気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 別所温泉の宿 10.11-3-4

<<   作成日時 : 2010/11/19 09:10   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

ピラタスロープウェーを降りて、ビーナスラインから、凡そ、1時間ほど走っていくと、
途中から「松茸」という看板が目につくようになってきた。

ん!ひょっとして、この辺りは松茸の産地かも・・・
来る道すがら、父の「昔は松茸がたくさん取れたものだった・・」と思い出話を聞きながら来たので、
ひょっとしたら、今回の旅は松茸に縁があるかもしれない思えてくる・・

5時頃に別所温泉の旅館に到着・・
温泉地によくあるおみやげ物屋さんなども目立たない、静かな温泉地という感じ。


そして、期待してなかった宿は・・・「当り!」でした。

こじんまりとしているけれど、到着した時からの接し方が、家庭的というか温かみがあると言うか・・好印象

窓からの景色も田舎の秋らしいし、温泉も6階にあり展望もまあまあ・・と言いたいけれど、日が短い
今の季節は外が見えないのが残念

画像


この旅館は他の旅館ではあるような展望風呂は無かったが、却って私はこじんまりとして、
人に行きかわない方がいいし・・

でも、ここで問題勃発

到着してすぐに夫に付き添われてお風呂に入った父が、部屋に戻ってから探し物を始めた・・
何を探しているの?と聞くと、母曰く
持ってきたお金が無いと言ってる」と

財布とは別に、今回の旅行のかかりは自分が払う!・・と家を出る前に持ったという。
上着やズボンのポケットなど探すが見つからず・・・
父の顔が次第に不機嫌になってきたので、「きっと家に置いてきたんだよ・・ズボン替えたりしていたから」
と言うと、ちょっと落ち着いたようで、お食事処に向かったのでした。


その料理も私たちにとっては「当り」でした。

実は、予約の時に、父が好きなので、
「この季節だから松茸など出るのでしょうか?」と聞いたら
「少々は出ますが、もう季節は終わってますので、それほどではありません」と言われていた。

だから、全然期待してなかったが、来る途中の看板にあった通り、地元の人にはそれほどでは
ないかもしれないが、私にとっては、土瓶蒸しに松茸ご飯、茶碗蒸しにも松茸が入っているので
充分松茸づくし・

その他の料理も、洗練されているわけでは無いけれど、精一杯のもてなしをされていると感じられる料理でした。

でも、その料理が多すぎて完食したのは夫だけ・・
その場で炊かれた松茸ご飯もお腹がいっぱいで、両親も私も手付かずなのでもったいなく、おにぎりにして
もらってきました

画像


が、部屋に戻って、第二の問題発生・・
部屋は座卓が隅に置かれて、布団が敷かれていたが、
机の上に置いておいたお父さんの薬がない」と母が言う。

ここで又、持ってきたバックや部屋を探すが無い・・
そこで、フロントに電話をして、「ひょっとして片付けてもらったゴミと一緒に捨てられたか見て欲しい」と。

親切にもすぐに「ありました〜」と旅館の人が持ってきてくれたのは、来てすぐに飲んだ薬の袋だけだった。

母曰く、「すいませんね、もういいです」と言いながら、まだ探していたようで、しばらくすると・・
「あった!」とバックの中から別に入れておいたと袋を取り出し
「すいませんでした」とフロントに電話をしていた・・やれやれ


画像


他に、「お好きなだけお持ちください」と柿が置いてあったり、湯上りに「紫蘇ジュース」が準備されていたり
大きすぎない家庭的で親切な宿でした

画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
やっぱり出ましたか!!。
そばの独鈷山の登山道にはやたらに「私有地に付き入るな」と言う看板が多く有り、おまけにロ−プがズーット張ってあります。これはきっと松茸山に違いないと思いつつ登っていました。子檀嶺山も同じくでした。このあたりの山では沢山採れる様です。ただ今年はかなり豊作で案外に値段は安いのだそうです。

ところで財布はありましたか??。
インレッド
2010/11/19 20:07
インレッドさん、こんばんは。
はい、出ました!(笑い)
電話で聞いた時は、全然松茸の産地だと知らずに食事のランクを上げたから、それ位出るのかな?くらいの気持ちでした。
宿の人の話では、言われる通り、今年は豊作だったそうですが、それもいっ時に採れるので、この時はもう終わりかけだったそうです。
帰ってくる国道254号だったか・・道路端にも売ってました。でも、日本製とは書いてなかったですけどね(笑い)
そうなんですか・・登山道にロープが・・
父も「昔はちょっと入れば、カマス一杯の松茸が取れた。でも伊勢湾台風からパッタリと取れなくなった」と話をしてました。
はい、財布は別に持っていて、持ったつもりのお金は、帰って見たら引き出しに入ったままでした。(笑い)
折角張り切って、「わしが出す」というつもりだったのに、帰ったら忘れたようでした。(>_<)
つれづれ
2010/11/19 22:59
あたりでよかったですね〜
マツタケはそんなに食べる機会がないですぅ。
お父さん大変ですね〜でも、そんな風なことは年とともに普通のことです。
安心するように話をすることは大変ですけれど・・・。
カマスいっぱいとれたっとかと言う言葉は秋田でも使いましたね〜
お料理とかサービスがいいのは何よりですね。
山形ママン
2010/11/20 22:41
アハハ、まさに珍道中ですね。でもやっているご本人は真剣そのものですから、おかしいと言えば失礼ですけどおかしいです(笑)。
いい宿のようですね。しかし、いつもいい宿を引き当てますねえ。素晴らしい嗅覚です(笑)。
ヒゲおやじ
2010/11/20 23:22
こんばんは。
ホント、いつも旅館やら行先など当たりますね。
さすがです。勘が働くのでしょうか?それとも幸運を引き寄せるのでしょうか。
お父様のこと、後になると楽しい笑い話になるんですけど、その時はそれどころではないですよね。
らんじゅ
2010/11/30 21:04
山形ママンさん、こんばんは。
すいませんm(__)mm(__)mm(__)m
コメントをいただいてながら、気づいてませんでしたm(__)m
私もこの日が今季の初物でした。
父の時代は贅沢に食べたものだったようですが、やはり高く売れもしたようです。年をとると思い込みが激しくなるようですね・・
病院でなくかかりつけの医者をと言っても変えないのも、そのひとつで、困ってます。
豪華ではないけど、気持ちのこもったもてなしで、いい旅館でした。
つれづれ
2010/11/30 22:25
ヒケおやじさん、こんばんは。
すいません。m(__)mm(__)mm(__)m
コメントをいただいてながら、気づかず、申し訳ありませんでした。m(__)m
ホントに、最近の父にしては珍しく真剣な面持ちでした。
それも、他に気を取られて忘れられるのでいいんですけど(笑い)
いえいえ、失敗も多くて、下手な鉄砲も・・ですね(笑い)
つれづれ
2010/11/30 22:29
らんじゃさん、こんばんは。
行き先も旅館も、当たりばかりではないと思いますが、後から思うと、それも良かったかな・・と思えてきます。
みんないい思い出になるんですね。(笑い)
それに、父のことも、お金はあったわけですから、今では笑い話です(笑い)
無かったら・・う〜ん、ちょっとショックでしょう(笑い)
つれづれ
2010/11/30 22:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
別所温泉の宿 10.11-3-4 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる