家で、ふたりで頑張らざるを得ない家庭でしたから、長女である私はあてにされて手伝いもしてきました。
らんじゅさんも言われるように、それが自分の力になっていることは多いと思います。だから、娘もという気持ちもあったりして・・(^_^;)
娘の場合、そうそう、自分のことさえ甘えている部分大いにあります。
それを放っておけばいいものを・・今の親はできないんですよね。
それにしても、こうして書いてみると、知らず知らず二人を比べているのかもしれませんね。反省(^^ゞ
つれづれ
2008/06/16 21:16
はじめまして。
コメントありがとうございました。
岐阜の方なんですね。もしやお近くかしら?

長女さん、四世帯のところに嫁いで見えて、大変そうね。
でもちゃんとお弁当とを作っていかれてしっかりしてみえるみたいだから、
きっとうまくやってみえることでしょうね!
次女さんも、お友達が言われるみたいに、
ちゃんと嫁げばやりますよ。大丈夫よ・・・
だってしっかりしてみえるつれづれさんのお子さんだものね。
つれづれさんの気持ちよくわかるわ〜
娘たちに、甘いような、でも甘くてもだめだ・・とかね。
お母さん忙しかったのね。でもそのおかげで
しっかりお料理上手になれて、よかったじゃないの!
そう、プラス思考で・・ね。
趣味に絵とか・・
私、ワードでお絵かきを載せてるのよ。
今度また覗いて見て下さいね。
人魚姫
2008/06/16 22:35
アハハ、面白いですねえ。そうですか。
いやいや、下の子ほど上手に親を使うようになります。それは上を見て育っているので仕方ないですよ。上がいるということで、責任感も薄いですしね。
甘えと言えば甘えですが、一方では心の奥でそれを喜んでいる親がいたりして(笑)。まあ、そんなものでじゃないですか? 随分幸せな家庭に見えますよ。
ヒゲおやじ
2008/06/16 23:27
人魚姫さん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
ひょっとしたら、岐阜のどこかで擦れがっているなんてことあるかもしれませんね。(^.^)
しっかりしていれば、しているから心配になり、してないと尚更心配になり、子供の心配はいくつになっても消えないような気がします。
これは、私だけでしょうか。(^_^;)
幸せな生活をしてくれれば、それでいいんですけどね。
お絵かきですか・・楽しそうですね。又見せていただきます。

つれづれ
2008/06/17 21:59
ヒゲおやじさん、こんばんは。
いつも、コメントをありがとうございます。
そういえばそうですね。
思い当たります。
ひょっとしたら、上を見て結婚をするのも遅くなるかも(笑い)
そうなんですよね・・甘え上手で姉にも親にも甘えてますしね。
今は次女とふたり生活なので、気楽と言えば気楽なのですが、娘にとってはだから独立なんて出来なくなるでしょうね。
それも、困ったものです。
つれづれ
2008/06/17 22:09
今食育と言う言葉が使われていますが、自宅で作ったものを食べさせることは、なによりの教育だと言う事です。
よくやっていますね。そうして愛情を伝えていれば、きっと将来いい奥さんになりますよ、次女さん。
私も甘やかしたかな?の方でしたが、娘は家を離れてからは、ちゃんとやっていますから心配は要りませんよ。

白いカラーが素敵です。





山形ママン
2008/06/17 22:58
山形ママンさん、こんにちは。
コメントをいつもありがとうございます。
案外、私の方が母親に対してまだ甘えているのかもしれません。
忘れればいいのに、未だにそんな気持ちがあるのですから。
次女は料理が好きなんですよ。
我が家に柚子の実がなるのですが、もったいないと言いそれでジャムを作って、いろんな料理に使ってみたりする、私や長女と違う自分の味を作り出して作る才能があります。ただ、時間がかかるのと、働いているとその両立をするほど器用ではないようです。って・・私が居るのですから、する必要もないですけどね。(笑い)
書いてみて、案外私が娘に対して自由が羨ましいと焼きもちをやいているのかもしれないと思いました。(笑い)
カラーは土曜に主人の生家に咲いていたので、もらってきました。
大好きな花です
つれづれ
2008/06/18 07:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつになったら・・ 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる