気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜大工で作ったのは・・・

<<   作成日時 : 2012/03/13 22:45   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 16

30キロ離れた生家でのお米の刈り取りが終わった9月末から田起こしが始まる4月末までは、シーズンオフの夫。

さぁ遊ぶぞ!とばかりに、年に似合わず、雪が早く降らないかなぁ〜と言いつつ、休日は山に登ったり、
ドライブがてらの温泉にと出かけ、いざ雪が降ればスキーに出かけるのが我が家の例年だった。

それが、今年は義母が暮れの30日から3月の始めまでに、硬膜外血腫で4回の手術、入退院を繰り返し、いつ再発するか判らぬ状態なので、どこにも行けない。

退屈なのが大嫌いの夫がその間にしたことは・・こんな物作ってました。

画像


夏もほとんど、冬はまず開けたことが無い居間の窓・・
今年の冬は寒くて、この窓からの冷気も気になるし、孫たちの本やらおもちゃやら、物が増える一方なので、ちょっと暗くなるのは我慢して、この空間に棚を作ったらいいんじゃない?
という私の要望に応えて作ってくれました。

最初は棚だけ作ってどうだ!と夫・・

画像


え〜、私は飾り棚が欲しいのでは無く、なんでも押し込める見えない棚がいい・・と私

画像


そうしたら、一番上の写真のように断熱材を買ってきて、はめ込むようにしてくれました。
明るさもあって、何が入っているか見えないのがいいし、窓からの冷気の断熱材の役目もしてくれる、
見た目も悪くないなぁ・・と満足、満足・・



さて、その次にしたのは・・・

もうこの家を建てて23年が過ぎました・・
その頃は、子供が育ちざかり・・
中古で買った家が狭くなり、夫の生家へ帰り育てるか、こちらで建て直すかと夫婦で迷い、結果的にある事情でこちらに家を建てました。

その頃、帰っていたら、子供たちや私たち夫婦、義父母の人生はがらっと変わった物になっていただろうと、ふと思うことがあります。
人生の分かれ道だったのですね。

その家を建てたときに買った6人掛けの飛騨シラカワの食卓セット・・
道具は良い物をという夫と見立てて、当時の私たちにしてみれば大奮発して買いました。

その椅子の一度目の修理は10年ほど前・・
革が擦れてきたので、夫が牛二頭分の革を買って張替をしました。

それが今度は、背もたれの籐の部分が、猫がバリッとしたり、孫が指を突っ込んだりして少しずつ痛み始めてました。
かと言って、メーカーに聞くと、う〜ん買い替えるのとどっちがいい?と思うほど高いし・・

そこで、夫は考え、型紙をとってこんな風にしました。

以前買った革の残りと、新たに買った革を使って、籐の後ろにボンドを使って貼ると・・

あ〜ら、良くなったわね〜・・

画像


表の傷はご愛嬌・・これで又10年は使えるでしょう

画像


と言っても、今ここに座るのは三人だけになり、広すぎると感じるようになりました・・

画像


その中で、ただ一脚だけ・・なぜかこんな風に・・

画像


私も最初は表も革を貼るのかと思っていたけど、こんな風に貼るとは・・

「これは変!」と私が何度も言うも、
「そうか?素敵なデザインじゃないか、紅白梅図みたいだろ?」と夫。

「どこが〜

子供たちに「え〜変だよ〜」とか、「ちょっとね・・」と言われても、自我自賛・・
気に入って自分が使っています。


ついでに、もう何年も前に日曜大工で作ったもの

我が家の居間は吹き抜けですが、夏と冬は上の空間に蓋をします。
建てた当初は無かったのですが、冷暖房の利きを良くしたいと、夫が考えたのは・・・

明るさを保つ為に障子形式の強い紙を貼って建具屋さんに作ってもらいました。

それが一枚だけ横にスライドして空くようになっていて、冬は上に洗濯物を干すようになってます。

さて、そこにどうやって上がるか・・と考えたのが可動式の階段・・
重いのが難点ですが、上下に動きます。

画像


その階段を作ったのが夫・・流石、建築を勉強してきただけはあります
当時、道具や材料を少しずつ買っては、屋根裏部屋の三階で、せっせと作っていました。

それも、何年も経つうちに、私が洗濯ハンガーを落としたりして、障子部分が破れてきたので、
一番上と同じ白い断熱材に張り替えました。
それをしたのも夫

こうした作業をしている時が一番幸せだという夫に、さて次は何をリクエストしましょうか



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
いやはや、旦那さんすごいっすね。
私は男のくせに物作りは大の苦手で、感心しゃいました。
これが普通の旦那の実力だとしたら、ちょっと肩身が狭いぞ!!と、思っていたところに、建築関係の方でらしたんですね。ちょっとホッとしました。(笑)
しかし、こういう旦那は一家に一台ですな。我が家にも欲しい!!あはは。
onj
2012/03/14 19:39
onjさん、こんばんは。
好きこそ物の上手なれ・・って、好きなんですね〜こうした仕事が。
している間は夢中で傍から見ていても、楽しそうです。
それが、夫は建築の勉強はしてましたが、建築関係の仕事ではありません。
その昔、中学の修学旅行で霞が関のビルを見て、あんなビルが建てたいと建築の勉強をしてましたが、丁度オイルショックの後に大学を卒業したので、ゼネコンの求人が全然無くて、全く違う仕事に就きました。
でも、資格だけは拘りで取りましたが、それがこんな所で生かされている?(笑)
今から、リタイアしたらこうした好きな工作?をしながら暮らすぞ!と言ってます。
私はどうせなら、職人になる勉強でもしたら?な〜んて言ってます(^_^)v

そう言えば、全然違う音楽の話ですが、ララ・ファビアンって・・多分ご存じでしょうね。
私は今まで知らなかったのですが、先日テレビで知って、ちょっとyoutubeで聞いてみましたが、セリーヌ・ディオンに似ていて、いいなぁ・・と思ってます。(*^^)v
つれづれ
2012/03/15 09:19
>ララ・ファビアンって・・多分ご存じでしょうね。

アハハ、知りません。ということで、今ネットで探しました。
確かに、セリーヌ路線ですね。
こういう感じが、好きなんですね。
ちなみに、暇な時に、知らないアーティスト探検をネットでしていた時期があったのですが(カテゴリーで検索して。オペラとか、ジャズとか・・)
まあー、それはそれは、結構いい人います・・・が、なんか衝撃的な人には早々お目にかかりませんね。
Sarahみたいな人には中々出会えません。
ってことで、この人ご覧ください。まあ、ご趣味ではないでしょうし、Sarahみたいに別次元の人ではないですが、アジア人で、それもこの子供っぽさで・・・
まあ、暇つぶしにでも見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=35z5VOmI7Gs
http://www.youtube.com/watch?v=s3bLbPJtBSA
↓これは確実に喜んでいただけると思いますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=wKJmuViLqgI&feature=related
ちなみに、私はたまたまこの映像で彼女を知りました。
http://www.youtube.com/watch?v=iMhXKg2ROVw&feature=related
ではでは。
onj
2012/03/16 21:13
紅白梅図みたいだろ…まさにそうです!
歌川xxxの亀戸梅屋敷の雰囲気も感じますが、まちがいなく紅白梅図です。
実に味わい深い。
本読みと山歩き
2012/03/17 09:02
onjさん、こんばんは。
はい、こうした感じが好きです・・確かララ・ファビアンはバラードがいいと書かれていたような(*^^)v
このchariceという人は以前テレビで見ましたが、びっくりしました。
確か、ホイットニー・ヒューストンの歌でしたが、粗削りな感じはしましたが、あまりに上手くて。
ただ、まだ子供に見えて、すごい迫力なだけに、声がつぶれないかと心配にも思ったりしたものでした。
でも、人並み以上の何かがあるのは確かで、これからは、上手に育って彼女の歌がヒットすればいいなぁと思ってます。
楽しみに待ってましょう(^_^)v

つれづれ
2012/03/17 23:19
本読みと山歩きさん、こんばんは。
え〜本読みさん、またまた・・・(#^.^#)
なんだか、どこかが似ているような気がしてましたが、こんな所まで・・
な〜んて、夫にお気遣いのコメントをありがとうございましたm(__)m
でも・・去年東京の出光美術館で紅白梅図を私と見ているのですが、夫は見てないと言うんです。
それなのに、よく言うわよ〜の世界なんです。(笑)
つれづれ
2012/03/17 23:33
何とも器用なものですねえ。さすがのヒゲおやじも脱帽です(笑)。
好きこそものの上手なれというのは、まさしくそのとおりですね。
こんな面倒なことは、好きでないとやれませんよ。それがまたプロ級の出来映えだからたまりませんね。お見事。
ヒゲおやじ
2012/03/18 22:34
なるほど大したご主人ですね。とても心強いと思います。
そしてこれが以前お話してくださった吹き抜けをふさいでいる障子なのですね。
なるほど明かりは入って暖気は逃げませんね。この階段もすごい。
さて、次なる作品は何かしら?♪
わがやもそろそろ吹き抜けから太陽の光が直接入り込む季節に入りましたがブラインド付けたので今年は心に余裕がありますやれやれです。
四月うさぎ
2012/03/19 14:04
驚きました!器用ですね!
お抱えの大工さん、建具屋さん、家具屋さんがいるんですか!
ドイト好きですが、ここまでは!
プロの領域です。
清兵衛
2012/03/19 18:09
ヒゲおやじさん、こんばんは。
ヒゲおやじさんの記事を読ませていただいてると、拘りというか丁寧で几帳面な仕事をする所が似ていると感じてました。
リタイヤした後は、道具を買って、好きな物を作って暮らすと作業場まで決まっているようです。
でも、そんなに作るものがあるとは思えないのですが。(-"-)
こんなに誉めていただけたら、夫はきっと舞い上がって、益々作るぞ!って言いそうです(笑)
つれづれ
2012/03/19 21:56
四月うさぎさん、こんばんは。
はい、体力はありますから、サバイバルには強いと思って頼りにしてます(笑)
はい、これで吹き抜けを蓋していますが、最近は面倒で開けない年も多くなりました(-"-)となると勿体ないんですよね・・この空間が。
でも、四月うさぎさんのお宅もそうでしょうが、明るさはぴか一なので、やはりこのままです。
この障子?があるので、最近ブラインドも外しました。
そうそう、最近になって、ほとんどの窓を二重窓にしました。
その昔の建てた頃に二重ガラスがあったのですが、高くて手が出なかったので、今になり老いに向かっての予防策です(笑)
心に余裕をもって迎えたいものです(^_-)
つれづれ
2012/03/19 22:10
清兵衛さん、こんばんは。
ありがとうございます。
でも、こんなに誉めていただくと、夫は舞い上がって、自信過剰になります(笑)
ドイトって何かな?と調べたら、ホームセンターなんですね。
はい、夫も大好き、見る売り場は決まっていて、待ちくたびれるほど待たされます(笑)あちこちのホームセンターに行きますが、今のお気に入りはビバホームみたいです。
夫の祖父が大工さんだったそうで、作ったという戸棚が残ってますが、そうした血なのでしょうね。リタイアしたら、飛騨の家具職人さんか大工さんの所に修行に行ったら?なんて薦めてます!(^^)!
つれづれ
2012/03/19 22:27
凄い凄い!すごーい!! 階段が作れるなんて!
全くプロのお仕事ではないですか!
建築を勉強なさったというからやはりプロですね。
うちのおトウちゃんを弟子入りさせたいくらいです(笑)。
>ほとんどの窓を二重窓にしました
つれづれさんちも決行なさいましたね。我が家の場合、犬の吠え声の防音にもなり助かりました。旦那様にはエコポイントで美味しいものを食べていただいて、また素敵なリフォーム頑張ってもらいましょうよ。
つぎのUPも楽しみにしてます♪
けっこちゃーん
2012/03/21 09:15
けっこちゃーん、こんにちは。
また、そんなに褒めていただくと、夫は喜んでしまいます。(笑)
多分、けっこちゃーんが絵を書かれるのや、私が編み物をするのと同じで、それが好きなんですね。
でも、私は何でも形になればいいと雑ですが、夫は拘って丁寧に作ります。
だから、出来上がりが上手ということになるんでしょうね。
はい、けっこちゃーんの記事に後押しされました(^^)v
吹き抜けなどで、家の中の会話が外に筒抜け(+_+)
さぞ、子供が子供の頃は外を歩けないほど恥ずかしいことだったでしょうが、知らなかったので幸いでした(笑)
なので、二重窓にして、その声が聞こえなくなったのが嬉しいです。
次の注文をこの前したのですが、何を注文したのだったか・・・私が覚えてないのってどうよ!の世界です。(^^ゞ

つれづれ
2012/03/21 13:04
素晴らしい出来栄えですね。
まるでプロですね。
好きこそものの・・・でしょうか。
何をなさっても一生懸命でまた聡明なご主人様ならではのお仕事ぶりですね。
何だか私も注文したくなりましたが。。。注文してみたいものですす。。。
らんじゅ
2012/04/03 09:34
らんじゅさん、こちらにもありがとうございます。
はい、プロほどではないですが、やはり好きだから、拘って丁寧に作る・・だから時間もかかる・・けれど自ずと仕上がりもきれいに出来るということだと思います。
適当に作って、良し!とする私とは正反対で、編み物をすると次女が夫の性格を受けついでいるなぁと思います。

リタイアしたら、ご注文を是非・・と言いたいですが、遠すぎる〜!(^_^)
つれづれ
2012/04/04 19:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
日曜大工で作ったのは・・・ 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる