気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京!2日目 11.2.5-6

<<   作成日時 : 2011/02/17 12:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 20

東京、2日目・・
流石にこの季節、東京と言えども、朝の空気はピンとして清々しいなぁと感じながら、
この日の朝食は、ホテルを出て、近くのコーヒーショップでとってから赤坂目附の駅へ

夫は、中学の修学旅行の時に、霞ヶ関ビルを見て、こんな建築物が作ってみたい!と思い、その夢を叶えるべく建築の勉強をし、資格も取ったという人なので、東京の建築物には思い入れがあるのか、何も知らない私に、あれが「赤坂プリンス」ここに「ホテルニューオオタニ」がある・・ん?「鹿島」の本社が今建築中になっている・・などなどガイドさんのように歩きながら説明してくれる。

その目の前の大きく立派な「赤坂プリンス」がもうすぐ壊されると教えられ、ニュースで聞いてはいたが、
現実にその建物の大きさを見て、どうして、こんな立派できれいな建物を?なんと東京という所は不可解なことをする所・・と、田舎から出てきた私には思えてきたりする。

画像


この日の予定は、その夫が興味を持っている建築物を見ることにしていた。

最初に目黒にある雅叙園に・・

よくいろんなツアーに組み込まれていて、その華やかな建物を一度見てみたいと思っていたが、団体だけでなく
個人も見学できると知って、行くことにした。

目黒の駅から10分ほど歩くと、意外にも近代的な建物があって、その玄関で入場料を払うと、びっくりするほどの螺鈿の装飾がされたエレベーターに案内されて会場に・・

丁度、この季節、山形のお雛様が集められ、文化財の百段階段の部屋に飾って展示されてました。

残念ながら、写真撮影は禁止されていたが、好みかどうかは別にして、その部屋の造りも装飾も豪華なこと・・
そして、その和室と少し古びたお雛様の似合うこと・・

画像

画像


この建物は昭和の初めに建てられた料亭のようで、ここでも夫はその部屋の賑やか過ぎるほどの絵や装飾より、材料や造作の細部まで気になるようで、「ちょっとここを見て・・」といかに大変な作り方をしてあるか説明してくれるので、その当時の職人技のすごさを感じながら・・

でも、ここで食事をしたいか・・と問われると、ちょっと落ち着かないような気もしたり・・

まだ、朝9時すぎくらいだったが、お雛様の展示のせいか、圧倒的に女性の見学者が多くて、時間がたてばもっと混雑も予想できた。

入場料の1500円はちょっと高いかな?と思ったりしたが、それを維持していくだけでも大変なことも想像できるし、帰りは目黒駅まで無料バスが出ていて、坂道を登って戻ることを思うと有難かった。

その後、同じ目黒にある、東京都庭園美術館に・・
目黒駅から、雅叙園とは反対方向に歩いて・・やはり10分ほどのところにあった。

画像


ここでも展示物でなく、建物「旧朝香宮邸」に自ずと興味が沸いてくる・・
家で東京の情報を集めていて、この建物を見たいと思ったが、美術館の為、果たしてどれほど見学できるのか?と
迷っていた時、いつもブログを読ませていただいている「aostaさん」が丁度見学をされたことを丁寧な記事にされていて、これなら見たい!と背中を押していただいた。

昭和8年にアールデコの様式を取り入れて、皇族である「朝香宮邸」が建てられた。
終戦後に、廃籍された後は、首相官邸や、迎賓館にも使われた建物で、今は美術館として東京都が管理しているそうです。
画像

画像



行くと、外からみた感じは、とても簡素で皇族の住まいとは思えなかったが、中に入ると素晴らしい・・

この日は建物の公開では無く、美術品の展示がされて、写真撮影は禁止されていたし、展示物の為に隠れている部分も多く残念だったが、そこここに、今でも充分斬新と言うか、すてきなデザインが配されていて、不躾にもそこここに立っている学芸員の方に、あれこれ質問をしたりして、感嘆してきました。

扉の蝶番からノブ、ガラスの模様、壁の色にシャンデリア・・どれもが今見ても古さを感じない、素敵なデザインがされている。
二階には殿下の居室、寝室、妃殿下の居室寝室、それにサンデッキ・・
どちらかと言うと、夫は建物やその造作、私はこのお屋敷に住んでいた人に思いを馳せながら・・

あまりに、興味を持って見ているので、ある年配の学芸員さんが、
この美術館は、10月頃から2年半の間、閉館する予定がありますが、その前にもう一度位は建物の見学会が
あると思います
」と教えて下さった。

私の説明では、その素晴らしさは伝えきれませんが、aosteさんの5話の記事や写真からは、その素晴らしさがとてもよく伝わってきて、又その見学会に行きたくなってきます。
 
でも、数少ない上京の中で、これだけ見れただけでも充分、2人とも大満足でした。

その後、芝生の広々した庭や、梅の花が咲いている茶室のある庭を廻ってみたりして・・
お昼頃、いいものを見ることができた・・と話しながらこの美術館を後にしました。

画像



お昼・・白金台の駅まで歩いている時に、「お腹がすいたから、浅草に行こう!」と夫。
  どうして浅草  
地図的に見ると、白金台は左下、浅草は右上で一番遠い所にあるような気がするけど・・と私が言うも、
さっさと行き先を決めてメトロに・・

浅草に着いてみると、なんともすごい人・・
駅を降りた途端、雑踏というか、人を避けて歩くのが大変なほどの人出で、前に進むのも大変
仲見世・・なんて、人の頭ばかりしか見えず、お店など覗きもできないほど。

途中からわき道に入って探したが、中々夫の気にいる食べるお店が見つからない。
夫曰く食べたいのは「美味しそうな天丼」と言う。

結果、お蕎麦屋さんに入って、夫は天丼、私は親子丼を食べたが、だったら別に浅草で無くても良かったなぁ・・とはその後の夫の談。

夫的には浅草寺は、近代的な建物で、全然興味が沸かない・・と言うので、食べただけで次の予定地の
東京駅へ・・

私としては、目黒の後に、この東京駅前の丸ビルなどの近代的なビル群や、そこここにある美術館を見る予定を立てて、どこかで美味しい物でも・・と思っていたのに・・。

そこで最初に行ったのは、これまたいつも読ませていただいているpatyokoさんが少し前に行かれたと記事にされていた三菱一号館美術館

画像


ここもどちらかと言うと、美術展示物より、レトロなレンガ造りの建物が見たいと。

でも、まず最初に受付で聞いたのは、ネットで調べていて見つけた、この
東京駅周辺美術館MAPのこと

画像


東京駅周辺にある4館(ブリジストン・三井・三菱・出光)の美術館においてあり、このMAPを持っていると、2館目からは割引されるという情報をネットで見つけていたので、これは利用するべし・・と思っていた。

それで、この三菱一号館美術館の受付で聞いて手に入れた。
ただし、美術館の見えるところに置かれてある・・と書かれていたが、見つけられず、受付で説明してやっと出してもらえた感じなので、勇気を出して聞くことが必要。

この美術館も入ってみると、とてもすごい人でした。

私は美術館に入ると、順序より空いている絵から見よう!と思うが、空いている絵が無い・・
だから、仕方なく順番に絵を見ていこうと思っても、遅々として進まない・・

東京は人が多いので必然的に見たい人も多く、何でもこんなに混雑するのかなぁ・・と、この時も思ったりしたが、そんな中で、夫の進むのが早いこと早いこと・・ほとんど見てない

後で曰く、全然今回の絵に興味が無かったと。

その後に、今度は歩いて10分ほどの出光美術館
ここでは、三菱一号美術館よりまだ夫が興味のある、尾形光琳など和の展示がされている。

画像


行くと帝国劇場の隣にあったが、美術館然としてなくて、ビルの一角に入る感じで、空いていそう・・とエレベーターに乗った。

が、降りると、これまたすごい人
奥まで見渡せる展示場に、いっぱいの人が・・・
ここで、先の地図を見せると、入場料が200円割引・・2人なので400円と言うと、ちょっと得した気分

こちらの展示物は夫の興味の範疇なのでゆっくり見はじめる。
私はと言えば、興味はあるが、あまりの混雑とこれまでの疲れで、一通りは見たが、ゆっくりもじっくりも見る気になれないで、早々に皇居が見渡せる休憩所でお茶を頂いていた。

そして、午後5時・・閉館のアナウンスがあった頃に出て、近代的なビル群の中を歩いて行くが、この街並みに東京の威力をまざまざと見せつけられ、私は「すごいね〜流石東京だね〜」と感心しきりだった。

が、夫は
「人間は不遜だなぁ〜こんな高い建物を建てて・・何があっても不思議ないのに、といつも思う。
あくまで計算上は問題ないから作っているが、そんなもの計算上だけで、計算以外のことが起こったら、どうなるか判らない」と言うのを聞くと、そうかなぁ・・そうかも・・と、妙に真実のように聞こえてくる。

画像


その後、丸ビルも行ってはみたが、二人の興味があるショップが見つけられないし、疲れてきて、もうどうでもいい気になってきて、結果、8時20分ののぞみに乗るまで、東京駅の駅ナカでお茶を飲んだり、お土産を買ったりして、長〜い時間を潰す羽目になった。

反省・・ちょっと無理かも・・と思いつつ、欲張って計画を立てたけど、自分の体力も考えて、帰りは4時台の新幹線にしておけばよかった

家に帰りついたのは、午後10時45分で、人の多さにも時間にも疲れて、もう東京はしばらくはいいわ・・
やっぱり私は自然の中がいい、な〜んて思ったりしたが、こうして書いていると、又行きたくなってくるから、不思議な所です・・東京は・・








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
東京ですか〜。ゆっくり歩いてみたいな〜とは思っていますが、なかなか実現せず。
人が多いので、美術館もりっぱなものが多いでしょうね。
出光美術館なんて良さそうです。尾形光琳! 見てみたい!
東京は仕事でしかいかないので、ゆっくりはとバスにも乗ってみたいです。
 大阪人はアンチ東京の人間が多く、私も例外ではないのですが、
ここまで街が巨大になると、おもしろい所がたくさんありますね〜。(笑)
本読みと山歩き
2011/02/17 23:00
本読みと山歩きさん、こんばんは。
東京は中々でも、京都はもう何度も行かれて、それも羨ましいです(^.^)
それが、民間の美術館は美術館然としてない所が結構あるような気がします。
三菱も出光も、確か20年前に行ったブリジストンも、「え?ここが美術館?」と思いました。
聞いてはいましたが、東京は人が多いので、競争率?が激しく、見るのが大変のような気がします。「お江」の企画展などは、この程度の展示で、こんなに人が?と思ってしまいました。(^^ゞ
ホントは2日目は、日帰りのはとバスで日光に行くことも候補だったのですが、帰りの時間に間に合うか微妙な時間でしたから、安全策をとりました。
大阪人が東京に行かれて、どんな風に思われるか・・又聞かせてくださいませ。
つれづれ
2011/02/18 20:41
こんばんは。
すごい距離を歩かれましたよね。いつもタフなつれづれ家、どんな工程なのか楽しみです。実質的な距離はさほどでもなくても東京の場合×混雑具合=トータルの距離になりますので疲れますよ。(苦笑
旧浅香宮邸は以前中を見たことがあります。古き良き時代の素晴らしい建物ですね。
もっと以前には、この庭園美術館自体が白金プリンスホテルだったのです。
そこのプールにまだ歩かない幼児だった息子を連れて行ったことがあり、鮮明に覚えているんですが。プリンスホテルは都に売却されたのですね?!そして赤坂プリンス、あのような高層ホテルがまだ新しいのに壊されるのは驚きですが、外資ホテルが多い東京、生き残りをかけるのは大変なのでしょうかね。

土日の東京でしたか?混んで大変だったのではないでしょうか。美術館は本当に疲れます、人の頭を見てるだけですから。平日を狙ってください。
らんじゅ
2011/02/18 22:38
つれづれさん、リンクにTBをありがとうございました。
実は昨日お邪魔して、コメントを描いたのですが、送信時の手違いで、全部消えてしまい、再度のキーインの気力が失せてそのまま失礼してしまったというお粗末さでした<m(__)m> 庭園美術館、御主人さまと楽しまれた御様子、何よりでした。
私も「材料や造作の細部まで気になる」たちなので、学芸員さんやスタッフのかたたちにはずいぶんお世話になりました。
戦後、朝香宮邸と購入したのは西武グループでしたので、らんじゅ様のおっしゃられる通り白金プリンスホテルになったようですね。

ブリジストン、出光も好きな美術館です。
出光と言えば、ちょっと都心を離れますが、三鷹の中近東文化センターも素晴らしいですよ。古代メソポタミアの神殿をイメージしたと言う建物も面白いです。
ミュージアム・ショップも充実しています♪
何より、人が少ないのが一番嬉しい(笑)。
aosta
2011/02/19 05:31
らんじゅさん、こんばんは。
そうでしたか・・確か学芸員の方が西武グループの結婚式場に・・とおっしゃってた気がしますが、プリンスホテルになっていたのですね。
らんじゅさん、あの時代に子供さんを連れて、ホテルのプールに・・ですか!
ちょっと、私の廻りには無いタイプのらんじゅ家ですね(^_-)
この日は出光美術館に行く前に、バックの中の万歩計は1万6千歩になってました。
あちこちの美術館では、バックは預けて持って歩かなかったのに・・です(^_^;)
やはり、自分の年とも相談して計画を立てなくちゃいけないですね。
はい、土日でした。
ブリジストンも行きたかったのですが、残念でした。
三井美術館は、あの日は休館でしたが、確か今は「三井家のお雛様」の展示がされていると思いますが、それも見たかったです〜
つれづれ
2011/02/19 22:30
aostaさん、こんばんは。
ここ数日、ビッグローブの調子があまり良くなかったですね・・
折角書いていただいたのに、お手数をかけました。
こちらこそ、あの記事を見せていただいたから、見学できた美術館でした。
ほんとにありがとうございました。
ああした造作など、今の日本人に出来るのか・・技術を残すことができるのか疑問ですよね・・
無くなるとしたら、とてももったいないことだと思うのですが・・
ブリジストンは20年前にたまたま入った美術館でしたが、その時に買ったピカソの絵「腕を組む軽業師」(もちろん複製画)が、今も我が家には掛けてあります。(途中で変えたりはしてますが)
そうしたら、最近その絵がこの美術館のチラシの絵になっていたので、長い時間が経ったはずなのに、いい物は変わらない・・と自分の身で実感した所です。
今回一番行ってみたかったのは、白州次郎の「武相荘」だったのですが、調べたら遠い感じだったので、諦めました。
三鷹がどの辺りか判りませんが、「中近東文化センター」・・覚えておきます。
つれづれ
2011/02/19 22:46
たまにはこんなTOKYO歩きもいいですね、充実した2日間でしたねェ、流石・・・雅叙園は訪れてみたいです。
写真も素敵ですよ〜〜。
soreiyu
2011/02/20 17:02
soreiyuさん、こんばんは。
はい、ちょっと充実しすぎて、疲れてしまいました。
いつも、soreiyuさんも歩かれますが、この日はきっと山歩きほど歩いたと思います。でも、最後には山より疲れて歩くのがイヤになってしまいました(笑)
雅叙園と東京都庭園美術館は、同じ頃に出来、両方お金をかけて立派には違いないのですが、間逆の感じです。
是非お出かけください。きっと驚かれると思います(^_-)
つれづれ
2011/02/20 21:50
たまに行ってみたくなりますよね。TOKYO
以前つれづれさんと同じように旦那の出張日に一緒に東京に行き、あっちこっちの美術館を見て夕方合流し、お台場で夜景見ながら夕食をとりました。でも田舎のネズミには何処に行っても人の多さで疲れちゃった。
私も適度の時間だけ行って帰ってくるのがいいみたいです。
けっこちゃーん
2011/02/22 10:15
こんにちは。
すご〜い!精力的に美術館を回られたんですね!
旧朝香宮邸は外観と中の様子ががらっと違っているんですねそれは私も見てみたいな〜と思いました。
東京はどこへ行っても人の多さに参ります。30代の私ですらそうです 東京育ちの人には当たり前のことなのでしょうが、なんせ田舎育ちなので、なかなか慣れません〜 でも、東京だからこそ…のビッグなイベントもあったりしますし、やっぱりその点は魅力的ですね… (先日、世界らん展を見にいってきましたが、やっぱり規模も大きくて素晴らしかったです
remi
2011/02/22 11:11
ずいぶんと強行手段でしたね。お疲れ様でした。東京の人は歩くのが早いでしょう?雑踏の中を歩くだけでも疲れるという人がいますね。そんな中で(半江戸っ子)育ってきた自分は、勿論自然の中も好きだけど、都会の中も大好きです。自然の中に入れば野生児?とも思える行動をしたり、都会の雑踏でも颯爽と・・(今は人を避けるのがヘタになりました) 土日は休みの街も多いけど今でも日本橋辺りに戻りたいと思うほどです。
mint
2011/02/22 14:03
けっこちゃ−ん、こんばんは。
山形ママンさんもですが、けっこちゃ−んも、同じことをされていたのですね。
私ももっと早くに気づけば良かったなぁなんて思ったり(笑)
そうですね・・あの東京駅の雑踏のすごさ。びっくりしましたが、平日だったらもっとすごいのでしょうね。
はい、これからは、私も自分の年齢も考えて、いつまでも若くないのだから、適度な時間にしておきます。(^_^;)
つれづれ
2011/02/22 23:11
remiさん、こんばんは。
ちょっと頑張りすぎてしまいました。
行く前は、その時は端折ればいいわ・・と思っていたのですが、最後に疲れきらないと、止められないのが、欲張りですね〜(笑)
はい、aostaさんのブログには写真がありますが、ホントに見事なデザインを見ることができましたから、是非・・あ!是非建物の公開の時にいらして下さい。
ビッグなイベントが多いのは流石ですね。
何故か、名古屋は飛ばされることも多いですから(笑)
でも、確かラン展は以前、名古屋でもあったようで、友達が行きましたが、やはり東京都は規模が違うのかもしれないですね。
折角、都会に住まわれているのですから、それを生かして、いっぱい見て紹介して下さいね。あ、でも体調にはくれぐれも注意してください(^_-)
つれづれ
2011/02/22 23:18
mintさん、こんばんは。
はい、早いですし、すり抜けるのが上手い。(笑)
夫とも話していたのですが、田舎に住んでいれば当たり前の景色でも、こんなに都会に住んでいると、自然がいっぱいというだけで、いいなぁと思えるのは当たり前かもしれない・・と。
でも、やはり都会で生まれ育った方には、そこが故郷で、忘れられない土地なのですよね。
それぞれの良さがあるのでしょうが、まだまだ都会に憧れがあります。
今度は下町と言われるような所も歩いてみたいですね。
つれづれ
2011/02/22 23:27
ま〜よく歩きましたね。
ママンも美術館めぐりをしたくて、いつも計画には入れるのですが、人垣が怖くて、つい郊外の一箇所にしてしまいます。
雅叙園は是非見てみたいところです。最近は都内の歴史あるデパートの建築様式が大変注目されていて、TVでも見たことが有りますが・・・、建築としての目で建物を見るという旦那様はすごいなぁ。

山形ママン
2011/02/26 22:08
あらー、今回はいつもとは違うパターンでしたね。
東京は移動は簡単なのですが、歩き回ると疲れます。あまり欲をかかないでゆっくり見る方がよさそうですね。
ヒゲおやじ
2011/02/27 22:31
山形ママンさん、こんにちは。
はい、今回はママンさんに負けないくらい歩きましたね・・二日目は多分2万歩は越えていたかと思います。
都会は山を歩くのとは違いますからね・・
雅叙園は、すごいですよ〜お金に任せて作ったという感じです。
ただ、好みかどうかは・・ちょっとその部屋にもよります(^^ゞ
一度見られたらいいと思います。その時その時でテーマを設けて展示されているようですから、東京に行かれたついでに是非どうぞ。
女性は情緒的に見るような気がしますが、男性はきっと見方が違うのでしょう。
興味のあることは聞いて、興味の無いことは聞き流しています(^_-)
つれづれ
2011/02/28 13:00
ヒゲおやじさん、こんにちは。
久しぶりの都会は、こんなパターンでしたが、今になってみると行ってみて良かった〜、又行きたいなぁ〜と思えてきます(^^ゞ
そうなんですよ・・偶にしか行けないからと欲張りすぎました
行く前から判っていて、チョイスすればいいわ・・と思っていたんですけどね・・
又行く機会があれば、もう少し重点的に見るようにしようと思ってます
(^_-)
つれづれ
2011/02/28 13:08
遅くにお邪魔しますm(__)m
東京、本当にあちこち行かれたんですね〜さすが!もう完全なマグロ奥様ですね(笑)
実は私、東京へ行ったら庭園美術館へ行くつもりだったんです。以前アールデコのキルトを作ろうと色々調べていて横浜の氷川丸と共にチャンスがあればいつか見たい!と思ってました。それが有ろうことかあの時は1週間くらい美術館が休館で庭園だけなら見られるようでしたが、私の見たかったのは室内のアールデコの様式の細部だったので諦めました(T_T)
カンディンスキーは私もどちらかというとお呼びじゃない(笑)それに名古屋に回ってきてましたね。。。そっちの方が安かったし(笑)
いいMAPが有ったんですね。。。全然知らなかったなぁ〜(-_-;)つれづれさんは研究熱心ですね。今度東京への機会が有ったら是非ご一緒していただきたいワァ〜(●^o^●)
patyoko
2011/03/05 20:22
patyokoさん、こんばんは〜
いえ、私もマグロかと思ったのですが、よく考えてみると、夫は何に関してもマグロ状態ですが、私の場合は自分の好きなことに関してだけマグロ状態でした。(^^ゞ
あら〜私は偶々見つけただけでしたが、庭園美術館、ご存知でしたか。
ここが一番良かったような気がします。
10月から2年半も休館の予定だそうですから、その前に機会があればいいですね。
私が一番見たいと思ったのが三井美術館のお雛様でしたが、ここも丁度休館中だったですから、上手く行かないものですね。
patyokoさんもカンディンスキー、好みでは無かったですか・・見てみないと判らないから仕方ないですが、あの倉庫のようなレンガ造りの建物も、復元された建物だそうで、靴音が気になったことだけ覚えてます(^^ゞ
そうなんです、名古屋にも来ましたね・・それに出光美術館の企画展も確か名古屋に来たような・・^_^;え?名古屋の方が安いのは知りませんでした
何せ私の場合は20年ぶりですから、研究も熱心になります。(笑)
はい、これでちょっと癖になったりして・・その時はよろしくお願いしま〜す
つれづれ
2011/03/06 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京!2日目 11.2.5-6 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる