気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 北陸へ 旅行前夜・・10.11.27-28

<<   作成日時 : 2010/12/06 21:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

このところ、休日は出かけてばかりいるようで、家のことはさっぱり・・

でも、我が家の猫、さくらの巨大結腸症の2度の手術であたふたと過ごして1か月だったし、
玉ねぎの苗を今年は650本ほど植えたし、
はたまた、お嫁さんのつわりが治まるまでと届けていた夕食は、遅くに帰って幼子を待たせて作る夕食も大変だろうと、今も作って届けている生活をしてます。
と一応言い訳をしておいて・・

そんな生活にも負けず?、我が家は片手間農夫から解放されるこれから春先までが遊ぶ季節のなので、
また出かけてきました。


前回は私の両親と一緒だったので、今回は義母と一緒に・・。

と言っても、去年は三人で新穂高温泉旅行でしたが、今年は4人で・・。
義妹も一緒にです。

それと言うのも、もうそろそろ亡くなって3年になるので義父のお骨を永平寺に納めたい・・という夫の意向があって、
旅行ついでに、納骨を・・いえ、納骨のついでに温泉に泊まってこようか・・ということになったのでした。

画像


でも、それに際して私の心配は、義父のお骨が仏壇から無くなると、義母が寂しくなるのでは?ということ。
私ならきっと、自分が亡くなるまで一緒に置いておきたい気がするし、見ず知らずの所に行くなら同じ時に納めに行って欲しいと思うような気がする。
でも、義母曰く、「納めれば安気になる」と言うので、それなら・・と。

でも、今度はふと疑問が私の中に沸いてきた。
お骨って、どうして永平寺に納めるの?
そりゃ、我が家は曹洞宗だけど、これまでそうしたことをしてきたのか?
その意味は?

夫に聞いても、お墓に納めた他に分骨が仏壇にあるから・・というだけ。
そして、夫の従兄が数年前に同じように納骨をしてきたから・・と。

なんだか、納得できず、義母に聞くも、判らない。
義父の前の代までは、土葬だったので、当然納骨は無かったとのこと。

従兄に聞いても、「何でかしらんが、したくなかったら、しなくてもいいんだよ」と言われたという。
我が家が檀家であるお坊さんに聞いてみたら?と言っても、聞く必要ないと言うし、
京都でお坊さんをしている夫の従兄に聞いてみたら?と言っても、聞く必要ない・・と言う。

う〜ん・・納得できない・・
でも、夫の父のことなので、私が口を挟むことでもないし、仰せに従うことにした。

画像




さて、そうと決まったら、永平寺なら今年は北陸の温泉にしよう!
それじゃ、宿泊地をきめなくちゃ!と、今回は珍しく1週間前に手をつけた。

義妹とは、以前から一緒に旅行をしよう〜と誘っていた仲なので、全然違和感なし・・
ご主人も誘ったのだが、仕事とのことで、結局4人の予約を取る事になった。

永平寺は我が家から、充分日帰り圏だけど、北陸の温泉を中心にざっと見てみると、
この季節、北陸は「かに料理」がメインになるからか、宿泊料が高いのが目について、
とても泊まれそうな価格でない気がしてくる。

で、その次に、以前に記事にした「婦人画報」の「今泊まりたい宿」を参考に・・
北陸というと限られてきて、その中で12人の有名人が推薦する宿のページから
粟津温泉の「○師」が目に泊まり、ネットでチェックすると、
「日本で一番古い宿」でギネスにも載っていると書かれている

その中でも、やはり、「かに」がつくと高くなるが、そうでないプランで
「リーズナブルに○師に泊まれる・・」というのが目について見ると、
☆五つランクの部屋が4名の場合、一人2万円とある。

この「リーズナブル」と「☆五つ」という言葉に、2万円でリーズナブルなんて、どんな旅館だろう??
☆五つの部屋って、どんな部屋なんだろう??と思ったら、「かに」に比べれば、安いかも、エイ!と予約していた。

それに古い建築物は夫も興味あるだろうし、一応押さえておいて、ダメなら他に探せばいいや・・
キャンセル料は3日前までかからないし・・と思っていた。

夫に話すと、「いいんじゃない」と言う

でも、その後、他にもう少し安い所を探し出して、提案するも、この前の所でいいじゃない・・
と他人事のように言うので、仰せの通り粟津温泉に決まった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
冬の北陸といえば、温泉とカニですね!
粟津温泉ですか!? 渋い温泉地を選ばれましたね。
北陸本線を旅した時に通り過ぎただけの思い出しかありません。
このあたりの温泉のある駅は風情があるので好きなんです。
歴史があることは知っていましたが、「日本一古い宿」があるとは知りませんでした。楽しみにしております。
本読みと山歩き
2010/12/07 05:00
本読みと山歩きさん、おはようございます。
そうなんです・・探してみると、カニカニカニ・・とカニだらけでした。
義妹に相談してみるも、「カニでなくてもいいんじゃない?食べるのは面倒だし」と言われて、探しました(笑い)
でも、最近旅番組で25000円ほどで、カニ三昧の旅館の食事を見ていたら、いかにも美味しそうで、こんな経験も良かったかも・・な〜んて言い合ってました。
この辺りはたくさんの温泉地があって、私ネットで予約したのでどこの温泉かはあまり固執してなくて、当日も芦原温泉と間違えてました。
ナビには電話番号で入れたので良かったですが、じゃなかったら全然違う温泉に行ってたことになります(笑い)
旅館の前に・・永平寺で感動しましたので、書きたいと思ってますので、又良かったら読んでください。(^^ゞ
つれづれ
2010/12/07 09:16
わぁ〜楽しみ〜〜〜〜早く次!次の記事〜〜〜〜
○師のことは聞いたことがありますが、蟹なしで2万ですかぁ〜(-_-;)つれづれさん太っ〜〜〜〜腹!!
失礼しましたm(__)m
話はかわりますが、実は私も生徒さんが何度か「京都へ納骨に行くの〜」とか「永平寺へ納骨に行くの〜」とか聞くたびに「納骨ってお墓に入れるだけじゃないの?」みたいな疑問を持っておりましたが、いい年をしてあまり大っぴらに聞くことも出来ず「大変ですねぇ〜」くらいにこたえていました。どこかでわかったら是非教えて〜m(__)m 
patyoko
2010/12/07 13:08
分骨するということなのですか?
私もまったく知らないことだらけです。

永平寺とはあのNHKの行く年来る年に出てくるお寺ですか?

いつも聡明なつれづれさんの旅行への気配り!
つれづれ家の旅行記はまたまた楽しみです。
らんじゅ
2010/12/07 20:49
patyokoさん、こんばんは〜
我が家では2万円の線はネックで、太〜い線が引かれています。
春に記事にした辰口温泉の棚ぼたの旅館も3万が2万になって、すごくお得感が出て決めたのでした。
私も以前粟津温泉に行ってきたと言ったら、○師に泊まってきたの?と言われたことがあって、まさか〜と言ったのでした(^_^;)
私も何故永平寺に?と疑問でしたが、行ってみて判る気がしました。
でも、それは私が感じただけで、だからするのだ・・ということは、未だに判らずです。(>_<)
昔のお年寄りは何を聞いても知っていたのに、この年になっても私何も知らないなぁと思うこの頃です。
つれづれ
2010/12/07 21:49
そうですか。お骨もそうですが、いまやお墓の継承が大問題になっていますね。少子化の上に子供が地元を離れてしまって、どうしようもなくなっています。それはともかく、今度は何やらすごい旅館をゲットしたようですね。
この後が楽しみです。
ヒゲおやじ
2010/12/07 23:51
らんじゅさん、こんばんは。
はい、義父のお骨はお墓にも入ってますし、一部は義父の願いで山に散骨もしました。そしてもうひとつ仏壇にあったものを分骨として永平寺に納骨してきたのです。
はい、あの福井県にある有名な曹洞宗の大本山という・・たくさんの若い僧侶が修行をしている永平寺です。
夫の縁戚は何故かお坊さん、それも禅宗ばかりで、そんな関係かなぁ?とも思うのですが、肝心の夫がその意味を知りません(^_^;)
聡明はちと良すぎ、好奇心旺盛くらいにしておいて下さいませ(^^ゞ
なんだか、最近アップするのは旅行記ばかりですが、お付き合いありがとうございます。
つれづれ
2010/12/07 23:57
ヒゲおやじさん、こんばんは。
知っている人が生きている間はお骨も残っていても、供養してもらえるのでしょうが、2代下になると、もう忘れられた存在になってしまうのでしょうね。
お墓は去年、それまで13くらいあったものを集めて傍らに置き、ちょっと大きめの先祖代々の墓を作りました。
でも、私も思うのですが、とても山の中なので、いつまで続くやら・・
その時には、もう私は居ないのですから、後の人に任せます(笑い)
宿・・すごいと言えるかどうか・・又お付き合い、ありがとうございます。(^_^;)
つれづれ
2010/12/08 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
北陸へ 旅行前夜・・10.11.27-28 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる