気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 信州から飛騨に・・10.11.3-4

<<   作成日時 : 2010/11/19 22:29   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14

別所温泉に泊まった翌朝、食事前に部屋から見えていた北向観音に・・

画像 画像


宿に着いてすぐに、宿の人から教えられた観音さま
北を向いているのは珍しく、善光寺の方を向いていて、厄払いのご利益があると聞いた。

でも、近くではあるが、坂を歩く必要があるので、父は行かないかと思っていたが、行くと言う。

若い頃から仕事一途で私にとっては怖いばかりの存在・・
信心深いという言葉とは程遠い人生のように感じていたが、
いつの頃からか、こうしたお寺や神社の類にお参りすると、相当の賽銭を上げては、
手を合わせて熱心にお参りするようになっていた。
86歳になった今では、毎朝目が覚めると、「また今日も生かせてもらった、有難い・・」と言っていると母から聞いた。

画像


宿を出てからは、朝市に寄った後、宿で教えてもらった常楽寺と安楽寺に・・
この辺りは信州の鎌倉と言われてるそうで、お寺が多く、歩いて参拝している廻っているシニアの方たちが
結構あったが、私達も両親が一緒でなかったら、歩いて廻ってみたいところでした。

画像 画像 画像


画像


その後、夫が上田城跡に行きたいと向かう
残念ながらお城は無かったけれど、お天気もよく、ホントに黄葉や紅葉がきれいでした。
町並みも歩いてみたいと思ったりしますが、これも両親が一緒なので、又の機会に・・

画像


その後はひたすら紅葉のきれいな中、上高地を目指します。

画像


途中国道254号を走っていると目の前に、白くなった山が見えて、又「見て見て」状態

画像


そして、トンネルを抜けると、ドン!と、蝶ヶ岳から常念、大天井岳の連山、右手の方には鹿島槍ケ岳や五竜岳、真っ白い姿を見せてくれた。

画像


画像


思わず車を止めて、外に出て眺める私達・・両親は車の中
不思議なもので、山が見えただけで得した気分になる。

画像



その後、長野道の梓川SAの横を通り・・と、この時に気が付いた

スキーに行く時通っている長野道で、休憩もする梓川SAだけど、この梓川って、あの上高地を流れている梓川と繋がっている?
そうだったのですね〜
あまりの景色の違い・・いえ、地図に疎い私の中で点と点が結びついた発見でした

その後、上高地までの道、紅葉の景色に飽きたか、両親は後ろの席で眠りこけている。

画像


「上高地、今日はきっと穂高がきれいに見えているよね〜」と私が言うと、
「バスに乗り換えて、ちょっと行ってみるか!」と、無理と判っているのに夫も返す。

途中でお昼が過ぎたので、今日もお蕎麦を食べて、また走って行くと・・「安房峠雪の為通行止め」の標識が。

私達はいつもこちらに来ると、トンネルは通らず、安房峠を越える。
理由はやっぱり焼岳や穂高が見えるし、この季節だったら素晴らしい紅葉が見ることができるので、
トンネルなんて、通.る気になれないからだが、通行止めは想定外・・がっかり・・

画像


見てみれば、なるほど上の方は雪で白くなって、積雪がありそう・・
それでも諦めきれない夫は、九十九折になった道を「通れるんじゃないか?」と上がっていく。
徐々に道にも雪があるようになり、焼岳登山口の10号カーブ辺りまでくると、道はガリガリ・・
夫は雪国育ちなので、多分行けるんだろうけどなぁ・・と言いつつ引き返し

画像


諦めてトンネルを通って、平湯へ・・

その後、高山の脇を通って、紅葉が素晴らしいせせらぎ街道に・・

画像


今回の旅行はイヤというほどの紅葉を見て、たくさんのお寺にもお参りできたし、霧氷も見れた・・
おまけに、帰りは、以前から母が是非もう一度と言っていた、関市にあるうなぎの「辻屋」にも寄れたし

また、ひとつ思い出を増やすことができました

そうそう、父の「お金がない!」騒動・・
帰ってから見てみると、ズボンどころか、まだ仕舞ったままで、置いてあったと。

やれやれ・・そんなことだろうと思った・・めでたし、めでたし・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
つれづれさん、こんばんは♪
けっこうな距離ではないですか!
うちの親はもうこんな距離は無理です。
お財布もあって良かったですね。
ほっとしました(笑)
うちの父は「記憶」を作る所が梗塞になったそうですが、
そんな医師の説明はなんのその。どんどん「記憶」を作って
います。
いつこ
2010/11/19 23:13
いつこさん、こんばんは。
早々とコメントをありがとうございます。
今回は2日間で700キロ弱位なので、我が家にしては普通です(笑い)
父や母も元々ドライブは好きな人たちなので、平気です。
車だと寝ていてもいいですし、両方が少し耳も遠くなってきているので、前の座席と後ろの座席では、それぞれが勝手なことを話していたりして。(笑い)
お父様の梗塞・・お医者様の見立て違いでよかったですね〜
あんなにいい所に住まわれていたら、出かけるより、いつこさんが顔を見せるだけで、充分孝行になりそうですね。(^_-)
つれづれ
2010/11/19 23:22
こんばんは〜。
やはり雪をいただく高山は良いですね〜。
別所温泉のお宿もたしかに良さそうですね〜。
うなぎの「辻屋」、うまいんですか〜、ぜひ行きたいです。
はやく日本に帰ってこんなドライブを楽しみたいもんです。
本読みと山歩き
2010/11/20 05:37
本読みと山歩きさん、こんばんは。
はい、今回の旅行は最初は南アルプスから始まって、中央アルプスから八ヶ岳そして、北アルプスまで、白くなった山々を見ることができて幸せでした。(笑い)これも、お天気がいいと余計に素晴らしい景色になりますよね。
別所温泉の宿も客室が少ないから静かで良かったです。
でも、宿の人の話では、この季節が1年で一番忙しい時期だそうで、やはり紅葉と松茸なんでしょうね・・是非、今度はご夫婦でお出かけください(^_-)
辻屋は美味しいのですが、以前より値上がりしていて、高いのがキズです。
うな丼の並で2300円でしたので、覚悟してお出かけください。(^^ゞ
いえいえ、日本は帰って来られたらいつでも行けますから、今はヨーロッパのあちこちを・・誰でも出来る体験ではありませんから、知らない読者の為に、ご紹介を楽しみにしてます。(^^)v
つれづれ
2010/11/20 22:25
この日も良いお天気に恵まれて、ドライブしただけでも十分に美しい山並みが楽しめましたね。
ほんとに美しいです。
上田城の紅葉も橋の下のケヤキ並木、大きな紅葉など思い出します。
御両親に良い思い出をプレゼントできてよかったですね〜旦那様にも感謝ですね。
実家の母は89歳ですが、もうどこへも行きたがらず、頑固になってきました。
出来るだけ里帰りするようにしていますが・・・。
山形ママン
2010/11/20 22:52
いやー、思わず身震いが出るほどの山の景色。感動してしまいました。
無事に旅を終えられて良かったですね。最高の思い出が、またひとつ。
ヒゲおやじ
2010/11/20 23:28
今晩は
安房峠は私もなるべくトンネルは通りたくないのですが、最近は無料なのでつい通ってしまいます。梓川は松本を過ぎると犀川になり、長野市で千曲川と合わさり信濃川になります。そして日本一の流域面積を持つ大河となり日本海にそそぎます。

   もとはアルプス 雪消のしずく 末は越後の 海となる
   槍で別れた梓と高瀬めぐり会うのが押野崎
                     ・・・・安曇野節より

   http://ymanotayori.at.webry.info/201005/article_3.html
インレッド
2010/11/21 17:58
山形ママンさん、こちらにもありがとうございます。m(__)m
ママンさんは、上田城跡でたくさん素敵な写真を撮られてますが、私は紅葉がきれいだったのに、いい写真がありません。
元々大したことないですが、年々下手になっていくようです(^_^;)
はい、夫のお陰で親孝行の真似事ができます。
きっとお母さんは、ママンさんの顔を見るのを楽しみにされていることでしょうね。私の父は、反対に頑固さが取れて、忘れることが多くなりました。
つれづれ
2010/11/21 21:49
ヒゲおやじさん、こちらにもありがとうございます。
はい、昨日写真をプリントして届けてきましたが、忘れることの多くなった父ですが、流石にこの景色は覚えていてくれました。
少しでも感動できることが多ければ、それだけ幸せで、行ってきて良かったと思っています。
つれづれ
2010/11/21 21:54
インレッドさん、こんばんは。
そんなんですよね・・今は試験的に無料になっているようですが、夫は雪位なら・・と峠超えをするつもりのようでした。でも、九十九折れの道でパトロールの人に、「どんな具合ですか?」と一応聞いた所、門が閉ざされていると聞いて諦めたのでした。(^_^;)
そうでしたか!!あの信濃川になるのですか!知りませんでした(^_^;)
今記事を見せていただいて、感激してしまいました。
あんなに蛇行していることも知りませんでしたし、梓川の川の変遷も知りませんでした。
いっぱい教えていただいて、ありがとうございましたm(__)m
つれづれ
2010/11/21 22:19
つれづれさんの親孝行旅、まとめてみんな読ませていただきました。
そして心がほっこりし、涙が出てしまいました。
私の父はかなり認知症が進み、一昨年までは毎年温泉旅行に連れて行っていましたが、昨年からは家を出るのを拒否し遠出できなくなりました。
もし叶うならまたお金を出してもらって(笑)珍道中の温泉旅をしたいです。
アルプス、八ヶ岳・・真っ白な山と紅葉を堪能できてよかったですね。
バラクラは花の季節は素晴らしかったですよ。女性ガーデナーさん達がいっぱい来てました。雪の季節にはまた信州や越後にスキーにお越しください♪
けっこちゃーん
2010/11/23 12:04
けっこちゃ−ん、こんばんは〜
いえいえ、親孝行と言うより・・子孝行と言える旅行です。
ただ、こんな風に、夫から言ってくれるので、ありがたいと思っています。
そうですか・・けっこちゃ−んも、お辛いですね。
我が家もそうですが、どんどんと年老っていく親を見るのは複雑な思いですよね。私の父は180センチを超える体格のいい人だったのですが、先日もこの時の写真を見て、自分で背中が丸くなって・・と言ってました。
今できることをしていくことが、親も喜んでくれることなのでしょうね。
山はやっぱりいいですね〜
けっこちゃ−んも同じでしょうが、山が見えるだけで嬉しくなってしまってしまいます(笑い)
今日も、1月の連休、夫の仕事が入らなければ、どこに行こうかと話をしていた所でした。一応予約だけでもしておかないと・・と夫は言ってますが、私はそろそろスキーでなく温泉だけでもいいんですけど(笑い)
つれづれ
2010/11/23 22:57
霧氷に松茸に鰻ですって?
なんとまあ贅沢な旅行です。
それとお元気なご両親と一緒だなんてそれまたうらやましい、最高の贅沢です。
らんじゅ
2010/11/30 21:19
らんじゅさん、たくさんのコメントをありがとうございます。
贅沢でしょ〜?(笑い)それに、温泉もついてます。(^^ゞ
初秋に入院をした父ですから、いつどんなことがあっても不思議無いのでできるうちにと思ってます。
でも、いい時ばかりでは無く、今夜も母から電話があって、父が元気がないので、明日病院に付き添うことにしました。
よくあることなので、又すぐに良くなるだろうと思ってますが、年齢が年齢ですから・・娘が付き添うのが一番良いようなので、行ってきます。
つれづれ
2010/11/30 22:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
信州から飛騨に・・10.11.3-4 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる