気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよ、立山へ・・ 13.8.4

<<   作成日時 : 2013/08/21 22:03   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 16

8月4日 日曜日

目が覚めてみると、お天気は曇り・・
早く起きたつもりでも、もう登山の身なりを整えて出かける人も見えて、ケーブルのチケットは手配済みなのに、急いで朝食を済ませて、駅に・・
WEBでチケットの手配をしておいたのは正解だったようで、待ち人有りの中、優先的に乗ることが出来た。

昨夜の星空がウソのように、どんよりとした曇り空の中、バスに乗り継ぎ室堂へ・・

画像


バスを降りる頃には、廻りは小雨がふり遠望は利かず。

バスターミナルで、高山に体を慣らすため長居をする計画だったが、計画に無くても長居することになって、
見ていると、山方面から帰ってくる人のレインウェアーはぐっしょりと濡れているようになってきた。

外に出てみると、雨が益々降ってきて・・・さて、どうしようか???
ホテルの予約をとって無かったら、早々に降りて違う場所に移動するんだけど、それも出来ない。

画像


一応夫はホテルに電話をしてみると、当日キャンセルは半額、チェックインは3時だが、10時を過ぎれば来てもらって結構ですとのこと。

昨日はあんなに素晴らしい景色が見えてたのにね〜
あの景色を見ずに帰るなんて気の毒に〜と話してくれる観光客もあったりしたが、
ま、様子を見るためにも、兎に角、エイッ!と合羽を着て、外にでることにした。


外に出てみると、久しぶりに歩く山はやっぱり気持ちがいい・・

一ノ越方面には沢山の人が歩いていったが、私たちはその手前で右に・・
お天気が悪いので、一番短い浄土山から一ノ越を経て室堂、そして天狗平のホテルまで歩くコースをとることにした。

歩き始めると、登山道は整備されていて、道すがら高山植物も増えてきて、中々足が進まない。
何とも心が洗われるよう。

画像


雪渓も久しぶり〜

画像


それに、こちらのコースは、登山者が少なく、たまたま降りてきた人と話をしたら、
昨日五色ケ原まで行って、戻ってきたとのこと。
このお天気で、縦走を諦め戻った人も多い・・と聞いた。

なるほど、あこがれの五色ケ原は、ここから行くんだった・・と、以前から行ってみたかった場所を思う。

歩いているうちに雨では無くて、霧に景色が霞みはじめて、花もしっとりとしてよりきれいに見えてくる。

画像


「ホントに来て良かったね〜」と言いつつ歩くうちに、「室堂山カルデラ展望台」と
「浄土山登山口」、「落石注意」という標識もある場所まできた。

カルデラ展望台は行っても何も見えないのは想像できるので、パスして浄土山に・・

ここが「登山口と言うことは、これまでは、登山じゃなかったんだ!
雪渓の先に登山道があるようだけど霧の為見えず、どんな登山道か久しぶりの山歩きにちょっと尻込み

が、この山登りが楽しかった。

画像


ストックは片つけて、ごつごつした岩山を滑らないように気をつけて三点支持で登る。
ゆっくりだったせいもあり、しんどいと思う前に、花にも癒されながら、いつの間にか頂上に着いていた。

その頃には6羽ほどの雷鳥にも遭遇・・

画像


11時頃、富山大学・立山研究所に着く頃には雨が止んで、すれ違う人も多くなってきて、話をしてみると、
私たちと反対のコースで一ノ越方面から登ってきたそうで、登山グループで登っている人もあったが、
ツアーで来て、自由時間に登山をしている人が、そこから片道3時間ほどかかる五色ケ原まで行きたいが、
3時半の集合までに帰ってくるのは無理だろうなぁ〜と言っているのには驚いた。

ここで昼食・・
お天気が良い場合のことばかり考えて、冷たく甘い果物やゼリーなど準備してきたが、
この日は風があって寒かったので、暖かいカップラーメンの美味しかったこと。

重いのに、水やコンロを持ってくれる夫に感謝

そして、一ノ越方面に向かって、今度は下り・・
すこし遠望が利き始め、一の越を隔てて、真正面に、雄山がそびえる風景も良いし、廻りの高山植物も多い・・
(だけど、帰って一眼レフを見てみると、そのダイナミックな景色が撮れてないのでがっかり)

画像


画像


その景色を見れただけでも来た甲斐があった。

とそのうちにはカール方面も霧が晴れてきて、残雪があちこちにある見慣れた立山の景色が見えるようになっていた。
(嬉しい〜)

画像


そして、一ノ越からは、学校登山も多いようで混雑する中、室堂まで降りる頃には青空も出て

画像


この日登った浄土山の山容が見えてきて、こちら側から登って・・と自分たちが歩いてきた跡をみることができた。

画像


室堂からは、私たちが山歩きをするきっかけになった天狗平まで花々を愛でながら歩いて

画像


画像




ホテルに入ったのは、丁度チェックインが出来る3時頃だった。

画像



このホテル、是非明るいうちに着きたいというのは・・・・大浴場からの景色を楽しみにしているから。

この日も早速入ると、立山の山々、そして最初は見えなかった剣岳ももう少しもう少しと待つうちに姿を現し、
思わず一緒に入っていた人に「あれって、剣岳ですよね!」と話しかけていた。

そして、部屋に帰って外を見てみると、目の前には、いつかは歩いてみたいと思う、奥大日岳と大日岳の稜線が、いかにも歩きやすそうに、はよおいで!・・と言っているように見えるし、

画像


その奥には、どっしりとした剣岳も見えていた。

画像



画像


あ〜なんとも、至福の時間・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
霧の匂いを感じさせてくれるようなお写真、幻想的ですね。山の天気は怖いですね。でも後半は打って変わってとても素晴らしい景色!今度は山の清々しい空気を吸いたくなりました。
mint
2013/08/22 11:18
雨模様で少し残念でしたね。
残雪の立山の景観は素晴らしい。
登山愛好者の方が沢山登っておられて、
凄いなーと感心しました。
カメさん
2013/08/22 11:35
 久しぶりのアップが「元気に山!」なので、嬉しいです。ホンの数日の違いで同じ山に行っていたなんて・・・山頂で会いたかった。(笑い)
 事前に予約しておくと、便利な半面、予定変更が出来なくて不便なものですね。
でもまぁ、それなりの展望も楽しめたし、お花にもたくさん逢えたし、いい山行になって良かったですね。
 山は逃げません、次回はもっと好天に恵まれる事でしょう。
山いろいろ
2013/08/22 16:46
mintさん、こちらにもコメントをありがとうございます。
雨が降っていた時は、高い山でもあるのでちょっと不安でした
そして、お昼を食べた時に風が吹いて寒い時も、山の厳しさを感じました。
ホントの厳しさはこんな物ではないんでしょうけど(^_-)
ここは歩かなくても素敵な景色が楽しめます。
mintさんも是非お出かけください。
つれづれ
2013/08/22 21:48
カメさん、こんばんは。
霧の中でも素敵な景色でしたが、他の方のブログなど見ますとこんな景色だったのか・・とやはりちゃんと見える景色も見てみたいですね(笑)
ここは学校登山をしている学校が多いようで、若い人がいっぱいでした。
ご存じでしょうが、ここは富山から長野の黒部ダムの方に通り抜けが出来て、いろんな季節楽しめます。カメさんもいかがですか?
つれづれ
2013/08/22 21:58
山いろいろさん、こんばんは。
ありがとうございます。なんとか生きていました(笑)
ホントに二日違いだったとは・・それに延期された結果だと伺って、残念!(笑)
でも、山いろいろさんはお天気も良かったですが、両手に花状態で登られたので、尚楽しだったのでしょうね(^_-)
最近、山小屋も予約が必要な所があるようですが、山行はお天気次第で中止するのでしょうから、そんな場合キャンセル料って要るの?とふと思ってしまいました。??
毎年8月の第一週のお天気って安定しているような気がしてたんですが、残念でした。でも、3年ぶりの山は私にとっては十分楽しかったです。
今度は、山いろいろさん達が行かれた奥大日岳、好天の時に、是非行ってみたいです。

つれづれ
2013/08/22 22:28
つれづれさん
お久しぶりです〜〜
お元気でお過ごしのようで嬉しく思います。
立山、ママンも行きましたが、山登りは一切しておりませんので、うらやましく、もう一度行きたいなあっと思いました。
沢山の高山植物、見られてよかったですね〜〜
尾瀬ほうも行きたいと思っています。
またアップお待ちしております。
山形ママン
2013/08/23 19:51
おお〜 本格的な山歩きですね。
浄土山へ登って、天狗平まで下る! いいです。行きたかったな〜。
やっぱりチングルマが綺麗です。私が室堂平をうるうろしている時も、この花畑は綺麗でした。
このコースもいつか歩きます。バスからの風景で言えば、美女平付近の立山杉あたりもあるてみたいんですが、そういえば立山カルデラも見てみたいし…いっぱいあるな〜(笑)
本読みと山歩き
2013/08/25 13:21
山形ママンさん、ご無沙汰しています(*^^)
ママンさんほどではないですが、孫が小学生になったので、何かと関わるようになってきました。やっぱりママンさんの後を追っている気分です(笑)
立山はバスで通り過ぎるだけでは勿体ない場所だと思います。
お天気さえ良かったら、いろんなコースがあるので、ぜひいらしてください。
尾瀬は、わが家よりママンさんのお宅の方が近いでしょうね(^_-)
私も尾瀬、今度は鳩待峠の方から行ってみたいです。
つれづれ
2013/08/25 20:35
本読みと山歩きさん、こんばんは。
このコースだったら、久しぶりの山歩きでも歩けると思ってですが、久しぶりで気持ち良くて、楽しくて・・やっぱり山はいいですね〜
是非、このコースだったら奥様を山のとりこにするにはうってつけだと思います(笑)
先日私の妹が立山へ行くと言うのですが、山登りなんて無理!と言う人なので、室堂から天狗平までの下り歩くコースを教えました。
景色良し、花良し、道良し・・ですもんね。
カルデラは翌日、弥陀ヶ原から見ました。
ただし、夫が行くというのでついて行っただけですが(笑)
何度行ってもいい所、行きたい所ですね〜
つれづれ
2013/08/25 20:43
いやー、元気ですねえ。ヒゲおやじも室堂までは行ったことがあるのですけど。
もちろん観光ですよ。立山は下から見上げるばかりです。
夏でも雪渓が残っていて素晴らしいところですね。もうこの山に登る元気はありません(笑)。
ヒゲおやじ
2013/08/25 22:44
ヒゲおやじさん、ご無沙汰をしていますのに、コメントをありがとうございますm(__)m
前記事に書きましたように、今年は畑にちょっと力が入ってまして・・
これも、コメントは失礼してますが、ヒゲおやじさんのブログを参考にさせていただいてますし、刺激も受けてます(^_-)
今年は久しぶりの山歩きで、ドキドキものでしたが、このお天気で無理をしなかったのが良かったようで、楽しいばかりの山歩きでした。
いえいえ、あの広い畑を耕されるだけの気力と体力をお持ちのヒゲおやじさんなら、私などよりずっとまだまだ大丈夫です。
是非いかがですか。
つれづれ
2013/08/26 21:26
うわあ、一面のチングルマのお花畑、そして剣の雄姿。楽しみましたね立山♪ 
雄大な山を見ながらの室堂の温泉も最高よね。
今年の悪天候を思えば、この日の霧と後半の晴れ間はむしろラッキーだったかもしれませんよ。ゆとりのある予定と心強い旦那様との山行で充分に夏山を堪能できたご様子で本当に良かったですね。
ああ、それにしても羨ましい〜〜〜〜!!
私も行きたかったなあ夏山。でも今年は残念ながら諦めなくちゃでした。秋にはどこか低山でもいいから行けるかなぁ?

そうそう、週末農家でこれだけの収穫、さっすがー!
お孫さんたちも愛情いっぱいの野菜を食べられてスクスク元気に成長されているのでしょうね。
久しぶりにつれづれさんの旅日記を見られて嬉しかったです♪
けっこちゃーん
2013/08/29 00:26
けっこちゃーん、こんばんは。
折角コメントをいただきながら、お返事が遅くなり申し訳ありません。m(__)m
はい、久しぶりの山は、それはそれは楽しくて、山を歩いている時は日頃のストレスはすっかり忘れていました。
私ももう少し山に行けたらなぁと思ったりするのですが、何せ体力がどんどんと落ちていて・・体力に自信とまでは行かなくても、安心して登りたいですもんね。
けっこちゃーんも、山は逃げないそうですから、体力つけましょう(^_-)

いえいえ、あのけっこちゃーんの旦那様の畑にはとても敵いません。
流石に週末農家では、草退治まで手が回らないので、今は茫々状態です。
それが畑作では大変ですよね。
でも、今日も有り余るほどの野菜の収穫をしましたが、食卓に並んだ時、何とも言えない幸福感に浸れます。
続きが中々書けませんが、これからもよろしくお願いいたします。



つれづれ
2013/08/31 23:27
つれづれさん、ブログのタイトル通りですね。(笑)
私は弥蛇ガ原から天狗平まで往復したり、美女平からブラブラ歩いたりして立山って雄山だけやないと常々思っています。でも大日の縦走はまた行きたいです。
雷鳥沢からならほとんど下りばっかりで、下りの苦手な私にはしんどいところもあるけど、楽しかったわ。

たくさんの収穫があるのね。そりゃ1週間に一度だけなら気になって仕方がないですね。家もぼちぼち節目の時期を迎えつつあります。お互いに頑張らなくてわね。
さえ
2013/09/02 20:48
さえさん、こんにちは。
弥陀ヶ原から往復ということは、登って下ったということですね。
あぁ、そうかぁ〜この事もさえさんに聞けば良かった・・
次の記事に書きますが、獅子鼻岩の辺りの難易度が判らず、ずいぶんと迷ったんです。結局はバスで弥陀ヶ原まで行ってしまったのですが、後悔しました(笑)
そうですね。雄山からの縦走もいいですが、魅力的な所がいっぱいですね。
五色が原も、大日の方も・・剣は私は遠慮しますが(笑)
私など下りだから行けそうかも!って思いますが、やっぱり下りですか!いつか行きたい!

はい、たくさんでしょう(笑)
最近は配りきれないので、道の駅などに出荷までしているんですよ。
それが又大変だけど面白いから、次々と植えてしまって・・自分で自分の首を絞めているような感じです(笑)
しんどいけど、きっと体力保持にもいいだろうと信じてしてます(笑)
お互いに・・と言っても、さえさんのお宅は我が家より随分選択の許容範囲が広くて羨ましいですが、来年の今頃はどうしているでしょうね・・・頑張りましょう
(^_-)
つれづれ
2013/09/03 13:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
いよいよ、立山へ・・ 13.8.4 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる