気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 北の地へ・・

<<   作成日時 : 2011/05/01 21:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

「バァバ、おしっこもれちゃった〜」とトイレから4歳の孫Rちゃんの声がする。

「え〜、テレビに夢中になって行くのが遅いからよ」と言いながら、彼女を抱えてお風呂場に行き
洗って「はい、どうぞ」と可愛いお尻を軽くたたいた後、トイレの掃除をしていると
「バァバ、何かぶくぶくいってる」と、又大きな声が・・

「あ!そうだった」と台所に行くと、お湯が煮えたぎっている。
危ない危ない・・2歳のAちゃんも居ることだし、火傷をさせなくてよかった〜とホッとする


3月11日に、想像もできなかった大震災、そしてその後の原発事故で未だにどんよりした空気に包まれている日本ですが、それでも、子供たちはあくまで無邪気であり、あんなに大災害があったに関わらず時間は確実に過ぎていき、気持ちは被災地とあっても、あたふたとした毎日を過ごしています。


3月11日・・
私はこの日、早朝に主人の妹から体調が悪いという電話があり駆けつけた為、会社を休んでいました。
付き添って受診した結果、高血圧という診断を受け、彼女を自宅に送った後、
私もなんだか今年になって疲れがとれにくく、この日も横になっていた時、家が揺れた。

思わずテーブルの下に潜り込んだ後、テレビをつけると、普段の日なら仕事をしていて見ることがなかったはずの、あの悲惨な津波の状況を、ホントに起きている事実、それをリアルタイムで見ていることの事実も信じられず、言葉も無く、ひとりで釘付けになって見ることになった日だった。

その後は、多くの方からも聞くように、テレビを見ても、涙が出ないことが無いほどの毎日だったが、被災地はあまりにも遠くて、何もできない無力感を感じて、何もしても宙の上を歩いているような落ち着かない日々を過ごしていた。


そんなある日・・震災から一週間ほどした夜、娘から電話があり、友達夫妻の奥様の実家が、陸前高田で、
やっとのことで連絡がついてみたら、命は助かったが、家も何もかも無くしたとのこと。

なんでもいいから・・夏物でもいいから送って欲しい・・近所の人たちと分けるからと言われたそうで、
「お母さん、何か出してくれるもの無い?」と言ってきた。

何もできない無力感でいっぱいだった私は、早速その夜、着ていた物では・・と少し迷ったが、
やはり暖かくて軽いのが一番と、2枚のキルト地のコートのファーを外して洗った。
その他、次女のあまり着ていないコートも洗って、好きだけど、今年は年相応でないように思えて着るのを躊躇っていた黄色のウールのコートも、着てもらえるかもしれないと出してきて・・

普段着もと思ったが、やはり着古したものは失礼のようで出しづらく、セーターは2枚、
あと、着てない薄手のジャケットやパンツ、頂き物のタオルや毛布、肌掛けなどあった物を箱から出して詰め直し・・

洗剤の詰め合わせには台所洗剤も入れて・・全部で段ボールに5箱ほどになってしまったが、
まさかすぐには届けられないだろうと思っていたら、運送業の友達がいて早速送るから・・と、男物を見繕う間もなく、翌々日取りに来たお婿さんに渡した。

それでも、後から思えば、後悔ばかり・・
被災地は飲み水も洗濯機も使えないのに、洗剤なんて・・とか、
薄手の上着やパンツなど、却って狭い避難所では邪魔になったのでは・・
男物も早く見てみればよかった・・・などなど
被災地の状況が判るごとに、まるで自分の気持ちを鎮める為、すがったようにした支援物資で失礼だったかも・・と、思っても仕方ないことを思ったりしていた。

そんな中で隣に住む息子が、仕事で東北の被災地に出張が決まったのは、お嫁さんの出産予定日に1ヶ月を切る頃だった。

食糧は自分持ちの為、水を買おうとしても、中々見つからなくなっていた頃で、水はもちろん、カロリーメイトなどの携帯食料を買おうとしても、何百キロ被災地と離れていても在庫が無く、探し回って、やっと整えていた。

そして、4月6日の夜中、夫の勧めに従って、我が家の避難グッズにしている、山道具の寝袋やシート、携帯コンロやヘッドランプなどをザックに入れて、息子は岩手の災害現場の応援に出かけて行った。

その時の夫・・普通なら母親の私の役目かも・・と思ったりするが、夜中に「それじゃ、行ってくるから」と
言いに来た息子に、中々夫が送りに出ない・・

何をしているのかと思ったら、自分の小遣いをかき集めて、封筒に入れて・・「これを持っていけ」と。
息子は「いいわ」と言うが、「何があるか判らないから持っていけ」と渡していた。

実はその前に息子は私に、「ちょっと出してくる暇が無いから、貸して?」と持っていったりしているんだけど、
夫はそれを知らない。
でも、私の渡した額より、夫の渡した額はずっと多かった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Oくん誕生・・
そんな風に息子を送り出した2日後・・8日金曜日の夜、予定日より2週間ほど早くお嫁さんの陣痛が始まった。 ...続きを見る
気ままに・・忘れないように・・
2011/05/06 12:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
北の地へ・・ 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる