気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 片手間農夫婦の格闘?

<<   作成日時 : 2010/08/05 09:18   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14

前記事に書いた義母の怪我で、約1週間、それまでの私の生活が一変してました。

まず、通勤時間が45分ほどになると、気がつくと腕が日焼けをしていた。
いえ、ひょっとしたら顔もしているかも・・

でも、ちょっとした楽しみは、通勤時間が増えて音楽を聴く時間ができたこと。
最近は原由子の「ハラッド」に嵌っています。


そんなお気に入りの音楽を聴きながら、山道に入ると、スッと空気が冷たくなります。

その道すがら、30年以上も通っている山道なのに、気がつけば、桜の季節に桜の木がこんなにあったのかと思うように、この季節は「ねむの木」が山のあちこちにピンクの花を咲かせていることも気づきました。

画像


そして、そのうちにはヒグラシゼミの声が聞こえてきて・・いつもだったら義母の夕食は終わっている時間に到着。
持って行ったもので一緒に夕食を済ますと、当然ながらネット環境は無いので、その分時間が出来たから本が読める!と思いきや、すぐに眠くなって、シャワーを浴びたら寝るという生活になりました。

あちらの家では、夜になれば冷たい空気が入ってきて寝苦しいなんてことはありません。

大体夜10時頃には寝ることになって、朝5時にお隣さんの車の音で目が覚めます。
きっと、涼しいうちに農作業を済ますためなのでしょう

が、そうすると、私も気になり出すのです・・・畑が・・

最初は、そんなことをしていたら会社で仕事にならないから・・とガマンしていたのですが、気になって・・

我が家の畑・・去年は娘が面白そうと手をだしてましたが、そのうちには夏の暑さと草との格闘でお手上げになって、その代わり、今年は私が必要に迫られて手を出すようになりました。
と言っても、私は植えるものを決めるだけ・・みたいなものでしたが、大きく育っていくのが楽しみで、肥料をあげたり間引きをしたりしてました。

そして、図らずも収穫のこの季節、ジッとしてられなくて、朝食の準備をしてから、とうとうナスやきゅうりの収穫だけならすぐできるから・・と出かけて行くようになりました。
なんだか、定年後はあちらで住もうと言う夫の術中にじわりじわりと嵌っているような気もするのですが・・

6月始めにはこんな風だった畑が

画像


今は、作物も大きくなりましたが、草も同じ様に育って、こんな風になっています

画像


見た目は随分乱雑ですが、こんな風にスイカもゴロゴロとなってます

画像


でも、その実、新米農婦のすることは・・
スイカの苗を適当に・・と買ってきたら、こんな風に縞々のと濃い緑のがあって種類が違っていたようです。
同じようにナスも・・丸いのと長いのが出来ています。


その畑に7月半ばサルが何かを食べていたという話を近所の人から聞きました。

この畑は、二つの川が合流する間にあったせいか、義父母が作っている頃から今までそうした被害に
あったことが無く、見ても、何が取られたのか判りませんでした。

だからこそか、その話を聞いてから、不気味で余計に気になって気になって・・

それで、23日の朝はお日様が出る前に起きて、ガマンにガマンを重ねてきた、スイカを一個だけ収穫してきました。
スイカはヒゲが枯れてきたら収穫できる・・とネットに書いてあったので、そうなっているうちの一個を・・です。

画像


ガマンした甲斐があって、丁度採り頃の甘くて美味しいスイカでした。

画像


自分で植えて収穫できたので、余計に美味しく感じます。
そこで、「これで、万一サルに残りを取られても苗代くらいは出たかもね・・」なんて言ってたのですが・・




その翌日、夫が畑から写メールを送ってきました。
「やられた〜」
見ると、こんな写真が・・

画像


なんと4個もこんな具合で、食べかけ状態で放置されているそうで、最初ガックリ・・その後悔しいこと。
試しに一個だけ収穫した翌日だなんて・・サルがどこかから見ているか、サルは先に取られた!と焦ったのかもしれないと思えるほどのタイミングでした。

見るとカボチャも何か引っかいた後があるようで、夫は家に残りのスイカを覆うごとくカゴを取りに帰ったその間に今度はカラスが、そのスイカに黒山のカラス集りだったそうです。

恐るべし・・野獣・野鳥たち・・

夫はかろうじて、スイカだけにカゴをかぶせて大きな石を上に置いてきた・・と言ってますが、果たしてこの勝負は・・

ちなみに、それを聞いた私は月曜の夕方、ガマンできずにカボチャを試しに収穫。
煮てみたら、これまたとっても美味しかったので、翌朝10個ほど確保してきました。

これは、私が種をポットに蒔いてこちらの家で花と一緒に苗に育てたもので・・なんとか収穫したかったので、まずまず・・
片手間農夫婦の戦いは、まだまだ続きます。

それにしても、畑の為に朝5時起きなんて・・私の変わり様といったら・・
どうなってしまったのでしょう???

と、7月終わりに書いていたのですが、アップできず出かけてしまいました。

昨日の時点で、義母がその後に収穫したかぼちゃは2個・・
その他にも結構あったのですが、見たら全部無くなってました

不思議なことに、ピーマンやししとうは取られず・・
ナスやキュウリも取られません。

でも、美味しい時を狙っているのはサルも同じで、トウモロコシもどっちが収穫できるか競争状態で、今のところ五分五分・・
これも種を直接蒔いたものでしたが、一度、家族全員が満足できるほど食べることができたので良しとして・・

さて、あとはサツマイモと里芋・・どうなるでしょうか

今は義母も全快し、私はこちらの家に戻っていて、ちょっと新鮮味に欠けますが、来年の為の備忘録に、アップしておくことにしました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり出るのですね〜〜歓迎しないお方が。
家の夫の畑には・・・タヌキが出没です、最近はハクビシンが梨やブドウを狙ってます、前はそんなことなかったのですがね。
動物たちは簡単に美味しいものが食べられることを知ってしまったみたいです。
soreiyu
2010/08/05 16:31
soreiyuさん、こんばんは。
あら〜やっぱり被害ありますか。
困りますよね〜ホントにスイカもトウモロコシも、丁度美味しくなった食べ頃をよく知っていて、ビックリです。
やはりsoreiyuさんのお宅の方も以前には無かったことなんですね・・
我が家も今年初めてのことで、作る意欲がなくなってしまいます。やはり、一度覚えられたら来年も・・ということになるのでしょうか・・困りました
つれづれ
2010/08/05 23:59
アハハ、やられていますねえ。草も山の畑ではこんなものですよ。
ヒゲおやじの畑は借り地だし人家も近いので、あまり見苦しくはできないということもあるのです。
サルがきましたか。これは大敵ですねえ。一度覚えた味は忘れませんからね。サトイモは大丈夫でしょうけど、サツマイモはどうでしょう。
猪でもいれば一発でやられてしまいそうですね。
でも農婦が随分身についてきたようで(笑)。
ヒゲおやじ
2010/08/07 11:56
ヒゲおやじさん、こんばんは。
ですよね・・廻りを見回しても、あちらの近所でも若い(あちらでは私は若いうち(笑い))奥さんが畑でなんて見たことなく、街から通って畑作をしている人も結構ありますが、奥さんは見たことなくて、みんな男性ばかりです。
私の場合、上手に夫に乗せられている気がするのです(^_^;)
でも、作ってみると草のことを考えなかったらって言うと、ヒゲおやじさんにそんなのは畑作じゃない!って叱られそうですが、収穫はやっぱり面白いですね。(^^ゞ
それを鳥獣に取られるのですから、これ以上被害があるようだったら、作る気持ちは失せるでしょうね。って、これも夫が頑張って何とかするような気もしますが(笑い)
近所の人たちは、遠い所から通って作っていることはご存知なので、「よぉ頑張りなさる」って、こんな草いっぱいでも褒めてくださるんですよ。
今は鹿がサツマイモの葉を食べていると教えていただけたのもご近所さんですし・・有難いです。が、サツマイモが危ない・・(>_<)
つれづれ
2010/08/07 19:37
こんばんは。

ホント、定年後のつれづれさんの生活が想像つくようです。
いいな〜、畑仕事三昧ですね。羨ましいです。

ひどいですね、猿も食べ物がなくて探しに来るのでしょうか。
実家では猪は毎晩のように、それとハクビシンが時々出ると母が嘆いていました。彼らも必死、何とか仲良く共生できないのでしょうかね。
らんじゅ
2010/08/07 19:42
らんじゅさん、こんばんは。
今丁度らんじゅさんの所にお邪魔していた所でした。
お互いにPCのあちらとこちらで向かい合っている感じで、なんとなく嬉しいです(^^)v
え〜いいですか〜?
私決してあちらに帰りたいわけではないのです・・って、こんな公に言ってもいいのかな?(笑い)
最近は、こうあるべき!って考えないようになってきたし、私の人生も・・と思うようになって、こんな事が言えるようになってきましたが、いろいろな制約があるので、これ以上は・・(^^ゞ
はい、四個食べてもちゃんときれいに食べてくれれば少しは救われるのですが、こんな雑な食べ方では・・って動物にそんなこと要求しても無理ですね。(笑い)
我が家もハクビシンなのか判らないのですが、カボチャに引っかき傷がついていることがありました・・猪もくちゃくちゃにしてくれるから大変ですよね・・。
我が家の場合は、トウモロコシは半分くらいは収穫できたので、良し!と考えて、今日もカボチャを7個ほど収穫してきました。(^^)v
これで煮物もスープも作りたい放題ですヽ(^o^)丿
つれづれ
2010/08/07 19:59
美女が野獣たちと格闘しながらも、なんだか農婦生活も楽しそう〜。
ダンナ様も心の中でにっこりなんでしょうね。
私達が行ってる山古志の畑でもやっぱりイタチやカラスにやられちゃうんです。
憎らしいことこの上ないですよね。
トウモロコシなんか私が食べるよりずっと見事に綺麗に食べて行きます。
『ご近所の底力』で対策として畑の周囲に人間に踏み跡つけるといいとか
言ってたけど、敵もサルもの・・きっと知恵比べは続くわね。
つれづれさん負けないで頑張って!
けっこちゃーん
2010/08/09 00:01
けっこちゃ〜ん、おはようございます。
美女はどこにも居ないのですが、野獣はいっぱい!です(笑い)
イタチやカラスですか・・我が家も取られる時に見てないので、サルだろうと言うだけで、イタチかもしれません。
なにせ、あちらに住んでいないので、判らないことだらけです。
そうそう、トウモロコシ・・茎にぶら下がっているのですが、きれ〜いに食べてありました。どうやったらあんな状態であんなにきれいに・・って思ってしまいます。
私も案山子を作ったらどうかなぁ〜と思っているんです。
でもね・・そこまで手を出してしまうと・・って躊躇う私も居て(笑い)
は〜い!適当に楽しみながら頑張りま〜す(^^)v
つれづれ
2010/08/09 09:06
せっかく楽しみに手をかけて育てた野菜達もサルなどの被害にあってしまっては、悔しいでしょうね〜。ウチでもこれだけの狭いベランダでさえシャクトリにやられて腹を立てているのですから、畑になったらもっと!お怒りお察しします。 動物との共存をしながらって難しいんですよね。 
mint
2010/08/09 11:55
mintさん、こんにちは。
いつも、ありがとうございます。
そうなんです・・他所の家で盗られたという話はよく聞いてましたが、自分が種から育てた作物が・・となると、こんなに悔しいものだと初めて知りました。
もう、がっくりして来年は作っても仕方ない・・と思うほどでしたが、夫はそんなことで諦める人ではないだろうと、あくまでも人任せの私です。(笑い)
そうそう、私も今こちらの家ではバラがひどい状態になってます。
この前も10センチほどの青虫を4匹も・・これ位大きいと退治するにも勇気が要ります。
でも、最近庭にきれいな蝶々が結構飛んでいるので、消毒しないから育ったんだなぁ・・と複雑な気持ちになりますが、これも共存なのでしょうか。(笑い)
つれづれ
2010/08/09 12:46
畑と外敵との格闘は、農業を営むかたには避けて通れない大きな問題なんでしょうね。
それにしても、どの作物ので出来も、とっても旨そうに見えるのは気のせいでしょうか。スイカやキュウリの艶が食欲をそそります。
いつも、私の将来の為(田舎暮らし自給自足作戦???)の記事をいただき、ありがとうございます!(笑)
本読みと山歩き
2010/08/12 16:30
本読みと山歩きさん、こんばんは。
はい、特に山間部で農業をしようと思うと大変で、数年前には田んぼに猪が入って収穫直前の稲をぐちゃぐちゃにされたこともあります。
はい、近所でも団塊の世代の男性が定年を迎えて、通ったり、帰ってきたりして畑作をされている方が多数みえます。
でもね・・奥様が一緒のお宅は・・今の所見たことがなくて、我が家くらいのものです。
だから、本読みさんも奥様を取り込むことが大切かと・・(笑い)
ん?私ってひょっとして取り込まれてます?
つれづれ
2010/08/12 19:48
まるで、うちのニャンを狙いに来ている、ボス♂にゃん?の話のようであります・・って、次元が違いますですが、本当、どこで見ているの?と思うような行動にびっくりというか、何といいますか・・・。
ヘコット実家は、花を作ってますが、お盆に花をやられておりました・・・人間に<`〜´>
なんともかんとも・・・。
ヘコ
2010/08/15 22:28
ヘコさん、こんばんは。
帰省でお返事が遅くなりましたm(__)m
お盆には夫が羊蹄目の足跡を見たそうですが、鹿を見たという話は聞きません。一体いつ食べているやら・・ホントにどこかでこっそり見ているんでしょうね。
でも、それは鹿だから食べるために・・って諦めがつきますが、お盆に花って、それも人間に!!
さくらんぼやりんごなどはニュースになりましたが、花もですか・・何のために作っているのか、私たちの比にならない悔しい思いでしょうね・・
以前に農機具を盗まれた話を書きましたが、ほんとにひどいですね
つれづれ
2010/08/16 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
片手間農夫婦の格闘? 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる