気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 良い年になりますように・・

<<   作成日時 : 2013/01/09 19:11   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 20

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

いつも、もっと幅広い話題をと思いつつも、最近は出かけた話と孫関連の話題が主になっているので、
今年はもっといろんな話題でアップできるように頑張ります!と言いたい所ですが、これいいかも!と思うようなことがあっても、時間が経つと、何を書くんだった?と忘れてしまうことが多くなった最近・・備忘録の備忘録を作らなきゃいけないかも。
ま、書ける時だけ書くことにして・・

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


思えば、去年の今頃は義母が硬膜外血腫で倒れ、春まで4回の手術など、入退院を繰り返していたので、お正月どころではありませんでした。

それが、一時はダメかと思い親戚に声をかけた義母の病気も、生命力が強い人なのでしょう・・認知はあり歩くのも不安定ではありますが、優しく可愛いお年寄りになられました。


そこで、ずっと30年以上続けて夫の生家である山の家で迎えてきた我が家のお正月、
その家が無人になった今年は、何も雪が深くて寒いそちらに行ってまでしなくても、
こちらの家で迎えてもいいんじゃない?
息子たち一家も嫁いだ娘一家も、こちらの家だったら、近いので荷造りする必要もないし・・
と思ったりして、一応は夫に「お正月は山の家でするの?」と聞いてみる。

画像


が、聞かなくても夫の返事は判っているし、普段施設で過ごしてもらっている義母なので、やっぱりお正月くらいは自宅で過ごさせてあげたい・・と、これまでのお正月と同じように、山の家で家族が集まり過ごそうという思いが私の中にもあって・・・

ならばと、29日の仕事納めの後、30日はお正月の買い出しをして、こちらの町内の仕事がある夫とは別に
あちらの家にひとり泊まりお正月料理の準備を始めた。

まずは、黒豆をストーブにかけて・・

画像


ひとりで山の家に泊まるのは結婚して35年になるのに、二度目・・
一度目はお隣の100歳で亡くなったおばあさんの法事に夫が出られず代わりに出た、まだ半月ほど前のことだった。

その大きな家に一人居ると、去年まで義母がひとりでここに住んでいた時の心境をふとした時に思うことがあります。

例えば、義母はよくこたつの中で横になり、そのまま寝ていた。
私など、え〜着替えないで、それもこたつで寝るの?と思っていたが、年齢がそう思わせるのか、なるほど、雪の多くて寒い地方の大きな家、そこにひとりで住んでいたら、誰も困るわけでもなし、寒くて着替えるのもお風呂も億劫になり、暖かいこたつで寝たくなる気持ちが良く判る。

それに、コトリと二階で音がすると、多分何も居ないだろうに、何か(誰か)居るんだろうか?とか・・

そう言えば、今でも信じられないが、何年か前、二階の一番奥の座敷に痩せたきつねが死んでいて驚いたことがあった。
多分、昼間家を開け放している時に入り込んで、病気だったのか暖かい布団を見つけて横になり死んでいったのだろう・・
私自身、きつねを間近に見たのは初めてだったが、なんだか可哀そうで、最後位はちょっとは暖かい思いが出来たのだろうか・・
痩せ加減からお腹が減っていただろうに、何故台所でなくて二階だったんだろう・・・と思ったりした。

その後、夫はツバメも入り込むからと階段に可動式の扉をつけたので、何も居るはずもないが、
居るかもしれないし・・

台所で煮物を作っていて、ゴマ油を使う時、必ず義母がゴマ油は嫌いだから使わない・・と言ったことも思い出したりする。

窓の外はシンシン雪が降っていて、あれ?お隣の家は今日は真っ暗・・と気づく。
そう言えば、お正月に息子家族が来ないから、年老いて心細いこともあって、こちらから出かけていく・・と80代のおばさんから聞いたっけ。

そうなると、ちょっと心細いような気もするが、元気なら自分のペースで料理をして、テレビも好きに見て・・・
ひとりも良いもんだ・・とも思ってしている間は良かったが・・

我が家のお正月の定番・・こんにゃくを作り始めたら、混ぜるのに力が要るからか、数日前から時々していた
頭痛がガンガン、その上胃がキリキリと痛み始めた。

でも、一機に混ぜる必要があるので、手を止める訳にはいかず、必死にしながらもうずくまったり、又立ち上がったりして作っていたが、もし、これが頭の血管が切れる頭痛なら、一人で死んでいくってこういうことかなぁ・・と、ふと思ったりして、おばあちゃんも長い間にはこんな心細い経験あったのかも・・と思ったりする・・

同時にきんとんも作っていたので、これも手を休める訳にもいかず、やっとのことで一段落しても胃痛は続いているので、電話で聞いた夫に太田胃散が効くと言われ飲むと、不思議なように治まってやれやれ・・。

そんなこんなで、おばあちゃん譲りの物も多い定番の我が家のおせちを31日も引き続き作っているうちに、
夫がおばあちゃんを連れて帰り、夜にはお嫁さんの仕事が終わるのを待って息子一家が来てから食事・・
その後、近くの温泉に行くと貸切状態で有難い・・・

画像


ゆっくりゆったりと入ることが出来て、大変ながらも、充実した気持ちの年越しの夜だった。

特に夫と息子は、孫やおばあちゃんが寝た後も一緒に飲んでしゃべって・・
夫が「こんな時間が一番幸せだなぁ〜」と、本人を目の前にして言えば
息子は「考え方の同じ人とのおしゃべりは楽しいなぁ〜」と、夫が席を外した時に言っている。

除夜の鐘が鳴り、夫が氏神さんとお寺さんにお参りに行った後は、私と息子がおしゃべり・・
こんなことを考えていたのかぁ・・と確実に大人として、親として成長していることを知ることが出来て、一安心。

元旦は、長女一家と義妹一家、次女も来て、これまた賑やかに卓を囲む・・

その間には、入れ替わり立ち代わり、おばあちゃんが帰ってきていると知り、会いにきてくれる人多く、一体何人が家の中に居るのやら判らないほど賑やかになる・・
そして、その来てくれた人に「あれを」「これを」と、買い置いたお菓子やみかんを持たせたがるおばあちゃんあり。

来てくれた皆さんの優しさもだが、おばあちゃんの今までの生き方が、この日のいろんな人の好意に表れていると思えて、私の場合だったらとてもこんな風にはなれないなぁと思ったりする。

そんなおばあちゃん、私たちが孫にお年玉をあげていると、おばあちゃんもあげたくなったようで、
「10円では少ないだろうなぁ・・50円では・・」と・・。

昔は孫に・・と毎年1万円ずつ出してくれていた人なので、慣れたとはいえ認知だったことを改めて思う

この日、これまではお正月に来たら、泊まっていた長女一家も義妹一家も、帰っていった。
多分、おばあちゃんの世話で私が大変だろうから・・との思いもあってのことと思ったりする。

が、その替りにというか、何年ぶりだろう・・
この夜、我が家で、麻雀が始まった。

その昔はよく大晦日から徹夜で、お寺から流れてきたご近所さんや夫の幼馴染が集まってしていたものだったが
皆が年をとって徹夜が出来なくなったとか、我が家に来客があるとかでか、ここ10年以上することはなかった。

それが、幼馴染や帰省している人が集まって・・ワイワイガチャガチャ・・
翌朝、皆が場所代と置いていってくれた・・と私がそれを戴いたのでした。

2日はおばあちゃんを送り、私たちも帰ることにしていた。

おばあちゃんは、来た人に「私はもう行かんでもいいんやけどなぁ」とやんわりと施設行きを拒否しているのは
判っているが、今はこの状態が、皆が幸せで居られる状態・・・
「ここに、もうひとりでは居られんもんね・・又迎えに行くからね・・」と、こちらもやんわりと言う・・。


義父母が元気な頃は、掘りごたつをふたつ・・半畳用と1畳用に炭を入れたものだが、
もう何年も電気炬燵を3つ出すようになっていた。

その出したこたつや布団を片つけて掃除をしたり、はたまたおせちの残り物を持ち帰り用に包んで帰り支度・・・・
その間にも来客があったりして、家を出たのは午後2時過ぎだった。

3人で帰るその道すがら、今年初めての虹を見た・・・。

画像




2枚目を撮ろうと思ったら、もう消えてなくなっていたが、今年は何か良いことがあるかもしれない・・
ホッとして気持ちから緩んだこともあったのかそんな風に思えた

いえ、良いことが無くてもいいが、つつがなく暮らせますように・・と願うばかりです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
喪中ですので新年のご挨拶はできませんが、今年もどうぞ宜しくお願い致します <m(__)m> 読んでいて波涙が溢れてしまいました。 前にも書いたと思うのですが、家の母も一昨年2月、硬膜外血腫で緊急入院、緊急手術をしてそのまま施設生活に入りました。そして去年2月帰らぬ人となってしまいました。 その母とお義母様とが重なり、母を思い出し、お義母様を想像し、想い、切なくなりました。 生きている物、年を取れば認知症も出る事もあるでしょう。 色々と大変なご様子ですが、ゆったりと、あまり根を詰めずに介護なさってくださいね。 私、自分の更年期障害と母の介護で鬱になったりしましたよ。 今はすっかり立ち直り、母との別れももう引きずってないし。 人生楽しんでいます。 年の初めになんだか暗い話題になってしまいましたが、山の家でのご様子もとてもよく分かり、お邪魔してみたいわ〜と思えるほどでした。
mint
2013/01/09 21:02
皆さんに喜んでもらえる準備も大変ですね。都会だとお正月に近所の方が来るなんて事考えられないけど、そういえば、昔は実家のお正月はいろんな方が御挨拶に見えてたのを思い出します。
ゆったりと良い時代だったんだわと思いますね。

そうね、介護をしていると先の自分の事と重なって少し考え込んでしまうけど、
それもどこかでふっ切らないとと思っています。

なるべく元気で、出来るだけ自分で生活して、一人でも元気で生きて生きたものですね。お義母さまもおひとりで気丈に生活されていたのでしょうね。

今年もよろしくお願いします。
さえ
2013/01/10 07:30
mintさん、こんばんは。
そうでした・・お母さんが亡くなられて随分経つような気がしますが、まだ1年経ってませんでした。
義母は介護2と3の間ですので、大変だと言っても寝たきりではないのでまだ助かっています。
義父もでしたが、認知でも素直で可愛いお年寄りになってみえるので、これもそれまでの生き様が映し出されるのかなぁ・・と思ったり、いつか行く道・・自分だったら・・と思うことが多くなりました。
はい、ありがとうございます。
人にはそれぞれの道があって、mintさんは今輝いてらっしゃいますよね。
私も今の立場で輝けるようにならねば!(笑)
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
つれづれ
2013/01/10 22:24
さえさん、こんばんは。
最近、私の廻りでも、温泉などでお正月を迎えるという家庭をよく聞くようになりました。とっても羨ましいことです(笑)
昔から、お正月とお盆は無くてもいい・・と思っていた人です私。(笑)
でも、30年もしていると、自分でもや〜めた・・って言えないんですね。
義母も、孫たちにもあのお正月を味あわせてあげたいと思ってしまうんです。(笑)
私も子供の頃は母の実家で賑やかに過ごして楽しかったですから。
でも、息子はこの上、あちらでお餅つきをしないのか?と言うんですよ。
自分たちが経験してきたことを、させたいと思うようで、それってやはり山の家での体験を良かった・・と思っているということで、なら余計に止められないでしょう。(笑)
でも、お餅つきは仕事を私が仕事を辞めないと無理で、悩みどころです。
今年私は還暦になる・・そう思うだけで、もういつ何があっても不思議ないって以前より思うようになりました。
だったら、やっぱり自分の人生も大切にしたいですから、何事にも精一杯する!ことしにしましょうか。
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

つれづれ
2013/01/10 22:43
 明けましておめでとうございます。
山の家での正月の様子が、よく分かる記事でした。読んでいて、懐かしい自分の育った田舎の家での正月の思い出が、たくさん蘇ってきました。
 近所の方が、お婆ちゃんの顔を見に来てくれる・・・忘れ去った日本の近所付き合いを思い出しました。自分の田舎も、全く同じでした。
 つれづれさん、皆さん集まっての正月準備も大変でしょうが、どうかこんな正月も大事にして上げて欲しいですね。
 今年も、ホンワカ記事を楽しみにしています。よろしくお願いします。
山いろいろ
2013/01/11 11:22
山いろいろさん、あけましておめでとうございます。m(__)m
やはり30年以上もしてきたことは、気楽だからという自分の思いだけでは変えられないものですね。
はい、ホントにたくさんの人が代わる代わる来てもらえて、「元気そうで安心した」とか「お正月にこれて良かったなぁ」とか・・あったかいんですね・・山の人は。
行く前は面倒だとか大変だとかイジイジ思っているんですが、過ぎてしまえば、やはり自分の為にもして良かったと思います。しなかったら後悔するだけでしょうから。
だから、おばあちゃんが帰れるうちは(と言っておきます)あちらでお正月をこれからもするでしょう。
気まぐれブログですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
つれづれ
2013/01/11 18:21
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
主婦は大変なお正月ですが山の家でのお正月はきっといつの日かお子様方やお孫さんたちも懐かしく思い出すことでしょうね。いいお正月をお迎えになられましたね。
おばあちゃんの為、認知症の為にもとてもよいお正月なのではと思いました。
らんじゅ
2013/01/12 19:30
山の家、冬景色ですね。
一人だと確かにさみしいでしょうね。でも、翌日に家族が来るとわかっているなら、心あったかでしょうか。
将来の自分と重ね合わせて、しみじみとあったかく読ませていただきました。
今年もよろしくお願いします。
本読みと山歩き
2013/01/13 08:45
つれづれさん あけましておめでとうございます

お正月をおばあちゃんとご家族揃って山の家で迎えられたのですね。
お孫さんもまだ小さいし、大勢の食事の準備やら村との付き合いと・・主婦の立場ではいろいろ大変だったでしょうに、つれづれさんの優しい思いを読ませていただいて目頭が熱くなる思いです。
私の義母と同じです。もちをつき、こんにゃくを作り、キンピラを作ってお正月にみんなが集まるのを心待ちにしていてくれました。でも大勢の兄弟を迎えるのはお嫁さんには大変だったでしょう。いつのまにか元旦の全員集合はなくなっていました。
私もこの年になると子を思う義母の気持ちが痛いように分かるようになりました。
もっと義父母に会いに行けばよかったのに・・。
義父母がこの世を去ると、夫の実家を訪れても寂しさだけが残ります。
お義母さま、認知でもかわいく老いてゆかれるようですね。
ご家族にもご近所さんにも見守られているおばあちゃんはお幸せですね。
つれづれさんもあまり無理をしないで、ご自分の時間も大切になさって下さい。
今年もつれづれさんご一家に幸多かれと祈念しております。

けっこちゃーん
2013/01/13 09:02
らんじゅさん、あけましておめでとうございます。
こちらこそ、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
お正月はどこかに泊まりで出かけない限り、主婦はどこでも大変ですよね。
そういえば、確からんじゅさんだったと記憶してますが、もう何年も前にアップされたお正月のごちそうの写真を見た時、あまりのごちそうに、東京の人のお正月は違うものだと驚いたことをよく覚えてます(*^^)
今年はどこでお正月を迎えられたのでしょうか
らんじゅさんのお宅のお正月も、我が家のお正月も、孫たちのいい思い出として残るといいですね。
その為に、もうちょっと頑張らないと・・ですね(*^^)v
つれづれ
2013/01/14 21:21
本読みと山歩きさん、こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
今年は寒い日が続きますが、山の家の方はいつもの年より雪は少ないんですよ。
だから夫は雪おろしを今年はしなくていいので、助かってます。
住んでいれば、雪の多い所の方が暖かい感じがするのは何故でしょうね。
本読みさんの将来の計画・・夢から実現に向かってらっしゃるようですね。
これからの展開を楽しみに、そして応援してます!
つれづれ
2013/01/14 21:31
けっこちゃーん、あけましておめでとうございます。
わぁ〜一緒ですね・・こんにゃくにきんぴらにお餅つき・・義母のしていた事と同じです!そして、こうして作ってみると自分で取りいれ作り始めた物もありますが、義母に教えてもらった物をその通りに作っている私が居ます。
それを夫が「美味しい」と喜んでくれるのもですし、ホントに口に合うようになっているからでもあります。
それを嫁ぐ前に手伝っていた娘は嫁ぎ先でも、おせちを手作りしたと、写メを送ってきてくれましたが、「美味しい」と言ってくれるより、「今日もこれか・・」と言われて自己満足かも・・と言ってきました。
さぞ、懸命に作ったのだろうに、なんだか可哀想になりました
家庭によって考え方や思いやりも違うものです。
と新年早々愚痴になりましたが、義父母でも自分の親にもどれだけのことをしてもこれで良かったとは思えず後悔が残る気がします。
だから、それが少しでも残らないようにしたいですね。
ありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
つれづれ
2013/01/14 21:49
つれづれさん、おめでとうございます。
今年も元気にいきましょう(笑)
色んなお正月がありますね。でも、ほんの一言で嬉しかったり悲しかったり。
ほんの一言ならやさしい言葉をかけたいですよね。娘さん頑張って作ったでしょうに・・。でも見ているひとはしっかり見ていると思いますよ。
可愛いお年寄りになるって難しいですね〜〜。
今年も元気でいきましょう(二度目)
いつこ
2013/01/15 13:07
いつこさん、あけましておめでとうございます。
この所、ちょっとご無沙汰のような気がして、どうかされたかなぁと思ってましたが、お元気そうで何よりでした。
はい、今年もお互いに元気でいきましょう!どうぞよろしくお願いいたします。
娘には、おせちは女性が少しでも楽が出来るようにと作るんだから、あってもいいんだよってメールを送りました。これに懲りて止めたら、何も続かなくなりますしね(笑)
そうなんですよ・・年をとってからの顔は自分の作った顔と言いますが、最近私の顔ってどうかなぁ・・って思います。
品は自信が無いし、せめて優しさが出ていて欲しいですが、これも自信がありません。(^_^.)

つれづれ
2013/01/15 23:40
主婦はお正月大変ですね!
山の上の暮しを見させていただく度に
過ぎ去った昭和の懐かしい思い出が甦ってきます。
今回はキツネの話とか賑やかな麻雀パイの音も聞こえて
大好きなシリーズです。
備忘録の備忘録を(笑い!)用意されて時々の発信楽しみにしています。
今年もよろしくお願いします。
清兵衛
2013/01/16 04:44
ご無沙汰してます。にぎやかなお正月を過ごしましたね!
あたしも、母の介護をしながら仕事しています。息子が帰省してくるととても喜び足の痛いのも忘れていますよ。
今年もよろしくお願いします。^^
スズことりんちゃん
2013/01/16 16:08
清兵衛さん、こんばんは。
そうですね・・私も子供の頃に母の実家で盆正月は過ごしてましたが、親戚が沢山集まっていて楽しかったです。お年玉もた〜くさんもらいましたし(笑)
同じように、孫たちもみんなから戴いてましたから良い思い出になることでしょう(笑)
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします
つれづれ
2013/01/16 21:51
スズことりんちゃん、あけましておめでとうございます。
はい、とっても賑やかでした。
でも、今年は皆が一度に揃いましたので、例年より楽でした(笑)
義母にとってはここが自分の家ですから、できるだけ過ごさせてあげたいですが、認知と足元が危なくてひとりでは居られなくなりました。
大人になった孫の顔は子供の頃と違うようで、甥や小学生になる子供がいる長女のことも判らず、結婚したことも忘れて、「どこにお嫁に行ったんじゃ?」と驚いてました。
でも、教えればわかるのですから、良しですよね。
こちらこそ、スズことりんちゃんさん、お互いに体に気をつけて、頑張りましょう。今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
つれづれ
2013/01/16 22:06
こんにちわ〜そしてあけましておめでとうございます。
今頃ですが・・・

お義母さんやご主人、それにたくさんの方々のことを暖かく包み込んでくれる、つれづれさんのお人柄を思うと胸がいっぱいになりました。
こんなふうにして、大変な環境の中でもお料理を作って皆さんを迎え入れて、私たちの年齢って(もちろんつれづれさんはず〜〜ットお若いけれど)頑張ってこんな風にしたいと思うのですよね(-_-;)

子供や孫たちがそれを心の中に受け止めてきっと成長してくれるのですよ。
お体お大事にしてくださいね。
山形ママン
2013/01/25 15:23
山形ママンさん、こんばんは。
こちらこそ、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。(*^^)
結婚して最初から、あちらでお盆正月は過ごすのが当たり前にしてましたから、すっかりそれが身についてしまっているんですね。
そして、おせちも義母の味に私の味を足して、今があり、それしか知らないんです。
それを娘も手伝ってましたから、すっかり我が家の味も手際も知ってます。
が、今はその端境期・・一人で作っていて、それがある意味快適でもあったりして(笑)
ママンさんと同じように、私も盆正月だけでなく、毎日私の味をお隣に届けています。なので、孫たちにバァバの味って覚えてくれてるといいなぁと思っています。
はい、ありがとうございます。
ママンさんを目指して、私も何か趣味に打ち込めるものを見つけなくちゃ!
つれづれ
2013/01/27 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
良い年になりますように・・ 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる