気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨーロッパ旅行4・・・スイス・ツェルマットのマッターホルン 08.7.5

<<   作成日時 : 2008/08/03 12:19   >>

トラックバック 2 / コメント 14

5日朝 6時45分 スイス・チューリッヒのホテル出発・・

この日はこの旅行の中で、私が一番楽しみにしている、スイスアルプスに行く日。

でも、週間天気予報では、週末のお天気は嵐と聞いてました。
ホテルを出る時のお天気が良いからと言って、山のお天気がいいとは限りません。

アウトバーンを走るその傍らの景色は、やっぱり前日に続き、スイスというより、日本に近い風景に思えます。
それでも、2時間ほど走った辺りから、遠くにアルプスらしき、白い山々が見え始めました。

画像


お天気は・・今は良さそうですが、山は午前中はお天気が良くても、午後には曇ってくるのは普通なので、まだまだ・・期待しすぎるな・・と自分に言いきかせます。

そのうちに、どんどん山合いの道に入っていき、峠を越えていく間にも雪を被った山が見えたり隠れたりします。

あんなに雪があるんだから、スイスの真ん中辺りにあるアルプスのユウグフラウ辺りの山々だと思うのですが、形も名前もわからず山座同定が出来ません。

画像



私たちはこの日、九州ほどの広さだというスイスの北の端にあるチューリッヒから、南の端にあるツェルマットを目指しているので、そのうちには、その山々は見えなくなり、替わりに山あいの牧歌的な風景が見え始めてきました。


画像




画像




傍らを流れる川の水の白いこと・・・アルプスに近いほど山が削られてそんな色になると聞きました。

9時半頃、バスごと列車に乗るコッペンシュタイン駅到着。
山を越えるために、車のトンネルは無く、車も電車で通過させるためのようです。

画像


この列車に乗る時のバスの運転の難しそうなこと。

画像


幅も高さもぎりぎりで、定位置に着いた時、思わず皆で運転手さんに拍手

列車を降りてから又バスで走ります。
その車窓のきれいなこと・・お天気もまだ良くて、スイスらしい景色が続き、見ていて飽きません。


画像



画像



画像




途中、11時前に道の傍らをマラソンしている人々を発見。
たくさんの人が走っているね〜と。

画像




そして、駅(多分フィスプ)から、今度は人間だけ電車に乗ります。
マッターホルンを観光する唯一の基地である「ツェルマット」は車の乗入禁止なので、この電車で村に入るためです。


画像



11時15分発の電車に乗っていると、きっとさっきの続きなのでしょう、窓の外を走っている人たちが見えます。
そして、電車内のモニターで「ツェルマットマラソン」の開催日と知りました。

画像



「このマラソンだったんだね〜高地だから息が苦しいだろうねぇ・・」となんて言っていうちに11時35分頃、ツェルマットに到着。

電車を降りると、すごい人で混雑している・・ごった返しているという感じで、え〜イメージと違う

画像


と、駅の前ですごい歓声が聞こえるので見ると、道路がマラソンのコースになっていて、ゲートらしきものもあり、走っている人を観客が励ます声でした。

画像



走っている人を最初に見たのは随分下の方でした。
私たちがバスや電車に乗っていた1時間ほどの道のりを、足で走ってきたんだね・・と感心しながら、標高3130メートルのゴルグナード展望台に行くための登山列車の乗り場に・・・直行

この時点でも、お天気は良く、マッターホルンも少し見えて、早く登山列車に乗りたいと気持ちが逸ります。

ここツェルマットには、いろんなマッターホルンを始めとするスイスアルプスを楽しむコースがありますが、私たちの旅行の行程では、このツェルマットでは、自由行動になっていたが、希望者はマッターホルンが見えるゴルグナード展望台に案内してもらえるということになっていた。

私は行く前の下調べで、途中の駅で降りて湖を見ながら歩いて降りる・・なんてコースも選択できるかも?と思ってましたが、少人数であるが為団体で動きやすく、当然のように全員で展望台に行くことになりました

多分、街に残って買い物くらいだったらいいだろうが、最低でも2時間ほどかかるトレッキングの為の別行動は、慣れない土地では無理だったような気がします。
もちろん、妹が歩こうと言うとは思えないし・・(笑い)

それに、ツアー旅行でオプションはよくあるが、このツアーの場合、登山鉄道の乗車賃を団体割引にする為に添乗員のNさんは走り回ってくれ、それ以外の代金は徴収されなかったし、この後パリでも好意で手配をしてもらえたことが度々あり助かった。

列車に乗ってすぐにマッターホルンが姿を現した

画像




お天気は上々。
旅行中の今までにない青空の中、マッターホルンが独特の姿を見せてくれていた。

画像



途中の駅でも列車は停車し、その度に子供連れや赤ちゃんでさえ連れて降りて歩き出す人も多いのに、感心する

画像




車窓からは、時には咲いている花もきれいに見えるが、日本の山に比べると少ない気がする

画像



そして、ふと窓の外を見ると・・・・・まだ走っている
え〜ひょっとしたら、上まで走るの〜 と想像できてきた。
それにしても、その人数の多さ・・ずらりとその行列は続いている
ツェルマットの街がゴールではなく、まだ上を目指している走者に脱帽・・
結局ゴールは展望台よりも少し下・・多分標高3000メートル辺りにありました


画像



その間にも、マッターホルンや周りの山々、それにスケールの大きな氷河・・
これはどんな風に書いても、写真で撮ってみてもそのスケールが表現できないのがもどかしいほどの氷河が見えてくる

画像



画像



そして、12時半・・終着のゴルグナード展望台に到着。。
(ガイド書には42分かかると書いてあるが、景色を見るのに夢中でそんなに乗っていた気がしない)

画像


そこに立っても、きれいにマッターホルンが見えていました。


その時、想像以上のこんな大きな自然の中に立てた幸せを感じ、誰にとも無く感謝したい気持ちで一杯になり、
素晴らしい景色が見ることができて、有難いね・・ほんとに私は幸せ者だわ・・という言葉が何度も自然に口から出ていました。


その後、全員で集合写真・・
これは旅行社の意向ではなく、ここに居た写真屋さんに勧誘されたものですが、フランダースの犬と同じワンちゃんが二頭一緒に写ってくれるというものです。
(このワンちゃんたち・・お仕事とはいえポーズをとらされて、ストレスが溜まっているようで、可哀想でもありました)

写真屋さん曰く、バックをマッターホルンがすっきり全部見える写真に差し替えることが出来ますが、どうしましょう?と。
全員異口同音に、「そんなもん、今日のマッターホルンで充分!」
この日のマッターホルンは、滞在中ずっとほんの少しだけ雲に隠れてましたが、その姿で充分・・出来上がった写真は、全員が満面の笑顔で写っています。


それからは自由時間・・
ここの展望台のベランダで自然の景色を見ながらの食事は最高・・
日差しは強いですが、ほど良い気温・・こんな幸せな時間が持てた幸せに感謝しながら・・・


画像

(この写真の雲の中には「モンテローザ」が隠れて、残念ながらこの日はその姿を見せてはくれませんでした。)


その後は下山、上で撮った団体写真を購入・・
後は又バスに乗って、ひたすらこの日の宿泊地のジュネーブへ240キロ

その途中に見えたレマン湖・・

画像



この辺にはソフィアローレンやチャップリン、アランドロンなども住んでいたとか・・
オードリーヘップバーンも有名で、そのお墓もあり、今も花が絶えないそうです。

添乗員さんが、観光案内をしていて、ソフィアローレンとかマストロヤンニ・アランドロンの名前を口に出しても
今の若い人たちは、それ誰?という具合に反応が無いが、オードリーヘップバーンだけは、今の若い人にも人気があって感激されるとか・・なんとなく判るような気がします


旅行記その5はこちら



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヨーロッパ旅行3・・ドイツ、ノイシュバンシュタイン城からスイスへ 08.7.4
7月4日はローテンブルグのホテルを7時半発 ...続きを見る
気ままに・・忘れないように・・
2008/08/27 12:22
ヨーロッパ旅行5・・フランス・パリ07.7.6
ヨーロッパ旅行 その4スイス編はこちら ...続きを見る
気ままに・・忘れないように・・
2008/09/22 16:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
つれづれさんへ ツエルマット!天気に恵まれ良かったですね。
マッターホルンは、現地でみるときっと格別な雰囲気が漂っているのでしょう。いまは、ガイドをつければ6〜7時間(たぶん片道)で登れるコースもあるらしいですね、もちろんそれなりの装備はいりますが。いつか!?歩いてみたいものです。
くしくも、今(3日朝です!)からマッターホルンでなく、ツエルマットへ向って車で旅にでます、アルザス地方を経由していきます。
記事にちょっとだけ触れられているトレッキングコースも家族で歩こうと思っています。また、つれづれさん同様、いい写真がとれればレポートします。
タイムリーな記事(私にとって)ありがとうございました。
本読みと山歩き
2008/08/03 14:09
本読みと山歩きさん、こんにちは。
今頃はスイスに向かわれる、車の中でしょうね。
こうした自然に触れることができる今の環境をフルに生かして活動されている本読みさん、流石ですね。
前に本読みさんがスイス歩きを考えていると書かれてましたので、間に合えばいいけどと思いながら、ここまで書いてきました。
辛うじてセーフだったようですね。(笑い)
あの景色を楽しみながら家族で歩かれるのですね・・お天気のいいことを祈っています。それに、混雑も緩和されていることを(笑い)
帰られてからのレポート楽しみにしています。(^^)v
つれづれ
2008/08/03 16:27
お天気に恵まれて素晴らしく雄大な景色を堪能されたんですね。
それにしてもすごい強行軍で走行距離に驚きます。
さぞかしお疲れでしたでしょうね。でも観光ってそんなものかも知れませんね。寝る時のその日の充足感に満ちていたことでしょうね。

先日息子が富士登山をしたのですが、やはり富士山でマラソンしてる人たちがいたとか。タフな人っているんですね〜〜〜。
私もタフでありたいし、まだ少しタフであるうちにヨーロッパへ行きたいものです。(来年いっぱい大殺界と言われてるので旅行禁止なんです。。。)
らんじゅ
2008/08/03 21:55
らんじゅさん、いつもコメントをありがとうございます。
はい、この日が一番お天気が良くて、ほんとに良かったです。
この旅行は確実に見学時間より、走行時間移動時間の方が多かったですね。
疲れたか・・と言われると、この旅行でしっかりと疲れたのは、実は移動ではなく、次回書くつもりの、パリの人ごみでした。
私の場合、興味の方が勝っていて、バスに乗っている間もほとんど眠ることは無くて、景色を見ていました。(^^)v
富士山でもマラソンがあるのですね。
空気が薄いので歩いて登るだけでも苦しいのに、それなりのトレーニングをされた方たちだったのかなぁと思ったりしました。
私も若い頃富士山に登りましたが、花も無かったからか、富士山は登る山ではなく、見る山だったと思ったものでしたが、息子さんはどんな感想を持たれたのでしょう(^_-)
らんじゅさんの大殺界、終わってからでも遅くないですから、是非いらしてくださいね。
私も今度、又もし行けるとしたら、もう少しゆっくり見学できるツアーにしたいと思います。(笑い)
つれづれ
2008/08/03 22:46
マッターホルン、やはりいいですね。
画面をスクロールするとき気持ちが高ぶります。(笑
この山は登れるんでしょうか?
見るだけで、十分ご馳走様っていうイメージが強いです。
スイスは気のせいか赤い服多いですよね、国を象徴する色なんでしょうね。

御嶽での復活おめでとうございます!!
綺麗に咲き乱れる花々のお祝いでしたね。
少しずつ距離を延ばし、山からの便り楽しみにしています。

遅くなりましたが
暑中お見舞い申し上げます。
ご家族、お孫さんたちと、いい夏休みお過ごしください。
ginfamily
2008/08/04 12:51
ま〜今日の景色は本当に素晴らしい大自然を満喫した充実感に溢れています。
こちらまで感謝したいほどです。よかったですね、お天気に恵まれて、マッターホルンを見られて。
こんな景色はここでしか見られませんものね。
建造物も大変よいのですが、自然の雄大さは心まできれいになるようでしょうね。
マラソンを見ている方たちの赤い服装はやはり外国と言う感じですね。
山形ママン
2008/08/04 17:02
ginfamilyさん、こんばんは。
マッターホルンはスイスアルプスの中でも独特の形をしているので、判りやすくて人気があるそうです。
山歩きさんのお話では、ガイド付きで登れるようですが、この廻りはトレッキングコースがたくさんあって、私はそこで充分満足です。(笑い)
山歩き、先日主人がひとりで双六から槍ヶ岳に登り、途中や頂上から電話がかかってきて、双六など場所を知っているだけに悔しくて。(笑い)
ginfamilyさんの劔岳も、あぁ、あそこで・・と思い出しながら読ませていただいてますが、私も立山でいいから行きたいですね〜
チングルマの花・・今年はまだ見てないのです。(^_^;)
暑中お見舞いをありがとうございます。
gifmilyさんの、今しかできない子育てを精一杯されている様子をいつも読ませていただき、こんな風に育てていたら・・と羨ましく思ったりしてます。
この夏休みもいっぱい、思い出を作ってくださいね。
つれづれ
2008/08/04 23:36
山形ママンさん、こんばんは。
自分でも、誰にともなく自然に感謝の言葉を口にしているのが不思議でした。
昔の人が念仏を唱える時の気持ちって、こうした時なのかな?と思ったほどでした。自然の力って偉大ですね。
スイスの国旗からきているのでしょうが、ホテルでも駅でもいたるところで、赤を見ました。
思わず、ハッとするのですが、いかにもスイスという感じで私は好きです。
いつも、コメントをありがとうございます。
つれづれ
2008/08/04 23:43
すごい絶景ですね!
つれづれさんは普段日本で山登りをされる方だから、普通の観光客とは違ったお心でマッターホルンを眺めていらしたのではないでしょうか?
それにしても、氷河も越えて展望台まで行くと、すぐ間近に見られるんですね!展望台のカフェではノースリーブのお客さんもいますが、どんな服装で行ったらいいのやら???山登りとは縁のない育ちの私には、想像もできません!
そういえば、60代の義父母が2年前にスイス旅行をしたのですが、アルプスの絶景を見て興奮した義母が一人夢心地になって展望台の方へどんどん歩いて行っていたら、同行者の方に「ご主人が…」と言われ、見たら、糖尿病の義父は息を切らして倒れる寸前、休憩所だか医務室だかで横になっていたそうです。義母は、義父に付き添っていたために絶景を満喫できなかった!とぼやいていました。(^-^;
そんな義母に「スイスの山にゴンドラ(?)で上っていったら、虹が見えたのよ〜!あそこに行きなさいよ〜!ステキよ〜!」とお勧めされたのですが、義母はそれがどこだったのか忘れてしまったらしく…。虹が見られたというのは、貴重な体験ですよね?
remi
2008/08/05 01:37
remiさん、おはようございます。
いつも、コメントをありがとうございます。
多分、普通の人より、トレッキングコースを歩きたい!!という気持ちは強かったでしょう。(笑い)一緒に行ったのが主人だったら、別行動で歩いていたかも・・ですね。(笑い)
山は高さによって全然気温もお天気も違いますからセーターも、山登りの時の上着も持っていきましたが、この日は必要なかったです。日差しはとても強いですから、風がなければノースリーブでもOKです。
お義母さまもお義父さまも大変でしたね。
でも、あの景色で虹など見えたら、私ほんとに念仏でも唱えるかも(笑い)
自然は偉大です・・でも、これを感じられたのも、お天気が良かったからなのでしょうが。
つれづれ
2008/08/05 09:22
やりましたねえ、ついに。マッターホルンは憧れの的ですからね。
多分これを見られただけで、今回のツアーは大満足ではないですか?
よかったですねえ。それにしてももの凄い強行軍ですね(笑)。
ヒゲおやじ
2008/08/06 01:02
こんなにいい天気のマッターホルンを見せられると、羨ましい!と言うよりもジェラシーを感じてしまいます。
つれづれさんは、さぞ日頃の行いがいいんでしょうね。(笑い)
こんな風景を見た後の日本の山々は、小さく見えたんじゃないですか?
山いろいろ
2008/08/07 15:34
ヒゲおやじさん、こんばんは。
はい、これが見れただけで、充分満足でした。
行く前はマッターホルンってメジャーすぎるかもと思ったりもしたのですが、行ってみるとその雄大さは思った以上で素晴らしいものでした。
ですよね〜他の会社の同じ8日間の旅行日程を見ると、このスイスは省かれてます。
と言うことは、スイスは丸々得した!!とも言えますが、だから強行軍になっても仕方ない・・となります。(笑い)
つれづれ
2008/08/07 23:02
山いろいろさん、こんばんは。
行って良かったですよ〜(笑い)
海外の山なんて行ける時が来るなんて思ってもいませんでしたが、ここの場合は登るというより行くという感じで、登山とか山行とは全然一緒になりませんが。(笑い)
老若男女・・誰でもこんな高い所まで登れるようになっているのがすごいなぁと思います
日本の山でもお天気で印象の変わるのは一緒ですから、普段の行い・・大事ですね〜(^_-)
つれづれ
2008/08/07 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヨーロッパ旅行4・・・スイス・ツェルマットのマッターホルン 08.7.5 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる