気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 取り入れも終わり・・さぁ出かけよう!

<<   作成日時 : 2008/09/30 21:14   >>

トラックバック 0 / コメント 9

秋の取り入れが済んでホッとした休日
金曜の夜、赴任先から帰った主人、土曜は義母のところに行き帰ってくると、「さて、明日はどこに行こう?」と言う。

「立山は雪が降ったそうだわ」と足を怪我しているのに山に行きたいと思っているのは想像できるので牽制すると
「じゃ、どこか行きたい所は無い?」と言い、八ヶ岳は?などあれこれ候補は挙がったが、主人が当日赴任先に戻ることも考慮して、あまり無理のなくて以前から気になっていたのに行けずにいた「名古屋ボストン美術館」のモネ展を見に行くことになった。

画像


それだけで名古屋まで出るのにもったいないので、ネットで他の美術館を調べていたら、車大好き人間の主人向けにトヨタ博物館なるものを見つけて言うと、「行ってみよう!」と言うので、このふたつに行くことに決め、両方のサイトで割引券をゲットしてバックに入れて準備をしておいた。

が、日曜に出かけようとした時に妹から電話があり、父を不整脈で病院に連れてきたと言うので、この計画もボツ・・と思いきや、駆けつけてみると幸い大したことなく、もう家に帰るところでホッと一安心。

それから仕切りなおし・・出かけることにした。
ボストン美術館だけなら電車で30分ほどで行けるが、トヨタ博物館に移動するのは車の方が便利なので車で・・
久しぶりの名古屋の市街に入る道は行く度に景色が変わって、私たちはまるで浦島太郎状態。
金山にある美術館に着くのに1時間以上かかってしまった。

画像


この日がこの展覧会の最後の日だと知ったのは前日。
だから、混雑を予想して朝一番に行きたかったが、着いたのはお昼近く。
行ってみると、やはり相当混雑してました。
年代的には私たちと同年代から上の女性やカップルが多かったような気がするが、若い女性も多い・・

モネの年代を追って展示されていて、ルノアールの絵と比較のように並べて展示されていたり、他にも聞いたことのある画家の名前もたくさん、セザンヌにマネにミレーなどなど60点ほど。
印象派だからか、明るく柔らかい感じの作品ばかりが印象に残っている。

混雑しているので、つい近くで見ることになるが、やはり離れて見たいので、空いた!と思ったらスッと絵の前に立って見たりしていたが、既に見た絵をふと遠くから見て、こんな絵だったのと思わず見入ったりして・・

中にはモネが日本画の影響を受けていると、歌川広重の作品が比較するため、並べて展示されていて、思わずその繊細さや色使いに浮世絵の方に見入ってしまい、浮世絵の展覧会も見たいなぁと思ったり・・

モネの連作である睡蓮は1枚・・
思ったより小さい作品で、もう20年も前に東京のブリジストン美術館で見た睡蓮の方が初めてだったからか、私はインパクトがあって好きだなと思ったり・・

画像


画像


その後、4年間学生生活を名古屋で過ごした主人だが、やはり随分その当時とは風景が変わっていたようで、金山にあるボストン美術館からナビの案内で長久手にあるトヨタ博物館に向かった。

と、途中、「昭和郵便局」が見えた途端、土地勘が戻ったようで、「あの辺りにUさんやOさんのアパートがあった」とマージャン仲間のことを懐かしく思い出し、それからナビの案内は無視。
「懐かしいなぁ・・ちょっとあっちの道を通って行こう」と向きを変えた。

この先に○○という喫茶店があったんだけど、あるかなぁ・・
ここにラーメン屋さんがあったけど・・無くなってしまってるし・・
ここの店はどてがうまかったけど閉まってる・・


今は地下鉄が通っているが、30年ほど前はまだ無くて、私も名古屋駅からバスに乗り、1時間近くかかってこの坂の多い街を2−3度尋ねたことがあったが、その当時の景色はかすんで、今の景色と重なってこない。

やがて、下宿をしていた場所へ。
その当時は大家さん宅の庭の前を細い道が奥まで続いて、そこに長屋のような下宿があった。

が、今はそこにはマンションが建って、周りの景色も当時の面影は全然感じられなかった。

画像


「当たり前だよね・・30年以上経っているんだから・・あのいつ壊れてもいいような下宿が残っているはずないし・・」
「若かったあの頃の気持ちに、又なってみたいなぁ」と主人
「楽しかったよね・・何の苦労もなくて、自分のことだけ考えていれば良かったもんね・・戻ってみたいね・・」と私。

そんな昔話をしながら懐かしい場所を後にした。

その後、トヨタ博物館に・・

この博物館の2階では、この日まで「世界の名車」という企画展を開催。
ピカピカに磨き上げられたクラッシックカーは、実にカラフル・・

画像 画像 画像


見ていると、これは「明日に向かって撃て」の時に出てきたような・・・とか
この車は「ゴッドファーザー」でギャングが乗っていたような・・・と映画の場面を思い出すような車も・・
こんなにたくさんの、それも他社のメーカーの車を集めるのは、流石世界のTOYOTA。

画像


その後、3階に上がると国産車ばかりが展示されていて、主人など「懐かしいなぁ・・この車あたりから記憶があるなぁ」と。
でも、何かが2階と違う・・
そう、派手さがない、違う言い方をすると花が無いというか、遊びがない。
私のような普段車に全然興味のない素人は、見ていても楽しさを感じられない。
展示車だというのに、いかにも、日本的で地味に感じ.るのは私だけ
と、思ったが考えてみれば、外車と日本車では大きさが違うからそう思ったのかも。

画像


車の好きな主人に感想を聞くと、「もっと今の車がもっとあるかと思った」と古い車はあまり興味が無い様子。
主人のような人は展示場向きのようです。

それにしても、主人が単身赴任になって、休日に遠出が出来なくなりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ボストン美術館の姉妹館なのですね。
昔と言っても十年ほど前米国に居た頃、ボストンは好きで何度か行き、美術館にも行ったことがあります。大きなモネの睡蓮がとても印象的な美術館でしたよ。
もっともっと大きくて確か部屋一面に睡蓮があったような記憶が。
日本はいつもきちんと観ることが出来ないほど人が多くて、美術館もどこも尻込みしてしまいがちです。料金返してといいたくなりませんか?(私ってケチ?)

思いがけず30年前にタイムスリップですね。どんなにか懐かしかったことでしょう。

日本のものって実用本位と言うか、遊び心がないかも知れませんね。
でも質のよさには定評がありますから後は独創性や創造力の問題でしょうか。

つれづれさんの遠出とはどの辺りでしょうか?山登りですか?
らんじゅ
2008/09/30 22:20
らんじゅさん、こんばんは。
人生のうちに外国で暮らすような機会があれば、いろんな経験もされてきたことでしょうね。また、是非聞かせてください。
私がブリジストン美術館で見た睡蓮も、確かもっと大きかった気がします。
ああした絵がいつでも見ることが出来る東京ってすごいと思ったものでした(^.^)
地方に住む私などは企画展に行くと、すごい人だかり・・というのが当たり前になって、あ、でもこの前のルーブルよりはマシでした(笑い)
まだお互い独身でキラキラと輝いていた頃でしたから、懐かしかったです〜。そんな時もあったので(^^ゞ
つづく・・
つれづれ
2008/09/30 23:12
らんじゅさんへつづき・・
トヨタ博物館は、今写真を見直してみたら、車の大きさが随分違っていたんですね。だから、映えないというか地味に感じたのです。
もちろん!日本の車は性能は抜群ですもんね。
我が家の日帰りの遠出とは・・以前だったら飛騨や長野あたりでしょうか。
でも、今はそちらに主人が帰るので、そうなると私が帰り困るわけで・・(笑い)
主人は気分転換にドライブをしたい人なので、京都でもいいと言ったのですが、私の方がその往復をして神岡に帰るのは疲れてしまうからと名古屋にしたのでした。
山登りは、今は主人もできないのでブレーキをかけるのに大変です。(笑い)
いつも、コメントをありがとうございます。
つれづれ
2008/09/30 23:14
今晩は。名古屋!まだ9ヶ月なのに、もはや懐かしい。
ボストン美術館のあるANAホテルによく、昼のバイキングを食べに行きました。
パリにもたくさんモネがあります。この春行ったオルセー美術館には単品の「青い睡蓮」がありましたし、オランジェリー美術館は睡蓮の連作もあるようです。
フランスには睡蓮のモデルになった庭が本当にあるようです。
印象派はさわやかな作風のものが多いので、見ていてもわかりやすです。
一度、そのあたりをゆっくり回りたくなりました。
本読みと山歩き
2008/10/01 04:16
名古屋勤務時代だから15年ほど前になりますが、トヨタ博物館に行ったことがあります。たしか国道沿いでしたよね。名東区に住んでいたので長久手まで近かく、暇な休日に立ち寄った思い出がありました。感想はつれづれさんと同じでしたね。
金山あたりに、お二人の若い頃の思い出があるようですね。さぞや懐かしかった事でしょう。(^^ゞ
山いろいろ
2008/10/01 06:55
本読みと山歩きさん、こんにちは。
こちらは昨日まで寒かったのに、今日は暑くなってきました。
私たちもこのビルでお昼をと思いましたが、料理もですが駐車料金も高いのでゆっくり食べられないと早々に退散しました(^^ゞ
本読みさんは帰国される時は、又愛知県でしょうか?だったら、あまりに風景が変わっていて、迷子になるかも。それ位景色が変わりますよね(笑い)
そう、絵の良し悪しや技巧など判りませんが、素敵だなぁ〜と癒されますよね、印象派の絵は。
その環境にある本読みさんが羨ましいですが、冬は長く辛いと聞きました。
今のうちに英気を養ってくださいね。
つれづれ
2008/10/01 12:46
山いろいろさん、こんにちは。
そうでしたか、そんなに昔から?ある博物館なのですね(^_-)
国道沿いですが、名古屋の道は混みますね。いつも山道や高速が多いので都会の道は走り疲れます。 
ですよね・・やはり国産車は小型で色も地味・・高級車も遊び心が無くて黒とか白とか・・いかにも真面目な日本人という感じでした。
金山では無く、昭和区に(金山も昭和区?)青春時代の思い出がたくさんありまして・・
共通の思い出を一緒に懐かしめていいとも言えますが、それ以外の相手がないというのも淋しい気もしたりして
つれづれ
2008/10/01 13:01
たのしい、ドライブならではの道草でもありますね。

名古屋には、主人の出張に勝手に同行しまして、2泊。
お仕事中は、一人で瀬戸、常滑、水族館、骨董屋さんなどを巡りました。
また行きたいですがもうそんなチャンスは一生巡ってこないでしょう〜〜〜。
ぜひ、離れ離れのこのチャンスを有効にご活用あれ!!
美術館は残念!見ませんでしたが、お二人で見るのはいいですね〜〜

山形ママン
2008/10/02 11:45
山形ママンさん、こんにちは〜
山形から名古屋は遠いですもんね〜それに観光地では無いから、そんな機会でなくては訪れる所でも無いですもんね。
私はまだ水族館に行ったこと無いんですよ。そのうちに孫が興味でも持ったら行ってみましょうか。
瀬戸や常滑は焼き物狙いでしょうか。普段は高くて買えないのではなかったでしょうか。私など、せともの市の時しか買ったことありません。
岐阜県にも美濃焼がありますので、よろしくお願いします(笑い)
そうですね・・物は考えよう・・離れているから出来ることしなくては!!
赴任して初めて今週末帰ってこないようです。
私はもう予定が入ってま〜す
つれづれ
2008/10/02 12:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
取り入れも終わり・・さぁ出かけよう! 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる