気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 今読見終えたのは・・「氷結の森」熊谷達也著

<<   作成日時 : 2010/06/09 08:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

図書館大好きな私が金曜日に借りてきた本は・・この三冊

画像


本が手元に無いと淋しくて、借りてはくるのですが、中々読む時間が取れないこの頃でした。

が、ホントに読みたい本が見つかると、時間はできるものですね・・
この真ん中の「氷結の森」熊谷達也著は、読み始めたら先が読みたくて読みたくて、
でも、読み終わってしまうのが残念に思えて、読み終えたらしばらくその余韻に浸ることの出来た
久しぶりの本でした。

もう何年も前に読んだ、同じ著者の、「邂逅の森」にはちょっと及ばない気がしますが、
自然も人も、その描写の素晴らしさ・・
見たことの無い北の国の景色や人物が、目に浮かぶように活き活きと描かれ、惹き付けられて読んでました。

どうも、昔から好きな著者が見つかると、その人の本を読み続ける傾向がある私ですが、
もう一冊・・左の「七夕しぐれ」も熊谷達也さんの本です。
でも、この本は先の二冊とは全然傾向が違うのは挿絵からも想像できる・・でも、楽しみ〜

三冊目は「栗原はるみ 私の好きなエプロンと小物」・・

ほんとは、去年買った可愛いダブルガーゼ生地で、夏服ならおちびちゃん達に作ってあげられると、
その本を借りに行ったのですが、残念ながら気にいるものが無かったので、見て楽しい本を借りてきましたが、
ひょっとしたら、おちびちゃんの夏服がエプロンに変わってしまうかも。

う〜ん、したいことはいっぱいあっても、今度の土日はお隣のおちびちゃん達のお相手をすることに
なっているし・・・平日より休日の方が忙しくて、中々したいことができないジレンマ。

でも、したいことも、しなくちゃいけないことも、いっぱい有り過ぎますが、あるだけ幸せ・・
今はそんな風に思う時期なのかもしれません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます♪
つれづれさん、充実してますね〜〜
熊谷達也、私は一度も読んだことありません。今度読んでみますね。新しい作家さんとの出会いにワクワクします。
「長尾玲子」さんの個展に行ってきました。彼女は刺繍作家と言うジャンルの方だそうです。個展では、物語を刺繍にして展示してありその細かさにびっくりですが色使いがとってもホンワカで素敵でした。近かったら見てもらいたいと思いました(笑)
ニオイバンマツリ、色が変わっていき楽しめますね〜。
いつこ
2010/06/09 09:51
私も読んだことないです。実はこのところ小説から遠ざかってるんですが今度読んでみます。
確かに忙しい時のほうがいろいろできるってことありますね。
暇があると却って無駄に時間が過ぎたりします。
そうそう、つれづれさんはお幸せですよ。あやかりたいです。
らんじゅ
2010/06/09 20:20
いつこさん、こんばんは〜
いくら人気がある本でも、読んでみると全然興味が沸かなかったりしますよね。
だから、自分に合った作家を見つけると嬉しくて♪〜
いつこさんの趣味に合うか判りませんが、もし、読まれるなら、「邂逅の森」も是非どうぞ。
長尾玲子さんを調べてみました。
なるほど・・童話作家で童話を刺繍で・・ということですね。
表紙だけかと思いましたが、中も刺繍がされているのですか!
あのシンプルな刺繍なら童話にぴったりですね。
もし機会があれば、孫の為にも見てみたいです。(^_-)
つれづれ
2010/06/09 22:33
らんじゅさん、こんばんは。
昔なら、寝る前にお布団の中ででも読めたのですが、もうダメですね・・
遠近両用が無いと、読めないし、頭をもたげているだけで疲れてしまいます
この本のレビューなど読んでみると、男性ばかり書かれているので、男性向きの本なのかもしれません。でも、皆さんやはり「邂逅の森」が一番良いと書かれているので、是非・・私もお薦めです。
え〜らんじゅさんのように優雅な生活に、私もあやかりたいんですけど。(笑い)
つれづれ
2010/06/09 22:45
「邂逅の森」を読んだ時、
「氷結の森」も読んでみたかったのですが、いまだに読んでいません。
読みたい本が本棚で順番待ちしている状態は、うらやましいです。
こっちでは、本は高いし図書館はないし、なかなかそれが出来ないので。
「栗原はるみxxx」は読まないと思います(きっと)が、「七夕しぐれ」はぜひ、読後の感想をおしえてください。
本読みと山歩き
2010/06/10 00:33
本読みと山歩きさん、こんにちは。
はい、この記事をアップする前に、確か本読みさんも書かれていたはずと、もう一度読ませていただきました。
が、私にはあんなに何が良かったのかと適切に本を紹介できません。
ただ、本のレビューを読むと、邂逅の森からの三部作の最後と書かれてますが、それを知らずに別物として読んだから良かったみたいです。
マタギや東北のことはほとんど関係ないですから。
ただ、書かれている文章で景色が浮かんでくるような、主人公が出来すぎた男性なのも良かったです(笑い)
ベルギーの図書館で外国語の本を借りる方法もありますけど・・(^_-)
七夕しぐれはまだ触りを読んだだけで、読みたいのですが、こうしてブログにも花にも手を出していて、したいことだらけで困ってます。
つれづれ
2010/06/10 12:55
>ホントに読みたい本が見つかると、時間はできるものですね・・

これは真理ですね(笑)。
またもう一つの真理もあります。がくさい時代、試験の前になると、なぜか猛烈に本が読みたくなる・・・これは真理というより心理でしょうか(笑)。
読みたい本がいつも身近に平積みになっている状態が一番安心します。
新しい本の最初のページを開くときの幸福感、活字中毒もかなり重症なaostaです。
aosta
2010/06/27 05:01
aostaさん、こんばんは。
試験前どころか、その昔は読みたくて読みたくて、授業中もガマンできず読んでしまったことを思い出したつれづれです。

この時に借りた「七夕しぐれ」は、やはりちょっと熊谷達也氏の本としては変わっていて、引き続き借りて読んでいますが中々進みません。
だけど、妙な魅力もあって、途中で止めようとは思えず、他の本も読めなくなっています。

それでも、私の場合昔は面白いと感じる本がたくさんあったのに、この年代になってくると、ベストセラーが面白いかと言うと、そうでも無い場合が多くて気にいった本を探すのが結構大変になってきています。
何かお薦めの本、ありましたらお教えいただければと思います

それにしても、aostaさん、このコメントの時間!
この時間にもう起きてらっしゃるのですか!!
つれづれ
2010/06/27 21:33
はい!
起きてます(笑)。
aosta
2010/06/28 04:43
aostaさん、こんばんは。
ゲゲッ!なんと、4時台ではないですか!
山歩きをする時には何でもない時間ですが、日常ではもう一眠りしようとする時間です。
でも、八ヶ岳山麓にお住まいなら、これからは暑い日中より、早朝は空気も冷たくて庭仕事にはぴったりかもしれませんね。
あ〜ぁ、益々行きたくなります。
つれづれ
2010/06/28 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
今読見終えたのは・・「氷結の森」熊谷達也著 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる