気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS ポルトガルにて・・12..9/30

<<   作成日時 : 2012/11/06 20:21   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 7

思いがけなく来ることができたポルトガル・・・
スペインのツアーにおまけのように付いていたから、来れた・・みたいな
こういうのを、縁があったと言うのでしょう。

この旅行に出る1週間前、このイベリア半島の天気をネットで毎日ほど見ていたが、ずっとお天気が
悪く、気温の低い日が続いていて、一体何を着て行こうかと迷っていた。

でも、その反動か、私たちが旅行している間、一滴の雨も降らず・・
この日も晴天で、暑いほどだった。

画像



午後3時頃にリスボンに到着して、早速バスに乗って、世界遺産になっているジェロニモス修道院へ・・

画像



このツアーの下調べをしていた時、この日程に世界遺産を5か所も見学できると知って、
得した気分になったものだったが、その最初。

(この辺りが私のいい加減さと言うか・・ここが見たい!じゃなくて、あぁ!ここも行くの!と偶然の産物で
得した気分でした(^_^.))

ここからの移動は、ずっと40人乗りのバス。
添乗員さん含めて23人乗っているだけなので、ゆとりの座席・・・ひとりに二つの座席があり、いつも窓際状態でした。

もうひとつ、これはいい!と思ったのがイヤホンガイド。

12年前のイタリアでは、現地の人の雇用を守るために、現地人のガイドさんをつけなくてはいけないと決められているそうで、日本人のガイドさんがついていて、何も喋らなくても必ずイタリア人のガイドさんがついていた。

今回のポルトガルとスペインも同じなのか、観光地ごとに現地のガイドがついていて、
日本語の出来ないガイドさんの場合は、添乗員さんがほとんど説明していたりしたが、
「はい、集まって下さ〜い」と言わなくても、ガイドさんの話がよく聞こえるように・・と配られたイヤホンで
説明を聞きながら・・

ここは16世紀から19世紀にかけてバスコダガマを讃えて作られた修道院





画像


外に出ると、この修道院の前には
馬車もいるし

画像


二階建てバスも

画像


それに、坂道を走るポルトガル名物の電車とは違う電車も走っています。

画像


その後、すぐ近くのテージョ川の船の監視する水上要塞のベレンの塔

画像



その後はこれもすぐ近くの発見のモニュメント
フランシスコ・ザビエルやバスコダガマなど、日本人にも馴染の30人の偉人が彫られているそうです

画像

画像


広場には世界地図が描かれて、世界のいろんな国々へポルトガル船が到達した年号が書かれているとか・・
ちなみに、日本は1541年
画像



夕暮れのサン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台
ローマ時代に作られたサン・ジョルジュ城がみえるが、見学は無し・・

画像


そして、名物の塩タラ料理の夕食をレストランでとってからホテルに・・

画像




午後3時に入国したのに、てんこ盛り見学できた日でした。

ちなみに、この日のガイドは上の地図の写真で足だけ見えている日本人の70代ほどの男性と、
やはりポルトガル人の女性も一緒に・・
この男性は、30年前にポルトガルに魅せられて、定住されたそうで、
とても熱心にガイドをしてくださいました。

でも、その時は、写真を撮りつつ、ふんふん・な〜るほど・・・と聞いていたのですが、
今その内容を書こうとすると・・・忘れている・・

ただ、最後に「ポルトガルは良い国です。日本で是非宣伝してください・・」と、
ポルトガルをホントに愛している方でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
まあ、ラッキーなお天気! お天気次第で行った先の印象が全く違ってきますから、本当によかったですね。 実は私はポルトガルに行った事がないのです。そのうちぜひと感じさせる写真ですね。
arara
2012/11/07 05:51
araraさん、こんにちは。
お天気、この前週にスペインの南の方では普段では想像出来ないほどの雨が降り、水害が起こったそうで、その爪痕も見ましたので、偶然とはいえ運が良かったとしか言えません。・・お天気ばかりは人間の力ではどうしようもないですね。
昨日、私がいつも楽しみにしているBSの「世界ふれあい街あるき」という番組で偶然にもリスボンを紹介してました。
この番組は、人の目線で街を見て歩く番組なので、やはり今回の駆け足の旅行は知る事が出来なかった情報がいっぱいで、ゆっくりと見て歩きたい街に感じました。
araraさんも是非・・なんだか、ゆっくり時間が流れる国に思えました。
つれづれ
2012/11/07 13:01
つれづれさん、続き待ってましたよ!
スペインまでは大昔に行ったのですが、ポルトガルへ行けなかったのがずーとくやまれています。
最近はスイスとかカナダとかニュージランドに行きたいと(山がらみで)思うのですが、古いヨーロッパの景色も良いですね。
でも、そんなに長い時間、飛行機に乗ってるのは辛いわ。私が行ったのはアンカレッジ経由とかモスクワ経由でした。モスクワは早かったわ。
さえ
2012/11/07 14:53
さえさん、こんばんは。
ちょっと寒くなりましたね・・
今年はどこにも紅葉を見に行ってなくて・・なんだかなぁ〜という感じです(笑)

もう1か月以上も前の話なのに、恐れ入ります。
え〜さえさんもいらしたのですか。それも大昔に!
昨日の番組を見ていたら、もっとゆっくりと歩けると良かったのにと思ったりしますが、あちこちいろいろ見たいし・・と欲張りな私です(笑)
はい、我が家も夫が引退したら、スイスに行くことになってます。もちろん山がらみです(*^^)
今回の添乗員さんに、今度行くとしたらどこがいいですか?と聞いた時、自然ならニュージーランドと言われましたので、ここも候補ですが、先立つものも老い先不安ですし、どうなりますか。
モスクワ!ロシアは最近行きたい国のひとつでもあります。
エルミタージュ美術館・・見てみたい〜・・と夢見るのはタダですから(笑)
つれづれ
2012/11/07 20:19
あら、つれづれさん、京都市美術館でエルミタージュ展開催されていますが。
でも現地は毎日見続けても相当な日数がかかるほどの美術品の量なんですよね。
二日目に見に行ったのですが今回京都には限られたものだけですね。
京都の紅葉も見ごろを迎えていますからご主人様とどうぞ!!!

イタリアより素朴なスペイン、さらに素朴なのがポルトガルなんではないかなくらいの想像しかないのですが、つれづれさんの旅日記楽しみにしています。
ヨーロッパはやはり宗教と歴史を勉強してから行かないと手強そうですね。
らんじゅ
2012/11/09 23:20
らんじゅさん、こんばんは。
え〜!!知りませんでした!
今調べてみたら、なんと名古屋で7月から9月まで開催されてました
最近月曜も出来るだけ休みを戴くようにしているんですが、月曜って美術館も図書館もお休みなんですよね・・・休日は混んでいるだろうから、12月までの月曜に!と思ったのに、この京都市美術館もご多分にもれずでガックリしました。
何も日本中揃って休みにすることないのに〜と思うのは私だけでしょうか(笑)

素朴・・その通りで、ずっと田舎を走っている感じでした。
最近畑作をしているせいか、何が作ってあるんだろう?と思って見ていたのですが、殆どがオリーブ畑で野菜って見当たらないので、添乗員さんに聞いてしまいました(*^^)
勉強・・そうなんです。でもこの添乗員さんがバスの移動中に手作りの地図に説明を入れて、とても判りやすく講義をしてくれたので、とても参考になりました。(*^^)v
差し詰め、生きた勉強ですが・・記憶が遠のいていくのが悲しい
つれづれ
2012/11/10 23:46
はじめまして。リスボン在住の横木と申します。
このたび約六年半にわたるリスボンでの生活を綴った、
「リスボン日記−寛容をめぐる詩的断想」(思潮社、2,310円)を刊行いたしました。
日常生活のみならずポルトガルの文化や歴史にも言及しております。

http://www.shichosha.co.jp/newrelease/item_762.html

日本全国の主要書店で販売もしくはご注文を承っております。
amazon、楽天ブックスなどのサイトでもご購入が可能です。
また在庫切れの際には、思潮社のHPからも直接ご購入ができます。

ご興味のある方は、ぜひご購入、ご高覧をいただけると幸いでございます。
またお気に召しましたら、貴ブログにて紹介していただければ幸いに存じます。

コマーシャルで恐縮ですが、よろしくお願い申しあげます。

横木徳久 拝
Tokuhisa
2012/12/04 02:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポルトガルにて・・12..9/30 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる