気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS あけまして おめでとうございます

<<   作成日時 : 2012/01/04 23:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 20

あけまして、おめでとうございます

昨年もたくさんの方に、訪問、コメントをいただきありがとうございました。

今回ももう前記事から1か月以上もアップできないきまぐれブログですが、
少しずつでもアップできればと思っています。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。


そのご無沙汰をしていたこの一か月の間に、こんなものを作ってました。

画像


帽子のように見えますが、、これは「ティーコゼ」です。

これまで使っていたお気に入りのコーヒーサーバーを割ってしまい、買い替えたのはいいが、
それが今までの物より大きくて、次女が作ったティーコゼが被せられなくなってしまいました。

まぁ仕方ない・・と思ってはいても、使うたびに「やっぱり、あったら冷めないのに〜」と思っていたら、
それを作る機会ができたのは、皮肉にも87歳の父の入院でした。

年老いてからは、無茶なことをする割には自分の体調に過敏すぎる程の父が、
今回も自分から病院に行きたいと言い始め、12月19日に血液検査の結果が良くないと
入院することになりました。

当の本人は入院が決まると、「病院に居れば、心配ない」とホッとした様子でしたが、
今年80歳になる母に毎日の付添は無理だと思い、母と交代して付添いだったり、
泊まり込みをしたりした時に、余り毛糸を使って、何を作るでもなくとりあえずモチーフを編み始めました。

それが、一週間も経つうちには、
「死ぬためにはこんな苦しい思いをしなくちゃいけないのか」と、入院が長引くにつれ、
死に対する恐怖が身近に感じられるのか、涙を流すような弱気な父になってきていました。

それでも、お正月は家で過ごしたいからと、父が年末に退院をしたすぐ後、
今度は85歳の義母が入院しすることになりました。

11月末から、もう高齢のため一人で冬を越すのは無理だと、夫の生家から我が家に来て
暮らしていた義母でしたが、29日に仕事納めをして私が帰った時、それまで元気だった義母が
なんだかいつもと違う・・と感じて「おばあちゃん大丈夫?えらくない?」と聞いても、
「えらない」と返事があったが、翌30日の朝、意識が無くなり救急車で搬送・・

慢性硬膜下血腫・・たぶん以前転んだ時頭を打って、それからじわじわと出血が始まり、
脳を圧迫しているとCT画像を見せられ、すぐに手術をすることになりました。

頭骨に穴をあけて血を抜く・・という説明を受けて、すごい手術のように感じたが、1時間ほどで病室へ・・
後に介護職をしている友達に聞くと、お年寄りにはよくあることのようで、これまで何度も転んで額を切っている
義母にはありがちなことだと思い当ったりしました。

その血腫自体は吸い取ってなくなるのでいいのですが、これからは歩けなくなるのではないか??とか、
ちぐはぐな問答が多くなって不安に感じたりして、少しでも家族の刺激が必要だと、丁度休みに入ったこともあり、毎日夫と交代をしながら病院で過ごしたお正月でした。

その付添の間にも、せっせと編んでいて出来たのが、このティーコゼ・・
中にはキルト綿と裏地をつけて、義母の退院を待たずに出来上がりました。

アバウトに作ったので、ちょっと大きいし、次女の作った物より隙間が多くて冷めるのは速そうですが、
大は小を兼ねる・・無いよりましと思って


こんな風に過ぎていた我が家の年末年始・・・
この先は、義母の退院後の様子、そして仕事を含めて、我が家の暮らしがどうなるか
気がかりになりつつあるこの頃です

他にも、人生には自分の力ではなんとも出来なくても思い悩むことはあったりで、
つくづく何事もない、平穏な生活のありがたさを思ったりもしています。

年始早々、こんな記事になってしまいましたが、今年が、皆様にとっていい年でありますように・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

大変な年末年始でしたね。お疲れ様です。
今がつれづれさんにとって大変な時期ですね。頑張ってくださいとしか言いようがないのですが、頑張る時ってそうそういくつもないですから(今だから私はそう思えます)今を楽しんで頑張ってください。
これからこのティコゼーが今の思い出になります。マーガレットかしら?ガーベラかしら?可愛いですね。色合いも素敵、いつもながらに器用なつれづれさんです。
向寒の折からどうぞ皆様お大事になさってくださいませ。
らんじゅ
2012/01/05 10:38
らんじゅさん
あけましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

今までも、出来ることは精一杯できるだけ頑張る!という方針でしてきましたが、これからも、そんな風に過ごしていくことになると思います。

何もしないでいる時間に耐えられない私なので、本を数冊と毛糸を持ち歩いてました。家に居たら年末年始にこんなことは出来ないので、ある意味私には嬉しい時間でした(笑)
今まで感じられなかった父や義母を感じられたりしましたし、こうした時間は悪いばかりでは無いですよね(笑)

先日、孫のGくんのランドセルを買ってきましたが、人生って、こんな風に、嬉しい事や大変な事を繰り返して過ぎていくのでしょうね。

らんじゅさんも、京都の冬は寒いそうですから、どうぞ風邪などひかれませんように。
つれづれ
2012/01/05 22:37
新年明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
大変なお正月だったんですね
手作りのティコゼーは病院発でしたか
当たり前の日常がとても幸せに感じる新年のスタート
今年もよろしくお願いします。
清兵衛
2012/01/05 23:02
つれづれさん
明けましておめでとうござます♪

↑のつれづれさんのコメントに感激しました。
年末から自分の医者通い、家の水漏れ等何でこの時期なんで私がとどこを恨んでいいのかもんもんとしていましたが、大変な事にも一歩ひいて冷静なつれづれさんを見習わなくてはと思いました。
私の父は88ですが、昨年入院中は良く泣きました。その年になれば次の世界を受けいられると勝手に思っていましたが、真逆ですね。父が泣くとつられて母も泣くので私たち子供はびっくりでした。その時にならねば人の気持ちなんてわからないものですね。
年末、息子夫婦が自宅近くに引っ越してきてくれました。スープの冷めない距離ですがスープを持って行くにも気を使います(笑)
嬉しい事はおおいに喜び、大変な事は思い悩まずさらりとが理想ですね。

本年も宜しくお願いします♪
いつこ
2012/01/06 10:10
新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
ご家族のことはいろいろ心配ですね。記事を読む限りでもつれづれさんの負担が大きいようで気がかりですが、そんな合間にもこんな素敵な作品を作り上げてしまうとは只者ではないと認識を改めた次第(遅かったかな?)。
今年もつれづれさんから色々学んでいきたいと思いました。
どうぞ時節柄くれぐれもご自愛下さいませ。
四月うさぎ
2012/01/06 11:09
新年、おめでとうございます。ご無沙汰ばっかりで申訳ありません。
暮れから新年にかけて、いろいろと大変でしたね。
だんだん高齢化社会が進むと、他人ごとならず、大なり小なり介護の問題が出てきますね。
私の周囲でも、寄るとそんな話題が多くなりました。大変でしょうが、がんばって下さい。
そんな時でも、こうして心豊かに編みものをされるつれづれさん、素敵です。
山いろいろ
2012/01/06 17:37
明けましておめでとうございますm(__)m
大変なお正月でしたね。不謹慎ですが明日はわが身(-_-;)と同じような年齢の親たちを抱える私は思ってしまいました。
あれだけしっかりというか気丈と言うか気がきついと言うか(笑)の義母が随分気弱になっていた今年のお正月です。実家の父も食欲はあるものの、黙々と食べるだけに執着しているような様子がなんだか不安を掻き立てる感じでした。誰かが倒れれば生活は一変しますね。私もこの記事を拝見して今の生活のありがたさをシミジミ感じました。
そんな中でもせっせと可愛らしい手仕事を欠かせないつれづれさんには脱帽です。
変な言い方ですが、“そんな時”には私もつれづれさんのこの記事を思い出して慌てず騒がず対処できるよう心に留め置きます。

今年もつれづれ家に沢山の良いことがありますように!
patyoko
2012/01/06 20:14
清兵衛さん
あけましておめでとうこざいます。
病院には本も数冊持って行き、その中には藤沢周平のものもありましたが、話をしながらでもできる編み物に負けました(-"-)

今年も、清兵衛さんのモバイルや野菜作り、お手本にさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします
つれづれ
2012/01/06 22:03
いつこさん
あけまして おめでとうございます。
いえいえ、私は冷静なんてではありません。
特に義母に付き添って、救急車に乗り、手当をしてもらっている間、夫や義妹の来るのが心細くて待ち遠しかったこと・・
遅いと思ったら、夫も義妹も私の朝食にとおにぎりを準備してきたのでした(笑)
それでいいの?という感じですが、今だから笑って言えることです(笑)

お父さんもそうでしたか・・ほんとにあんなに強く頑固だった父の涙ぐむ姿に驚きました。
いつ死んでも不思議ないといつも言ってますが、さぞ、一人で心細い思いをしているんでしょうね。その年齢にならないと判らないこと多いですよね。

我が家はスープの熱い距離ですが・・つかず離れず、頼られた時だけいい顔をしてます(笑)

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします
つれづれ
2012/01/06 22:16
四月うさぎさん
あけまして おめでとうございます。
幸せは人と比べるものではないとは思っていますが、人それぞれの人生がありますよね。
ブログではいい顔してますが、迷いも焦りもいっぱいあって、葛藤の日々でもあります。
そんな時は本は読めないので、手遊びをしていれば幸せな気分になれます(#^.^#)
そう、小川洋子さんの本も持ち歩いていたんですが、読めませんでした(笑)

いえ、いつも、私の方が四月うさぎさんの生活から学ばせていただいてます
今年もどうぞよろしくお願いいたします

つれづれ
2012/01/06 22:28
山いろいろさん
あけまして おめでとうございます。
こちらこそ、ご無沙汰をしています
ひょっとして、記事をアップされたのかな?と飛んでみましたが、当分の間アップされてないので、がっかりしました。(^_-)
介護のことは待ったなしの問題で、その当事者になってみると大変なのが現実です。
予想は出来たのだから、もう少し勉強しておけばよかった・・なんて思ったりしてます。
いえいえ、出来上がってみれば、次女の作ったものより随分雑で、性格が出てますし、編み物に集中して現実逃避をしているようなところもあります(笑)
今年は、又記事のアップ再開を楽しみにしています。
つれづれ
2012/01/06 22:37
patyokoさん
あけまして おめでとうございます
はい、私もpatyokoさんの記事を読まさせていただいている時、我が家のちょっと前の姿だなぁ・・と思うこと度々です。
親が衰えていく姿は、自分が行く姿だと、最近つくづく思います。
それに、義母が意識をなくした時思ったのは、「私は義母の為に何もしてない!このまま逝かれたらどうしよう!」でした
後悔することないように、出来ることを出来るだけ精一杯できたらと思っていますが、そうした思いも日常に紛れてしまうのかもしれませんね。
ホントはティーコゼはパッチワークで作りたかったのですが、病院に持って行くには、前準備が出来てませんでした。(^_^.)
つれづれ
2012/01/06 22:55
つれづれさん 遅ればせながら・・
あけましておめでとうございます

そうだったんですか。年末年始にそのような大変な事になってたなんて知りませんでした。つれづれさん度重なる看病にお疲れではありませんか?
ご両親やお義母様は今はどのような状態でいらっしゃるのでしょう。
コメント欄のつれづれさんの言葉には本当に頭が下がります。
そして、写真のティコゼーがとても大切な時間のものだと知りました。
私は認知症の父のことは姉任せで何もしてやっていず、恥じる思いです。
胸がチクチク・・・また顔を見てこようと思います。
>人生って、こんな風に、嬉しい事や大変な事を繰り返して過ぎていくのでしょうね。・・本当にそうなんですね。
楽しみも待っている人生だもの。できるだけ前向きに前向きにいきたいものです。 
けっこちゃーん
2012/01/07 21:37
大変な年末年始でしたね。お察しします。 お義母様その後いかがですか?お父様やお母様もいっぺんにね〜・・ みなさんいかがでしょうか?とても心配。 実は3年前に母が再度倒れたのは「亜急性硬膜外血腫」だったのです。 朝起こしても曖昧な返事、20分迷って救急車を呼びました。救急車の中で目が覚めてしまったらごめんなさいにしようと思いつつ。 でも病院先でいろいろ調べて貰ったらやはり「すぐに手術!」と言われて大手術でした。 4時間くらいかかり母の場合は血腫の部分が大きく、前頭葉にかかっているため頭骨を開けてのオペでした。 だからつれづれさんの記事を読みながら母のことを思い出し、涙が止まらず心配でたまりませんでした。 今また母は入院中です。 今度は食事が取れなくなり・・鎖骨の辺りから直接体内に栄養を入れる「中心静脈栄養」をやっています。 皮下に穴を開けてポケットを作ってそこに点滴で栄養を落とす・・そんな母になってしまいました。 どうか皆さん、ゆっくりでいいのでお元気になられますように! お祈りしております。
mint
2012/01/07 22:01
年が明けましたね!
お父様と義母様が、よい方向へ向かうことをお祈り申し上げます。
“気まぐれブログ”楽しみにしておりますから!
今年もよろしくお願いします。
本読みと山歩き
2012/01/08 20:40
けっこちゃーん
こちらこそ、遅ればせながら、あけましておめでとうごさいますm(__)m

ご心配ありがとうございます。
でも、大変ではありますが、私は、疲れるほどのことをしてなくて、一応、嫁の立場ですが、我が家は夫が私以上に義母のことは思っていて、泊まり込みの付き添いも夫が二泊しました。
それに、よく「ありがとう」と言ってくれるように、却って夫の立場の方が気苦労で大変だと思ったりします。
それに家事は娘も助けてくれているので、それほどの苦労はしてないんですよ
親が長生きしてくれるのは有難いですが、けっこちゃーんのように、どれだけしても
心苦しい思いもついて回るものだと最近思うようになりました。
もうこれで十分した・・と思えないのは、子供への気持ちと同じですね。
って、全然十分などしてないのですが(笑)

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
つれづれ
2012/01/08 21:45
mintさん
あけまして おめでとうございます。

ご心配ありがとうございます。
驚きました。mintさんのお母さんも・・そうでしたか。
症状によっては大変な手術で、大変な病気だったのですね

義父も胃瘻をしてましたが、見ている方も辛いですね・・・
それでも、少しでもお母様、元気を取り戻してくださるといいですね。

有難いことに、我が家の義母は昨日退院できるほど順調に傷は癒えました。
ただ、まだらで認知症状が出たり、元々足が不安定で転んだりしていたのですが、それが余計に不安定になって、今まで我が家で昼間ひとりで過ごしてきましたが、一人で居ることが心配な状態になりました。

それで、何とかいい方策は無いものかと考え、いろいろな人に聞いたり、あちこちを探し廻ったり頼ったりして、義母には悪いのですが、施設に入所してもらうことになりました。

急に決まり、義母もどれだけ理解しているか判らず、後ろめたい気持ちでいっぱいですが、それだからこそ、義父の時と同様、出来だけ毎週迎えに行って過ごすようにしたいと思ってます。
今も入所するにあたって、準備することも多いのですが、病院の付添より、こちらの方がずっと辛い仕事です。
まだ義母の様子によってはどうなるか判りませんが、出来るだけ精一杯のことをしなくちゃと思ってます

今年も、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
つれづれ
2012/01/08 22:59
本読みと山歩きさん
あけまして おめでとうございます

いつも訪問はさせていただいてますが、ロムばかりで失礼していますm(__)m

毎年であれば、この1月の連休は長野にスキーに行っているのですが、夫も流石にそれでも行くぞ!とは言いませんでした。
そして、ため息ばかりついてます(笑)

本では、去年のことになりますが、津村節子著「紅梅」が印象的でしたが、書ききれず、途中で頓挫してます。
私とは全然違うジャンルの本読みさんの本紹介、いい刺激になり今年も楽しみにしています。

こちらこそ、本年も、どうぞよろしくお願いいたします
つれづれ
2012/01/08 23:11
つれづれさん
おめでとうが遅れましたけれど、お尋ねしたら大変な年末年始を過ごされたのですねぇ〜
写真を見て、すごいなぁっと思いました。
かわいい素敵なティーコゼですね。

我が家のひいじいも同じ状況で手術しましたので、その時のことを思い、つれづれさんの心細いこれからへの不安もわかります。
お義母さんまで両方では本当に体が休まる暇がありませんね。
↑のコメントのお返事で、施設へと言う決断は両方にとってしっかりした環境が作られたと言う考えでいいと思います。
不在の時に何かあったらそれこそ困りますので、できることをしてあげるのが
一番だと思います、ママンは結果的に後半の介護がそうなりました。
今一番大変な年齢ですね。自分の体もご自愛くださいね。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
山形ママン
2012/01/15 16:54
山形ママンさん
こちらこそ、遅くなりましたが、あけまして おめでとうごさいます

人生の先輩で、憧れの山形ママンさんに、そう言っていただくと、ホッとします。
仕事を辞めずに義母を施設に・・という決断は、嫁の私にとっては、ホントにこれでいいの?という思いもあって、複雑です。

そんな思いに関係なく、決め事は進んでいき、月曜に入所のため送っていき、土曜に迎えに行ってきましたが、その1週間は落ち込んだ気分の一週間でした。
それでも、意外にも義母は施設に結構馴染んでいるようにも見え、夫や義妹と安心しました。
そして、土曜はお風呂なども入れて、日曜の午後に送って行ったのですが、
今朝また同じ症状が出て、再手術になりました。
医師の話では、又良くなるそうですが、再発が無いとは言えず、これからは、益々先が見えない日々を過ごすことになりそうです。
それでも、日は登り沈んでいく・・一日一日を精一杯過ごしていきます。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
つれづれ
2012/01/17 00:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
あけまして おめでとうございます 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる