気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 尾瀬沼から越後湯沢まで・・12.8/6

<<   作成日時 : 2012/09/05 12:56   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

尾瀬というだけで、混雑を覚悟して、午後8時過ぎ桧枝岐村の御池の駐車場に着いたが、半分以上は空いていた。

この車の中で何人の人が車中泊しているんだろう・・と、音をたてないように気を配って翌日の準備をして就寝

最近眠れないと予想できる時は、睡眠導入剤を飲むことにした私がぐっすりと寝られた〜と思いつつ目が覚めたのが3時半だった。

夫はと言えば、私たちが寝ようとした頃に入ってきて隣に駐車した車のパタンパタンという音はまだしも、
遠慮ない話し声がいつまでも聞こえて、眠れなかったと・・珍しくご機嫌が悪かった

それでも、4時半始発のバスが混雑して乗れないといけないと思って急いで食事をして、
山歩きの準備をした・・・が、一向に人は集まってこない。

結局始発の4時30分になっても、乗客は私たちともう一組、駐車場の隣にある国民宿舎の宿泊客らしきご夫婦の4人だけだった。

これが、あの混雑すると聞いていた尾瀬と拍子抜けして、前日の大内宿の静けさや、
閑散とした日帰り入浴先、そして、このバスの乗客の少なさは、前日に知った奥只見湖から先が通行止めになっていることも影響していると考えられ、1年経った今でも震災と豪雨の影響が残っているようにみえた。

尾瀬はずっと憧れの地だったが、、よく調べていくと、あのテレビなどで良く見る広々とした湿原は、
群馬県側から入った尾瀬ヶ原にあって、今回私たちが入るのは繋がってはいるが別の地で、
福島県側から入る尾瀬沼だということを初めて知った。

日程的には、朝早くから歩き始めても、尾瀬ヶ原まで日帰りでは行けるはずもなく、
出来れば午前中位で尾瀬沼を一周して車に戻るくらいになるだろうと思っていた。


4時半に御池からバスに乗って、尾瀬沼の入り口、沼山峠から歩き始めたのが5時前・・

前日は晴天だったようだが、この日は予報通り、曇っていて、後に弱い雨が降り出すという・・・
暑くないからいいか・・と負け惜しみつつ。

バスに4人しか乗ってなかったのだから、当然歩き始めたのも4人、その後夫が靴を具合を
直しているうちに二人っきりになった。

これが尾瀬もっと混んでいるんじゃないの?と思いつつ・・

最初は少し登り、峠を下ると大江湿原に入り景色が開けた。

画像



残念ながら花は終わっている感があるが、山の上にこんな湿原があるなんて・・。
ニッコウキスゲも、チラッ、ホラッとしか咲いてないが、湿原だから開けた景色が気持ちいい・・
何より、この景色を2人占めしているんだから、なお嬉しい




画像


その景色を写真に撮りつつ、ゆっくりと味わいながら歩いていたが、いつもになく夫の足が遅い・・
なんと、靴が合わなくて足が痛いと言う。

画像







画像


それでもと、長蔵小屋を経て、三平下辺りまで来た頃に雨がポツリポツリと降りだした。

そうしたら、余程足が痛いようで、夫にしては珍しく、「もう戻ろうか」と言う。
私も燧ケ岳の姿はきれいに見えたし、どうせ尾瀬ヶ原まで行けないなら、雨も降ってきたし・・と、珍しく意見一致。


ビジターセンターで、ゆっくり見学や係員の人と話をして、行くときは朝早かったからか咲いてなかった花を、写真に撮りつつ、また同じ道を戻ってきた・・。




画像



夫の話では、なんと靴を間違えて持ってきたようだ・・と。
以前合わないから買い替えたのに、なぜ替えたか忘れて半日だからいいか・・と持ってきたのが間違いだった・・と。
あまりにも長い間、山歩きをしてないので、こんなもんです
夫曰く、尾瀬には又来るぞ!


結果、昼頃まで尾瀬に居るはずが、10時頃に駐車場に戻ってきたのでこの後の予定が変わってきた。

でも、前日桧枝岐村に入る前、道路の掲示板で、この後予定していた、奥只見湖から魚沼に抜ける352号線が
通行止めだと知った。


スワッ!
この後、宿泊予定地は越後湯沢と決定しているので、どうしたら行きつけるの?と
調べたり聞いたりした所、桧枝岐村まで戻って、大回りをして只見から魚沼に入る国道252線があると判っていた。

となると、時間が読めないこともあって、尾瀬歩きが早めに引き揚げられて丁度良かった・・と言う結果になった。

それから又ひたすら国道252号線を走る・・
と、ここも、去年の豪雨の関係だろうが、工事をあちこちでしていた。

途中で道の駅なども寄りながら・・

この分なら宿まで行きつけると判った時点で、それじゃ!と最初から計画していた魚沼市にある目黒邸へ・・
到着したのは、午後1時半頃だった。


画像


ここも江戸時代に作られた豪農のお屋敷・・

丁度茅葺の最中で、係の人の話では、今年は葺き直す年ではないが去年の大雪で傷み、修理をしているとのこと・・・ここでも、人間は自然に敵わないなぁと

夫はこの家のあらゆるところの造りに感嘆・・係の人とも話をしながら、来て良かったなぁ〜
冬には積雪が3メートルにもなる地だそうで、やはり新潟地震から観光客はグンと減っているとのこと。

画像


見学客は、ここも私たちだけだったが、夫曰く、もっと沢山の人に見てもらいたいなぁ・・いい目の保養が出来たと大満足でした。

この後、近くにある佐藤家住宅に・・

画像


その後、高速を走る予定だったが、一般道を走って越後湯沢の宿に着いたのは、5時前だった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
そうなんですよ、桧枝岐から尾瀬に行く人はグーンと減ってしまい。今年の6月に全国のブローガーさん10人ほどが招待されました(サントリー・山と渓谷社・桧枝岐村主催)、皆さんにブログに記事を出してもらい大勢の人に来てもらおうと言う趣旨でした。私も一応招待されていましたが。仕事で都合が付かず、お断りしました。そちらから尾瀬に行く人は最近はかなり減ってしまったようです。群馬の鳩待峠からも毎年尾瀬に行く方は少なくなっています。尾瀬は殆どが東電の所有する土地ですからこれからどうなるのでしょうか??。
インレッド
2012/09/05 18:24
こんばんは。
子供たちが小学生の頃に尾瀬は途中まで歩いたことがあります。
群馬県から入りました。そう鳩待峠でした。
家族の意見が分かれ途中で断念したのでリベンジを思いながら長いこと経ってしまいましたが、私も足腰が動くうちに踏破してみようと思っています。
それにしても訪問者がそんなに少ないんですね。かつて行った時は込み合っていました。すれ違う人同士挨拶するので山登りみたいだねと子供が言っていたことが思い出されました。

立派な茅葺屋根屋敷ですね。
コメどころの豪農屋敷でしょうか。
らんじゅ
2012/09/05 22:06
インレッドさん、こんばんは。
やっぱりそうでしたか・・
どこも空いているというか、静かなのは、午後に着いたせいかと思ってましたが、何か寂しげな所でした。
花も終わって、お天気も曇っていたし、余計そう感じられたのでしょうね。
私たちにとっては空いているのはラッキーでしたが、バスにしても日帰り温泉にしても、あれでは商売にならないでしょうね。
長蔵さんの開発反対の実の話をインレッドさんに聞いていたせいもあって、あぁここが・・と斜めに見てきました(笑)
そして、この後も、ず〜っとインレッドさんのお膝元だなぁ・・と、山々を見ながら走ってきました。
つれづれ
2012/09/05 23:07
らんじゅさん、こんばんは。
行かれたことがありましたか・・東京からは便利な所にあるのでしょうね。
あんなにたくさんの人が行くのだから、もつと手軽かと思ってましたが、調べてみると鳩待峠の方は結構広くて、泊まりで歩くくらいがいいようですね。
わが家からは、どうしても遠い所で、なかなか足が伸ばせない所で、憧れの地でした。
でも、去年東北まで車で行ったことが、夫婦共妙な自信になってまして、あんなに遠くまで一晩で行ったのだから、どこにでも行けるぞ!みたいな気持ちになってます。(笑)
はい、福島県側からは、帰りにすれ違ったバスにもお客さんは少なかったです。
災害と風評被害、それに観光客減では・・あまりにもお気の毒です。

新潟には、見たいお屋敷がたくさんあるようですが、ここも何せ遠い・・
この機会にとばかりに、あれもこれも見てきました(^_-)
つれづれ
2012/09/05 23:18
 ずいぶん無茶ぶりな(笑い)スケジュールなのに、驚きました。こうした山間地は、交通止めになる事が多いので、事前にお調べを。
 R252もよく交通止めになるのです。通行できて幸運でしたね。
尾瀬に入るコースはいろいろありますが、尾瀬ヶ原目的でしたら鳩待か富士見峠がいいですね。新潟の小沢平〜三条の滝コースも最近人気、私の好きなコースです。
 http://yamayama.at.webry.info/200807/article_2.html
 ご主人さま、足が大変でしたね。でも三平下辺りで引き返したのは正解です。ここから尾瀬沼湖畔を回るのはあまりお勧めできません。沼を回るなら、反対側の沼を左手に見ながら沼尻平に向かうのが大正解のお勧めコースだと思います。
 それにしても、いい写真が撮れましたね。花も湖面の燧岳も素晴らしい!
山いろいろ
2012/09/06 16:41
山いろいろさん、こんばんは。
ご紹介の記事・・読ませていただいたら、なんと!私コメントしているではないですか!あまりにも遠くて、自分には行けないコースだと読んでいるからでしょうね。(#^.^#) それより、3対1の山行は、さぞ気を遣われるのだろうなぁ〜なんて、全く山と関係ないことを思ったりしました(笑)

通行止め・・そうですよね〜去年から通行止めになっているんですから、それ位調べ上げてないのは私のミスです。
R252もあちこちで工事してましたから、さもありなんですね。
もし、そこもダメだったら・・日光廻りで行ったのかしら?(^_^.)

三平下の辺りが一番いい景色かな?と思ったりしたことも戻った理由です。
写真を撮ったから、もういいわ・・な〜んてことで(笑)
その程度の山歩きしか出来なくなりました(+_+)
つれづれ
2012/09/06 21:45
尾瀬ヶ原のパノラマ風写真いいですね
燧ケ岳の湖面に映った情景も絵になっています。
豪農の家も行きたくなりました。
収穫が終わった晩秋の時期か!豪雪の時期か
どちらの季節もいいでしょうね!
清兵衛
2012/09/19 00:03
清兵衛さん、こんにちは。
景色が良いと、写真も上手く撮れたような気分になるから不思議です(笑)
お天気が良かったら、どんなに素敵な景色だったのでしょうか・・
これから、秋の景色もいいことでしょうね〜
思い立たれて行ける清兵衛さんが羨ましいです。
はい、目黒邸も見応えがありますので、ぜひお出かけください。
夫は建物のこととなると夢中になり、係員の方と、意気投合して、話込んでました。(笑)
でも、冬は雪が3メートルだそうで、どうぞお気をつけて(^_-)
つれづれ
2012/09/19 15:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
尾瀬沼から越後湯沢まで・・12.8/6 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる