気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 今更ですが、師走の日々のダイジェスト

<<   作成日時 : 2009/01/18 22:59   >>

トラックバック 1 / コメント 0

去年12月に書いてアップできなかった記事を、今更ですが・・・

私の師走の日々をダイジェスト版で。


その1 椎茸が・・12月18日

師走だと言うのに、休日の二日をスキーに出かけ、休日の先取りをしてしまったので
後は新年を迎える準備をしなくちゃ!ということで、18日の日曜、主人の生家に行ってきました。


その時に見つけたのがこれ             
(携帯撮影の為、判りづらいですが・・)

画像


2007年3月に椎茸の菌打ちをしたという記事をこのブログで書きました。

その収穫がいつ出来るのか判らず、ネットで調べてみると、一年半位後には収穫ができると
書かれていたことや、その時の記事に登場した近所のおじさん達からも、今年の秋くらいに収穫できるはずと
聞いていました。

が、今年の秋になっても、全然そのほだ木に変化がありませんでした。
そのおじさん達のお宅も同じようで、この菌はダメだなぁ・・もう一度打ちなおしをしないと・・と
話しに出たりしていました。

それが、この日見てみると、親指の先ほどの椎茸の赤ちゃんが、いっぱい 出ている!と主人が教えてくれたので見に行くと・・
ほんとにいっぱい出てました。

そして、この椎茸の菌を打った後に、やっぱりどうせなら、なめこもあったらいいよね・・と
打ったのですが、その木になんと大きななめこも出てました。

画像


スーパーに売っている小さいなめことは違い、こんなに大きいのは私も嫁いで初めて見て
驚いたものでしたが、今ではこれがなめこ・・と思っています。
その昔、亡くなった義父は息子がこのなめこが好きだから・・とたくさん収穫してくれたものでした。

うん!これで椎茸も来春には出てくれることでしょう。
もうダメだろうと諦めていただけに、嬉しいことでした。

その2 初めてのお泊り・・

同じ日の朝、長女から電話があり、孫のGくんが「バァバ、お泊りに行く」と初お泊り宣言をしているので
いい?と聞いてきたので、「いいよ〜」と返事がしてあった。

今我が家には二人の孫が居るが、不思議なことに、娘の長男Gくん3歳は主人は苦手だけど私のことが大好き
主人が居ると、私の陰に隠れてしまうほど。

反対に息子の長女Rちゃん2歳は、私より断然主人が大好き
主人が帰ってくると、まるで恋人に会ったようにはにかんだ表情をしたりして「ジィジ」と喜んでいます。

これって、単に男女の違いで異性がいいのか、
それとも母親と通じるものを私に感じてGくんは私のことが好きで、、
主人と息子が似ているからRちゃんは主人が好きということかもと
想像してみるが、何も教えるわけでもないのに・・血のなせる業
とその不思議さを思います。


そのGくんが、来る前から何故か「バァバとRI×(ショッピングセンター)に行く」と言っているとか。
RI××に一緒に行ったことなし、二人だけで出かけたこともなど無いのに、どうして???
聞くと、このSCに行った時に機関車トーマスの乗り物を見たので、多分それに乗りたいのだろうとのこと。

それで来ると早速、「お母さんは、待ってていいの。バイバイ」と娘に向かって言うGくん。
うんうん、そう言われた長女はちょっと寂しげな顔をしているが、Gくんどんどん成長しているね〜

その後、ショッピングセンターに出かけて、後からついて行くと、中にあった新設された室内の遊園地を見つけて、ひと遊び。


画像 画像



この馬は、自分で腰を使わないと動かないが、こつを覚えて動かせると、楽しくて仕方ない様子。
ボールのプールや風船の部屋は、「バァバも一緒に入って」と手招きをして、「楽しいね〜」と私の顔を見て言う。
周りは若い親さん達ばかりの中、思いがけなく私も一緒にボールを投げたり風船をついたりして一緒にお遊び。
20分のところを1時間に延長して、トーマスの機関車の乗って・・

「もうこれで時間だよ・・」と言うと、堪能したようで帰ってきました。

それから、家で一緒にご飯を食べて、テレビを見て、私とお風呂に入って・・
と、この辺りから雰囲気がなんとなく変だなぁ・・と思っていたら、
お風呂から出たら「お母さん〜と寝る〜」と涙を浮かべたかと思うと、
「お母さ〜ん」「お母さんと一緒〜」と泣き始めた。

「バァバ、お泊りするんじゃないの?」と聞いても「お母さ〜ん寝る〜」と泣きじゃくっている・・
やっぱりね・・・あんなにいつもお母さんっ子のGくんがひとりでお泊りは無理だろうと思っていたので想定内。
娘の嫁ぎ先まで送って行ったのでした。

さてさて、来年3月に下の子が産まれてくるのに、それまでにGくんはお母さん離れができるかな??


その3・・・初めての手作りプレゼントは・・

子供が小さい頃は、子供の為にいろいろな物を手作りしたものだった。
子供服然り、編み物然り、通学用品然り・・

そのように、孫にもするだろうと思っていたが、実際は、長女が出産をする前に、
昔の母はおむつを作ってくれた・・それなら私はせめておくるみは手編みで・・と作り始めたが
途中で挫折・・今も編みかけでおいてある。

その後、可愛い盛りの二人の孫を見ていて、何かを・・と思いはするが、中々手を出せずにいた。
それが最近、寒いから毛糸の帽子があったらいいかも・・帽子ならすぐに編めるし・・と余り毛糸を
使ってRちゃんの帽子を編み始めた。

ピンクが好きなので、白とピンクの縞模様
でも、久しぶりだからか、下手になったのか、それとも年のせいか、全然目が揃わない・・・
編んでいる時にお嫁さんが来ると、恥ずかしくて隠す有様だった。
それでも、それがやっと編みあがった。

              それがこれ       
画像


それで、Rちゃんが来た時に「Rちゃん、これバァバが編んだのよ。被って頂戴」と被せてみようとしたら、
「これRちゃん無い」 と取ってしまう

一度言い始めたら、頑固なRちゃん、大好きな主人が言ってもダメで、被せることもできなかった。

そんな日が2.3日続き、もうこれは来年生まれてくるどちらかの孫用にしよう・・と思って諦めていたところ、
自分から手にとって被ってみていた。
すかさず、娘と私とで、「可愛いね〜とってもRちゃん可愛いよ〜」と褒めちぎると、ご満悦な表情
やれやれ・・・

でも、編み目の揃ってない帽子・・
そういえば、百円ショップでも、ニットの帽子が売っているご時勢・・
お嫁さんは一応喜んでくれたが、気を遣うことになって、迷惑だったかなぁ〜と思ったり、
これから編む時は、もっと太い糸でアラン模様など編み目の誤魔化せる物にしよう〜と思っている

画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今年作っているのは・・
義母が自宅に住まわなくなり、空き家になっている夫の生家・・ ...続きを見る
気ままに・・忘れないように・・
2012/05/31 22:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
今更ですが、師走の日々のダイジェスト 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる