気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS ふたりの駅員さん・・その1

<<   作成日時 : 2009/04/25 15:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2月下旬から出産の為に里帰りしている長女が、3月22日、女の子を無事出産しました

お兄ちゃんになったGくん3才7ヶ月は、やきもちを焼くかと思いきや、頬擦りしたり、泣いていると
「Jちゃん、泣いているよ〜可哀相だよ」と教えてくれたりして、可愛いと感じている様子。

それでも、これまで遊ぶときも、お風呂に入る時も、毎日お母さんを一人占めできていたのに、
ばぁばの家という、住み慣れた自宅を離れて暮している上に、突然妹が出来てお母さんに
かまってもらえなくなった。

それだけでも充分環境が変化したと言えるのに、この4月からは慣れない保育園に通い始めて、
相当ストレスが溜まっているようで可哀相に思え、11日の土曜日、お天気も良いし、
夜中の授乳で疲れているお母さんも大変だからと思い、大好きな新幹線を見ようか!!と
岐阜羽島駅にふたりで行ってきた。

彼は電車が大好き!!
つい最近、新幹線の0系が無くなる時には、両親が大阪まで実物を見せに連れて行って
大阪から明石まで乗って大喜びだったそうな。

そんなGくんを連れて、お腹の大きなお母さんの替わりに、一度はJRと地下鉄を乗り継いで
名古屋港水族館まで・・
もう一度は大垣までと、ふたりで電車に乗りに出かけて、大喜びしていたが、
産まれた後は、お母さんと離れるのが不安に思っているのか、私とのお出かけも中々
「うん」とは言わなかった。

が、新幹線の魅力には勝てないようで、
「新幹線、見に行こうか?」と言うと、
「うん!!」と、
これまた、新幹線をアップリケしたお母さん手作りのリックを背負って出かけることになった。

車で20分ほどで岐阜羽島の駅に到着・・
140円の入場券を買って、ん?3才は要るのかな?と思って聞くと、
要らないそうで、遊園地と違ってなんとも安いから有難い・・。

登りのホームに上がって、それから新幹線を見ていること・・・1時間半以上・・
右に左に行きかう新幹線を見ながら付き合っていた。

画像


誰かに、子供に新幹線を見せるなら、名古屋駅より岐阜羽島駅の方が新幹線の迫力が判って良いと聞いた。
何せ、一時間に上下で4本ほどしか止まらなくて、後はノンストップで走り去るのだから、その迫力が
伝わってくる・・と。

画像


その通りで、「あ!!N700系だ」とか、「あ!今度は、500系だよ・・」とか
「あ!300系が来た!」とか・・
止まる車輌も止まらない車輌も、みんな、ばぁばに説明してくれる。

画像


その間に、飲み物一本買っただけで、「もう帰ろうか?」と度々言う私に
「ううん、まだ見る」と、何本もの新幹線を待ち、見送り続けた。

画像


その待っている間のこと
丁度、Gくんのお父さんくらいの若い駅員さんが近寄ってきて、子供目線までしゃがみ、
「ぼく、新幹線好きなの?」と聞いて、はにかむGくんに「これあげるよ」と
新幹線の形をしたメモ帳をくださった。


Gくんは大喜び・・
きっと、こうした子供がたくさん見に来ているのだろうけど、駅員さんに声をかけて
もらうだけでも嬉しいのに、頂き物まで・・
若い駅員さんの、心遣いがうれしく感じられました。


その後、流石に、1時間以上も見続けて、よそ見をし始めたGくん。
新幹線の駅の隣に、名鉄の駅、そして赤い電車を発見

画像


「ばぁば、名鉄に乗ろう〜」と言う。
名鉄は、名古屋港水族館に行った時、帰りに名古屋から岐阜まで乗ってきたので、赤い電車は
名鉄と覚えているらしい。

「そんな〜ここまで乗ってきた車はどうするの?」と言いながらも、戻ってこればいいか・・と
岐阜まで行ってみることにした。

つづく・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ふたりの駅員さん・・その2
その1は、こちら ...続きを見る
気ままに・・忘れないように・・
2009/04/25 15:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ふたりの駅員さん・・その1 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる