気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 間に合った〜

<<   作成日時 : 2010/02/28 22:09   >>

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 18

今年の冬は寒くて寒くて、家でPCの前に座る時間がグンと少なくなっていた。

先日などは、珍しい事に3日間開いてなかったら、2百通を超えるメールが届いていた。

で、その替わりに何をしていたか・・と言うと、暖かいこたつに入って針仕事。

画像



もう十年ほど前になるか、丁度今頃の季節だったと思うが九州に旅行に行った時、柳川で
可愛くて華やかな「さげもん」
を見て、いつか作ってみたいと思っていた。

それから思いついた時に、ちりめんの布や本など買ってみたりしていたが、手をつける機会というか
きっかけがなかった。

それが今年長女のところのJちゃんが初節句を迎えると言うので、私達夫婦がお雛様を
贈るべく見て歩いていた時に、あちこちのお店で「さげもん」が、お雛様と一緒に飾られていると、
一層可愛くてその場が華やかになっているように思え、俄然作る気が沸いてきて
この機会に作ろう!!ときっかけが出来た。



それから図書館で本を数冊借りてきて、布を出してきて・・久しぶりの針仕事

画像


この時、ホントは三人の女の子の為に三セット作れるといいんだけど、とても時間が足りそうにない・・と、
とりあえず二セット作ることにして、それぞれのパーツを二つずつとり、作り始めたのが、1月の中旬だった。

画像



作る飾りには、ひとつひとつ思いが込められた意味があるとか・・
昔の人も今も子供を思う気持ちは変わらないのだろうが、その愛情の伝え方がなんと情緒の
あることかと思えてくる

画像


本によると、7×7で49個の飾りを作ると書かれているが、とても間に合いそうにないので
発砲スチロールの玉を半分に割ってちりめんを張ったり、木目込みの要領で作り数を増やすことにして・・

あまり多くの色を使うのは、品が無くなるように気がしたが、折角孫のを作るのだから、
バァバの着物の端布も使い文字通り色々な布で・・

画像


作っている時、この飾りは、きっと私より長生きのはず・・
誰の目に止まるかも判らないし、増して我が家だけなら良いが、他家に行くとなると丁寧に・・
と思ったりするが、元々器用でないし雑な性格・・粗が目につき作り直すこと度々。

画像


でも、そのうちには開き直ったりすると、慣れもあるのか、中々いいじゃんと自己満足したり、
かと言って、細かい仕事を続けていると体全体がつまった様に疲れて、もぉイヤダァ!と投げ出してみたり。

それでも、毎夜毎夜、雛まつりに間に合わせようと、ずっと針を持っていた。

最初のうちは、出来上がるかどうか自信が無かったのでお嫁さんや長女に内緒にしていたが、
そのうちにはこたつの上に広げているので見つかってしまい、止められなくなったのも、却って
幸いしたのかもしれない。

画像


又、途中でRちゃんが来て、飾りを見て、「可愛いね〜これなあに?」と言うので
「出来たらあげるからね」と言うと、「うん!」と言い、そこから動かなくなってしまったことも
「早く作ってあげたい」と励みにもなったし、パーツが増えてくると早く組み立てたいという
思いも強くなって・・

そして、昨日の夜、やっと出来上がった

天井から下げてみると、う〜ん中々いい
一度に部屋の中が明るくなって、なんだか暖かさまで感じる。
家族にも「なんだか、賑やかでいいね」「もうこのまま家に置いておいたら」と好評。

画像



そして、今日、この写真を撮る為に、やっとお雛様を出してきて・・飾った。
と言っても、我が家のお雛様は長女が嫁ぎ先に持っていってしまったので、色紙を下げて
その横に「さげもん」を下げて・・粗が判らないように写真を撮ってみた。
中々いいと自己満足

画像


そして、それぞれの家でしまっておく為の箱も探してきて、孫たちにメッセージも入れて・・
二つとも、それぞれのお雛様のもとへと旅立って行った

やれやれ、なんとかお雛祭りに間に合った〜
今年は3日間ほどになりそうだが、これから何年も・・私の存在が無くなっても飾ってくれるといいなぁ・・と
思ったりする。

だが、我が家・・
あんなに華やかだったのに、無くなるとなんだか淋しくなり、色紙も寒そう・・

我が家にも、ひとつ欲しくなってしまった

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
「さげもん」ですか?初めて聞きましたが、良い風習ですね。
立体的でカラフルで、逆に“今風”にも見えます。
確かに、部屋に飾っていると、いい感じです。これって手作りに意味があるんでしょうね。暖かさや思いが伝わりますから。
 この「さげもん」は、雛祭り用ですが、飛騨のさるぼぼも吊るして飾ってあるのをみたことがあります。あれも、縁起物ですよね?きっと。
やはり日本にはいい風習がありますね。
本読みと山歩き
2010/03/01 00:46
わ〜、すてきです。素晴らくかわいいですね。お疲れ様でした。皆さんに好評なのもよくわかる出来栄えです。さぞ心がたくさんこもったと思われお孫さんたちも大切になさってくれるでしょう。
もう一ガン張りして来年用にご自身にも作られるといいですね。
urara
2010/03/01 09:36
綺麗ですね。とても上手に出来てると思います。
何をされても手まめで真面目なご様子が分ります。
和の生地がなんとも素敵です。いつもながらにお見事です。
京都の松栄堂でしたっけ、お香の。以前行った時匂い玉がこんな風にたくさん飾ってありましたっけ。
らんじゅ
2010/03/01 21:19
本読みと山歩きさん、こんばんは。
「さげもん」は柳川でもありますが、伊豆や酒田でも同じように吊し雛としてあるようです。
どこでも、同じように子供の幸せを願ったのですね。
今調べたら、伊豆では嫁いだらどんど焼きで焼いてしまったので古いモノは残って居ないそうですし、柳川ではひな壇は父方が「さげもん」は母方の母や祖母や親戚が用意すると書かれてありました。
飛騨のさるぼぼも、「魔除け」の意味があるみたいで、こうして調べてみると、その時代とその家庭を見ているようで面白いですね。


つれづれ
2010/03/01 21:55
素敵すぎです!!
私も孫が出来たら作ってあげたいです〜。
伊豆の稲取につるし雛を見に行ったことがあります。
迫力ありましたけど、この色紙の両横のさげもんセンス抜群です。
欲しくなってしまいます(笑)
いつこ
2010/03/01 22:00
uraraさん、こんばんは。
今日は朝からこんなに褒めていただいて、とってもうきうきした気分で過ごせました。
気持ち玉もいっぱいいただけて、ありがとうございます。
もう一頑張り、はい、次女の分と孫の一人分が残ってますので、多分また頑張れるといいなと思ってます。
つれづれ
2010/03/01 22:10
らんじゅさん、こんばんは。
実はらんじゅさんの布張りの箱を見せていただいてたので、私もできないかなぁ・・縮緬であんな風にきれいな箱に入れて渡したかったのです。
作り方をネットで調べたりしたのですが、残念ながら時間切れ・・昨日渡さないと雛祭りに間に合わなかったので、残念でした。
なるほど 
高山の三町で買ったお香があったので、中に入れれば良かったですね。
今度、作る時は絶対そのアイデア・・いただきます。
つれづれ
2010/03/01 22:18
いつこさん、こんばんは。
そんなに褒めていただいて、ありがとうございます。
そんな風に言っていただけると、作った甲斐がありました
こうした物は見るだけでも、楽しくなりますよね。
それにしても、私は本があったから作れましたが、昔の人はこれを代々口づてで作ったのでしょうか・・脱帽ですね
つれづれ
2010/03/01 22:22
さげもん。これテレビで見ましたよ。それぞれの飾りに謂われがあって、食べ物に困らないようにとか、お金に困らないようにとか、子宝に恵まれますようになど、それを祈って一つひとつ作るのだそうですね。
いい贈り物ができましたね。素晴らしいです。
ヒゲおやじ
2010/03/01 22:26
ヒゲおやじさん、こんばんは。
はい、文中にリンクを張りましたが、鳩は幸せになる・・とか、ぞうりは早く歩けるように・・とか、うさぎは物静かだけど、元気に飛び跳ねるとか・・あるようです。
ただ、私も宝袋はお金に困らないように・・だと思って作りましたが、物の本によると、心豊かな子になるように・・だそうで、その方がいいかもと思ってみたりしました・・が、下世話な私はお金もあった方がいいなぁ・・と思ったりもして。
つれづれ
2010/03/01 22:32
ま〜なんて素敵なんでしょう〜〜
毎年作ってあげたいと思いながら、作れません。
とっても素敵です、それに沢山の数ですね。
こちら山形県の庄内地方でもつるし飾りがさかんです。
最近はお雛様の行事の中でも、一般の方にも見せてくださるそうです。
ほんとに喜ばれたことでしょう〜〜
ああ〜〜ママンも作りたいです。
お手元にもほしくなりますね。
山形ママン
2010/03/02 21:08
山形ママンさん、こんばんは〜
ありがとうございます。
ママンさんのように、いつも針を持ってらっしゃる方に褒めていただけると、雑な性格だけに嬉しいです。(^_^;)
ママンさんの様に、品良く纏められればと思いつつ作ってましたが、結局色々な色を使ってしまいました。でも、自己満足かもしれませんが、縮緬と言うのはそんなに配色を考えなくてもいい物が出来るみたいですね。(^^ゞ
そうでした!酒田はママンさんの山形県でしたね。
後で思ったのですが、これは誰々の為に作ると思わないと、ただ漠然とは作れないもののような気がします。個数が多いので、途中で挫折してしまうような・・ママンさんも、是非来年に向けていかがですか?(^_-)
つれづれ
2010/03/02 21:36
いやぁ〜!とってもステキです! 九州では「さげもん」、静岡では「吊るし」、山形では「傘」と言うらしいですね。先月、和布小物を教えてくれている友達と静岡の「吊るし雛」を見にバスツアー参加してきました。 ちょうど自分が和小物を教えてもらって作るようになってから3年目。ますます魅力にはまっています。 下の娘にもちゃんとした物を作ってあげたいと思ってます。 つれづれさんのお宅にもぜひ1つ作って飾ってくださいね。とってもステキですもの。 
mint
2010/03/03 12:14
mintさん、こんにちは。
褒めていただいて、ありがとうございます。m(__)m
私もmintさんのように趣味の習い事をするような余裕も持ちたいですが、まだまだその時間がとれません。
mintさんの作られた這い子のように、ちょっと手を加えるだけで、より可愛くなるものですね。
今回、私も同じものを二つ作りましたが、そうすると慣れで二つ目は案外上手になることが判りました。
三つ目は、もっと上手に作れるかもと思いますが、今年は3月3日という目標が無くなったので・・又来年出来たらいいなぁと思っています。
その時は、mintさんの這い子のように、ほっぺをピンクにしたいと思います(^^ゞ
つれづれ
2010/03/03 16:40
わ〜、すごく可愛いですね
つれづれさんが縫っていたものとは、これだったんですね…{%ネコwebry%
おばあちゃまの思いのこもったステキな贈り物ですね。お孫さんはもちろん、娘さんやお嫁さんも喜ばれたことでしょうね
伊豆の吊るし雛を見物に行きたいと思っているのですが、今年はずっと悪天候で出かけないまま、雛祭りを過ぎてしまいました。たくさんの吊るし雛が下がっている様子は、圧巻ですよね。柳川のさげもんも、きっと素晴らしかったでしょうね。
それにしても、つれづれさんは本当に優しいおばあちゃまですね!これだけ作るのは大変だったでしょう?お疲れ様でした。
remi
2010/03/04 10:08
remiさん、こんばんは。
はい、remiさんに針仕事をしてますと書き込みをしたので、完成させなきゃ記事に出来ない!と頑張りました。(笑い)
孫のRちゃんもですが、まだ1歳になったばかりのAちゃんやまだ一歳にならないJちゃんも、このさげもんを見て喜ぶんですよ。
そんなに小さくても、華やかさを感じるのでしょうか。
そして、手で触って揺れるのが面白いようです。
さてさて、ちぎれてしまわないうちに大きくなってくれればいいのですが。(^_^;)
柳川は両親と妹とで行ったのですが、丁度この季節だったからか、それとも通年飾ってあるのか、驚きましたし、いい思い出になりました。
そうしたセンス・・昔の人は、何でも手で作ってすごいですね
つれづれ
2010/03/04 18:05
こんばんは〜〜〜〜
すご〜〜〜〜〜〜い!!とっても素敵ですねぇ〜〜〜
私は先日、藤原(あ、三重県の藤原岳の藤原です)につるし雛を見に行って来たところですが、とても作る気にはなりませんでした。でもつれづれさんのを見たら欲しい!作って〜〜〜(笑)藤原のそこは、普通の民家をギャラリーにしているところですが、うちの生徒さんのお姉さんが製作者のお一人で沢山のつるし雛が飾られていました。伊豆へ行った時も沢山見ましたが、どれも丁寧に作られていて感心します。不思議な形も色々ないわれを知ると納得ですね。こちらで面白かったのは枕カバーまでついた枕。「寝る子は育つ」ということだそうで(笑)金魚はキンメダイになっていました(笑)あと大根もあって、何?と思いましたが、これは毒消しだそうです。
華やかで楽しい飾り、とても素敵ですぅ〜羨ましいぃ〜〜〜
patyoko
2010/03/04 22:13
patyokoさん、こんにちは〜
ありがとうございます
いつも針を使ってみえるpatyokoさんだから、もう作られているかな?と思ってましたが、まだでしたか。
藤原だったら近い!!と今ネットで調べたら、普通のお宅で、有料でお茶をしながら見せていただける所のようですね。
写真が撮れないとかで、玄関先の写真だけ見ましたが、すごいですね〜
圧巻も圧巻・・私のなんてあそこにあったら、目にも留まらないですね。

そうなんですよ・・今も昔も子供が大切で、願うことは同じなんですね。ねずみなどは子沢山になるようにという意味だそうですが、あまり沢山でも大変なので、作りませんでした。(笑い)
犬もありましたが、これは時間がかかりそうなので止めたし、富士山は簡単すぎて作りませんでした。(笑い)
それに、這い人形などは、もう這い這いはしてるけど、ま、いいか!・・と思いながら作りました。(笑い)
今度作る時は、時間をかけて、もっと多くのものを作りたいと思います。
patyokoさんの作られたのも、見てみたいですね・・
この際、考案はpatyokoさんがして、生徒さんにひとつずつ作って寄付してもらうっていかがですか?・・早くできますよ〜
つれづれ
2010/03/05 16:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
間に合った〜 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる