気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS ETC休日割引を使って・・サントリー蒸溜所 09.5.5

<<   作成日時 : 2009/05/08 22:11   >>

トラックバック 1 / コメント 14

アサヒ大山崎山荘美術館を出た後、歩いても行ける距離にある、サントリー山崎蒸溜所に・・

画像


ついでと言っても、なんとなく気になる場所ではありました。
我が家では、「山崎」を主人が好きなウィスキーだと娘も知っていて、彼女が独身の頃は普通のサイズ、
結婚してからはささやかだがミニボトルをプレゼントしていたほど。
コマーシャルで見た「山崎」の景色も見てみたかったし・・


行ってみると、バックの天王山の新緑と、色とりどりの花が相まって素敵なところでした。
前もって工場見学の申し込みをしてなかったのですが、丁度行ったら30分ごとの受付に間に合い、
待ち時間なく30人ほどの人と見学が始まりました。

画像


順序良くウイスキーの出来る工程を見学。
ビールを一度蒸留すると、焼酎になって、二度蒸留するとウイスキーになるとのこと。

その蒸留する釜の形によっても、

オーク材の樽の産地によっても、

もちろん醸造する年数によっても味が違うそうで、

7人のティストする人の舌で味を調べて、
「角」であったり
「山崎」であったり
「白州」であったり
「響」となるのだそうだ。
その中でも、ひとつひとつの味が違うので、同じ味になるようにブレンドすると聞いて、
この時代になっても、やはり最後は人間が一番確かなのが意外だったりして・・



入った時に甘く感じた香りも少しずつ変わっていき、ひんやりした貯蔵倉庫では、CMでも
見たことのあるような、ずらりと並んだ年代も違う樽も見ることができ・・。

外の新緑がきれいで、絵になる風景〜と思って、倉庫から全員の人が出るのを待って撮った写真。
最後についている添乗員の方が、そんな私を見て、同じ場所で撮った映像がコマーシャルに使われてます・・と。
そういえば見たことあるかも。(写りは全然違いますが・・)

画像



さて、最後は、私の気になっていた試飲。
説明を受けた後、「山崎12年もの」水割りとソーダ割りの好きな方をどうぞ、その後に「白州12年」と
飲み比べもしてください・・と二種類のウィスキーが出された。


画像


ただし、ドライバーの方は「伊右衛門」を準備しています・・とも。

で、「山崎」が大好きな主人は・・・伊右衛門を飲んでいました。

一応は何度も私は念を押しました。
「折角の機会だから飲まなくてもいい?」と小さい声で。
余程、私の運転が怖いのか、それとも私が怖いのか???

とにかく、飲みたいに違いないのに、「いい」とおつまみに出されたお菓子を全部食べていた。

替わりに下戸の私が少しだけ飲んでみたが、この美味しさが判らず「なっちゃん」を頂いて口直しを
していたが、もったいないばかり。

画像


帰りに売店があって、1本12年ものが7350円で売っていたが、主人はここでも、「要らない」と買わない・・・
となると、なんだか可哀想な気もするが、ま、いいか!
帰ってから飲んでもお酒に変わりは無いし・・・


画像


帰る間際になって、そういえばHPに優待券があり、プリントできない人は、HPを見たと
言うと記念品をいただける・・と書かれていたのを思い出して、もう帰りだけど、ひょっとしたらと
聞いてみると、ちょっとしたアンケートを書いてこんなものが戴けました。

画像


「山崎」という文字はともかく、持った感じは中々重量感があって良いグラスです。


帰りの車に乗る頃になって。雨がポツリポツリと降り始めてました。

その後、大山崎のインターから入ろうと思ったのに、行き過ぎてしまったので、
この際だから、走ったことのない京滋バイパスを走ってみよう〜と・・・

結果、それが名神の京都辺りの渋滞を迂回したようで、ラッキーでした。
その後、彦根の手前辺りでノロノロ運転になることもあったが、最初から渋滞は覚悟をして
出てきているのでか、気にならないもの。

これが、通常料金だったら、こんなに遅いのならもったいないから、高速を下りて・・・
なんて考えるかもしれないが、どこまで行っても1000円と判っているから、そんな気持ちにもならない。

何年か前のGW、同じ辺りを走っていて、渋滞と出ていたので下道に下りたら、もっと凄い
渋滞にあたって大変だったこともあり、高速の渋滞は国道の渋滞とは違うと学習していたし。

そうそう、帰ってきて、早速ディスカウントの酒屋さんに「山崎」を買いに行きました。
そうしたら、12年ものの「山崎」が・・
多分、そうだろうなぁ・・とは思ったけれど、製造直売の方が高いとうことあるって改めて判った日でした
(折角、見学させていただいたのに、サントリーさんごめんなさい)

でも、とても雰囲気のいい工場でしたし、ガイドさんも親しみやすい感じのいい人でした。

お酒の好きな方は是非どうぞ。
ただし、ETC割引はとっても魅力ですが、電車で行かれるほうがいいようです。

画像




















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
山崎蒸留所で絶品の水割り
久しぶりに家族で京都旅行した最終日、新幹線の発車時間は13時30分なので、10時にチェックアウトした後はせいぜい1つか2つ名所を見て回れば時間が来てしまう。前日までに寺社仏閣は相当回ったので、最後は何かちょっと違った趣向を凝らしてみようという話になった。そこで行.... ...続きを見る
リキュール小話
2009/05/12 21:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
サントリーの山崎は行ったことがあります。
が、アサヒの美術館のことは初めて知りました。
モネやルノアールがあるなら、最近親しみもわいてきたし、機会を造っていってみます。
もちろん天王山は行った(登った)ことがありますよ。
低山ですが、対岸の八幡や、三河合流を眼下に景色の良いコースだった記憶があります。
昔のサントリーの山崎のコマーシャルも、山崎の土地の良さや水質の良さを(サントリーらしく)上手く、大都会に挟まれた場所ではありますが、とってもイメージのよいところです。
本読みと山歩き
2009/05/09 05:40
素敵な環境の中での美術館、いいですね。
ママンも昨年宮城県のニッカウヰスキーに二人で行きましたが、こういうところは、広くて環境がいいですねぇ。
ゆっくりとした気分になりますね。
あの山崎はこの地名なんですね。
山形ママン
2009/05/09 10:06
はい、そのとおりですね。絶対電車です(笑)。
山崎は魅力的ですね。いつも電車で横目に見て通り過ぎるだけで、一度は行ってみたいなあなんて思っていました。
何で、電車? あ、その当時は金沢の仕事があって、月に2回ほど湖西線で金沢に行っていたのですよ。途中下車できませんからね(笑)。
ヒゲおやじ
2009/05/09 23:47
山崎は、京都に向かって高槻を過ぎると山手の高台にあって、茨木勤務時代によく見ていました。が、一度も訪ねた事がありません。
今度行く事があったら、電車で行ってみたいと思います。(笑い)
なるほどね、製造元の方が安いんですね。いわゆるメーカー希望価格が如何に高いかという事の証明になりますね。
山いろいろ
2009/05/10 09:54
本読みと山歩きさん、こんばんは。
出かけていた為、お返事が遅くなりましたm(__)m
そうでしたね。山歩きさんは、大阪の方でした
天王山に登られた時、このお屋敷はあったのでしょうが、美術館では無かったのかもしれませんね。
お寺などもあり、歴史的にも面白そうな所で、山歩きさんのように歴史にお詳しい方なら、その面白さも尚更でしょうね。
又帰られましたら、是非お出かけください。
つれづれ
2009/05/10 22:24
山形ママンさん、こんばんは。
お返事が遅くなりました。m(__)m
あのコマーシャルから受けたイメージ通りの環境の会社でした。
天王山という山も有名ですが、あの後ろの山が天王山ということを知りませんでした。
これからは、こうした穴場的なところも見ていきたいです。
つれづれ
2009/05/10 22:32
ヒゲおやじさん、こんばんは。
やっばり、あそこにあることは知っていて気になってはいても、行ったことの無い人って多いでしょうね。
ヒゲおやじさんの様にお酒の好きな方でもそうでしたか。
是非、一度ごついでがありましたら、お出かけください。
お薦めです。
つれづれ
2009/05/10 22:36
山いろいろさん、こんばんは。
山いろいろさんは、あちらこちらのことを良くご存知ですが、関西のこともご存知でしたか。
おかわり有りのようでしたから、お酒にお強い山いろいろさんにぴったりの場所です。
機会がありましたら、美術館と共に是非訪れてみてください。
つれづれ
2009/05/10 22:44
つれづれさん、TBへのコメントありがとうございました。
次回は是非ご主人にも試飲を!蒸留所で飲む水割りは最高です。
お二人で試飲の場合は電車ですね。白州蒸留所と違って、駅から歩いていけるのが山崎の良いところであります。
私はまだ美術館に行ったことが無いので次回行くときは必ず美術館にも行ってみます。
chun
2009/05/13 00:35
chunさん、コメントをありがとうございます。
chunさんが書かれていた蒸留所で飲むウィスキーは一味違うことと、以前は「響」の試飲だったと主人に話しをしましたら、とても羨ましそうでした。
私は下戸ですので、今度の時には私の分まで飲んでもらいましょうか。(笑い)
はい、美術館は同じ飲料メーカーでも、試飲はありませんが、是非行ってみてください。(^_-)
天王山の新緑に囲まれてきれいでしたが、紅葉の季節にも行ってみたいと思いました。
私の方からもTBさせていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
つれづれ
2009/05/13 19:18
なるほど〜、お酒好きにはたまらないことでしょうね。
ビール→焼酎→ウイスキーなんですね、初めて聞きました。
いずれにせよ美味しい水があるところなんでしょうね。

このGWの渋滞はどこもひどかったようですね。やはりETCさまさまなんですね。
らんじゅ
2009/05/13 21:11
らんじゅさん、こんばんは〜
街中から近いところなのに、とても自然が豊かな所でしたが、水も美味しいとのことでした。
「山崎」ってとても美味しいお酒のようですが、それが人の舌で選ばれて、同じ味にする為にブレンドすると聞いて驚きました。それほど正確な味覚が人間にあるんですね。
ETC割引は主人の単身で大いに利用してきましたが、どこまで行っても1000円と聞いて我が家ではすぐにスキーを思い浮かびました。
片道4000円以上でしたが、それが1000円となると、もっと行ってもいいかな?なんて思いますから、すっかり政策に乗っかってます
つれづれ
2009/05/13 23:18
お久しぶりです。
私事ですが、こちらは庭のような場所なんです。(笑
一緒の空気を吸ってくれていたんですね。
都心からすぐに自然を楽しめるということで結構人気ありますよね。
職場はこの地域を管轄しているので、天王山で怪我をされた登山者の救助も担当しています。
結構、気軽に登られるのでいろいろ出動要請がありますよ。
山崎蒸溜所は京都府ではなく大阪府になるんですよ。
ちなみに 留→溜 
地場産業育成のため、つまらない、つっこみスミマセン。(笑

私もインフル関係が落ち着きそうなので、そろそろ山へ足を運びたいです。
ginfamily
2009/05/24 12:46
ginfamilyさん、こんばんは。
ほんとにお久しぶりです
え?ginさんは滋賀県でも北の地域の方だと思ってましたが、こんなに遠くに勤務されていたのですか!
今はインフルエンザで、さぞ大変な毎日を送られているでしょうね。ご苦労様です。
天王山って都会の真っ只中だからか、小さい山に思いましたが、そんなにけが人が出るということは、それなりの山だったのですね。
ん!そうですか!アサヒの美術館は確か京都府から要請されて再建されたと書かれてましたから、その近くのサントリーも京都府かと思ってました。
漢字の件もパンフレットを見たら、ホントに!
ひとつお利口になりました。
今年の夏はどの山を予定されてますか。
そろそろ、計画しないといけないですね
つれづれ
2009/05/24 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ETC休日割引を使って・・サントリー蒸溜所 09.5.5 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる