気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 2日目は金沢から白川村へ・・10.4.19

<<   作成日時 : 2010/04/30 21:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

何の計画も無く、思いつきで飛び出てきたこの旅行。
行き先は決まっているはずもなく、2日目はどこに行く?と話をするが、父や母は特に希望はなし。

そこで、折角ここまで来たのだから、金沢に寄って、その後に妹が行ったことの無いという白川村に寄って
東海北陸道で帰ろうか・・ということになった。

画像


そして、その2日目、私は近くにあるという九谷焼の資料館も行きたいと思ったが、はたと気づくとこの日は月曜・・
金沢の21世紀美術館も面白い美術館として日経に紹介されていたこもあり、行ってみたい所だったが、
美術館関係はお休みなことに気づいて諦め、妹が行きたいと言う、金沢の「近江町市場」へ行くことになった。

朝食の時に、仲居さんに「今日はどこに行かれる予定ですか?」と聞かれそう言うと、料理長の紹介状となる
名刺を準備してくれた。
ちょっと話をしただけで・・箸のことといい、ホントに、旅館業というのは微に入り細に入りのサービス業だと
感心してしまう。

宿から20分ほどで到着・・
その紹介された店に行くと、粋のいいお兄さんがたくさん居るし、新鮮な魚がたくさんあり活気があること・・。

画像


そこで、足が一本取れた、所謂傷物だけどまだ生きているカニをその「紋所」の名刺を見せて交渉。
6パイを12000円で購入。
それを茹で方によって味が変わるからと、早速茹でてくれると言う。
その間1時間ほど・・

他にも新鮮で安い魚を見ては買っていたが、到底1時間は待てないし、父も歩き回るのはしんどそうなので
車で近くを観光することにした。

車に乗って近くの兼六園に・・

画像


桜が咲いている今の季節しか見られない兼六園もいいかも・・と思ったが、父は何度も来ているせいか、
車を降りて歩き回るのはイヤだと言う。
それならと、車窓から桜を眺めて、付近を車で流し、和菓子屋さんを見つけてお土産を買ったりしているうちに
時間、カニや魚を受け取り・・白川村に向かった。

この時に教えてもらったこと。
カニは温かいうちは冷蔵庫に入れず、自然に冷ますこと。
冷めてからなら、冷蔵庫に入れて4−5日は大丈夫ですと言われた。
だから、カニにふたが出来ず、車の中はしばらくカニの臭いで一杯だった


白川村は、まだ去年の秋、私と両親は展望台から見たばかり・・
それ以前にも、数回世界遺産になる前から村の中も見て歩いたことがあるが、やはり世界遺産になってからの
白川村は、有名すぎる観光地になったという感が強くて、魅力が薄れてきたような気がしている。
が、意外にも妹はまだ見たことがないと言うので、それでは・・と。


その道中・・広々した丘の上にある金沢大学のキャンパスの間を通り抜ける県道?27号で
福光インターを目指していた時、福光の街で信号待ちをしていて、美味しそうな店構えのお蕎麦屋さんを発見。

入ってみると、古民家を改造したような造り、奥には土蔵もあるお店でランチが980円
ざる蕎麦とてんぷら、いなりずし1個に小鉢・・本物のわさびが付いてました。

画像


それに、スペシャルランチが1380円だった記憶・・

画像


写真は携帯なので、美味しそうに撮れてませんが、サラダ式の蕎麦で、上に大きな有頭海老のてんぷらや
鴨肉、野菜が載っていて、汁をかけて食べる・・
私はお腹いっぱいで食べられなかったが、いなりずしもついて、蕎麦が好きとは言えない私にも
それは美味しく、妹と今回の旅行は食べ物は当り!だね・・と話をした。

その後白川村に・・

画像


やはり、ここでもあまり歩きたがらない父だったが、唯一見た合掌造りの建物が、明善寺。

画像


日本の観光地にアジア系の外国人が増えているのは、スキー場でも感じたことがあったが、ここでも多いこと。
聞こえてくる声が大きいせいか、日本人より多いのでは?と思うほどだった。

桜はちょっと早くて、うっすらとピンクに染まっている程度。
ただ、暖かい日差しに鯉のぼりも手伝って充分に春を感じてきた。

画像


その後はもう帰るだけ・・
この日は月曜なので高速のETC割引が1000円にならない。

そこで、高鷲インターまで国道156号を走って、その後東海北陸道に乗り、100キロ以内半額になる
通勤割引の効く午後5時に関インターを出るべく時間調整をして、帰ってきた。

昔は頑固者だった父が、最近はお付き合いをすると、「ありがとうな」と言うようになった。
この日も、「こんな幸せもんはおらん・・ありがと・ありがと」と言っていた。

それにしても、この年齢になって両親とこんな風に誰に遠慮すること無く、それも思いついて
出かけることが出来るのは、「気をつけて」と二人の夫が快く出してくれるから・・

感謝してます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
つれづれさんの親孝行ぶりを見るにつけ、なにもしていない自分を反省するばかり。
 さておき、金沢も白川村もなつかしいです。美術館は同じく月曜日にいってしまい、庭をちょっとだけ歩きました。近江町市場も友達がいる(いた)ので、何度か行きました。兼六園は立派ですが、大きすぎて、レイアウトも私好みではありませんが、金沢大学の門(入口?)は雰囲気があってすきです。
「なんの計画もなく、思いつきで。。。」これぞ、旅のだいご味。家族か一人でしかできませんが、大好きです。
本読みと山歩き
2010/05/01 14:04
つれづれさん、こんにちは♪
確かに、夫様に感謝ですね。でも普段夫様のお母さんに優しくしているから快く出してくれるんですよね〜私は若い頃夫の母私の母と区別がはっきりでしたけど、二人が同じ年のせいか同じように老いてくると皆同じなんだなあ〜と自分の未来を見せられているみたいで何とも言えない気持ちになってきます。と思ったら、やっぱ血の繋がりよーと思ったり〜。反動もすごいです。
何言ってるのかわかんないけど、実母でも義母でも「ありがとう」と言われると、けっこう幸せを感じてしまいます。
本当に良い旅でしたね!!
いつこ
2010/05/01 18:22
本読みと山歩きさん、こんばんは。
いえいえ、親が若くて自分で動けるうちはいいのですが、もう子供と一緒でないと旅行も行けなくなったから、自然にそうなってきました。
それに、私達兄妹が両親と一緒に旅行をする時、全部ではないですが両親が負担してくれる分が大きいのです。この年齢になって、それに誘っておいて・・と一応遠慮はするのですが、母がそれを許しません。いつまでも子供は不憫と思うようなので、それで皆が楽しいならそれでいいと思うようになりました。
そうなんです・・車の中から金沢城の辺りや兼六園の裏辺りにも神社があって、歩いてみたい雰囲気の場所でした。
それに、今の金沢大学のキャンパスの前も通りましたが素敵な環境でした。
折りしも、今日本はGWです・・思いついて旅行、出来たらいいんですけど。(笑い)
.つれづれ
2010/05/01 22:25
いつこさん、こんばんは。
どうでしょう・・義母の所には毎週行ってますが、あまり出かけるのが好きではない義母なので親孝行をしているとは言えるかどうか・・。
それに比べると自分の親の所は行きやすくて、出かけることも多いです。
ただ、夫も自分の親なんだから、今のうちに出来るだけのことをするのは当然と思ってくれるので感謝してます。
はい、母はまだそれほど感じませんが、義母を見ていると、自分の行く末を見ている気になることがあります。
それにお嫁さんに私が感じることを義母は同じ様に感じていたんだろうなと思うこともよくあります。いずれ行く道といいますが、その通りですね
つれづれ
2010/05/01 23:02
更新楽しみにしていました。やはり同じような頃に、同じような所に出かけたことは、ひとさまの話でも親しみを持って拝見できます。
両親からの手紙で、やはり最近は観光で動き回るのはしんどくなってきたということらしく、今回が最後だと思っていると、少し寂しい気持ちになりましたが、つれづれさんのように車で移動できれば、まだ大丈夫かな?とか思うこともあり、色々な面で発見できた旅でした。人間興味がなくなると一気に老け込む気がします。親と楽しむ時間というものを大切にしていきたいですね。
また、時々伺いますね。ご縁に感謝しています。
さつき緑
2010/05/02 20:44
さつき緑さん、こんばんは。
はい、私もまだ少しですが同じ親との道中記を、場所も判っているだけに目に浮かぶようで身近に感じて読ませていただきました。
さつき緑さんのご両親はまだ若くてらっしゃって一緒に旅行をされても楽しいばかりでしょうがいますが、私の父の様にん?と思うような言動が始まると、その老いを殊更感じて、今のうちに・・と思うようになりました。
ホントは私若い頃、父とは合わなくて、早く父から逃れたいと結婚をした位でしたのに、その父に今自分がしていることが不思議な気がしますが、それが実の親子なんでしょうか。(笑い)
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m
つれづれ
2010/05/03 00:27
そうですね、確かに夫に感謝です。そしてそれもつれづれさんがご主人様の親御さんにやさしく接してくれてるからなんですね。それは簡単に想像がつきます。
帰ったらまたいつものやさしさで接してあげてくださいね。

それにしても金沢から白川郷からと日本横断ですね。素晴らしいところに住んでらっしゃるんですね。

私の両親も今年は結婚60周年、ダイアモンド婚式をしようと言っていたところでした。ダイアモンド婚式を迎えられる夫婦は中々いないようですね。がんばれつれづれさんのご両親!!!
らんじゅ
2010/05/03 19:46
らんじゅさん、こちらにもありがとうございます。
日本の真ん中に住んでいますから、どこに行くにも便利ですね。
でも、白川村や金沢へ行くより、東京の方が時間的には近いのですが、それが中々・・行きたい所はたくさんあるのですけど・・。
ご両親・・残念でしたね・・
ありがとうございます。
父は、体調に関して私達には想像できない不安があるようで、とても慎重というか臆病になっていますが、それを少しでも助けていくのが子供の努めなのかもしれないですね。
つれづれ
2010/05/05 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
2日目は金沢から白川村へ・・10.4.19 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる