気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 松本にて、米寿の祝いその3・・・12.6-16-17

<<   作成日時 : 2012/07/24 23:26   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 16

二日目・・お天気の予報は曇り

朝の食事も賑やかに、美味しく・・・
出発する前には、雰囲気の良いロビーで、コーヒーをわいわいがやがやいただいて、この日の行き先を相談・・

この日の観光第一候補は、妹や姪が楽しみにしていた松本城

その見学してから、お昼にどこか美味しい所で、お蕎麦を食べようということになる。

父は、判っているのかいないのか・・「そんないい所に連れていってくれるか・・」とご機嫌。

ただ、上の弟家族は、前日来る途中に松本城に寄ってきたそうで、ここから別行動することにして、
宿の前で全員で記念撮影をしてから、下の弟家族・妹家族・両親と私たち夫婦で松本城に・・

両親はお堀までは姪が押す車椅子で行き、立派なお城だと喜んでいたが、
お城の中の上り下りは無理なので、外で待機・・


皆がお城を出てきた頃には、暑いほどお天気が良くなっていた

それから、お蕎麦・・

松本はお蕎麦屋さんが多すぎて、どこに行ったらいいのか判らない。

そこで、私の調べた食べログと、姪が持っていたるるぶに紹介されていた「水舎」というお蕎麦屋さん、両方に紹介されてるなら良いんじゃない?とこれまたミーハーな選び方をして、弟が電話をかけて予約・・こんなお蕎麦を食べてきました。


画像


その本の紹介では、「あまり目だたない、地域の人が通うお蕎麦屋さん・・」と紹介。

場所は、松本から上高地に行く国道158号の途中、波田という辺りからサラダ街道に入ると
蕎麦屋さんが沢山寄り集まっている感じの場所(蕎麦村とも言うらしい)があり、そこからまだ山の中に入って行った所にあった。


大きな地図で見る

流石信州・・そんなに辺鄙な所に蕎麦屋さんが沢山あるのに驚いたし、そのそれぞれの駐車場に
結構車が止まっているのも驚いた。

このお店に私たちが着いたのは11時半頃だったが、電話をしてあったので一部屋空けて
もらってあったが、私たちの後からも他府県のバイクや車がどんどん入ってきて、待ち時間ありになる
ほどだから、今は地元の人が食べにくるだけではない人気店みたいだった。


味は・・私は蕎麦音痴で、天ぷらが無いと食べられない人なので判らないが、皆に美味しい〜と好評だった。


食べ終えてから、弟一家は中央道へ・・
私たちは、上高地入り口から飛騨を抜けて帰ることにして、別れた。

その途中、今は上高地から平湯まで、安房トンネルが出来ているが、夫はこちらに来た時
急いでない限りはトンネルを通らず、安房峠を通るようにしている。

画像


今回も、つづら折れの道を走ってきたが、意外にも妹たちはこの辺りは初めてとのこと。
穂高や焼岳、そしてまだ新緑の景色の良さに、
「自分たちだけだったら、絶対にトンネルを通ってこの景色は見れなかっただろう・・又来たい!」
と感激していたし、両親もご機嫌で景色を楽しんでいる様子。

画像



その後に高山郊外を走っていると、後ろの車に乗っている妹からメール

高山にNHKのプロフェショナルで紹介されたパン屋さんがあったから、そこに寄っていかない?・・と。


大きな地図で見る

そう言えば、私たちも今度高山に行ったら寄ってみようと話をしていたと、それから調べてナビで探して・・
夕方だと言うのに、ここもお店の駐車場には他府県の車が多く、店の前には行列。

残り少ないパンの中から、ひとり6個か8個だったかの制限つきでしたが30分並んで買ってきました。

画像



それから帰路についたという、なんともてんこ盛りのあたふたとした米寿の祝いでした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしいお祝いの小旅行になりましたね。お天気も後半に行くほどよくなって、どんなにかご両親は喜ばれたことでしょうか。 家族が健康でそれぞれしっかりと生きていることだけで充分に親孝行ですが、こうして全員が揃っての旅行ができて、ご両親の喜びはいかばかりでしょうか!
arara
2012/07/25 00:31
つれづれさん、こんにちは♪
松本は諏訪に比べ素敵な喫茶店やレストラン、お蕎麦屋さんが多いです。
松本城の周りも素敵な所ですね。

(話はそれますが)熊谷達也の「虹色にランドスケープ」読みましたか?
つれづれさんに教えて貰って幾つか読みましたが、最近これを読み
久々に「良かった〜」て感じです。
いつこ
2012/07/25 13:05
araraさん、こんばんは。
ありがとうございます。
はい、お天気が良くなって、有難かったです。
こうした旅行が出来るのも母のお蔭ですが、一番楽しみにしているのも母で、帰ってから、写真を見ながら「楽しかったね〜」と言ってます。
父は・・あんなに喜んでいたのに、?そうだったか?という感じですが、写真を見せると「良かった〜」と言ってます。
ま・それでいいんですけど(^_^.)
つれづれ
2012/07/25 21:09
いつこさん、こんばんは。
昨日、コメントをいただいて、いつこさんのご実家に近かったと気づきました。
諏訪も良かったですが、松本盆地を見下ろす丘からの眺めも良くて、良いところが近くにいっぱいあって、羨ましいです。

このコメントをいただいて、今日丁度図書館に行ったので読んでみました。
が、最初の一話で暗く感じて止めました。
折角ご紹介いただいたのに、ごめんなさいm(__)m
私も好みの作者を見つけると、そればかり読む人ですが、この頃は現代物の暗いものを読むと、入り込む前に引きずられるような気がして止めてしまいます。
だから、推理小説もサスペンスもほとんど読みません(^_^.)
そういう物が面白く読めるようになればなぁ・・と思ったりするのですが、今の所はダメですね〜。
私が最近読んだ長編は、宮本輝の「流転の海」6部作の後半3部ですが、これはずっとぶれずに好きです。何故かなぁと考えると、この時代背景が好きなんだろうなぁと思います。懐かしい時代という感じで(*^^)v
又、何かお奨めありましたら、これに懲りずに教えてくださいませ。

つれづれ
2012/07/25 21:31
こんばんは。

本当、盛り沢山の信州ツアーでしたね。
皆さんで知恵を出し合ってそれはそれはとても楽しそうです。
親孝行できて良かったですね。
60年はダイアモンド婚式ですよね。長寿のこの国でもダイアモンド婚式を迎えることはなかなか難しいんですよね。おめでとうございます!!!

らんじゅ
2012/07/25 22:51
らんじゅさん、おはようございます。
ありがとうございます。
私がもうすぐ60歳なんですから、この年齢で両親が元気で揃っているのは幸せなことなんでしょうね。
昨日、妹が父を定期的な病院に連れていったら、血糖値が上がっていたそうです。
果たして、これから先好きな物を制限していくのがいいのか、好きな物を食べて好きなように動いている生活をしていた方が幸せなのか・・この年齢になると判らないですね。
つれづれ
2012/07/26 09:12
つれづれさん、こんにちは♪
今日は暑いですね〜〜。
そうですね・・第一話は確かに暗いですね。物語は短編のようになっていますが実は全部繋がっています。不毛の現代でも生きる価値が見いだせる・・現代物でもやっぱり熊谷達也だ・・そんな読後感でした。
流転の海、長そうですね(笑)さがしてみます。
ぶれないで好きな作家は新田次郎で、「聖職の碑」「芙蓉の人」「霧の子孫たち」は読みかえします。奥さんの藤原ていの「流れる星はいきている」も強烈です。
と、「赤毛のアン」も大好きです(笑)
いつこ
2012/07/26 16:15
いつこさん、こんばんは。
暑いですね〜
毎年、東京辺りより、こちらはずっと暑くてうんさりしてますが、今年の夏は今の所、夜になると、気温が下がって寝苦しい夜はまだ無いような気がします。
だから、助かってます。(*^^)v
そうでしたか・・この後の話は関係ある話なのかどうかなぁと思いつつパラパラとめくってました。となると、俄然読んでみたくなりました。(^_-)
新田次郎さんのお奨めの本、今度みてみます。
その奥さんが藤原ていさんとも知りませんでした。φ(..)メモメモ
赤毛のアン・・懐かしい〜(笑)
つれづれ
2012/07/26 22:13
 羨ましいほどの親孝行、兄弟孝行ができましたね。ご両親もさぞ喜ばれたことでしょう。
 皆さんがお揃いで祝い旅行できるという事は、みんな仲が良いということ。こうした仲のよい姿を見ることが、またご両親には最高の喜びでしょうね。
 こうした時は、つれづれさんの企画力が光りますね。お疲れさまでした。
山いろいろ
2012/07/27 17:45
山いろいろさん、こんばんは。
それは、ちょっと褒めすぎで、穴があったら入りたくなります。(笑)
父は、あの時は涙を流してましたが、今では写真でも見せないと、行ったことを忘れています(-"-)
でも、母は「楽しかったねぇ」ととても喜んでくれていて・・これでいいんでしょうね。
母のお蔭でこうした楽しい時間が過ごせましたが、そんな母ももう80歳で、父の世話も無理が出てくるでしょうし、これからいろいろな問題が出てくるのでしょうね。
つれづれ
2012/07/27 23:44
はらはらどきどきの楽しい旅でした。
お父様もさぞやお喜びになっていたでしょうね〜。
このコースなら私も大喜びです。(笑)
安房峠、あのくねくねの走りにくい道を選ぶなど最高のコースです。
その蕎麦屋さんもぜひ、行きたいな〜。いつか上高地へ行く途中にでもよりたいので、憶えておきます。
本読みと山歩き
2012/07/29 10:00
つれづれさんのご両親も米寿の年代なのですね。本当におめでとうございました。ご家族揃ってにぎやかで幸せなひと時でしたね。
>父は、あの時は涙を流してましたが、今では写真でも見せないと、行ったことを忘れています(-"-)
我家も昨年ハプニング続出の米寿祝いをしましたが(汗)父はもう全然覚えていませ〜ん(笑)。でもそう、>それでいいのですね。その時その瞬間、笑顔が浮かぶ時間を過ごすことができたらいいなと思います。

それにしても、いつもながら素敵な旅情報をしっかりチェックしていますね。
松本の蕎麦屋さんもメモっておきま〜す。私はつれづれさんの旅上手に引かれてこちらに訪れるようになったのでした。いつもありがとうございます。
けっこちゃーん
2012/07/29 14:52
本読みと山歩きさん、こんばんは。
はい、あの安房峠の林は素敵ですよね。
私もあの景色を楽しまずして、飛騨へあるいは上高地へ抜けるのは勿体ない、あの峠から見る景色は素晴らしいと思います。
焼岳から降りてきた時に、あの安房峠の途中にある中の湯の温泉に日帰り入浴したことがありますが、あそこもいいですし・・
あ〜また焼岳に行きたくなりました(笑)
つれづれ
2012/07/29 23:45
けっこちゃーん、こんばんは。
先日のけっこちゃーんの記事に、お父様に草取りの仕事を・・という話、なるほど!って思って、私も考えてみました。
母は、父が動き回るのは危ないから困るとこぼすので、何か懸命になれる仕事をしてもらうといいんですよね・・とても参考になりました。

旅情報のチェックですか・・懲りすぎるのも困りものです(-"-)
どこかで折り合いをつけないといけないと思いつつ、納得いくまで探すので、疲れてしまいます。(^_^.)
その挙句が、今回みたいな失敗につながると、もう嫌んなっちゃって(笑)
でも、みんな楽しそうでしたから、それで元はとれました(*^^)v
旅上手なんてとんでもないです。
実は夏休みに、例のエコポイントを使っての東北旅行を、これまた嫌になるほど迷って、最後に尾瀬歩きまで入れて計画したのに・・・頓挫しそうです(+_+)
あ〜ぁ〜(+_+)
つれづれ
2012/07/29 23:56
いいお蕎麦屋さん教わりました。
メモ!MEMO!
山の中にあることと何軒もお蕎麦屋さん(競争相手)があるという
立地環境を聞いただけで、美味しいと思います。
福島県の山都町(蕎麦の里)と似ています。
安房トンネルは良く通ります。
北アルプスへのアクセスは上高地より奥飛騨が好きです。
最近は下山後の温泉は「平湯の森」に決めています。
併設のレストランで、飛騨牛がリーズナブルに食べられます。
ご両親とご一緒の小旅行いいですね!
私たちは末っ子同士で、親孝行する頃にはいませんでした。
一度でいいから親子旅したかったです。
清兵衛
2012/08/13 10:03
清兵衛さん、こんにちは。
お返事が遅くなり、申し訳ありませんm(__)m
私たちも長野には山関係で何度も行き、蕎麦屋さんも結構入ったことあるのですが、蕎麦音痴の私としては・・・あそこはダメだったと夫が言ったお店は覚えてますが、ここは美味しいと言ってました(^^ゞ

え〜福島県って、私たち3日から東北に行ってて、今地図を見たら喜多方の近くじゃないですか!もっと前に知っていたら、寄ってみたかったです(+_+)
でも、喜多方でラーメン食べたので、無理かもしれませんが。(笑)

私たち夫婦も何故か飛騨に惹かれて、何度行っても飽きないです。
今度、その良さを教えたくて子供たち家族と奥飛騨に行く予定も立てました。
清兵衛さんなら、焼岳も登られているでしょうからご存知でしょうが、紅葉の季節の安房峠もいいですよね〜
きっと、今度も夫は子供や孫たちを案内するような気がします(笑)

「平湯の森」も数度入ってますが、そのレストランのことは知りませんでした。
最近通ると、結構混んでいてスルーしてしまうのですが、φ(..)メモメモ
つれづれ
2012/08/16 13:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
松本にて、米寿の祝いその3・・・12.6-16-17 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる