気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS バァバの仕事・・

<<   作成日時 : 2011/05/16 20:56   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 14

早いもので、Oくんが9日、生後一ヶ月の検診に行ってきた。

見た目では頬もふっくらして大きくなってきたのが判るからか、三人目ともなると慣れたものでお嫁さんは体重を量ることもしなかったが、身長は6センチ、体重は1.5キロほど大きくなっていたと言う・・
うんうん、順調に大きくなっています。

お嫁さんの体調もいいようで、これを機会に、この一ヶ月、我が家は大家族になって食事をしてきたが、「そろそろ自分でします・・」と、お嫁さんが言うので別にすることにして、久しぶりに落ち着いた食事風景になって、ホッ。


それにしても、産まれる前に食事はもちろん保育園の送迎は覚悟はしていたけれど、息子が不在なのは想定外で、お嫁さんが入院している間は、4本川になって寝ていたが、布団に入って昔話が終る頃には、私ももう起きてくる気力は無く、そのまま一緒に眠ってしまう毎日だった。

その上、二人ともいつの間にか、回転しつつ布団から出て眠っているので、風邪をひかせては大変!とばかりに、夫も私も何度も目を覚まして寝た気がしない朝を迎えたりしていた。

そんな中で、4歳のRちゃんは子供心にも事情は判っているのか、はたまた、両親が言い聞かせたのか、

「ママに会いたい〜」とか

「ママ〜」と

一度も言うことも無くて、そのお姉ちゃんが居るから、2歳のAちゃんも駄々をこねることもなかった。
でも、その実、Rちゃんは言いたくても言わない・・と懸命に我慢していることが伝わってくる・・エライエライ

画像


                  (Rちゃんが書いてくれたバァバの顔)

2歳児の保育園も大変だと知った。

着替えやタオルはもちろん、おむつに名前を書いて、お昼寝のお布団に連絡帳、汚れ物袋・・などなど・・

細かい決まりがあって、それを覚えるだけでも、年のせいにしたくないが、そう思いたくなるほど大変だったが、
いつもお嫁さんは2人を連れて仕事をしながら、この所は大きなお腹を抱えて、そうしたことをしてきたことに気づいた。
考えてみれば、長女もそんな風に頑張っている。

若いからこそ出来るのだろうけれど、すごいなぁ・・
私も3人、ほとんど年子のような子育てをしたきて、今から思うとどうしてやってきたんだろう?と思ったりすることがあるが、それでもその頃仕事は持っていなかった。


そんな生活の中でも、朝保育園に送って行き帰ろうとすると、「バァバ〜!」とAちゃんに後追いされて泣かれたり、お迎えの時は、遠くからでも私を見つけて、「バァバ〜」と手を広げて走ってくる2人の様は、なんとも言えず愛らしく、愛おしく、こんな時はバァバ冥利に尽き、今しか経験出来ないことだと幸せに思ったりもする。


でも、思えば去年秋辺りから体調を崩すことが多くなり、この1か月も大変!大変!と思って過ごしてきた。

お隣に住んでなかったら、こんなに大変ではなかっただろうか・・とか
仕事をしてなかったら、こんなに大変じゃないのに・・とか
せめて、今だけでも親のことを考えなくてもいいなら気が楽だろうに・・とか
友達は悠々自適で暮らしているのに・・とか、
それぞれの人生、比べても、仕方ないと判っていてもそんなことを思ったりもしていた。

ある日などは、どうにもしんどくて、もうこれ以上頑張ると、自分が倒れて困ることになるかも・・と、仕事を休み保育園に送った後、半日ぐっすりと眠り、午後は車で30分ほどの所にある温泉まで走って、ゆっくりと浸かったら元気になった日もあった。

でも、考えてみれば、もっと蜜に孫と接して生活をして頑張っている人は沢山居るはずで、こんな疲れ方をする私は、無理が利かない体になっているんだなぁ・・と元気が取り柄だっただけに名実ともに「バァバ」になったことを実感したりしている。

そして、もうそろそろ仕事を辞めて、自分の時間をたっぷり作って、好きなことを楽しむ暮らしもしてみたい・・と思ったりする。
そうすれば、今回のような時も、気持ちも時間も余裕があるだろうに・・と。

仕事をしているうちに、友達は少なくなってきたので、退職したら会社以外の世界も知って友達も増やしたいし、
いろいろな所に旅行もしたい・・と思ってきたが、いつまでも今の体調・体力で居られないらしいことも判り、思い通りには行かないもののようだし・・・そろそろ潮時かも・・と思ったりする。

でも、適度な責任と遣り甲斐のある今の仕事はやはり好きと言うことになるのか、本気で辞めよう!とはまだ思えず、二つの道は歩けないし、何かのきっかけが無いと辞める日は来ないのかなぁ・・でも、体のことを考えると、我侭であっても勤務形態を変える必要もありかもしれないと思ったりしている。


今は夫と次女と三人で食事をとるようになり、あ〜楽になったなぁ・・と思う反面、もう一品増やそう!とか、メニューを計画立てて作らないで、緊張感が無くなったというか、作り甲斐が無くなったというか・・物足りなさをふと感じたりもするから、自分で自分がややこしく思えてくる。


この後は、家族の日程が合わずに未だにしてない、Oくんのお宮参りをして、
初節句に五月人形を贈っていただいた、お嫁さんの両親を招いてお祝いをする・・

それが済めば、Oくんの一通りのお祝い事はひと段落・・

後ひと踏ん張り・・頑張らなくちゃ!と、バァバは心を奮い立たせている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
つれづれさんの日記をしみじみ読ませていただきました。
>愛らしく、愛おしく、こんな時はバァバ冥利に尽き・・こんなにも愛されてスクスク育っていらっしゃるお孫さんの可愛い姿が眼に浮かびます。
仕事と育児を両立している若いお嫁さんも偉いですね。つれづれさんは本当によく頑張っていらっしゃるわ。
そんな中で迷われるお気持ちよく分かります。私もこのところ腰痛など年と共にその辺にガタが来ててね。頼まれて一時復帰した仕事ですが、定年の年は過ぎてるし若い方も育ってきたし、他にやりたいこともあるし、そろそろバアバは潮時でもいいかなぁ・・と思ってるところ。つれづれさんのお孫さんやご家族への献身を思えば、私なんて自己中心のノホホン人生なんですけどね。
けっこちゃーん
2011/05/16 21:56
はじめまして

つれづれさんのお気持ちわかります
何かある時、結構重なるのですよね
若いからこそ出来ると思います(お嫁さん)
考えただけで疲れますもの
でもつれづれさんはお仕事をなさり
お孫ちゃんの面倒まで・・・・
まだまだお若いです
まりた拝見しただけで
もぉ〜駄目っ!!と思いました
でも、でも孫は可愛い
だから無理してしまいます

「ご出産おめでとうございます」
まりた
2011/05/17 09:25
こんにちは〜♪
つれづれさん、頑張りすぎです〜〜。
少なくとも、全部に全力を注がないで〜〜。
気も使うから余計に疲れますよね。
私も幾つかの理由で退職したけど、最近は親の介護(の真似ごと)も一休みで夫も東京勤務になって昨年に比べかなり楽になったけど、だからって身体や心がシャンとするわけでも無いし・・物足りなさだらけです。
ただ、最近ご近所で60代で脳出血でお亡くなりになる方が何人かいまして、90代の親を介護して仕事もしていて・・。そんなの嫌だぁと思ってしまいます。
ハートいっぱいのバァバの顔、可愛いですね!!
いつこ
2011/05/17 14:57
つれづれさん、O君お誕生おめでとうございます息子さんがお留守のときで大変でしたが、可愛いニューフェイス、嬉しいですね
もう1ヶ月になるんですね〜。そして、この1ヶ月、賑やかながらもお忙しい毎日を過ごされたんですね本当にお疲れ様でした。後追いされるとちょっと心がくすぐられるような、誇らしい気持ちにもなりますねハートがいっぱいの似顔絵にRちゃんからの愛が溢れています〜
私はもうすぐ臨月になりますが、既に3児の母である妹から里帰出産したら却って疲れて大変だったと聞き、私は里帰りはやめました。うちの実家では普通に家事をさせられていたそうで、妹はあまり休めなかったようです{だから、つれづれさんのようにお孫さんのお世話をしっかりしてくれる頼れるオバアチャマが側にいてくれて、お嫁さんはなんて幸せなんだろう♪と思いました
私は産後、母に手伝いに来てもらおうと思っていますが、1週間が母の限界かな〜?と思っています
他の方も書いていらっしゃいますが、全部のことにあんまり頑張りすぎないで…。ご自分の人生を楽しむためにも、健康と体力は大事!お宮参りとお食事会が終わったら、ゆっくり体を休めてくださいね
remi
2011/05/17 18:46
けっこちゃーん、こんばんは。
あれ〜けっこちゃーん、定年ということは、私より年上の方でしたか!同年位と思ってましたが、だったら、私まだこんなに疲れていてはダメですね〜(^^ゞ
私もしたいことはいっぱい!あるのですが、私の場合は辞めたら出来るかというと、環境が許さないでしょうね
だから、今の状況でできることをして行くのが私の人生なんでしょう
けっこちゃーんのされたいこと・・なんとなく想像できましたが、違うかな?(^_-)
つれづれ
2011/05/17 21:16
まりたさん、初めまして。(^.^)
ほんとに、私も三人抱えて結構頑張ってきたと思うのですが、仕事を抱えて・・それも帰りが結構遅い勤めなので、よく頑張るなぁと感心してしまいます。
それこそ、それを見て私も、もぉ、ダメ!です(笑)
今はお迎えだけ行ってますが、可愛いのは可愛いのですが、毎日帰りの遊びに付き合うのも大変です。(^_^;)
ありがとうこざいました。m(__)m
つれづれ
2011/05/17 21:34
いつこさん、こんばんは〜
全部頑張ってないから、大丈夫ですよ〜
いつこさんと違って、夫のことはほとんど手を抜いてます(^^ゞ
仕事を辞められても、東京にお住まいなら、することいっぱい!ありそうで羨ましいですが、それも健康であることが条件ですよね。
私も自分のこの疲れ方を思うと、親の年代まで元気で居られる自信はありません。でも、やっぱりこんな弱気ではダメですね。
はい!少しずつ自分の時間も出来るようになりましたから、頑張って自分のしたいこと始めたいと思いますヽ(^o^)丿
つれづれ
2011/05/17 21:50
remiさん、こんばんは〜
お元気そうで、赤ちゃんも順調のようで、何よりです(^.^)
ありがとうございます。一足先に誕生しましたが、remiさんのお宅の赤ちゃんと同学年ですね〜
4月9日生まれですから、学年で一番早いかもしれないです。(笑)
この絵は、保育園で書いて帰って、「ハイ、バァバ」と渡してくれましたが、嬉しかったですよ〜
ババ馬鹿ですが、上手に書いてあるなぁと我が家の居間に張ってます。(笑)
あの震災の時に、remiさんは実家に帰られたと勝手に思ってましたが、そうした訳があったのですね。
私は最初の子の時は里帰り出産でしたが、夫も一緒に居候していたので結構気を遣って、1ヶ月も経つと早く帰りたいと思ったものでした。
二人目からは義母が1週間ほど来てくれて、その後は子供を山の家に連れて帰って見てくれましたから、知らず知らず、自分がしてもらったことを子供に返しているのでしょうね。
でも、初めてのお産は時間がかかって大変なことが多いですし、ひとりひとりその状態も違いますから、remiさんも決して無理をされませんように・・
義母から産後一ヶ月は大事にしなくちゃいけない!と教えられてきましたから、remiさんも赤ちゃんの為にも大切にしてくださいね(^_-)
つれづれ
2011/05/17 22:20
「おばあちゃん」としてのバタバタ感を想像しながら楽しく(失礼しました)読ませて頂きました。 赤ちゃんもお母さんも体調が順調、なによりですね。 私も早くおばあちゃんになりたい!って思うページでした。無責任でスミマセン
mint
2011/05/20 21:08
mintさん、こんばんは〜
はい、私の知り合いにも何でもいいから早くバァバになりたい!という人居ますが、なったら大変ですよ〜。(笑)
かと思うと、反対に先日会った友達は、娘が結婚すると、それに伴う苦も増えるから、独身でもいいわ・・なんて言う人もいます。(笑)
昨夜から今朝にかけてお赤飯を蒸したりして、やっと今日お祝いの食事会を終えました。
後はお宮参り・・梅雨に入る前に行きたいと思ってます
つれづれ
2011/05/21 19:57
頑張ってますねえ。お疲れ様。
でもね、疲れていても体調が少々悪くても、子供といると何とか頑張れてしまうんですよね。不思議ですねえ。あれって、きっと子供達からパワーを貰っているんだと思うのですよ。元気でいられるのも子供達のお陰だねえ、なんてカミさんといつも話しています。
孫の世話ができるのも今のうち。あと10年もしたらできなくなりますからね。今のうちに十分楽しんでおきましょう(笑)。
ヒゲおやじ
2011/05/23 16:15
ヒゲおやじさん、こんばんは。
元気をもらっている・・なるほど、そう言えばそうかもしれませんね。
少し前までは、自分の体力はこのままで退職なりを迎えると思ってましたから、大きな勘違いですよね・・
次女にも早く結婚しないと、面倒は見てあげられないよ・・って言っているんですが、まだまだ、たっぷり10年はみれそうです(^_^;)
つれづれ
2011/05/24 18:12
お疲れ様でした。
大変でしょうがつれづれさんはお幸せです。
家族の為にすることがあると言うのはやはり女冥利、主婦冥利につきるのではないかと思います。
体も昨日までと同じではなくとまどいの中にいるのが50代だと思います。
お仕事も家庭もすべてお持ちのつれづれさん、これからもタフな精神で行ってください、応援しています。
らんじゅ
2011/06/01 10:27
らんじゅさん、こんばんは。
そうですか〜?(笑)でも、きっと後からそう思うのでしょうね。
今は自分の時間がもう少し欲しい・・と思いますが、孫たちが小さいのは今のうちだけ・・その世話が出来るのも今のうちですもんね。
ホントに50代、それも後半は体力というか体調というか、見た目もですが変わる時のようですね(笑)
自分が年をとるなんて信じられなかったですが、最近はじわりじわりと迫られているような気分になります。
意識して自分流に年を重ねていく・・そんなことが出来ればいいですね
つれづれ
2011/06/01 18:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
バァバの仕事・・ 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる