気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS リタイア・・

<<   作成日時 : 2010/07/14 21:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

と言っても、仕事のことではなくて、山歩きをリタイアする時期が来たみたい・・という話。

最近、なんだかネガティブな記事ばかり書いてますが、3年前の腰痛の記事が今回役立ったので、
今回も備忘録として書き留めておくことにしました



6月に「テニス肘」で整形外科にかかった話は書いたが、その後、今度は腰が痛くなった。
健康だけが取り得の私だったのに、このところの体調不良、ほんとにイヤになってしまう〜

6月19日土曜にタマネギの収穫を少ししたが、それほど大したことでもなかったのに、何が悪かったのか
20日の日曜は体がしんどくて起きられず、1日横になって過ごした。

そして、21日月曜、義母の抜糸の日・・
しんどいのは治っていたが、起きた時に、ん?と動けないわけではないけど、腰が痛くなっていることに気づいた。

今までだったら、腰痛というのは寝たら治るものだったのに、寝ていたら痛くなったことが気になった
それから、1週間・・嫌な痛みがあるので、この際だからと「テニス肘」のH整形外科にもう一度行ったら
そこで、先生に叱られた。

2007年12月の記事にも書いたが、私は変形性股関節症と診断され、運動は股関節に無理がかからないことをすること・・と言われていた。

で、今回も「何かしなかったかね?」と聞かれて
「強いて言えば畑を少し触りました」と答えたのですが、
話の中で、「ホントにこれは股関節炎の痛みでしょうか?」と聞いたことが先生のご機嫌を損じたような気がする。

畑仕事なんぞしてはいけません!
前にも言ったでしょう
このままの状態を少しでも長く続けたいと思うなら、無理をしてはいけません!
いいですよ・・中には好きなことをして、ダメになったら手術をするつもりの人も居ますから・・
その人の考え方次第ですから、そうしますか?」


その後レントゲンを撮って・・「以前より悪くはなってないですね・・こうすると痛いですか?」と足を曲げられたりしたが「痛くありません」
「そうですか・・痛く無いですか・・じゃ、あまり悪くなってないようだし、このまま無理をしないでください」で終わり。

腰が痛いから直して欲しくて行ったのに、叱られて尚且つ痛みが取れないままで、なんとも腑に落ちず・・


でも、その後も痛みが取れないまま、3日土曜は夫の生家へRちゃんAちゃんも連れて行って家事諸々をして・・
そして、4日日曜は娘に頼まれて、GくんとJちゃんのお相手

それに、この日は20年使ったエアコンを買い替えたのはいいが、日常の掃除が行き届いてないので
取り付け後はもちろんだが、業者に入ってもらう前の掃除も大変で、知らず知らず無理をしたようだった。

と、その翌日5日月曜の朝・・痛くて起きれなくなった。
こんな痛みは初めてで、前日にいけないとは思いつつ、Jちゃんが寝ないのでおぶったりしたのが良くなかったのだと想像できた

痛くて、とても出社できそうもないので休むことにして、どこかで診てもらわなくちゃ!

が、あのH医院には行っても同じことになりそうで、2008年にMRIも撮ってもらったN総合病院に行ってきた。

以前担当だった先生は見当たらず、別の若い先生が担当

痛みの話をすると、「それは股関節炎の痛みではないかもしれないですね」と先生

結果、レントゲンをもう一度撮ったが、2年前のMRIの画像を見て
「あぁ、もうこの時に椎間板ヘルニアの兆候が出てますね・・ここです」
と椎間板が神経を押している所を示された。

「股関節炎ではないですか?」と聞くと、
「これで痛いですか?」と、H医師と同じように足を曲げられたが痛くない
「2年前の写真と比べても悪くなってないですし・・曲げても痛くないなら、股関節は大丈夫、椎間板の痛みですね・・これは」と先生

2年前からもう私は椎間板ヘルニアになっていたようです。

診断の結果、「無理な姿勢はしないように・・重いものを持ったり、特に中腰はいけません。」
と、注意され、コルセットと痛み止めの錠剤と湿布薬・・以上で終わり

積極的な治療法は無いようで、これからの私の人生・・この痛みともお付き合いをすることになりそうです。

となると、果たして3年前の「先天性股関節炎」の診断が正しかったのか?

3年前、H医師に参考になれば・・と診察前に生まれつき股関節脱臼を両親が治してくれたという話をした。
だからその先入観から、椎間板を見る前に、「先天性股関節炎」という診断をされたのかも・・。
そして、今回も、この時のカルテの記録を見て、他の病気を疑わず決められたような・・・?

それに、N病院の2年前の医師は同じMRI画像を見て「椎間板ヘルニア」とは診断しなかった。
確か、椎間板の間もちゃんとありますし・・と言われた。

どちらにしても、腰痛があるのは事実で、それを鎮痛剤などで誤魔化しはできても、治す方法はないようです。


友達に言われました・・・「これからも長〜く使わなくちゃいけないんだから、山は諦めるべきだと思うよ」と。

私も今の状態では行けっこないことは判るけど、この季節のこの空気に触れても山に行けないなんて・・

画像


まだまだ行きたい山はあったのに・・

画像


去年10月・・南八ヶ岳に登ったのが最後になるのかなぁ・・・・・・・

画像


がっくりです・・


という事で、いつもの年なら、せっせと夏休みの為に体力作りをしている時期なのですが、今年はそれもできず・・
夏休みの計画も立たず・・・・もう山はリタイアする時なのかも・・とがっくりしています。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん、如何にも残念。
要するに椎間板ヘルニアということですね。でもこれ安静にすると絶対に良くないですよ。ほとんどの場合、腹筋と背筋のヘタりが原因ですから。
勿論痛いときは絶対に安静です。でも痛くないときは、無理しない程度に腹筋と背筋を鍛えるのがいいですよ。要するに筋肉で絞めるという感覚です。
重いものを持ったり、立ち上がるときの姿勢は気をつけないといけません。
腰でなくて膝で持ち上げる感覚です。軽いうちにケアすると、それほど心配は要りませんよ。山も絶対無理ではなくて、思いザックが避けられるような山なら問題ないと思います。
ヒゲおやじ
2010/07/14 23:10
ううん〜〜!
お話読んで、なんだか自分の事の様です、私は冬に腰を痛め、それからだいぶ良くなりましたが今でも少し痛みを引きずっています。
軽い腰痛体操とストレッチをしたらだいぶ良くなりました。
私もそろそろ山は引け時と思い、心の準備をしています。
soreiyu
2010/07/15 09:46
ヒゲおやじさん、こんにちは。
判り易いアドバイスをありがとうございますm(__)m
そうした指導が医師から欲しかったのですが、両方の医師ともに治すとかこれ以上悪くならない予防法などは、あまり教えていただけなかった気がします。
治るなら水中歩行だってするし、腹筋だって背筋だって強くする運動します。
ただ、私は腹筋はちょっと自信があって、軽く50回は出来るのですが、それに比べて背筋の運動をしてなかったので、それが良くなかったのかなぁ・・と思ったりします。
はい、考えてみたら2年前になっていたのなら、その間痛くなかった時もあったので、この痛みがいつもあるわけではないでしょうし・・上手に付き合うことも必要のようですね。
つれづれ
2010/07/15 12:57
soreiyuさん、こんにちは。
昨日お邪魔してコメント入れようとしたのですが、私のPCの入力が不調で出来ませんでした。安曇野の白い庭・・ちょっと読んでみたい気がします。
あんなに元気にたくさんの山の登ってらっしゃるのに、soreiyuさんもですか・・
ネットで調べると、いろいろ治し方など出てきますが、果たして本当なのか・・
ゴムバンドなんてのもありましたが、してみて余計に悪くなったら困るし・・
サプリメントなんかもどうなんでしょうね・・
って、なんだか最近は友達と会っても、介護とか体調の話になってイヤですね
引け時・・私も準備しないといけないんですけど、股関節じゃないなら、痛みが取れたらいいのかも・・な〜んて思う私も居たりして・・
でも、今の痛みではとても行ける状態でないので、今年の夏休みは取りあえず山は無しです
つれづれ
2010/07/15 13:09
ホント、ヒゲおやじさんはいつでも何にでも的確論理的な説明をされますね。
読んでてなるほどと安心できますよね。

色々な面で自分と本当に仲良くしていかねばなりません。
無理せず無駄もせず、忍耐強く気長に。
どうぞお大事になさってくださいね。
らんじゅ
2010/07/15 19:27
つれづれさんこんばんわ!
ちょっとご無沙汰している間に、お義母さんの怪我からご自身の腰まで大変な時期でしたね。
ママンもそうですが…つれづれさんもどちらかと言うと忙しくしてしまう性格でなんでも一生懸命動いてしまうほうですね〜〜
それに一番大変なお年頃なのでしょうね。
お義母さんのお話は今ダディの弟さんのお嫁さんがちょうどそんな時期で、東京と山形を頻繁に往復しております。
お母さんが一人暮らしで、骨折やご病気になられても、やはり山形を離れたくないのですね〜〜
ほんとに人の気持ちと言うのは微妙なもので、介護する方される方両方が違う人格ですからどこまでというのがわかりづらいのですよね。
でも、根本的には出来る範囲を超えては出来ませんから、ご自分で割り切ることも必要ですね。
介護に夢中で過ごした自分の数年前を思い出すと、腰が丈夫だったことが、ほんとによかったと思い、つれづれさんは大変だなぁ〜〜今からもっと思います。どうぞご自愛ください。そして、お義母さんの介護認定を上手に使って少しでも人の手を借りることもお勧めします。
山形ママン
2010/07/15 20:45
らんじゅさん、こちらにもありがとうございます。

多分医師にとっては、私など軽い症状なのでしょうね・・
でも、私など腰痛にコルセットと言うことも知りませんでしたから、
ヒケおやじさんの様に何をして良くて何が良くないのか教えていただきたかったです。

ホントに、この所ドッと体調不良が出てきてますが、これが年をとると言うことなのか・・と身に沁みて感じてます。
ダメダメ・・まだまだ!
やっと少しだけ、夏休みの計画を立て始めました
つれづれ
2010/07/15 21:43
山形ママンさん、こんばんは。
ありがとうございます。
そうですね・・あれもこれも私の仕事、私が動かなきゃ!と思ってしまうんですよね。
はい、義母も夫も私も、お互いにそれぞれの気持ちがあります。
義母はこちらで一緒に暮らすより、あちらで誰かと一緒に暮らすのが理想なので、それが良いに決まっているのですが・・。
そんな母の心を慮って、夫は親不幸をしているという気持ちがあるようで、その気持ちで夫も私もドッと疲れが出たりするのです。
今はまだ一人で暮らしてもらっているのでなんとかなってますが、これからがどうなるか・・

今回のことで、私は週に一度でもいいからヘルパーさんに入ってもらうのがいいような気がするのですが、義母はあまり気が進まないようです。
なるようになる・・できるだけのことをする・・と夫とも話し合いながらしていくことになりそうですが、「出来る範囲を超えては出来なのだから、割り切って」・・心に銘じておきます
つれづれ
2010/07/15 22:38
山といってもたくさん種類があります、ゆるやかな登りで展望の良い山もあるし、低くても歩いていて楽しい山もあります。
高くても文明の利器(古!)使えば歩ける山もたくさんあります。
つまりは、歩けさえすれば山へは行けるわけです。
リタイアには早いですよ!!
本読みと山歩き
2010/07/17 05:14
本読みと山歩きさん、こんにちは。
今日こちらは爽やかな風が家の中を通り過ぎる休日になり、山に行けたらなぁと思える日になりました。
そうですね。
夫とも例えばピラタスとか行ける所に行けばいいと話をしている所です。
そうそう、歩くことが出来れば・・ですよね。
その後、昨日は初めてほとんど1日痛みを感じないで居られる日でした(今朝は又痛いのですが
だから、こんな風に少しずつ和らいでいけば、又全然感じないで居られる時もあるかな?と期待しています。
今も他の方の山ブログを見せていただいて、行きたいなぁ〜と思ってました。
でも、ホントに気持ちが後ろ向きになってましたが、少しずつ元気になってきました。ありがとうございます。
つれづれ
2010/07/17 13:19
大好きな山に行くのを諦めなくちゃならない・・と思うだけで
ガックリ気分は落ち込みますよね。私も山好きなので同感です。
でも昨年無南八ヶ岳(赤岳も写ってますね)を縦走されたなんんて
その年齢で素晴らしいですよ。
私も腰痛歴が長く、年々足の衰えを実感。
でも友達は「山は逃げないから」と慰めてくれます。
ロ−プウェーなど利用して楽に行く方法も視野に入れて、
いつかまたあの頂に登る日を夢見ましょうよ。
元気出していこう! つれづれさん。
けっこちゃーん
2010/07/17 15:08
けっこちゃ〜ん、ありがとうございます〜
そうなんです・・山の記事や雑誌を見てその空気までも思い出し、もうあの景色は見れないのかと思うと、悲しくさえなってきます。
いえいえ、南八は体力不足でバテバテでした。
だから、行者小屋から登る時は上で一泊するつもりで、そうしました。
あの体力では、もうあんな縦走は無理だと思います。
腰痛のことがあまり判らないのですが、治るというより引っ込んでいる時があるのかな?と思うようになりました。
はい、あちこちロープウェーの所を探して、あの空気や花を見つけに行けるようになりたいです。
けっこちゃ〜んも頑張ってください。
つれづれ
2010/07/17 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
リタイア・・ 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる