気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS セビリアからミハスに寄って、グラナダまで・・12.10/2

<<   作成日時 : 2012/11/17 11:38   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

この日は朝8時前にホテルを出発・・
旅行中に出来れば早起きをして、街を散歩などと思っていた。
でも、行ってみると夏時間の関係か夕方は遅くまで明るかったが、朝は明けるのが遅く、
この日も8時だと言うのにまだ薄暗い中ホテルを出発。

添乗員さん曰く、今日は長〜い日になりますよ〜

画像


私の場合、前日の「エボラ」と言うと、エボラ熱、セビリアと言うと「セビリアの理髪師」を連想する位しか知らないが、まずこの日の最初は、スペインのあちこちにあるという「スペイン広場」

画像


イタリアのスペイン広場は有名だけど、ここは万博の時に作られた・・比較的新しい建築物

画像


ここも一番乗りで、まだ貸切状態の時に・・入場料は要りません


タイル細工がきれいでした



この後に、街中をバスで回りましたが、1992年の万博の時に作られて、今も現役で使われている建物が多いようで、あれ?愛知万博の建物って残っていたっけ?その点日本と違うなぁと思いながら・・

その後に、こんなセビリア市街の路地を歩いて・・・
画像画像


セビリア大聖堂へ・・

画像


ここには、コロンブスの墓があるそうだけど、中の見学は無し・・
ガイドさん曰く、コロンブスの墓は世界にたくささんあって、ここにあるのは少しの骨です・・とのこと。

イベリア半島は長い歴史の中で、イスラム国とキリスト教国が侵略を繰り返した所で、
その両方の文化や建物が残っていて見どころも多いとか・・

確か、ここもイスラム教とキリスト教の両方の教会であった歴史があった教会
調べていると、ローマのサンピエトロ寺院、ロンドンのセントポール寺院に次いで、世界に三番目の規模とか。

画像

画像


だから、この後に、免税店に案内されたが、どちらかと言うと、中の見学もしたかったなぁ〜と。
そんなところがツアーの辛い所でもあります。

でも、21対1で女性が圧倒しているツアーでは、買い物も大切な行程で、
妹はイタリアの時と同様ブランド物の財布など買っていたが、それを見て、姉妹でも興味も思いきりの良さも
つくづく違う物だと笑えてきた。

画像



その後、又ひたすらバスは走ること3時間半・・

私たちが行った数日前に、スペインは南の地方で水害に見舞われていて、車窓からは
その爪痕らしき風景も見えていた。

あまりに長いこのバスの中の時間・・
もちろん、トイレ休憩も地元の様子を見るようで楽しかったが、添乗員さんの手作りのイベリア半島地図をかざしての歴史の講義が生きた勉強・・この旅行を、より深いものにしてくれた気がする。

大学院生の姪曰く・・学校の勉強よりよく判ったかも

そして、地中海を望む白い村・・ミハスに着いた

画像


お天気も良いせいか、海が見えたせいか、リゾート地のこともあってか、今までの景色とは何か違う



ここでのお昼はこれ
画像


でも、お腹の具合が悪くなっていた私は殆ど食べられなかった。

その後にこの町を巡って・・
観光客の多いのは、日本で言えば高山か白川村もような・・
でも、多分シエスタのせい・・閉まっているお店も多い。

ここでは、可愛い子供服・・あまりに可愛くて安くて、思わず1歳半のオーくんに手編みの上着をお土産に
買っていたが、そのお店も私たちが買った後には閉めていた

画像



画像





画像


画像

画像


殆ど街を一周した後、妹と姪は、馬車に乗りたいと言う。
集合時間に間に合うようにと15分位にしてもらって・・20ユーロ
私はと言えば、お腹の具合がどんどん悪くなり、どうぞ行ってきて〜

画像


ここには珍しく公衆トイレがあったので、駆け込んだのでした

その後は、グラナダ目指して2時間半・・
この辺りは、アーモンドの産地なのか、アーモンドのお菓子を試食すると美味しくて、
ついついお土産に買い込み、荷物は徐々に増えていく・・


ミハスを発ったのは4時過ぎで、アルハンブラ宮殿のある、グラナダのホテルに着いたのは7時頃・・

でも、まだまだこの日の予定はある。
ホテルに着いて、まず夕食。


画像


こんな人たちが入ってきて、「アルハンブラの思い出」などの歌を歌い始めた。

画像


ホテルのサービスかと思いきや、どこかの大学のサークル?とか。
それにしては、ちょっと年を取りすぎてない?と思っていたら、2.3曲目の途中で、ひとりの人が
にこやかな笑顔で、CDを各テーブルに置いて、その営業・・・1枚10ユーロ

妹曰く、旦那様のお土産に・・と1枚買っていたし、この音楽が思い出の曲なんです!と感激して
買っていた人も居たので、営業の価値十分あり

さて、食事の後はバスに乗ってフラメンコのショーに・・

え〜!こんな細い道を!と思うような細い路地を走って・・



行く前は、添乗員さんから、フラメンコショーは長い行程で疲れた後に見るので居眠りする人も多く
「フラフラフラメンコ」な〜んて言う人も居ますと聞いていたし、フラメンコ自体にあまり興味があるわけでもなく、
予定にあるから・・と思って見に行ってみると

画像


4人のダンサーが、次々出てきて踊る様は、生のギターとフルートと手拍子と相まって、
舞台が近いせいもあって迫力があり、百聞は一見にしかず・・見ることができて良かった〜と思えた経験でした。

添乗員さんから、代々ジプシーの人たちに受け継がれていると聞いたので、その人たちの人生にも思いをはせながら・・

夜、10時すぎ・・アルハンブラ宮殿の夜景を見てホテルに戻ったのでした。

画像


あ〜長〜い一日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた
セビリアからミハスに寄って、グラナダまで・・12.10/2 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる