気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS おじぃちゃんの時計〜

<<   作成日時 : 2012/07/05 18:02   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 10

大きくもなくのっぽでもない、我が家の古時計・・

主人の生家に、私が嫁いだ時にはもうあったので、いつからあったのかと夫に聞いた所、
夫が小学校入学した昭和34年の春、生家を新築した際、お祝いに頂いたもの・・
と言うから、100年まではいかないけれど、もう52年前から、山の家の居間にかかって時を告げてきた時計でした。


それが、義父が亡くなる少し前・・4年ほど前に止まったきり、動かなくなっていて、
歌のように、何か義父との繋がりがあるように感じたものでした。

居間にいると、つい「今何時?」と見上げていたのが、止まっているから・・と見上げなくなっていたこの頃・・
我が家の近所に「時計修理します」という看板が上がりました。

凡そ、この住宅地の真ん中では商売にならないだろうと、想像できたのですが、
顔見知りの団塊の世代の方が、仕事をリタイアされ、自宅にプレハブ小屋を作って出されたのでした。


その看板を見た夫、ふと「山の家の時計・・直してもらえるかなぁ・・」と。
私は、「もう古いから無理かもね・・」と返事をしたのですが、夫が聞きに行くと、見せていただきます・・とのこと。

持ち込んで、2週間ほどしたら、届けてくださいました。

ほこりをかぶっていた時計が、外も中も振り子もきれいに磨かれていてます。

「きれいにしていただいて・・直りましたか?」と聞くと

「はい、直りました。この振り子を吊り下げて、下の印にまっすぐに合わせてから振ってください。
きちんと、時間も合っていますが、ここのぜんまいが緩んでくると、少しずつ遅れてきますから、
その時は、また巻いて下さい」

そうですね・・
私が子供の頃も、踏み台に乗って、なんで二つのねじを巻くんだろう?と思いながら、よく巻いたものでした・・


この時計よく見ると・・SEIKOSHA・・と書かれているのを発見。

「これって、あのセイコーですか?」と私

この時代はSHAってついていたと知って、案外身近にあっても気が付かないことってあるもんだ、
その当時の田舎にしては、ハイカラだっただろうから頂いた時は、さぞ嬉しかったことだろう・・などなど思いが至ります。

画像


一通りの説明をされてから、「あの〜すいません、請求書ですが、4000円ほどですが・・」と
いかにも遠慮がちに言われます。

「え〜4000円でよろしいんですか?こんな古い時計を直していただいて・・」と、その技能に対する
対価の安さに驚きました。

「いえ、私はこういう時計を触っている時が一番嬉しいんです。今はクオーツや・・ですからね・・」と、
いかにも実直そうな方が嬉しそうに話されます。

結局、5000円出しましたが、いえ4000円で・・と
こうした時計を触っている時が私は一番嬉しいんですよ・・ともう一度言われ、
「今度又悪くなるようでしたら、無料で直させていただきますので・・」と、おつりを置いて帰られました。

その夜、夫が帰ってから、直ったと判り、喜ぶこと・・
「直ったか・・よかったなぁ〜」とすぐに電話で
「直していただいて、とっても嬉しいです!」とお礼を伝えてました。

飛び切り高価とは見えない時計ですが、夫にとっては、両親やその上の祖父母に繋がる大切な時計で、
その嬉しさも十分に伝わってきました。

そして、週末・・

その時計が在るべきところ・・山の家の居間の鴨居に掛けられ、また時を刻み始めました。

画像


今の所、その時計を見る人が居ないのは残念ですが、やはり、それはそこにあるのが似合っていて、
時間になると、ボ〜ン・・ボ〜ン・・ボ〜ン・・と時を告げています。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

いいですね。たぶん買った方が安い昨今ですが、でもそういう消費生活はもうやめようよと言いたいです。(消費しないから経済が活性化しないなんてことも。。。)
丁寧に作られた時代のものはやはりいいですね。
最近のものは壊れるように作られてるなんてことも聞こえてきますよね。
それってどうなんでしょうね。
大事になさってください。
らんじゅ
2012/07/05 22:52
らんじゅさん、こんばんは。
最近の時計は安いですよね・・
多分、その時代この時計は、こうして木が使われてガラスもデザインされて、飛び切りではないですが、高価だったような気がします。義父母や祖父母はさぞかし嬉しく誇らしく思ったことだろうと思えてくるのです。
今の時代、こうして人の手を使ってする・・職人さんがする仕事がどんどん無くなっていきますね・・人に出来ることができなくなっていく・・勿体ないことだと思います。
つれづれ
2012/07/06 21:37
 ねじまき時計なんて、この頃ではすっかり見なくなりましたが、昔はどこの家でも大きな部屋の見上げる位置にあって、家族みんながこの時計を頼りにして生活していましたね。
 14DAYの文字が見えますが、いわゆる2週間巻(懐かしい!)なんでしょうね。
 精工舎も、今やセイコーホールディングス? ねじまきも電波時計になって、時代は変わりました。いいものですね、何時までも大切になさって下さい。
山いろいろ
2012/07/07 11:35
振り子の掛け時計! いいですね〜。
私が幼き頃、実家には振り子の時計が売るほど並んでいて、時間になると一斉になりだしてうるさかった。ぼ〜んぼ〜んとかぽっぽ〜ぽっぽ〜とか。
 SEIKOは世界に先駆けて、腕時計のクオーツを実用化させた会社でもあることを考えると、このSEIKOSHAの時計にはより歴史を感じさせてくれます。

電気に頼らない生活は今時です! 
木製は“炭素(CO2等)の貯蔵機能”があります!
ぜひぜひ大事にお使い下さい。
私の実家は、(今でも)時計商を営んでおります。時計商の息子からのお願いでもあります。(笑)
本読みと山歩き
2012/07/07 14:56
山いろいろさん、こんばんは。
ホントですね!
14dayって全然気づきませんでした!
なるほど、これで2週間でねじを巻くことが判るのですか・・知りませんでした。
それに、セイコーは精工社という名前だったということも知りませんでした。(-"-)
やはり、山いろいろさんは、難しいことも、身近なこともよくご存じな物知りジィジさんだと思います(*^^)v
つれづれ
2012/07/07 22:04
本読みと山歩きさん、こんばんは。
え!本読みさんは、時計屋さんの息子さんだったのですか。
そう言えば、昔の時計は音がしましたもんね・・ぼ〜ん、ぼ〜んって。(笑)
それが、今はクォーツや電波時計で、それはそれで立派な進化ですが、こうした古いものが消えていくのは、寂しいばかりでなく、アナログなものが無くなるのは人間の退化につながるような気がしてきますが、そんなことないでしょうか。
はい、こんど動かなくなっても、直していただける方が判ったので、大切に?使いたいと思います(*^^)v
つれづれ
2012/07/07 22:16
つれづれさん暫く〜寂しかったですよ!
新しいものもいいですが、こういう生活の中心の道具は
昔から馴染んだものが落ち着きます。
振り子の音懐かしいなぁ
デジタルの時代、アナログ懐古の暮しに共感します。
清兵衛
2012/07/08 09:46
清兵衛さん、こんばんは。
お返事が遅くなりました。m(__)m
ありがとうございます。
一昨日までの、BSで放送されていた「蝉しぐれ」の再放送見て清兵衛さんは見てらっしゃるかな?と思いながら見てました。(^_^)
そうなんですね・・昨日久しぶりにぼ〜ん、ぼ〜んという音聞いて、時計を見上げました。やはり、あの場所が似合います。
清兵衛さんはデジタルもお好きですよね・・私もですが、その両方を知っている時代に生きていることに感謝です。
つれづれ
2012/07/09 21:39
軽井沢の祖母の家にもふる〜い、ふる〜い掛け時計があり時間になると低い音でボ〜ン、ボ〜ンと鳴るのが特に夜になると薄気味悪く感じていました。こちらの時計、34年? 私と同い年だわ。 懐かしい音を思い出しました。これからも大切になさってくださいね。とても良心的な方に直していただきましたね。金額ではなく、触っていること自体が好き・・その気持ち分かります!
mint
2012/07/11 22:42
mintさん、こんにちは〜
ん!mintさん、34歳!あぁ、生まれがね(笑)
と言うことは、私より6歳下・・まだまだお若いから元気なはずですね(^_-)
きっと、直していただいた方は、いまどきは時計は4000円出せば新品が買えるからと思われたのでしょうね。
それに敵わない思い入れがある時計なので、直っただけで十分なんです。
つれづれ
2012/07/12 12:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじぃちゃんの時計〜 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる