気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS やっと見つけた

<<   作成日時 : 2011/09/18 00:22   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 12

先月の末、長女のところのGくん5歳とJちゃん2歳の保育園で祖父母参観があるので、
行って欲しい・・と言われていた。

我が家の夫は、自分の子供を育てている頃は、とても協力的で時間があれば子供の相手をしているような
育て方をしてきたが孫に関しては、これが同じ人かと思うほど違う・・

可愛いには違い無いらしいが、自分の責任ではないと思うこともあって興味が余り無く、
祖父母参観などとんでもない!という人・・
孫の相手をするより、まだまだ自分のしたいことをしたい人なのです。

だから、今回も、私が誘うも「行かない」と言うだけでなく、
外孫なこともあって「どうしてあちらのジイジバアバじゃないんだ」と言う。

そんなこと言っても、いつもはあちらだから・・と言われたからだが、私の体はひとつ・・
片方の教室に居た場合、もうひとりは廻りの子供たちを羨ましいと思いつつ、寂しい思いをするから、
行って欲しい・・と頼んで、台風の風が吹く中2人で行ってきた。

そして、夫はGくんよりJちゃんの方が良いと言ってその教室へ・・
じゃ、私はGくん5歳に教室に・・と二階へ向かったが、すぐに夫が追いかけてきた。

Jちゃんは、他の子たちを羨むように、外をしっかりと見て待っていたそうで、そこに夫・・つまりジィジが行くと
一瞬ニコッとしたが、下を向いてしまったそうな・・

夫曰く、「なんだ、バァバがいいのか?」と聞いたら、「うん」と頷いたと私と交代に来たのだった。

子供は正直・・普段の行いが、こうした所に出ます

変わって行くと、Jちゃんはニコニコ、私の膝に乗って離れず、新聞を一緒に破ってする遊びなどしてきた。

が、その間にはホールでGくちたちの歌の発表がされていて、保母さんに言われて、Jちゃんがトイレに連れていかれた隙に、こっそりとホールに・・

去年までは恥ずかしがって、手振りなど出来なかったGくんが、今年はみんなと一緒に大きな口を開けて
私の姿を見つけて手を振る余裕さえみせて歌っているのを夫と一緒に観て一安心・・
終ると、私は走って又Jちゃんの教室に・・

戻ると、先生曰く、「あの後、窓の外をジッと見て動きませんでした」・・と聞くと健気で可哀そうで、
思わず抱きしめて、又遊ぶ・・。


そして、最後は園の配慮で、お兄ちゃんの教室にJちゃんも一緒に行ってジィジとバァバと一緒に
おやつを食べている時、あ!と気づいた。

すぐ近くに、女の子を抱えて一緒におやつを食べている男性は私の親友Gのだんな様だった。
そのお孫さんがこの園に居ることは、2年前の運動会で息子のKくんにバッタリ出会って知ってはいたが
ここでご主人と会うのは初めて。

その膝に乗っている女の子を見ると、まぁ!目元がGそっくりで驚いた。

そのG本人は、5年ほど前の秋、ガンで亡くなっている。

生前、息子が出来ちゃった結婚をすることになったと言い、諸々の相談に乗ったりしていたが、
その時の赤ちゃんが、膝に乗っている女の子で、結果、その赤ちゃんの成長を半年ほど見て
彼女は旅立っていった。

大きくなったその子に会えて、Gは亡くなっても、その血はちゃんと引き継がれている・・と、
なんだか嬉しいような懐かしいような不思議な気持ちになっていた。

だんな様に会うのも久しぶりだったが、思わず「Gに似てますね〜」と言うと、
「そうでしょう目元が似てるでしょう」と。
しばらくは、孫がおやつを食べている事をいいことに、近況を話たりしたが、一番聞きたかったことを聞いてみた。

前にも書いたことがあるが、彼女の亡き後は先方にどんな事情が出来ているか判らないので、
自宅にお参りに行くのを躊躇い、せめて、いつでもお墓参りに行けたら・・と思っていて、何度も墓地に行ってみた。

その墓地にお墓があることは、この保育園で出会った時息子さんから聞いていたので、会社の帰りによく
寄って探したりしていた。

だが、その位置が何度行っても見つけられず、今度はご主人に聞いてみたい・・と思いつつこの日まできていたので、この時とばかりに聞いてみた。
息子さんに聞いた時より、少し詳しかったので、見つかるかもしれないと思った。

そして、この日は解散・・
子供の成長の速さをつくづく感じながら、夫が運転する車に私とGくんとJちゃんが乗って・・
こんなシチュエーションも、もう無いだろうなぁ・・と思いつつ帰ってきた。

画像


そして、2日ほど後に墓地に行ってみた。

しばらく探して、見つけた・・やっと見つけた。

手を合わせて、こんな所に居たの・・やっと見つけたよ〜
そして、あの時のお孫さんが会わせてくれたよ〜と報告をした。

今度は、ちゃんと花を持って行ってこようと思っている。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
お孫さんが親友のGさんを呼んでくれたのでしょうか。
まるでドラマのようなGさんとの『再会』を読ませていただきました。
不思議な縁になんだか胸がジ〜ンとしています。
Gさんもきっと「やっと会えたね。」と喜ばれたことでしょう。
良かったですね。
それにしても、どちらの旦那様も同じなのですね。我が家も孫の参観に一緒に行かない?と誘ったのに当日と翌日のゴルフと釣りを優先しました。
幼い孫との時間はもう望んでも帰ってこないのにさ。
もったいない もったいない。
けっこちゃーん
2011/09/18 19:36
けっこちゃーん、こんばんは。
そうですね・・ホントに血は争えないというか、嘘つけないと言うか、彼女の子供は男の子ばかりだったので、女の子が似ている・・それも一世代離れてなので、この世に存在しなくなっても、残るものがあるという不思議な感じがしました。
ずっと気になっていたことなので、やっと一区切りつきました。
私の心の中だけのことなんですけどね(笑)
けっこちゃーんのご主人もですか・・安心しました(笑)
だって、どこのブログを読んでも、孫が可愛い可愛い・・と書かれているので、我が家の夫が余程人情が薄いのかなぁ?と思ったりしましたから(^_-)
つれづれ
2011/09/19 20:30
つれづれさん、こんにちは♪
岐阜や名古屋で避難勧告や指示がでていますね。
つれづれさんの所は大丈夫ですか?
充分に気を付けてくださいね。
またゆっくりコメントします(汗)
いつこ
2011/09/20 16:15
いつこさん、こんばんは。
ご心配をありがとうございます。
幸い岐阜市近郊のわが町は、今の所被害もなく過ごしていますが、ホントに広い範囲で被害が出て、驚いてます。
夫からの電話では、職場近くを流れる木曽川も相当増水しているようで、
まだ、これからが台風の本番のようですし、もうこれ以上被害が大きくならないといいのですが。
これから、日本中に影響がありそうですので、いつこさんも、充分にお気をつけください。
ありがとうございました。m(__)m
つれづれ
2011/09/20 19:21
アハハ、普通の家庭と逆ですね。普通男性は忙しくて子供には構ってやれないことが多いのですが、そのかわり孫にはメロメロなんですけどねえ。
でも楽しかったでしょう。
奇遇とはあるものですね。いつも心に思っていると、必ず叶う時が来るものです。
ヒゲおやじ
2011/09/20 23:12
つれづれさん 稲刈りご苦労様でした。お疲れ残ってませんか?
朝から台風情報が流れていますが、岐阜の方にもこれから向かうようですね。今年は水害があちこちで起きてて不安です。
つれづれさんの所に被害がありませんように!!
けっこちゃーん
2011/09/21 11:33
ヒゲおやじさん、こんばんは。
我が家の夫は、その昔、子供を肩車しながら試験勉強をしてましたし、寝る時に昔話を聞かせるのも、我が家は夫でした。
深夜にしか帰宅できなくなってからも、休日は必ず子供のスポ少年団に参加して、子供の相手をしてましたし、それが楽しくて生きがいだったのでしょうね。
今でも何でも子供とするのは、好きで、孫にメロメロなんてこと、絶対に無いです(笑)
その分、ヒゲおやじさんのようだと、孫たちの心に残る存在になれるのでしょうが、夫の場合は無理でしょうね(笑)
Gのことは、これでいつでも会いに行ける・・とホッとしました。
つれづれ
2011/09/21 19:59
けっこちゃーん、こんばんは。
ご心配をありがとうございます。
稲刈りは・・今年は稲が倒れた分、とっても大変で、未だに体がガタガタで、あちこちが痛い!状態です。
こんな時、マッサージって行くと治るのでしょうか??
楽になるなら、何にでもすがりたい気分です(笑)

台風が来るからと、昨日はすだれを片付け、今朝は家中の雨戸を閉めて職場に出ましたが、私の地方ではちょっと雨が強く降る時があった程度で済みました。
その代わりに今は関東で影響が出ているようですが、つくづく自然の力には適わないと思います。
そして、もう、これ以上被害が出ないことを願っています。
けっこちゃーんの地方は大丈夫だったでしょうか。
どうぞ、気をつけてくださいね。
つれづれ
2011/09/21 20:12
なるほど…。今は祖父母参観というものもあるのですね。楽しそうですね。
お孫さんの微妙な表情が、すぐそばで見ているように想像できて可愛いやらせつないやら。と思ったら祖父母参観で亡くなったご友人のご主人様におめにかかる…、なんとも胸に迫るお話を読ませていただきました。

大きな台風のわりにお互い被害がなくてよかったですね。
四月うさぎ
2011/09/22 00:23
四月うさぎさん、こんばんは。
はい、祖父母参観と聞くとまだいいんですけど、「敬老の日」となると、ちょっとまだ抵抗があります(笑)
顔ぶれを見ると、祖祖父母の姿も沢山でした。
Jは2歳で、言葉もまだ満足に話せないのに保育園に行っているので、余計にその仕草などで不憫に思ったり、可愛く思えたりします。

一代置いてもあんなに似ているので、こうして、人間って繋がっていくんだと、妙に納得してしまいました。
同じ市内に暮らしているので、出会っても不思議は無いのですが、彼女に似たお孫さんを抱いて、私の孫と同じクラスだった所に彼女との縁を感じました。

今年の日本は災害続きで・・どこに居ても、いつ何が起こっても不思議無い感じがしてきます。

つれづれ
2011/09/22 23:13
なるほど。
ご主人様はいつも聡明な賢者でらっしゃるので、しつけやら何やら直接の責任者ではないので孫はとまどう存在なのかも知れませんね。
うちも、声のかけかたがわからないようなので、結果孫に相手にされないことが往々にしてあります。(苦笑

以前の記事、よく覚えています。
お孫さんに導かれるように再会されてお墓がわかってよかったですね。
私も若くして亡くなった友の供養が心をよぎることがあります。
なかなか実家にも行けないこの頃なので帰省してもそこまで時間が捕れず。
彼女の実家を探すのもこのたびの震災以降ではますます大変そうですからどうしたものか。

台風は大丈夫でしたか?岐阜が被害が出てませんでしたか?
らんじゅ
2011/09/26 13:45
らんじゅさん、こんばんは。
可愛いなぁ・・ということは度々ですが、その相手をするより、自分のしたい事を優先するのは、やはり「まぐろ」状態の夫だからでしょうか(笑)
らんじゅさんのご主人は、寡黙な居住まいの正しい方という印象なので、お孫さんの方も近づきがたいのかも(^_-)

はい、判ってホッとしました。
らんじゅさんもですか・・
この年齢になると、いろんな別れがありますね。
私の場合はもう一人親友をガンで亡くしてますが、こちらは今では自宅もうる覚えで判りません。
でもある意味、こうして思い出すことが供養かもしれない・・なんて、残った者のいい訳ですね(^_^;)

ご心配をありがとうございます。
台風の影響は稲が倒れて稲刈りが大変だった位で、自宅辺りは全く被害はありませんでした。

つれづれ
2011/09/26 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっと見つけた 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる