気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉三昧の旅 後記

<<   作成日時 : 2010/08/26 19:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 17

今年の夏休みは、図らずも日本でも有名な温泉三昧の旅になりましたが、その泊まった温泉のことなどをつれづれに・・。

今回、31日の草津温泉と8月2日の和倉温泉はネットで宿の予約しました

それが、前日だったので、一通り様式に書いて送信はしたものの、その後に携帯になと連絡があるかな?と
思ったのですが、何も無く、いいかなぁ〜ちゃんと予約できているかなぁ〜と、宿に着くまでなんとなく不安でした。

以前のスキーの宿などは、日もあったからでしょうが、確認の葉書かメールが来ていたような気がします
こんな場合は、電話で予約した方が良かったのかもしれませんね。



草津温泉に決めたのは、まず山ありき・・からです。
志賀高原から近いし、天下の草津温泉なら、一度は行ってみたい・泊まってみたいと。

その宿に決めたのは計画の時点で、旅行社サイトで口コミがとても良かったから
草津が候補に挙がった頃から見ていると、いつもほぼ満室で予約できないかもしれないと思わせる宿でした。

ちなみに、旅行サイトを通すより、ネットで直接宿に予約した方が安いかな?と思って調べてみましたが、
私の見た限りでは料金は同じでした。

我が家の場合は、前日の夜に決めたので、必然的に宿のサイトで直接予約することになりましたが、
サイトを見てみると偶然にも一室だけ空があり、休日前日だから少々高いのは仕方ないし、1年に一度くらいは
ちょっと贅沢をしてみようかな・・と我が家としてはちょっと奮発したつもりで、即予約。

その結果は・・・う〜ん悪い旅館ではなかったです。

画像


でも、食事が部屋出しがいいという夫の意向もあって決めたのですか、多分満室で掛け持ちをして忙しかったのでしょう、仲居さんがバタバタしている感じで、ゆっくりとした気分ではなくなってきて、これだったら、一品一品でなく、最初からずらりと料理を並べてもらって食べる方が落ち着いて食べられるのに・・と思ったりしました。
部屋出しだからいいのではなくて、仲居さんの対応ひとつで宿の評判って決まるようなもの・・と感じたことでした。

その忙しさは、朝食の時も同じで・・

画像



その他にも、え?と思うことがあり、期待していただけに、失望感が強くて・・・・
考えてみたら、旅行サイトだもの、口コミで悪いものがあったら削除しても不思議なく、それをあてにした私が甘いのかも。

教訓・・旅行サイトの口コミを信用するのは程々に。

でも、草津の湯畑は見てみる価値あり・・ですね。
 草津よいとこ〜一度は〜おいで ドッコイショ 

湯畑の横には、よくテレビで見るこの歌を歌いながらの湯もみを見学できる「熱の湯」がありましたが、
夕方の時間帯でずらりと行列が出来ていて入りませんでした。

画像


その代わり夫は酒屋さんを見つけ、早速、数種類試飲。
こんな時にも普段の嗜好が出るのか、一番安いのが一番口に合ってる・・と、購入してました。


2日目の野沢温泉

この日は立山でテント泊をするつもりだったので、予算外・・なるべく安いところとに泊まりたいと希望するも
夫は民宿より旅館がいいと言うので、観光案内所でそう希望すると
旅館は一泊12000円位からありますと言われ、旅館に聞いてもらったところ10650円というので即決まり。

画像



なので、あまり期待せずに行ったのが良かったのか、お風呂も部屋も素晴らしくきれいなわけでもないけれど
食事が夜、朝共に美味しくて、朝は淹れたてのコーヒーも無料で準備されてて、つい前日と比べてしまい、
(前日の旅館は400円)この価格でこのサービスなら満足と話し合ったりした。

でも、こうして写真で比べてみると、料理に手のかけようも違うし、朝など品数も違ってましたね。
と言うことは、単に費用対効果・・ゲンキンなもので値段に対する満足度の違いかもしれません。

画像


その他に、この野沢温泉には地元の人が管理されていて、他所の人でも無料で入れる温泉が
何箇所か街の中にあると聴いて、時間もあったので行ってみることに・・。
最初に、写真の「大湯」に入ったら、ついつい他の湯はどんな風?と興味が沸いて、三箇所も
入ってきました。
ただし、夫はもう暑い〜と三箇所目は外で待ってました(笑い)

画像


それぞれ泉質も違うようですが、夫が地元の人に聞いたところでは、当番制で掃除があったり維持していくのは大変だそうです。
でも、そうした所に、観光客も入れてくださることは色々問題も発生するのでしょうが、観光客にとっては話題性もあって、思い出にもなり感謝です。

そんな話をしながら、なんとなく暖かな気持ちになって、温泉街のお店をのぞきながら、}
夜風に吹かれて宿に戻りました。

画像


こんなに豊富に温泉がある街・・なんと豊かなことか・・


3泊目の和倉温泉

実はここは加賀屋を調べていて思いついた宿。
おもてなしの心日本一の「加賀屋」は?とネットで見てみたが、全然我が家の予算外の宿。
が、そのリンク先に・・以前「ガイヤの夜明け」で紹介されていた宿を見つけた。

画像


なんでも加賀屋が、同じ和倉温泉の宿を買収して、人件費はかけないように、でも館内や部屋を改装して
食事は本物を出す・・という新しい形の宿を作った・・と紹介していた。

で、好奇心旺盛の私は、どんな所かな?どんなサービス?食事は本物っていいじゃない!と言うことで
サイトを見ていたら、この日だけに空きがあって予約をとってみたのでした。
だから、別に和倉温泉にこだわりがあったわけではなく、この宿に拘ってしまったのでした。

画像


結果は・・ほどほどにいい宿でした・・家族連れには特にいいかも・・。
まず、変わっているのは、宿の前に車寄せがありません。
だから、荷物は駐車場から自分で運ぶようになっていて、ちょっと違和感。

でも、フロントまで斬新なデザインに期待感が出てきます。
フロントで説明を受けてエレベーターまでは案内され、あとは自分たちで部屋に・・

その部屋は、まず踏み込みの部屋がゆったり、そしてカップルプランの部屋も20畳ほどの広い和室に
ベッドがふたつ、それに地デジ対応の40型のテレビが置いてあって、その部屋の窓からは大きく海が開けています・・
洗面トイレも広くてきれいで、アメニティもそれなり・・・
つまり、人の手がかからないサービスはちょっと高級感あり(あくまでも感ですが)でした。

広いお風呂が6階にあって、海が一望でき気持ちいいです・・が、大きい宿なので、子供さんも結構多い。

食事は時間が決まっている二部制・・・その上バイキング・・
三品だけはセットされていて、後は自分で好きな物を取りに行くことになりますが、
ステーキや魚、それにてんぷらはその場で調理をしていて、調理したてのものが食べられるようになってます。

夫などはバイキングは面倒でイヤだ・・と言います。
が、それにも負けず?せっせと取りに行って食べてきましたが、メインからデザートまで美味しかったです。

夫はお酒を飲むので、もう少しお刺身などが欲しかったようで、廻りがバタバタしている・・
ゆっくりと飲むという感じでもないと言います。
でも、子供連れの旅なら、食べるものもデザートも充実していてうってつけ・・

朝食もバイキングでしたが、パンがとっても美味しくて、持って帰りたいと本気で思ったほどで、
「ここで焼いているんですか?」と聞いてしまいました。

料金は15000円ほどでしたが、子供連れで来れば、子供たちは食べ物に、大人はなんとなく雰囲気に満足できる宿という感じ・・・
現に孫を連れて三代揃っての夏休み・・という感じの家族も多かったような気がします。
ただし、ゆっくりと食事をしたい人には向かないかも・・


有名な温泉ばかりなのに、肝心の温泉はどうだったんだ?という話になりますが、う〜ん・・・
草津はちょっと硫黄の匂いがした・・と夫は言います。

私は泉質よりお風呂の雰囲気の方を優先してしまうほうなので、泉質にあまり違いは感じませんでした。

ただ、夫との一致した感想は・・温泉目的なら、別に遠くに行く必要はないね・・
思いっきり身びいきですが、岐阜県の下呂温泉はとろりとしたいいお湯ですし、新穂高温泉の湯も
新平湯温泉の湯も、夫はお気に入りで、もっと言うなら、いつも入る夫の生家の近くの温泉もつるりとした
お湯で、ここでも充分・・という感想でした。
だから、どこどこの温泉でなくても、いろんな場所で温泉に泊まる・・という行為で充分嬉しいし楽しみなんですね。

それと、今回草津温泉と和倉温泉の宿の部屋に、T−fallのポットが置いてありました。
なるほど、今風だなぁ・・と思ったのですが・・・・

ポットの替わりなのはわかるのですが、草津などは部屋の踏み込みの間に置いてあって、
沸くのが早いとはいえ、水をセットして沸くまで立って待っているなら、部屋の中のポットにお湯が
あった方がありがたい・・
これは、客の為と言うより、宿の都合に思えたことでした。

もうひとつ今風だなあ・・と思ったのが、普通宿の部屋には当日のテレビの番組表が置いてありますが、和倉の宿にはそれがなくて、不親切〜と思ったのですが、地デジのテレビで番組表が見れるからだ!と気づきました。
でも、それを知っているお客さんはいいけど、使える人ばかりではないだろうに・・と思ったことでした。


そうそう、今回のドライブで、知人に教えてもらい、これはいい!!と思ったことをひとつ
こんなに暑い季節のドライブは冷たい飲み物がどれだけあってもいいですが、この前まで我が家では
冷たくした飲み物と氷をステンレスボトルに入れて持って行きました。

それが今回は飲み物は入れずに氷を目いっぱい!800mlのボトルに入れて、2リットルのペットボトルのお茶を2本持っていき、飲みたい時に飲みたい量のお茶をボトルに入れて飲むことにしました。

お茶の中に氷を入れると、溶けるのが早いですが、氷だけの場合、氷が長持ちして、いつもつめた〜いお茶が飲めて、これはいい方法だとばかりに、毎朝宿で氷を入れてもらってました。
今回のように、何日も外に出ていると、飲み物代だけでも大変なので、随分得した気分です。
まだ、ご存知でなかった方は、是非お試しください。

あれこれ思いつくままに書いてみましたが、最後までお付き合いをありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはm(__)m
私、この記事拝見して、草津温泉も野沢温泉も行きた〜〜〜い!!と思いました。でも遠いですよねぇ〜(-_-;)
私、今回は楽天を通して予約しました。以前はヤフーで検索して直接宿にネット予約していましたが、満室で。。。たまたま見た楽天経由だと空室があったんです。しかも直のサイトで見たのより安かった。
口コミ情報もメチャ悪い!っていうのから色々でした。★4.5くらいの比較的褒めてある宿を予約しましたが、以前伊豆の宿はかなり安かったのですが★3くらいで口コミも悪かったですよ。それでもいいヤァ〜って泊まりに行ったら本当にひどかった(笑)
今回の黒部の仲居さんにもお聞きしましたが、お部屋出しは本当に大変で3組受け持つのがやっとだと言ってみえました。「次は○○をお持ちします。」とか「あと○○があります。」とか言って、テキパキしてましたよ。なかなか体格のいい豪快な笑い方をされる女子プロレスラーみたいな方でした(笑)たしかにお部屋出しだと個人的に話すことも多いので仲居さんの人柄によるところも大きいかもしれませんね。
つづく〜
patyoko
2010/08/28 21:27
つづく〜って書いたんですけど、つづきのコメが飛んじゃいました(-_-;)
何書いたっけ?(笑)
そうそう、諏訪湖はるるぶサイトで予約したんですけど。これも宿のネット予約は満室でだめでした。それぞれのサイトに割り当ての部屋数があるのかもしれませんね〜
それと「トラベルニュースのメールを受け取る」にチェックを入れておいたら膨大なメールが入るようになったけど、格安のスィート企画みたいなのもあって土壇場なら結構安く泊まれることがあるんだと分かりました。まあ、行く先が決まってると難しいでしょうけど(笑)
氷、参考にさせてもらいま〜すm(__)m
patyoko
2010/08/28 21:36
patyokoさん、こんばんは〜
たくさんのコメントをありがとうございます。
草津も野沢も、patyoko家ならその日に行きつけますよ(^^)v
その道すがらのドライブも楽しいですし、白根山も草津から志賀高原の道路も一見の価値あり!です。あの辺りには湯田中なんかもありますし、まだまだ行きたい所です。是非お出かけください。
仲居さんは悪い方ではなかったのですが、如実に急いでいるというのが伝わってきたり、食事の時間を一応何時にしましょうか?と聞かれているんだけど、宿の都合の良い時間に誘導されているのがありありだったり、他にもね・・と言う事は、この仲居さんは3組より多かったのかもしれないですね。きびきびと言うより、せかせかという感じを受けました。(^_^;)
宿の予約は、普通で考えれば、旅行サイトを通す方が高いような気がするのに、直接の方が高いのは不思議ですよね〜
もし直接予約した方が高かったと後で知ることになったら、もうその宿は行きたくなくなるかも。(笑い)
私は楽天とじゃらんを参考にしてましたが「るるぶ」もありましたか。
コメントが飛んでもめげずに書いていただいて、これからはこちらも参考にして探すようにしますm(__)m
土壇場で行き先を決めるって、我が家の得意技ですから、るるぶのサイト、後から覗いてみます(^^ゞ
つれづれ
2010/08/28 22:30
「温泉三昧」とは題名だけで、すでに贅沢ですね。
草津、和倉は行ったことがなく、野沢はあります。 
その旅が充実しているものになるかは、その人がその旅でなにをしたいかで決まりますよね〜。
草津や和倉は、豪華な旅館が立ち並ぶ温泉!!って感じがしますが、野沢は町の雰囲気も私は好きなので、好きです。
私は温泉に求めるのは、温泉そのものと町の雰囲気です。 
温泉も有名になってくるとホテルや旅館が立ち始めて、町の雰囲気が悪なっていってしまいます。
そいう意味では、山のいで湯や老舗の温泉宿と町並みを保存している温泉がおのずと好きになってきます。 奥飛騨温泉あたりは最高ですね。 数年前に行った青森の田代平にあった八甲田温泉?なんか、一軒宿で露天風呂がたくさんあって、芯からあったまることが出来てよかったな〜。周りにはな〜んにも無かったけれど。
それが逆に贅沢だったりして。(笑)
本読みと山歩き
2010/08/29 18:07
本読みと山歩きさん、こんばんは。
最近はあちこちで温泉が町おこしで掘られているので、昔のように温泉に入ること自体が珍しいことでないですよね。
今回はこの旅行の前が2人とも忙しかったので、家を離れて、ゆ〜っくりしたいね・・という気持ちだったのですが、我が家には「ゆ〜っくり」という言葉と縁が無いようです。(笑い)
でも、前にも書きましたが、こうして思い出してみると、どれも結構面白かったしいい所だった・・と思えてくるのです。
5年程前に、東北を旅行した時の玉川温泉、蔵王温泉、それに磐梯熱海温泉も、その景色と共にいい思い出になっているので、これと同じ様に、「あそこも良かったね〜」ということになるのでしょう。
あ、でも流石に私でも、玉川温泉のぴりぴりした湯は違いが判り、驚きました。(^^ゞ
野沢温泉では湯めぐりはされたでしょうか・・
和倉や草津の観光と違って、野沢はスキーがメインに思えるからか、素朴な感じがしました。
今度は冬に行って見たい気もするのですが、スキー場のあの坂を見たら・・ちょっと引いてしまいますが。(笑い)
ちょっとリッチに美味しい物を食べたい・・と思ったりもするのですが、そのうちには美味しい物にも飽きてきて、一体何が美味しいんだろうと思ったりも・・
そう、な〜んにも無かったり、今まで食べたことの無い素朴なものが贅沢なのかもしれないですね〜(笑い)
つれづれ
2010/08/29 22:05
こんにちわ
久しぶりに拝見しましたが、温泉三昧いいですねぇ〜〜
こちらはどこにでも温泉があるので、つい旅行で温泉に行くことがなくなってしまいます。
ゆっくりと温泉とお料理を楽しみたいものです。
それにしても、やはり料金と目的が関係しますから難しいですね〜〜

昨日こちらの初めての温泉に行ってきたのですが、新しくてお風呂も良かったのですが、大部屋でゆっくり寝て過ごすのが目的なので、そこがあまり広くなかったので、この次はやっぱりいつもの温泉だねってなってしまいました。



山形ママン
2010/08/30 16:12
山形ママンさん、こんばんは〜
そうですよね〜
そちらは、独特な温泉があって、廻り甲斐があるでしょうね・・
もっと近かったら行きたいのに・・と思います。
ママンさんのように、ちゃんと事前にリサーチをして、どんな美味しい物があるかとか、どんな見所があるかとは知っていれば良かったのですが、その時間さえなかったので、こんなもんですね〜
でも、やっぱり車に乗ってばかりより歩きたかったと思ったりします。
昨日ですか!いいですね〜
今回はどなたとご一緒だったのでしょう?
私もママンさんのように友達と温泉旅行なんて行けるのはいつのことやら・・です。
つれづれ
2010/08/30 23:07
つれづれさん、こんにちは♪
今回も長い距離のドライブですね〜
行きたい温泉に気に入った宿があれば、言う事なし・・ですがこれが中々うまくいきません。部屋からお風呂が遠かったり、宴会の声が響いていたりするとがっかりしてしまいますよね。まだまだ色んな所に泊まってみたい私達ですので、そんなこと良くあります。
我が家の夏休みはこれからで、偶然にも草津温泉です。昨日予約しました。草津から野沢温泉、湯田中温泉と廻るつもりでしたが、義母の透析日が月金なのでやはり土日一泊が良いだろうと。こんな時だけ娘が独身で留守番たのめて良かった・・です。と思ったのですが、土日で一泊の夏休みでは納得できない主人。新聞に載っていた定山渓温泉三泊四日のをネット予約していました(笑)飛行機に乗らないと夏休みでは無いとか・・。
母親の入院で海外旅行もキャンセルしたし色々お世話になった(これからもなる)からとか。私としてはその気持ちだけで良いのですが。
で、長くなりましたが。草津の旅館一泊代金と、北海道三泊(飛行機往復込)とほとんど同じ金額なんです。28000円なんですよ。なんだか私、金銭感覚が変になりそう。とりあえず、両方予約しました(笑)
いつこ
2010/09/01 10:26
温泉三昧の記事を読みながらクスクス、刺身のお話にアハハ。
つれづれさんご夫婦は長いドライブをものともせず、バイタリティあってすごいなあ。宿の予約もちゃんと口コミをチェックしてお出かけになるんですね。
さすが旅の達人ご夫婦!!宿評価も大いに参考にさせていただきます。
もっとも私の場合はいつも安い旅行、宿泊費が問題です。
草津・野沢・和倉とも比較的近いので良く行きますが
温泉なら下呂が一番よさそうですね。(笑)
今度はこちらから岐阜・下呂温泉へ出かけてみようかな〜♪
けっこちゃーん
2010/09/01 22:33
いつこさん、こんばんは〜
これから夏休みですか・・いいですね〜
それも、二回も!!
ご主人の思いやりの気持ちが嬉しいですね〜
我が家の夫が山に行かないと夏休みと思えないと同じですね(笑い)
我が家も一応、3泊もするのだったら北海道も九州も候補に上がりました。言われるようにパック旅行だったら、充分に今回の旅行費用位で行けますもんね・・でも、やっぱり夫は「山」に拘ったので、決まらず前日までバタバタしたのでした。
草津も北海道も楽しんできてくださいね〜
いってらっしゃ〜い
つれづれ
2010/09/01 22:54
けっこちゃ−ん、こんばんは。
いえいえ、けっこちゃ−んの山登りほどのバイタリティーがあれば充分すごいです
宿評価はゲンキンなもので、結局宿泊費に対してのサービスの満足度になるのかなぁ・・やはり非日常を求めている部分もあるのでしょうね。
そちらは、こうした有名な温泉が近くにありそうですね〜
ほんとは私は尾瀬に一度行ってみたかったのですが、夫がその気にならないことには・・いい機会だと思ったのですが、残念でした
下呂温泉は、川を挟んで、あちらとこちらではお湯が違うような気がします。ここにも、以前から一度泊まってみたい宿があるのですが、平日に泊まれるようになったら・・行けるかな?
けっこちゃ−んも、是非、下呂も新穂高などもいいですよ〜
つれづれ
2010/09/01 23:21
つれづれさん、来週やっと夫と一緒の休みが取れるんですよ。
善は急げ! 岐阜方面へドライブしながら我らも温泉三昧しようかな♪
下呂も行きたいけど、新穂高温泉なら西穂高岳とか槍ヶ岳に近いし
やっぱりつい 山へ山へと草木はなびく〜♪ 
けっこちゃーん
2010/09/03 14:07
けっこちゃ−ん、こんにちは。
これからお休みですか!いいですね〜
はい、下呂はちょっと離れてますから、けっこちゃ−んなら新穂高温泉いいですよね〜
多分もう行かれたことあるのでしょうが、ロープウェーを使って、西穂高岳まで行かなくても、独標あたりまでなら、日帰り登山圏ですし、笠ヶ岳も呼んでいるし、鏡平もね〜
降りてきて、平湯や新平湯温泉に泊まった経験ありです。(笑い)
やっぱりけっこちゃ−んも、山へ山へ・・ですね〜
あぁ、行きたくなっちゃいました(^.^)
お天気はまだしばらく良さそうですし、楽しんできてくださいね。
お土産話、楽しみにしてますヽ(^o^)丿
つれづれ
2010/09/03 18:35
うーん、さすが旅のベテランですねえ。なるほどなるほどと頷きながら読ませてもらいました。泉質よりも雰囲気も納得です。食べ物はねえ、これはどうにも。と言うか旅館の食べ物はこんなものですよ。それよりも地元の料理屋かなんかで食べた方が、美味しいものが食べられますね。
でも、いい温泉巡りでしたね。
ヒゲおやじ
2010/09/04 23:33
ヒゲおやじさん、こんにちは。
ベテランというのは程遠いですが、こうした旅館に泊まるのは日常から抜け出したい思いもあるので、つい期待してしまいこんな状況になってしまいます。二泊目のように期待しなければ「良かったじゃない」となるのは何か日常の他のことにも当てはまるようです。(笑い)
はい、後から思えばどこも良かった・・という思い出になってますから、これからもどんどんと出かけて行きたいと思います(笑い)
つれづれ
2010/09/05 21:59
なるほど〜と私も頷きながら拝読しました。
私も実家の方は温泉旅館が多くあるのでおっしゃることもっともと思いました。実のところ源泉掛け流しの素朴なところがいいなとこのごろ思います。やたら綺麗な庭を造ったり料理にこだわると言っても限界があるでしょうしね。
らんじゅ
2010/09/06 12:20
らんじゅさん、こちらにもありがとうございます。
前に書いたことあるかもしれませんが、東北を旅行した時に、福島県の磐梯熱海温泉で泊まった宿が、夫も私も忘れられません。
こじんまりとした10室ほどしか無い宿でしたが、それはそれは食事などの仲居さんのタイミングも良かったですし、温泉の雰囲気もサービスも良かったです。もう一度行きたいね・・と言っても、ちょっと遠すぎるのが難点で、あんな宿が無いものか・・と夫も私もついその宿のことを思うので、愚痴も出たりするのでしょうね
つれづれ
2010/09/06 16:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
温泉三昧の旅 後記 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる