気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS あっちにごろごろ、こっちにごろごろ

<<   作成日時 : 2009/07/01 13:18   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

土曜日は朝5時から起きて動いていた。
この季節に、この空気を感じてこの時間なら、山歩きに行きたいなぁ・・と思うが、
毎年この時期は行きたくても行けない理由がある。
主人はこの時期、生家に行って、田んぼの畦の草刈をする必要があるから。

山の中の田んぼは横に並んでいるのでなく、田んぼの下に田んぼがある。
棚田は昔のことで、今はその一枚は大きくなったが、その代わりに上の田んぼと下の田んぼの
高さの差が大きくなった。

だから、畦と言っても、その段差のことで、この草刈をするのが大変。
急坂になっているし、その面積は田んぼの半分くらいある所もある。

画像


毎年のことだが、その仕事の方が稲作そのものより、ずっと大変なのに、山のどの家の人も
自分の所の分担部分はきれいにしてあり、ある種それが高原のきれいな景色になっている。

そのため、してないとそこだけが目立って、あれはどこの田んぼだ??ということになる。

そうしたことは我慢できない性格の主人は、今までそれを嫌な顔も、嘆くことも無くしてきた。
一巡草を刈ると、最初に刈った所が伸びるというように、お米の取り入れが済むまで、3巡は
この草かりをすることになる。
それを凡そ片道3時間ほどかかる場所に単身赴任していた去年もしていた。

そんな主人を見て、近所の人も「○○ちゃんは、遠くから通ってよくするなぁ」と感心しているし、
義父母が「仕事との両立は大変だから止めたらいい」とずっと言っていたにも関わらず、今もしている主人を、
私も、よくするなぁ・・といつも思う。

その仕事をするためには、涼しい朝早く行ってする方が楽なので、早く朝ごはんを食べて・・と思って
準備が出来たので、
「早く行くでしょ?」と言うと、
「行かなきゃという気持ちと、行きたくないなぁという気持ちと半々」と言う。
「だって、しんどいからなぁ・・」と。

義父から稲作を受け継いでもう10年以上になるが、こんな弱気な主人の言葉を聞いたのは
初めての気がする。
いつも、仕事でも私事でもビュンビュンと走ってきた・・という感の主人。
私は、その主人の後を引っ張られて走ってきたと感じていたが、その主人もそろそろ
走りっぱなしに疲れてきたのかもしれない。

でも、ひょっとしたらその実は、ずっとしなくていけない!!と自分に言い聞かせて、
好きでしているように見せかけてきたのかもしれないと、ふと思ったりした。

「手伝ってもらったら?」と季節に1.2度くらいは手伝ってくれる息子のことを言うと、
自分も義父から手伝って欲しいと言われたことが無かったからか、
「これ以上無理だと思ったら、手伝ってもらう」と言いつつ、朝食を済ませて出かけて行った。


その主人が田んぼだけでも大変なのに、今年単身赴任から戻ると、次女と一緒に畑作をする!!と宣言。
私と一緒に花屋さんに行くと、花を見る私に対して野菜の種や苗の前に居るほど野菜作りが気になっている
次女と話をしているうちに、その気になったらしく、一緒にマルチをかけて、苗を植え種を蒔いたりしていた。

ここは山の中でも高原で、寒暖の差が大きく、お米も野菜も美味しいものができると言われる所、
義父母が以前ナスの出荷をしていたほどの畑で、経験も無い2人が、あれもこれもと15種類ほどの
野菜作りが始まった。

画像



サツマイモ・里芋、いんげん・にんじん・ごぼう・ほうれん草・ししとう・ピーマン・なす・とうもろこし・
十六ささげ・カボチャ・スイカ・大根、パプリカetc


画像



その他、話しをしていると、どんどんと夢は広がり、大きくなるのに3年かかるが、植えっぱなしで
いいみたいだし、手作りのこんにゃくはやっぱり美味しいから試しに・・と、お米を作らなくなった田んぼに、
こんにゃく芋までも植えたりしている。

そんな週末菜園の2人を見て、近所の人たちは
「ちょっと△△ちゃん(娘のこと)農園を見に来た」と寄ってくれたり
「よぉ、大変なのにやりなさる」とか、
「お嫁に来てくれんかのぉ」とか・・
やはり若い娘がするのが珍しいからか、お褒めの言葉をかけていってくださる。

その取り入れを、毎週土曜に義母の様子を見に行って家の中のことをした後に、見てるだけ〜という訳にもいかず、私も手伝う羽目になる。

で、先週も行ってびっくりした。

毎週行っているのに、その成長の早いこと。
前週はとうもろこしは腰までの高さだったと言うのに、今週はもう穂が出て実のフサフサが出来ていた。

画像



もっと驚いたのが、スイカ。
10本苗を植えたとか・・

そのスイカ、まだ前日に、手入れはどうしたらいいのか、素人ばかりなので判らずネットで調べていた。
義父が作った頃は、大きくて甘〜いスイカがごろごろと出来て、よくもらってきたものだったが、
食べる専門だったので、今更ながら作り方のこつなど教えてもらっておけばよかったと思ったりもする。

大きく作るには摘果をした方がいいのでは?と言いつつ調べると、やっぱり・・
親つるから子蔓は3本位にして、孫蔓は切る・・
一番最初のスイカは摘果するみたいに書いてあった。

が・・我が家のスイカは・・親蔓も子蔓も孫蔓も判らない・・・ごちゃごちゃ・・
隣にカボチャも植えてあるので、争うように、二種類の蔓が延びて、畑を覆っている。

こりゃ、今年は美味しいスイカは食べられないなぁ・・と思って見ていると、
主人が「スイカが出来てる!!」と言う。

画像


見ると、ほんとに子供の頭ほどのスイカが見えるので、
「それって摘果しないといけないんじゃないの?」と言うと、
「そんな・・こんなに大きくなったら勿体無くて出来ない」と言う。

「ん!、ここにもある、ここにもある、ん!ここにも」と見ると、ホントに・・・

画像


あっちにごろごろ、こっちにごろごろ、見ただけでも、10個ほどあるのでびっくり。

こりゃ、もう今年はこのまま大きくするより仕方ないみたい・・
さてさて・・そんなに世の中もスイカ作りも甘くないと思うのですが、美味しいスイカになるでしょうか。

甘くないと言えば、この辺りの畑作はイノシシやサルが荒らすこともあって・・
トウモロコシなど、明日は採れるかも・・と思っていたら、サルに荒らされたということも度々と
ご近所さんから聞いていて、さてさて私たちの口に入るでしょうか?

それにしても、娘と私のこの違いは?
20代後半独身の彼女は、私の子供とは思えないほど花には全然興味が無い。
夏に私が出かけていても水遣りなど頼んであっても、忘れているほど。
が、不思議なことに野菜作りは好きで、こちらではお隣の息子の庭にトマトやアスパラなど
植えてみたりしているが、全くその出来具合が違うと私と一緒に出かけて行って、私が家事をしている間に
畑に行き、私の知らないやり方で肥料なども施して熱心に世話をしている。


私はというと、収穫は楽しいには楽しいが、取り入れた後の処理や、同じものがたくさん取れた時の処分を
考えると、贅沢とは思うが面倒に感じること度々。
若い娘がひとりでするのは可哀想に思えて、手伝うという感じ。

その点花は「きれいに咲いてくれた・・」で終わるからか・・根っからずぼらな私は、やっぱり花を育てる方が
好きだなぁと思いつつ、食べさせていただくのだから・・と手伝っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
写真の娘さんの畑を見て、PCの前で思わず「すごい」と声が出ました。
本当に、すごく立派な畑じゃないですか
野菜を育てることに興味がおありなんですね〜。
初挑戦でここまでとは、ご立派です
私は、育てることより食べること専門で、その点ではつれづれさん派です。
実家の両親の趣味の畑も手伝ったことがありません
サルやイノシシに荒らされず、たくさんお口に入るといいですね。

ご主人のお話、すごく胸がじんとしました
私の周りにそんな人は見かけないので、えらいな〜、素晴らしいな〜と、
いつも尊敬の気持ちで読ませていただいていましたが、
当然のことでしょうが、お疲れもあるんですね。
慣れた作業かもしれませんが、梅雨時の気候は不安定なので、
あまり無理をして体調を崩されませんように…。
remi
2009/07/01 14:01
御主人は生家にいらっしゃった頃は、農業を手伝っていらっしゃったのでしょう。
私も農家の親元から京都に出てきていますから・・・農作業をやってみたいと言う気分が湧き上がってきます。
読んでいて・・・猿や猪の被害を思えば、その先に記されており楽しく読ませていただきました。
Tatehiko
2009/07/01 17:39
ホント!ご立派なご主人さまで感心します。顧みて、自分は家の事を何にもしないなぁ、そろそろ何か家の助けになる事をしないといかんなぁと、この頃気になっていました。
そうだ!野菜作りをしてみよう、と最近思っていました。とりあえずプランター栽培からと考えて、その種の本を買って読みだしているところです。
そしたらなんと!お嬢さんの野菜作り、素晴らしいお穣さんだ。こりゃお嫁さんに欲しい人がたくさん現れそうですね。
山いろいろ
2009/07/01 20:40
remiさん、こんばんは〜
コメントをありがとうございます。
はい、立派過ぎる畑で、今までは何とかなってきましたが、これから草が茂るし、日差しは強くなるし、サルさんは出るかもしれないし・・どうなりますか。この畑は義父母が作っていた所ですから、充分に土が出来ているんでしょうね。何を作っても良くできます。
それに、害虫も少ないようで、こちらで作った時は葉物はほとんど口には入りませんでしたが、あちらの畑は少々の害で済んでいます。
主人は頑固な面もあり「する」と言ったらしますね。
それに、ご近所さんにも水を見てもらったりして助けていただいたりして、
私の実家の辺りでも見られない、頼まなくても助け合う温かい繋がりのある場所でもあります。
つれづれ
2009/07/01 22:18
tatehikoさん、こんばんは。
コメントをいつもありがとうございます。
いえいえ、主人は大事な息子で農業は手伝ったことは無かったそうですし、手伝えとも言われなかったそうです。
若い頃は農業は大嫌いでしたから、結婚してから家族で田植えと稲刈りだけは手伝うようになったほどです。
でも、義父の後姿を見ていたのでしょう・・同じ様にしています。
美味しいお米がとれることも、ここでお米を作ることに拘っている理由です。
味にうるさい息子も自作のお米が自慢なので、いつかそうなるのかなぁ・・と思ったりしますが、あちらで育ってないので、土地に対する愛着が違うかもしれませんね。
tatehikoさんからはよくふるさとのお話をお聞きしますが、やはり愛着をお持ちなのでしょうね・・
つれづれ
2009/07/01 22:29
山いろいろさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
いえいえ、見ていただいた通り、マルチが張ってありますから、草引きをする必要がないですし、耕すのも主人がトラクターでしています。
それに、義父母が作っていた頃に土作りは出来ていますからこそ、この野菜たちは大きく育ってくれているのだと思います。
あちらの家では、何をするにも義父母のお陰が大きいのですが、それが娘に判っているかどうか・・(笑い)
山いろいろさんが野菜作りですか!!びっくりしました。(笑い)
プランターと言わず、お近くに畑でも借りて是非作ってみてください。
自作の味は格別なようですよ。
私など娘や主人の作った野菜を褒めながら無駄なく食べることと気を遣っております。(笑い)
つれづれ
2009/07/01 22:43
本当に偉い、ご主人と、娘さんですね!!。

  野菜つくりに、 花つくり・・・

   私は 綺麗な花が咲いて、美味しい実のなるもの
      が好きです!!。   少し贅沢過ぎますかね・・・・
インレッド
2009/07/02 20:57
アハハ、面白い。いやいや失礼。記事を読みながらニヤニヤ笑ってしまいましたよ。まあご主人も律儀な方で、少しお疲れかも。この仕事は好きでないとやれませんからねえ。その点娘さんは大丈夫らしい。好きこそものの上手なれと言います。きっとそのうち素晴らしいガーディナーいやファーマーになるかも。いいですねえ、自然と共に生きるなんて。
ヒゲおやじ
2009/07/02 23:40
mちゃんの話はそれとなく風の便りで聞いています。
私が岐阜へ来て思ったこと、お百姓さんて想像以上に大変だなあ〜
仕事を理由にほとんど収穫にしか行かない私でも、出来た嫁だと近所から
誉めていただけるのだから若いmちゃんはもっと目立つはず…
y君にしても、親の背中を見て育っているのだなあとしみじみ感じるこの頃ですよ。
すいかが皆様の口に入りますように〜
ノラちゃんのボス
2009/07/03 12:39
インレッドさん、こんにちは。
偉いというわけではありませんが、生まれた場所や環境に拘って生きていくのも大変だなぁ・・とひとごとの様に思っている私は悪い妻ですよね。
昔なら、選ぶことも出来ないし、私の立場だったら一緒にしなければいけなかったことなのでしょうが・・
専業になったら農業も面白いし遣り甲斐もあるのでしょうが、兼業のうちはやはり大変です。
コメント、ありがとうございます。
つれづれ
2009/07/03 12:46
ヒゲおやじさん、こんにちは。
ヒゲおやじさんの畑と比べないでくださいね。(笑い)
娘などは野菜が出来れば良し!とばかりに、マルチ大賛成でした。
もし、してなかったら、一週間に一度しか行けないのですから、草に負けて、今ほどの収穫は出来ないでしょう。
問題はこれから・・収穫できるのが週末だけなので、ナスもピーマンも大きくなりすぎる懼れありますし、人間以外の生き物にも狙われるでしょうから・・
娘は大変な所は主人がしてますから、ある意味今は美味しい所取り状態です。ま、ケセラセラとみんなで楽しんですることにします(^^ゞ
つれづれ
2009/07/03 12:57
お見事ですね。
たくさん植えてありますね。素晴らしい畑です。
本当に律儀なご主人様ですね、そういうご両親の背中を見て育った娘さんですもの、楽しまれて菜園作れそうですね。
実家の母も今年は畑仕事を一生懸命しているようで、先日はジャガイモをたくさん送ってくれました。
やはりいいですね、私もそんな生活したいです。
らんじゅ
2009/07/03 19:29
ノラちゃんのボスさん、こんにちは〜
ご無沙汰してます。(^^ゞ
農業は大変ですよね。
草刈が一巡したと思っていたら、今朝も「明日も田の中の草が生えてきたから早く行くから」と言ってました。
そうそう、こんにゃく芋も植えたからね〜
収穫したら、作り方教えてね(^_-)
何のかんのと言いつつ、一緒に楽しまなきゃ損なので、注文つけてま〜す。
つれづれ
2009/07/03 21:55
らんじゅさん、こんばんは〜
ほんとに、話をしているうちに、どんどん夢は広がって、あれもこれもと作っています。
丁寧にするのはいいのですが、肥料も要りますし種や苗も次々と「あれもこれも買ってもいい?」なんて言って、一体この畑でいくらかかっているやら・・。(^_^;)
ま、花と違って、野菜は家計の足しにはなりますが(笑い)
ここには、ジャガイモもトマトもきゅうりも書いてないですが、義母が別の畑で作っているからです。今年の夏は野菜には困らないようです。
いえいえ、らんじゅさんには畑よりフランスが待ってますよ(^_-)
つれづれ
2009/07/03 22:11
ま〜〜ほんとすごいですねぇ〜〜
うれしくなってしまいました。それに娘さんが積極的にやっているとは、ほんとにお嫁さんにいただきたいと思うのも納得です。
畑作りは実際は大変な作業の連続ですものね。でもこうした環境は今沢山の方があこがれている理想ですね。
すいかもひいじいが作っている時は甘くおいしかったのを思い出します。
だんだんつれづれさんたちの時代になってきているようですね。
収穫したものを大事に粗末にしないで食べることもほんとに大変です。
ママンもひいじいが作っている時は大量の野菜を前にして、ぶうぶういったものでした(^_^;)
今は、少しの野菜も、自分達で作ったものの美味しさを大事にして食べたいと思っています。
御家族ともこうして頑張っていて、お義母さんもどんなに喜んでいられるでしょう。


真似事をしているママン達ですが。
山形ママン
2009/07/06 10:14
山形ママンさん、こんばんは。
大変な耕したりするのは主人がしてますから、好きな物を植えたり収穫したりできる娘は好きないいとこ取りです。(笑い)
私も退職してからならもう少し余裕があると思うのですが、今は楽しさも半分という感じです。
山形ママンさんでも、ぶうぶう言ってらしたと聞いて、とっても安心しました。充分に有難いとは思っていても、目の前のことにはつい面倒になって、わたしも主人に言ったものでした。
面白いもので、似ている者同士の義母と娘は野菜作りではライバルです。
娘は義母に自分の分担には手を出さないで・・って言ってますが、義母はその娘に負けずに、手を出しています(笑い)
つれづれ
2009/07/06 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
あっちにごろごろ、こっちにごろごろ 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる