気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 40年ぶりの家族旅行 2・・ 焼き物祭りと御在所岳 09.5.9

<<   作成日時 : 2009/05/26 18:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

1はこちら

9日は前日まで降っていた雨が上がって晴天。ありがたい・・

当日、電車で最寄駅まで来た下の弟を拾って実家に行くと、思ってもみなかった8人乗りのワゴン車
「アルファード」を上の弟がレンタルしてくれていた。

妹にはCDをたくさん持ってきてよ〜とメールがあったとか。
乗り込んでみると、内装も良く広々して快適そう。
それだけで、なんだかうきうきと嬉しくなってくる。

私たちが実家に着いたのは出発1時間前だったが、両親も、特に父はニコニコ顔で、もう帽子も被り、
準備も終えて待っていた。

まず、家の前で全員で記念撮影。

そして、10時に、行きたかったのに田植えの準備で参加できない主人と、
GWだったら行けたのにバイトが始まって行けない姪が見送りをしてくれる中、上の弟の運転で出発。

弟2人が一番前の席で運転も道順も彼らに任せて、後の4人は後ろを占領。
8人乗りの車に6人しか乗らないのだから、この後二日間に渡って、ゆったりとした旅になった

その道すがら、弟たちとは久しぶりでも、妹や両親とは結構頻繁に会っているのに、
他愛も無い話が尽きない上に、そこに弟たちも加わって、楽しいこと。
あの親戚のあの人は・・とか、
この辺りは・・とか、
あそこに行った時に・・とか、次々と話が続く

その中でも、私の音楽好きは母親譲りだと思っていたが、妹も同じで、今月だったかドリカムの
コンサートに行ってきたことも知っていた。
が、話をしていくと、弟などもあれこれコンサートに行ったりしていると言う。
まぁ・・ほんとに血は争えないものだと思ったりもした。

こんな風に話をしていくと、行く前に、離れて暮して随分になるから、宿や観光の好みが判らず、
旅館のランク的にはどうかなぁ・・とか、
このコースは好みに合っているかな?・・とか
行ったことがある所かな?・・とか

選定に随分迷ったが、弟たちはそんなこと気にせず合わせてくれる人で、全然心配することは無かった。

そのうちに、
「さて、このままだと早く湯の山温泉に着きすぎるからどうする?」と弟が言う。

この日のメインは、父の希望通り、御在所岳のロープウェー
半日もあったら時間が余りそう・・

「四日市で陶器祭りをやっているみたいだから、どう?」と提案して、カーナビをセットする。

四日市に着いてみると、大勢の人で賑わっているので、その会場はすぐに判った。

画像 画像 画像


今までよく行っている、多治見や土岐の美濃焼きとはちょっと違った焼き物がたくさんあったが、
父の歩く速度の速いこと・・
人のことなど全然気にしないで、自分の見たいものを見てさっさと歩いて行く。

私は、もっとゆっくり見たいが、大勢の人で逸れてしまいそうで見ていられない。
でも、他の兄妹はちゃんと父であったり、母であったり、さりげなく付き添っているから偉い。

混雑の中、その付き添っている長身の弟であったり、妹であったりを目印に急いで追いかける私
そんな訳で、ここは僅か1時間ほどで、父はさっさと車の方に行くので、欲しいと思った花入れもお皿も
迷っただけで買えなかった。

それでも、昼食の時、各々注文したものを食べていると、父も母も
「ほれ、これ食べんかね」
と自分のものを私達子供に勧めているのを見て、あぁ昔の親はおいしい物を
子供に食べさせたがったものだった・・と
いくつになっても、親にとって子供は子供なんだと思う。

その後、ビールを飲んだ弟が交替、下の弟が運転して、湯の山温泉に向かい、
そして、ロープウェーに乗って、御在所岳に・・

画像


その高さに驚いて、皆「すごい高いぞぉ〜」「ここで落ちたら・・怖いね〜」etc・・

画像


そして、その後、スキーの一人用のリフトに乗って頂上に・・
この時も、足元覚束ない父を気遣って、弟が先に乗り、降りる時に手を貸している。

画像



この日暑いほどお天気の良い日だったが、眺めは春霞というのか、遠望は利かなかった。


画像




そんな頂上で、ちょっとこの下はどんな風だろうと断崖絶壁に近づくと、
母が「そんな危ない所、行ったらあかん!はよ戻っておいで、はよ!」と
まるで子供に言うように大きな声を出しているのが可笑しかった
なんだか、この年齢になっているのに、子供の頃に戻ったような気分だった。

画像



ゆっくり、ゆったりとこの山頂で過ごしてから、宿へ・・

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
40年ぶりの家族旅行 3 ・・湯の山温泉の旅館にて 09.5.9
その2はこちら ...続きを見る
気ままに・・忘れないように・・
2009/05/27 09:08
全然勝てない競馬生活
ハズレてもこりずに挑戦中〜だれか競馬に詳しい人わたしにおしえてくれませんか? ...続きを見る
全然勝てない競馬生活
2009/11/15 06:17
マイルチャンピオンシップ予想
競馬好きの競馬予想とか ...続きを見る
競馬予想
2009/11/17 00:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
親はいくつになっても子供だと思ってるのですよね。
親の立場になるとその気持ちよくわかりますね。
らんじゅ
2009/05/27 12:00
らんじゅさん、こちらにもありがとうございます。
ほんとに、親の前ではこの年齢になっても子供に戻っていますね。
判らないことがあると、電話をして聞くことの未だに度々ありますし・・
親は何でも知っている・・と私の子供も思っているのでしょうね
つれづれ
2009/05/27 12:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
40年ぶりの家族旅行 2・・ 焼き物祭りと御在所岳 09.5.9 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる