気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 初夏の怪

<<   作成日時 : 2012/07/13 18:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 14

義母が住まわなくなった夫の生家から、私の足が遠のかないように、という夫の策略に嵌っているなぁ・・
と、いつも思いつつも、出かけていき、畑の野菜の成長を楽しみにするこの頃・・



休日になると、夫は先に行き、私は片道50キロの山道を走り、義母を施設に迎えに行って、
一緒に山の家で過ごす生活が日常になりつつあります。

家に着いて最初にするのは、仏壇を開けて、花を替え水を供えてお参りすること。
その後に、ごはんを炊くようなら、お仏飯を供えて、一日中仏壇も家も開け放して、風を通すようにしている。

おばあちゃんはと言えば、暖かくなってからは、4度も頭の手術をしたとは思えないほどめっきり元気が出て、まずは、よっこらしょと定位置のテレビの前に座り、一息・・
その後に、お参りはする時あり、しない時あり・・
ふらつく足取りながらも家の廻りを一回りした後、危ないからと言っても、坂を上って畑を見るのが楽しみのようです。

画像


そんな5月も末のある日、この日は元気だったおばあちゃん、すぐ近所の親戚の家におしゃべりをしに行くと
言うので、送って行くと、しばらく預かるからいいよ・・とおばあちゃんより年上の90歳になる
おばさんが言ってくれた。

それじゃ、私はその間にと、畑に・・
でも、途中で心配になり家に帰ると、もう義母はおばさんに送ってもらい、家にひとりで居た。

歩くのにふらつき転びそうになること度々なので、何事もなくて良かった〜と胸をなでおろし、
この日も「私はもう行かんでもええやろ」と施設に行くのをやんわりと拒むおばあちゃんに
「ひとりでここに居れんでしょう?」と諭して、仏壇も家の鍵もしっかりと閉めて、施設に送って行ったのでした。

そして、その次の週、この日私たちより早く家に着いて、仏壇を開けたのは、夫だった。

いつものように火を灯そうと・・・スイッチを入れた。

我が家の仏壇は、義父が亡くなった時、火の用心の為に、それまでの油の灯明とろうそくから
LEDの明りに変えていた。
そのスイッチを入れた・・・が、灯らない。

?????

おかしいと思って灯明を見てみると、電線部分が切れている。

??????

もう一つの灯明とろうそくを見てみると、そのふたつもプツンと電線が切れていた。

!!!!?????????

この日は田植えの手伝いに来て居た息子曰く・・融けたんじゃない?

するとなるほどと思った夫、私にこれは不良品だぞ!と電話をしてきた。

この明かりは、その4年ほど前、仏壇店に探しに行った時、まだLEDが珍しい頃だったからか、
お店の人がセットしに行きますから・・と結構高い値段を言われた。

思いより高かったし、わざわざ山深い所まで来てもらっても・・と思い、
だったらと、ネットで探すと、思ったよりずっと安く、即注文してセットしたものだった。

それが気に入ってか入らずか、夫は、ネットで買った物はやっぱり不良品が多いね〜と言いたかったようだった。


が、その後私と一緒に到着した次女・・・その線をよく見て・・これは、融けたんじゃなくて何かで切ってあるよ・・と。

ここ数年は老眼鏡が無いと細かい所は見えてなくなっている夫、老眼鏡をかけてみたら、
なるほど、スパっと鋭利な刃物で切ってある。

え?どういうこと????

家はきちんとどこも鍵がかけてあるし、外から誰かが入ってきた気配も無かった。

????????????????

仮に、泥棒としても仏壇を開ける??
いえ、仏壇に高価な物を仕舞ってあるかも・・と開けるかもしれない・・

でも、泥棒が、開けたとしても、灯明の電線を切る????????


不思議と思いつつ、私は切れているのが仏壇・・ということに戸惑いうろたえた。

普段、ご先祖さまに対して、後ろめたさも感じて生活している部分大だし、
ひょっとして、誰かに恨まれいる?・・・と思うと、ゾッとして鳥肌がたった


その後も、みんな首をかしげるばかり・・
誰が?何が目的で?どうして切断しなければなかったのか?

訳が判らない・・・


それが、しばらくして、夫が「判った」と大きな声を出した。

「ばあさんや!」・・と。

でも、この日は、田植えで忙しいので、おばあちゃんは迎えに行かず居ないのにどうやって??


!!!
「あぁ、先週!あのひとりで居た時」と私。

夫の話によると、きっとおばあちゃんは、お仏壇の火を消そうとしたけど、
スイッチを押すことを忘れてしまったに違いない・・

それでも、なんとかお灯明の火を消したかった。
でも、家には誰も居なくて、頼めず、聞けず・・

そこで、はさみを持ってきて、プツン・プツン・プツン・・・と切ったんだろう・・。

そう言えば、いつもはこたつの上にある鋏が、仏壇の前に置いてあった。
私たちは、誰かがスイッチを切ったのだろうと、切断されていることも知らず、仏壇の扉を閉めて帰ったということみたい。

ふ〜・・感電しなくて良かった〜

そして、原因が判って良かった〜

判らないままだったら、気持ち悪くて、泊まったり出来なくなっている所でした。

最近は、トイレの水も流せなくなってきた義母・・
スイッチでなく、電線を切れば消える・・っていうことを、思いつくことが、おばあちゃんの今なんだと
寂しいような思いになって、忘れられない出来事になったのでした。

そして、あの時ご先祖さまに感じた後ろめたさを、今でもふと思い出したりするのです。

その線・・その後夫が直して、無事また点くようになりました。

でも、その時説明をしたにも関わらず、おばあちゃんが、時々仏壇の前で、手で灯明を煽っているのを見ます。

そういう時は、「おばあちゃ〜ん、後で消しておくからいいよ〜」と言うようになりました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
原因が分かってホッとしました。 そして、感電しないでよかった〜!とホントに思いました。ご無事でなにより。 複雑なお気持ち、とてもよく分かります。
mint
2012/07/13 22:18
なるほど、そういうこともあるのですね。
でも怪我をしなくてよかったですね。ヒゲおやじも大分前ですけど、一度コンセントを抜くのを忘れて電線を切ったことがあります。バチッと火花が出て、ハサミの刃が溶けましたよ。裁縫用の裁ち鋏とか握り鋏だったら、感電するかも知れませんね。無事で何よりでした。
でも、それなりに工夫をするということろは素晴らしいですね(笑)。
ヒゲおやじ
2012/07/13 22:38
仏壇のろうそくは本当の火が良いですね〜。
あの火の動きが、ご先祖様と自分を繋ぐ道標みたいな、そんな気がします。
最近はLEDでもゆらゆらゆれるものがありますが、いつか更に技術が進歩して、手で煽げば、光が消える!なんてことにもなるかも知れません。
そうすれば、義母様の行為も無駄にはならないですね。
本読みと山歩き
2012/07/14 07:05
ホントに、想定外がおこるのですね。
私は介護は終ったので、人ごとですが、
施設に1年お願いした時、「こんなことをする」
と不満を言うスタッフさんが一人だけ
いました。
「へ〜、考えてるんだ」
と、感心したら、呆れられました。(笑)
呆れた家族と思ったかもしれません。
認知症のお年寄りは、発想が豊かですから
私や、他のスタッフとしては 「そんなこともあり」
と思うのですが、慣れないと驚くと思います。

自分が介護の時は、線香で焦げたりしたので、
やめさせてしまいました。
気持ちに余裕ができた今、
ほかの方法が有ったのではと思います。

でも、家を焼かれては困ると必死でした。

今でも、「御先祖様は、生きている子孫を 大切に
見守ってくれている。
だから、ろうそくや、線香にこだわらなくてもいい」
と思います。

私は仏壇で線香をあげません。
キッチンであげます。
忘れたときが怖いので、必ず見えるところで。
消えた事を簡単に確認できます。
御先祖様は、仏壇にいるとは限りませんから。








里ばあ
2012/07/14 22:51
mintさん、こんばんは。
ありがとうございます。
最初は古い家なので漏電かと思いましたが、LEDだから電気が微量だったのかな・・と思ったりしました。
もちろん、おばあちゃんは、自分がそんなことをした事は全然覚えてませんでした(-"-)、
つれづれ
2012/07/14 23:38
ヒゲおやじさん、こんばんは。
え!刃が溶けるのですか!びっくりですね。
文房具の鋏で握る所がセルロイド?だったから良かったのか、LEDは電気が微量なのかな?とも思ったりしましたが、そうでなかったら怖いことですね。
はい、電気と切断が繋がるのが不思議です(^_^.)
つれづれ
2012/07/14 23:45
本読みと山歩きさん、こんばんは。
本物の火は良いのですが、電気にして掃除が楽になりました。(*^^)v
煤で汚れないので、お磨きさんをしなくていいですから。って言うと、本読みさんには、それがいいんじゃないですか!って言われそうですが(笑)
それに、お参りのいらしたお坊さんも、簡単になって嬉しそうでした。(笑)
実はひとつ・・ろうそくの部分は繋がらなかったので、あった乾電池のろうそくを使ってますが、それはゆらゆらと炎が揺れてます。
だから、余計おばあちゃんは気になるのかもしれません(-"-)
つれづれ
2012/07/14 23:51
里ばぁさん、こんばんは。
実は我が家もお仏壇の前に線香の焦げがあったのです。怖いですよね。
おばあちゃんは、普通のお年寄りなんですよ・・でも、徐々にならいいのですが、所々に唐突で、えっ!と思うことがあるのです。
ホントにこの時はぞぉ〜っとしました。
おばあちゃんが手術をして危なかった時も、このままではいけない!と思ったものですが、今回もご先祖さまが、このままではいけない!と思わせるためにさせたことなのかも・・なんて思えてきたりして。(-"-)
つれづれ
2012/07/15 00:01
お年寄りのされる事、時々びっくりさせられますね。
でも、それなりに筋が通っていたりしてね。
私の母も2週間前に他界しました。昔のことはよく覚えているのに、
新しい事は憶えてくれない。

お気に入りのブラウスが2枚あったんだけど、前ファスナーだったのです。
でも何度行っても後ファスナーにしてしまって、で、よくよく考えたら
昔、そんな後開きのブラウスあったなぁってだからどうしてもファスナーを後にきてしまうんですよ。今年の夏はまたデイケアに行くのに新しいブラウス買ってあげようと思っていたのに・・・
さえ
2012/07/15 19:13
さえさん、こんばんは。
お母様が亡くなられて、まだ2週間ですか・・寂しくなられましたね・・
お悔み申し上げます。

私の廻りでも、親を亡くす友達が随分増えましたが、いつ何があっても不思議ないそうした年齢になりました。
私はまだ両親が健在なのですが、そうした時ホントに友達の身になってきたか・・親が年老いてそれが近くなりつつあるこの頃、そんなことを思う時があります。
ホントに寂しく悲しいことでしょう・・特にお母様の場合には。
お気持ちお察しいたします。

私も昔から義母の服をよくプレゼントしましたが、不思議と好みが合って、これはつれづれちゃんが買ってくれたのだ・・と私が忘れていても、よく言ってくれました。
でも、この頃は自分の服かどうかも判別がつかなくなってきてます。
やはり、新しく買った物は、覚えられないのでしょう。
私の父も然りです・・
でも、さえさんと違って私はまだひと時でも喜んでもらえるのですから、喜ぶべきなのでしょうね。

お母様のご冥福をお祈りいたしますm(__)m
つれづれ
2012/07/16 00:24
 まずは、大事にならなくてなによりでした。
そう言えば仏壇の灯明って、誰もいなくても灯っている事がありますよね。あれは点けておかなくてはいけないものなんだろうか? 線香も、お参りが終わったら即消してはいけないものなんだろうか?
 我が家にも、来月あたり仏壇が来ます。勉強しなければならない事がたくさん出てきます。大変だぁ!
山いろいろ
2012/07/19 09:50
山いろいろさん、こんにちは。
原因が判らない間は、ホントに気味が悪かったです。
ご先祖さまが私にお灸をすえられたのかもしれません(+_+)
ホントの火の場合は、ろうそくやお線香が無くなるまで点いてますますが、LEDは消えませんからね(笑)
我が家は、お仏壇が開いている間は、点けてます。
あぁ!この前の宗教のレポートが、このお仏壇に繋がるわけですね!
何事にも徹底して勉強されますね〜すごい!
つれづれ
2012/07/19 13:40
こんばんは。
ご無沙汰しています。

本当に原因がわかってよかったですね。
でも切断とはまた力が要りそうですがいざとなれば力が出ると言うことなんでしょうね。お元気で何よりです。
いつも親孝行なつれづれさんご夫妻、ほほえましく読ませていただきました。
らんじゅ
2012/07/20 20:49
こちらにも、ありがとうございます。
京都はこの季節、暑いばかりでなく、お祭りで熱いですね〜
らくじゅさんのような飛び歩く生活、私好きなんですけど、縁が全然ありません(^_-)
昨日、知恩院の手作り市の様子を「ねこのしっぽ・・」て紹介してましたが、行ってみたいなぁと思いながら、らんじゅさんはご存じかな?と思ってました。

この電線は細いものですから、力は要りません・・が、それを切れば消えるという思考がすごいというか、電気だと判っている???
今日は雨降りなので、又明日迎えに行って、山の家に行ってこようと思ってます。
その前に、今日はこれから私の母が友達と出かけるので、父と一緒にお昼を食べる予定です。
いえ、手作りでなくウナギにとんかつ・・大好きなんですよ。さて何になるかなぁ〜
つれづれ
2012/07/21 11:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
初夏の怪 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる