気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 最終日・・バルセロナからドバイを経て帰国・・12.10.5-6

<<   作成日時 : 2012/12/04 22:12   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 4

さて、いよいよ帰国する日・・

画像


バルセロナのホテルは今までの中で一番良いSクラスと聞いていたが、夜は9時過ぎに着いて、
朝は7時50分集合なので、お風呂に入って寝て、朝食を食べるだけ。
何クラスでも関係ないかも。

この旅行で、3人で参加の私たちは、全てのホテルでエキストラベットを入れた部屋を使っていた。
でも、値段的には言えば、1人の場合は追加料金ありだが、2人の場合と3人の場合は同じ価格って
どうよ?と思うのは私たちだけでしょうか。(笑)

だって、部屋は当然狭くなるし、シャワーもトイレも使うにも時間がかかるので、割安でも良いと思ったりする。

添乗員さんと話をしていてそんな話になった時、友達同士3人で参加しても、
やはり窮屈になってきて、途中から別にしてください・・と言われることが度々あります・・と。

この日のホテルは、その点、流石Sクラス・・エキストラベットを使ってもゆとりがあった。

このホテルにはこんなネットコーナーがありました。

画像


これまでも、ホテルにネットが繋がるコーナーが有料であり、家を出てくる時にきていた台風が気になり
ニュースが見たくて姪と一緒にトライしてみたがYahoo Japanと検索しても、文字化けして画像だけが見れるだけだった。

なので、もう一度トライしてみようと思ったが、やっぱり駄目だった。
外国で、自分のブログが見れた・・な〜んて、ちょっと感激なのに、う〜ん、残念!

朝8時にバスで出発し、バルセロナの街を車窓から見学・・・・
画像


途中にはガウディが設計をした、カサ・ミラやカサ・バトリョなどを見て・・

画像


画像


朝の渋滞にもまれながらも、グエル公園に、この日も一番乗り
画像

この公園の中には小学校があるそうで、まだ登校してくる子たちと一緒に公園内に・・

ガウディが住んでいたと言われる家も一見普通に見えたが
画像


こんな遊び心のあるデザインがされていたり
画像


こんな、展望台?と思われる所にも
画像


廃棄物を集めたと聞いた、こんな素敵なタイルがデザインされていたり・・
画像



そこから見える、こんな家は、
画像


見る方向によっては、こんな屋根だったり・・
画像


こんなデザインの窓であったりした。
画像


その展望台の下はというと、こんな風にデザインされていたり・・
画像


その展望台から降りてくると、有名なカメレオンじゃないサンショウウオのモニュメントがあって、

画像


下から見ると、こんな風景だった。
画像


その壁面も、こんな素敵なタイルが・・
画像


ガウディのデザインを堪能して、グエル公園を後にして、次はいよいよこのツアーの目玉・・
未だに工事中のサクラダファミリアへ

まず、遠くから全景が見える公園で記念撮影・・

画像


それから、団体入り口から10時前に少しだけ待って入場・・
「生誕の門」
画像


画像


これは、今工事中の部分で、果物などのお供え物を表しているそうです

画像


画像


中に入って驚いた・・
全然教会らしくない・・柔らかい色使いのこんなデザインでした。
画像


画像


森をイメージしているというこの教会も、今まで私たちが見て感じたように、後世になって威厳を感じたり、敬虔な気持ちを抱いたり、畏怖する教会になっていくんだろうか・・



画像 画像 画像


出口の床には
画像


扉はこんなデザインがされていて・・
画像


外に出ると、こっちはシンプルな「受難の門」
画像




このころには、教会の廻りをぐるりと入場希望者が長蛇の列・・
添乗員さんに、お土産の欲しい人は先に買わないと、買えなくなりますよ〜と聞いて売店に直行

来た記念品になるものは?と探して、こんなカップをふたつ・・
画像

コースターも、ガウディのタイルデザインの物を購入

そして、この扉のデザインをそのままペンダントにしたものを自分用に買ってきた。

石膏のような材質で欠けやすいのが難点ですが、お気に入りでよく使っています。
画像


さて、バスに乗ろうと歩いていると、こんな教会の景色が・・
石の文化だから、コンクリートでも有りなんでしょうが・・

画像


そして、バルセロナの街で、こんな光景をあちこちで見ました。
同じ自転車がずらりと並んでいます。

画像


添乗員さんの話では、定期のように1年にわずかの金額を払えば、街のあちこちにある駐輪場の自転車を自由に使って、用が済んだらどこの駐輪場にでも置いておけるシステムだそうです。
な〜るほど、便利そうで、日本の都会でもあれば放置自転車が少なくなりそうです。


この日の昼食は地中海の海辺にあるレストランで・・
おぉ!ここが地中海と言うところ・・

画像


シーフードパエリアを食べて・・
画像画像画像画像


これで、このツアーは全行程終了・・

この後、空港に向かって、バルセロナの免税店で孫たちにお揃いのポシェット、お嫁さんや娘たちにはグロスのセットをお土産に買って・・

そうそう、サクラダファミリアで買ったカップは自分たち用ですが、次女だけ無いのは可哀想に思えて、
こんなカップを空港で買いました。

画像


グエル公園にあったサンショウウオが、乗っかっていて、思った通り、娘のお気に入りになりました。


やれ、長〜い、旅行記を書き終えました。

これも、このブログを読んでいただける方があったからこそ出来たことです。
きっと、こうして残したことを良かった〜と思える時があると思います。

長々とお付き合い、ありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いやあ、本当に盛りだくさんのツアーでしたね。これだけのものを駆け足とはいえ全て見せてくれて、ガイドさん付きで本当に素晴らしいと思います。日本で企画されるツアーって、すごいですね。ガウディのマグカップ、私も欲しい!
arara
2012/12/14 22:15
本当に行った気にさせてくださるブログでした。
やはりヨーロッパは京都の木と紙の建築物とは違う石と土の文化ですね。
パリにも同じ自転車のシステムがありました。日本でもあればいいのにね。
いやあ楽しませていただきました。

エミレーツの食事はどうでしたか?
今度はどちらへ行かれますか?
らんじゅ
2012/12/15 12:51
araraさん、こんばんは。
このツアー盛り沢山ですよね〜
それなのに、安かったんです。(*^^)v
今回こうして書いてみて、こんなに見どころを見てきたんだと改めて知りましたが、添乗員さんの言われたように、沢山を見たいか、じっくりと見たいかツアーを選べばいいことも知りました。
行く前は、そんなこと考えてなかったんです(笑)
そして、書いてると現実的ではないですが、もう一度行ってみたくなりました。
あちらで添乗員さんに、このツアーは、添乗員さんたちの意見を聞いて立案されてるんですか?と聞いたら、いいえ、全然現場の声は届いてませんって。(笑)
あぁ、普通の会社と同じだと思いました。(^_-)

つれづれ
2012/12/16 21:54
らんじゅさん、こんばんは。
ありがとうございます。(*^^)
裏話みたいなことを入れ込もうと思ったのですが、書ききれませんでした(^_^.)
石の文化でも、コンクリートの打ちっぱなしにはびっくり、いきなり現世に戻されたような感じがしました(笑)
自転車、日本でも無いのが不思議みたいに思うほどいいシステムだと思いましたが、そうですか・・パリでもね・・
エミレーツの食事・・食べられないものは無かったですが、美味しい!と思うほどでも無かったです。(笑)
でも、きっとビジネスクラスは違うんでしょうね〜
この次は・・今回の添乗員さんにどこがお薦めですか?と聞いたら、自然ならニュージーランドと聞きましたから行ってみたいですが、その前に中欧ヨーロッパですが、夫が退職したらスイスに行くことは決まってるようです(笑)
ただ、退職するとあちこち行きたい!と思ってましたが、近づくにつれて却って思いきれなくなるような気もしてきました(-"-)
つれづれ
2012/12/16 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
最終日・・バルセロナからドバイを経て帰国・・12.10.5-6 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる