気ままに・・忘れないように・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 三つの小話

<<   作成日時 : 2014/02/02 00:23   >>

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

孫たちの無邪気な言葉を忘れないように・・

その1
お隣の7歳になったRちゃん

土日のどちらかはママがお仕事なので、息子が3人の子供をみています。
一日中、自宅で遊ぶのも飽きて、何かとバァバの家に来たいようで、
この日も玄関の扉を開けるなり、

「バァバ、これジィジと○○ちゃん(次女)と食べて」

と、おやつらしきクッキーを6枚持ってきてくれた。

「まぁ!Rちゃんのおやつなのに、ありがとうね〜
  でも、折角遊びにきてくれたけど、これからジィジとバァバはお出かけしなくちゃいけないの」と言うと、

Rちゃん
  「な〜んだぁ、来た甲斐がなかった〜」と帰っていきました。
                                         チャンチャン

まあまあ、小学一年生のRちゃん、折角おやつを食べずにガマンして持ってきたのに、いつの間にか「甲斐がない」という言葉の使い方をちゃんと覚えたのね。
バァバ、びっくり

その2
同じくRちゃん

1月の連休前のある日、玄関に置いてあった夫と私のスキー板を見て・・

「ジィジとバァバ・・今度のお休みにスキーに行くの?」と聞く

内心、一緒に行きたい〜!」
と言われたら困るなぁと思いつつ
「そうだよ・・」と言うと

「何日行って来るの?」と聞くので
「今度の連休の3日間」と言うと

「な〜んだぁ・・又居ないのか・・せめて二日間にして欲しいわぁ〜」と言いました。
                              チャンチャン

一緒に行きたいのか行きたくないのか???
「せめて」という言葉が刹那可愛い・・

その3
今度はもうすぐ5歳になるAちゃん

果物や野菜が大好きで、ある日わが家に来て

「ミカンが食べたい〜」と言う。

「はいはい・・」と言って、ミカンを渡すと

「これじゃない」と言う。

????じゃ、八朔の事?と「これ?」と聞いても
「違う〜緑のミカンが食べたいの」

「???緑のミカンって、どんなミカン??何のこと?」

するとAちゃんに台所に連れていかれ、「アレ!」と言うのを見てびっくり

なんと、ミカンの箱の隅っこに、緑のカビの生えたミカンを指して、「あれが食べたい!」と言うのでした。

もちろん本人は本気で、説明するのに苦労しました。

                                        チャンチャン

わが家の恥・・なんとも、お恥ずかしい





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
まだまだ孫は未来の話なので、このかわいさは想像きませんが…かわいいものですね〜
なんとも、
日々の子供の成長や鋭い感受性から発せられる無邪気な言葉には関心させられます。
 私が忙しく、朝早くよく遅く、幼い子供とすれ違いの生活を続けている時期がありました。
とある朝、たまたま玄関に見送りに来たときに、「また来てね〜」とちっちゃい手を振られて時は、びっくりしました。
どこかのおじさんがたまにきているとでも、勘違いしたのでしょうね。(笑)
朝飯や晩飯ぐらいは、一緒に食べるように思った瞬間でした。
本読みと山歩き
2014/02/02 08:22
本読みさん、ご無沙汰をしてますのに、コメントありがとうこざいます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします(*^^)
孫のことは私もまだ経験しつつあることで、子供の頃より孫のRちゃんなどは随分大人の考え方や言い回しを知っているので驚きます。
それと、子供らしい所がない交ぜあって、楽しいし可愛いですし、成長が楽しみになってきます。

まぁ!本読みさん、よくテレビなどで冗談のように言われる言葉を!
ホントに言われてみえたのですね(笑)
それこそ、刹那可愛い〜!!今となっては、いい思い出ですね(^_-)
つれづれ
2014/02/02 22:03
つれづれさん、ちゃんとした言葉使いが出来ていて良かったですね。
言葉使いって難しいですね。
私の通っていた学校のアメリカからいらっしゃた先生方に
サンキュー=おーきに って教えた馬鹿がいて、
ずーと使っていらっしゃたらしいです。
その他、もろもろ悪い言葉を結構憶えておられて、
今になって気の毒な気がしました。
さえ
2014/02/03 11:00
七才くらいになると本当にドキッとするような言葉を使ったりしますよね。
そのアンバランスさがまた可愛いですよね。
らんじゅ
2014/02/03 18:12
さえさん、こんばんは。
ホントに、今の子は・・(って言う言葉は昔からお年寄りが使ってきた言葉ですが私いつの間にか使っている(+_+)・・)テレビなど見ていても、今の子は大人びたことを言いますよね。我が家のRちゃんも、おしゃべりしていると理論的に私に説明してくれて、その年齢と違和感を感じたりしますが、反面とても可愛い子供の面もあって、こんな風に大きくなっていくんだなぁと子供を育てている頃と違って余裕をもって見ていられます(^_^.)
おーきに・・って外人さんが使っていたら、愛嬌あると思ってしまいました(*^^)
つれづれ
2014/02/04 22:59
らんじゅさん、たくさんのコメントありがとうございます。
そうなんですね・・上にも書きましたが、とっても理論的に私に理解させようと説明してくれたり、かと思うと学童に迎えに行くと、未だにバァバぁ〜って嬉しそうな顔をして抱きついてきたりするので、こんな風なことを繰り返して大きくなって行くんだろうなぁと、子供を育てる頃に比べて、余裕というか冷静に優しく見守ることが出来るのが意外です・・っていうか、子供にこんな風に接していられたら、よかったのに・・と思ったりしてます(笑)
つれづれ
2014/02/04 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
三つの小話 気ままに・・忘れないように・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる