気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 多治見の陶器市と人形 春編・・10.4.11

<<   作成日時 : 2010/04/17 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

この所、仕事が忙しかった夫、スキーの季節も中途半端に終わってしまい、ストレスが溜まっている様子。

どこかにゆっくりと出かけたいなぁと言っていたが、暖かくなって畑や田んぼの仕事もそろそろ視野に入ってきて、泊まりは無理だから、新聞で偶々見つけた「多治見の陶器市」に行ってみよう!と言う。

多治見の陶器市は今まで何度も行っているが、春の陶器市は街中で行われているとネットで確認

10時に家を出発し、東海北陸道の関インターから東海環状自動車道の土岐南多治見インターで降りて、シャトルバス乗り場に着いたのが11時頃。

比較的まだ空いている駐車場から無料バスに乗って10分ほどで、陶器市の会場近くの市役所前に着いた。

が、何度も多治見の陶器市は行っているはずなのに、この町は見覚えがない・・

画像


以前書いたことのある、秋の陶器市は、陶器会社の団地で行われていて蔵出しという感じだったが、今回は会場が市街の為、屋台がほとんど。

画像


買って帰っても、今ある食器を片つけないと食器棚に入らないこともあり、廻り終えてみれば、結局私が買ったのは、今年1歳になったAちゃんとJちゃんのご飯茶碗だけだった。

ただ、この多治見の市街に古い佇まいの家が多くあることを初めて知った。
レトロな感じの立派な建物があると思ったら、パン屋さんであったり
その中でも、多分その昔は町屋だった家一軒を生かした、「織部」という陶器のメーカーの「うつわ邸」というお店があったので入ってみた。

画像  画像




その中で気になったのがこれ・・

画像



二階のギャラリーに展示されていたお人形で、作者の方がいらして、折角撮影の許可をいただいたのに、ボケてしまったが、この一番左の人形が可愛くて、こんなに可愛い人形が作れるのならと、私も作りたくなって、ついいろいろお聞きしていた。

この日はイベントのひとつとして販売もされていたようで、前日に結構売れてしまったとか。
私が、「こんなに可愛く作れたら手放すのはイヤになるのでは?」とお聞きすると、
「いいえ、私は作りたいばかりなんですよ」とおっしゃってた。
同じ人が作られると同じ顔になるのかと思ったが、人形を見せていただくと、全然印象が違ってるのも不思議だった。

教室を開いてらっしゃるようで、近くなら教えていただきたいが、多治見ではそれが出来ず残念。
帰ってから写真を見ても可愛くて、今、ちょっと気になっていて、何か習う方法は・・と思ったりしている。

陶器市を見終わって駐車場に戻ったのが3時頃。
この後、夫が「この近くに国の指定文化財がある永保寺があるから見ていこう」と言うのでお付き合い。

連れて行かれたのは、虎渓山という山の中にあるお寺
車を山の上(と言っても低くて公園のようなところ)に置いて、10分ほど木立の中を降りていくと、そのお寺があった。

画像


画像


陶器市で随分歩いて疲れていたので、ザッと見学してきたが、日本国中、どこにも立派なお寺があるものです





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様。
多治見の陶器市は有名ですけど、こういうのもあるのですね。
確かにこのお人形は可愛らしいです。是非何とか挑戦してみてほしいですね。
ヒゲおやじ
2010/04/17 23:42
虎渓山!行ったことがあります。
義父がお世話になっているお寺の住職が、この寺で修行したそうです。
こんな山の中に、こんな立派なお寺があるとは思いませんでしたが。
 多治見の陶器市はなつかしいです。そういえば私も春は行った記憶はありません。隣町ですから、帰国したら行ってみることにいたします。
本読みと山歩き
2010/04/19 05:10
ヒゲおやじさん、こんばんは。
コメントをいただきながらお返事が遅くなりましたm(__)m
今回私は陶器市より、多治見の町並みの方が気になりました。
後から会場の人に、陶器の出店自体は不況で減っているが、古い町並みで町おこしをしているとも聞きました。
人形はなんとも言えず可愛くて欲しかったですが、35000円ほどしてましたから、手が出ませんでした。だから、自分で作りたい!と思ったのですが、ネットで探しても個人でされているからか見つかりませんね〜
残念です。
つれづれ
2010/04/19 21:41
本読みと山歩きさん、こんばんは。
そうですか!・・あのお寺はあの山道を下っていかないと行けないのか??
いきなり立派な庭とお寺が現れたので、びっくりしました。
古い町並みほどと言えるかどうか判りませんが、レトロな銀行の建物におしゃれなパン屋さんが作られていたり、上の織部のお店なんかも展示の仕方が珍しいと思いました。
機会がありましたら見に行って見てください。
つれづれ
2010/04/19 21:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
多治見の陶器市と人形 春編・・10.4.11 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる