気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS この季節にかるた?

<<   作成日時 : 2009/03/13 23:29   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

久しぶりに、独立したはずの子供三人+孫のGくんが我が家で食卓を囲んでいる生活をしています。

お隣に住んでいる長男は、里帰り出産をしているお嫁さんと離れて、我が家で、食事をするようになり
23日からは、これまた長女が出産を控えて息子のGくんを連れて帰ってきました。

3月20日頃が予定日なので、ちょっと早いような気がするが、4世代同居生活をしている
本人曰く、「こんな時しか、泊まりにこれないんだから」と言っている。

一緒に暮らし始めると、普段では見えなかった、娘の家庭が垣間見えてくる。
だんな様は、子供は可愛いが、世話をするタイプではないようで、自然に3歳半になったGくんは
母親なしでは居られない子供になっているようで、母親と離れてなんてとても生活できない様子。

だから、娘が入院をした時のためにということもあり、早めに帰って来たらしいが、
それが結構大変。

当然、私が世話をすることになるので、取りあえず、今は私とGくんが一緒にお風呂に入り、
絵本を餌にして寝室に連れて行き、1冊読んで寝かせるのも私の役目になっている。

だから、今までは夜の11時過ぎにならないとお風呂に入らなかった私が、今は夕食が終わったら
すぐにお風呂に入り、出たら布団に入り読み聞かせ・・と、忙しいこと

でも、可愛いいことこのうえない。
朝は起きてきて第一声、台所に立っている私に「バァバ、おはよう〜今日はお天気がいいね〜」と
言ったついでに、「さくら、おはよう〜」と猫にも挨拶をしてくれるので、嫌でも笑顔になれる。

会社から帰ると「バァバ、お帰り〜」から始まって、お茶を飲む間もなく首と言わず肩といわず
纏わりついてくるし、電車大好きGくんに「バァバ、電車」と連結をするようにと背中向けられると、
嫌でも電車ごっこをして部屋を走り回ってたりすることになる。

そんな成果が出てきたのか、最近は「バァバ、お風呂に入ろ」と誘われ入っていると
「バァバとお母さんとGちゃんと・・大好き」とギュッと抱きついて言ってくれるようになった。

そんなある日、Gクンに絵本を読んでいて、ひょっとして?と思って「この字はなに?」と聞くと、
読めるので驚いて、次の字は?と聞くと、これも読めた。
で、娘に「Gクンは字が読めるようになったの?」と聴くと、「嘘」と驚いて言う。

なんでも、娘がひらがなを刺繍やアップリケをして作った壁掛けを使って、あ・い・う・え・・・というように
一緒に読んでいたが、その場所で覚えているのかと思っていたけど、個別に認識していたようで、
それを知って、親の娘が「読めるの」と驚いている。

そこで、私はひょっとして?とかるたを出してきた。

画像


このかるたは、去年、まだら痴呆状態の義父が入院をしていた時に買ったもの。

義父は胃がんだったので、食べても戻してしまい、最初のうちは点滴で栄養をとっていた。
その点滴が気になって仕方ない義父は、その針を抜いてしまい、血まみれになることが
重なった為、そのうちに手にグローブのような手袋をはめられるようになった。

私はこの時、元気な頃は人の前に立って行動することの多かった義父にとって、さぞプライドを
傷つけられるのでは・・
と心配したが、私が行くと、そのグローブをはめた両手で、まるで少年が野球の時のしぐさをする
ように、笑いながら両手を叩いてみせてくれた・・その姿が忘れられない。

でも、時間だけはたっぷりあった義父は、グローブを縛ってある手首の紐を口で懸命に解いてしまい
針を抜くようになった。
これでは、ベットに括り付けるしか・・と話が出た時に、何か気が紛れる方法はと考えて、
本は無理でも、まだ字も読めて理解もできるから・・と買って持って行ったのが絵札の裏にことわざの
意味も書いてあり、面白そうな、このことわざかるただった。

ちなみに、義妹はこの時同じことを考えたようで、彼女は小さい「かえる」と「熊」のぬいぐるみ、
それに、ルービックキューブを持ってきた。

結果的には、少しの間だけ・・この「ことわざかるた」を読んで義父は気を紛らわせていたが
すぐに関心は無くなってしまい、その後胃ろう処置に変わったので、血まみれにはならずに
済んだが、その後1ヶ月程して義父は亡くなった。

そうなると、この「ことわざかるた」は義父の形見のような気がしてとってあった。

そのかるたを出してきて、並べてすると・・・なんと、親である娘も知らなかったが、Gくんは
「かるたとり」が出来るようになっていた。

なんでも娘の話では、その後にはこの中にお気に入りの札ができたようで
それを他の人に取られると悔しくて泣くので、持っている札と交換してあげると喜ぶように
なったそうだ。


また、昨日は、私がパソコンを開いていたら、「何してるの?」と寄ってきて、アイコンを指して、
「これ何?」と聞く。

こうして・・とダブルクリックをすると、それを覚えたらしくて、全部のアイコンをクリックしようとして
いるので、「ストップ」と止めると、今度は開いたウィンドゥの右上の×をクリックして閉じている。

スライドショーで写真を見せているうちに、クリックとダブルクリックを使い分けるようになっていた。

左下の「スタート」を指して、「これ何?」と聴くかと思ったら、もう「終了」を覚えていて、
勝手にウィンドゥを閉じている。
どうも、娘や私のしているのを見て覚えたようで、これまた、今時の子だわ・・とびっくり。

ちょっと前までは、兄妹も無く、大人ばかりの家庭に育ったせいか言葉も遅く、甘えん坊で、
なんとなく他の子より幼いと感じていたが、心配することは無い・・
興味のあることはどんどんと出来たり覚えたりするようです。

娘曰く、今はスポンジが水を吸収する如く、何でも覚えていく・・と驚いている。
4月から保育園に行くことになっているので、これからは良いことも悪いことも、いっぱい
吸収してくることになりそう。

我が家の子供は、ほとんど年子状態の三人だったので、こうした孫育ても一度にやってくる
ことになって、今度の日曜には、お嫁さんが孫ふたりを連れてお隣に帰ってくるので、
お宮参りに行く予定。

そして、その数日後にGくんの妹が産まれてくる予定。

今でもこの調子なのに、これで赤ちゃんが産まれてきたら・・・
その上、お隣からRゃんが遊びにきたら・・
まだまだ、私の孫育ては5月近くまで続きそうです。

それにしても、「かるた」で、おじいちゃんと、ひ孫のGくんが繋がっている・・と感じられて
なんとも言えない気持ちになり、これからも大事に使っていきたいと思っている







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。ばあば様、大活躍ですね!
Gくん、親御さんも気付かない間に平仮名が読めるようになっていたなんて、すごいですね。ひいおじいちゃんの思い出のあるカルタを使って遊んでいること、なんだか微笑ましくもあり、不思議な縁も感じますね。(そういえば、お義父さまがお亡くなりになる前の、お味噌の話、すごく不思議な話だなーって思いながら読ませていただきましたが、今でも強く印象に残っています。)
今時の子供の電子機器への順応性の高さ、びっくりしますよね〜。パソコンもすぐに触れるようになって…。
私は同世代の子がファミコンとかに夢中になっていても、そういう器械的なゲームに全然興味を持たないアナログな子だったのですが、今でも電子機器が苦手です。現代っ子じゃなくてよかった。今生まれていたら、おいてけぼりです、きっと。
そうそう、最近の子はデジカメに慣れているから、写真を撮られた後、画像をチェックしにきますよね?「見せてー」って。あれも、昔にはなかった光景だな〜って思います。
remi
2009/03/14 01:30
連投ですみません。
Gくんのお世話に加え、今度の週末はRちゃんの妹ちゃんのお宮参り、そしていよいよGくんの妹ちゃんの誕生…と、本当に目白押しですね!
5月までと長丁場のようですので、お疲れになりませんように…。
remi
2009/03/14 01:53
remiさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
人によって違うのでしょうが、Gくんにとって今は興味あることは、すぐに覚えられる時なのでしょう。
まだ、三才になったばかりの頃は、言葉も覚束なかったせいもあって、新鮮な驚きでした。
それに、まさか・・と思いながらも「かるた」を出してきたものですから、なんだか義父が読み方を教えてくれてるような不思議な因縁のようなものを感じてしまいました。
味噌の話は、その後は美味しくなりましたから、ホントに不思議に思いました。息子のところも食べてましたが、こちらが言うより先に美味しくないと言いましたから・・
つれづれ
2009/03/15 00:39

デジカメの話・・ホントにその通りで、昨日も主人とGくんが珍しく並んでいたので、写真を撮っていたら、カメラを向けると、それ用に笑顔を作るのです。そして、写すと「見せて、見せて」と。
だから、面白い写真が撮れないので、最近は写していると判らないように撮ろうと思ってますが、それが結構難しいです。(笑い)
これからの時代は、そうしたデジタル機器が発達して、子育てもさぞ難しいことでしょうね・・昔風の常識なども通じなくなるような気がします。
今は私の人生でも、子供の為にする最後の大変な時なのかもしれません。
でも、案外そんな時が良かった・・なんて後で言うことになるのかもしれませんね。
暖かい言葉をありがとうございました。
つれづれ
2009/03/15 00:39
お孫さん可愛いですね。
それぞれにお子さんがお孫さんを連れて来られると・・・コリャ忙しいですよね。
お疲れが出ませんように。
Tatehiko
2009/03/15 19:18
ま〜〜^^ほんとに目の回るような忙しさですね〜
そして、一番うれしい時ですね。
自分の子供のことも、知らなかった一面をかいま見る思いの時もたびたびですよね。


かるたもパソコンも同じような経験がありまあす。子供は物覚えがよく、ポイントを抑える力が大きいんですね〜
家のフンタンもパソコンで一人でお絵かきが大好きで、最近は一人で開いて一人で閉じています。
お体に気をつけて下さいね。

山形ママン
2009/03/15 20:06
tatehikoさん、こんばんは。
いつも、コメントをありがとうございます。
そんなんです。長男と長女が同年代なので、どうしても子供も重なってきて大変に思ってますが、考えてみれば、昔からこうしたことはよくあって、私も親に世話をかけてきましたが、自分の番になって、その大変さが判るものなのですね。
つれづれ
2009/03/15 20:14
山形ママンさん、こんばんは。
ゆとりを持てない私は、今が一番うれしい時とはまだ思えなくて、今をこなしていくのが精一杯です
今日は、暖かい日になったので、お宮参りに行ってきましたが、ひとつ役目を果たしてホッとしてます。
でも、疲れもしましたが、楽しみでもあり、こんな風に思いながら人生は過ぎていくのでしょうね。
そうですか!!やはり、同じ体験をされてましたか。
自分の子どもの時は、ほとんど年子だったので無我夢中だったのか、こうした思いをしてきたか・・覚えがないので、驚いてしまいました。
それに、義父にも思いが及んでしまって、余計に驚きました
そのうちには、孫から教えてもらうことの方が多くなるのかもしれませんね。
つれづれ
2009/03/15 20:25
素敵な日々ですね。
忙しさが何よりです、それだけ必要とされてることですし、やりがい張り切り甲斐もあるというものです。
そしてやはり子供を育てた頃よりも心にゆとりがあるのかもっと落ち着いて冷静にみることができますよね。
私なんてうちの孫はやはり頭いいわ〜といつも感心してばかり。おばかなばぁばです。
らんじゅ
2009/03/18 23:44
らんじゅさん、こんばんは。
お返事が遅くなり申し訳ありません。m(__)m
素敵な日々と言えるのか、今を過ごすのが精一杯の毎日を過ごしていますが、後からあの頃は良かったと思える時がくるのでしょうね。
心に余裕はあり、経験もあるのでゆとりもあるような気がしますが、体力が無い分、男の子は体でぶつかってきますが、それを受け止めるのに、自分が怪我をしないか心配になってきます。(笑い)
やっぱり、らんじゅさんもそうですか!
私は自分の子どもの時のことを忘れてしまって、こんなに小さいのにと、覚える早さに驚いてしまいます。
一生懸命、甘いばぁばにならないように・・頑張っています(笑い)
つれづれ
2009/03/20 23:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
この季節にかるた? 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる